ブログ

商品レビュー記事は他サイトを気にせず書こう【SEOは捨ててOK】

収益性の高いレビュー記事を書いて、マネタイズしたいけど、他のサイトが同じような記事を書いていて、しかも内容が素晴らしいし、尻込みしてしまう。どうしたらいいんだろう。。

当記事ではこんな悩みに応えます!

ジキ
どうも、複業家ブロガーのジキ(@jikky_bongjing)です!

サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。

【●● レビュー】【●● 口コミ】とかで検索すると、

ジキ
こんな記事書けるかーーーーー!!!!

って思うレベルの記事ばっかり出てきて、書く気失せますよね。

さらに広告も大量投下されていたらもう完全にやる気ゼロ・・・みたいな笑。

ジキ
わかります。めっちゃわかります。

この記事を書いている時点で、ボクのブログ歴は5年になりますが、その間何度も何度もこの葛藤はありますし、実はいまだに競合リサーチして萎えたりもしています。

でも、ボクがこの5年間で辿り着いた結論は、タイトルにもあるとおり↓

商品レビュー記事は他サイトを気にせず書こう【SEOは捨ててOK】

商品レビュー記事は他サイトを気にせず書こう【SEOは捨ててOK】

書きましょう。

他にどれだけ優れたページがあろうが、広告が出まくってようが、書いた方がいいです。

もちろんですね、相当ニッチなものをレビューしない限り、SEOして検索上位はなかなか取れないと思います。

それでも書きましょう。

理由は、「内部リンク」で流せば十分にマネタイズできるからです。

例えば、本当に一例ですが、AirPodsの記事とか世の中に死ぬほどあるわけですが、それでもボクは書きました。↓

おすすめ記事
【コスパに悪評】AirPodsをレビュー【評判や口コミも解説】

AirPodsってぶっちゃけどうなの?あれだけのお金をかけて買う意味ある? 当記事では、上記の疑問に答えます。 ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です! サラリーマンをやったり ...

そして、「ランニングしながら勉強しよう」みたいなテーマの記事からAirPodsを紹介して、内部リンクで流しています。↓

おすすめ記事
ランニングインプットのススメ【おすすめVoicyチャンネルも紹介】

ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です! サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。 ボクは ...

まぁこの記事自体も割と競合多めのキーワードの記事ですが、この記事のアクセスが増えれば、比例してレビュー記事を読んでくれる人も増えるわけです。

なぜ内部リンクで読まれるのか

答えは簡単で、数学的に説明すると以下のような感じの人が多いからです。

(普通の記事の満足度)+(すぐに見れる満足度)>>(再検索して得られる優良記事の満足度)ー(再検索するめんどさ)

ジキ
シンプルに他の記事を再検索するのがめんどいからです。

だから、少し極端かもしれませんが、SEOとか最悪捨てても、余裕で成り立ちます。

ジキ
まぁわざわざ捨てなくてもいいですけどね。(どっちやねん。)

で他にも、レビュー記事を書いておくことで得られるメリットはたくさんあります。

ここでまとめておきますね。

競合サイトを無視して商品レビュー記事を書くメリットまとめ

競合サイトを無視して商品レビュー記事を書くメリットまとめ

特にボクが大きいと感じているメリットは以下の通りです。

  1. 何かあるたびにリンク先として使える
  2. 他の記事の設計がしやすくなる
  3. 検索上位取れたらボーナスタイム

一つずつ説明しますね。

メリット1:何かあるたびにリンク先として使える

これは先ほどお伝えした通りですが、レビュー記事があると何かあるたびにリンク先として使えます。

例えばこんな感じですね。

こんなお悩みありませんか?→ボクはこう解決しました→このグッズを使うとめっちゃ便利でした→詳しくはこちら!(内部リンク)

内部リンクとして設定することで、サイト内の回遊率も上がるし、滞在時間も伸びるし、いいことばかりです。

メリット2:他の記事の設計がしやすくなる

レビュー記事を書くと、その他記事を設計しやすくなります。

マネタイズポイントが決まっていると、どんな記事を書いて誰を集めたらいいのか明確になるからです。

例えば、「転職エージェントのレビュー記事」を書いたら、その記事に流すために「おすすめ転職エージェント3選」みたいな記事とか「転職成功の秘訣」とか「転職失敗談」などの記事も書けますよね。

何もない白紙のところからランダムに記事を考えるのって結構辛いのですが、上記のように「転職」ってテーマが決まってると、ターゲットも見えてくるし、どんな記事を書けばいいかのアイデアも出やすくなります。

メリット3:検索上位取れたらボーナスタイム

もし検索上位を取れたら、シンプルにめっちゃ稼げます(笑)

ボクも何回かレビュー記事で検索上位をとったことがありますが、商品名で直接検索してくる層を取り込めるので、CV率が異様に高いですね。

ジキ
1記事だけで10万稼いだこともあります。

夢のまた夢みたいな話に聞こえるかもしれませんが、ボク自身は自分の経験も踏まえて、「そんなことはない」と思っています。

もしかしたら検索上位取れるかもしれない話をしておく

例えば、ボクがAirPods単品のレビュー記事しか書かなかったら、検索上位に出ることもないかもしれません。

でも、少し非現実的な話かもしれませんが、ワイヤレスイヤホンのレビューを50種類書いたとしましょう。

すると、世の中から、Googleからどう見られるかというと、おそらく「ワイヤレスイヤホンにめっちゃ詳しい人」という見られ方をするでしょう。

ここでSEOのおさらいですが、今の、そしてこれからのGoogleの検索順位を決める評価基準として大事なのはE-A-Tです。

そうそう、これです↓

  • Expertise(専門性)・・・記事・執筆者・WEBサイトの専門性は高い?
  • Authoritativeness(権威性)・・・記事・執筆者・WEBサイトは多くの人に認められている?
  • Trustworthiness(信頼性)・・・記事・執筆者・WEBサイトは信頼できる?
ジキ
これらを評価するという内容は、Googleが公開しているあらゆるガイドラインに記載されています。

「ワイヤレスイヤホンにめっちゃ詳しい人」という評価は、この基準をある意味満たしていると思いませんか?

だから、特定ジャンルの商品レビュー記事をたくさん書いたら、もしかしたら検索上位取れるかもって話です。

ジキ
無論そうなったら、チャリンチャリンが待ってます。

商品レビュー記事ってどうやって書けばいいの?

商品レビュー記事ってどうやって書けばいいの?

ここまでで、商品レビュー記事は書いたほうがいいってことをおわかりいただけたかと思います!

そんな中↓

ちなみにレビュー記事ってどんなの?どうやって書けばいいの?

こんな疑問を持った方もいると思います。

最後にその疑問に答えるnoteを紹介させてください。

ちなみに、ボクは実はこの記事を書いている現在、ブログだけで月に20万〜40万くらい稼いでいます。

ジキ
以下は40万円発生時のツイート。その他ASPも入れて55万くらい発生し、全体で約40万円に着地です。

ジキ
ここに至るまでに5年かかりました。

その5年分の知恵を込めて、コンバージョン率を改善しまくった商品レビューのテンプレートが以下です。

興味ある方はぜひご参考にしてみてください。

後半の解説部分は有料ですが、テンプレート部分は無料で利用できますので!

ジキ
以下のバナーをクリックすれば、noteの公式サイトに飛びます!

note

 

では今回はいじょーです!

ここまで読んでくださりありがとうございました!

僕はTwitterもやっています!ブログに関する情報だけでなく、複業家サラリーマンとしての気づきや学びを発信しています。ぜひ繋がりましょう!

-ブログ