フリーターからの脱出

フリーターが正社員就職する時に学歴はリセットされる?

フリーターが正社員就職する時に偏差値は影響する?
あるいは学歴はリセットされる?

当記事では、上記の疑問にお答えします。

ジキ
どうも、こんにちは。元フリーターの複業家ジキ(@jikky_bongjing)です!

この記事の筆者はこんな人

  • 元・フリーターで空白期間は3年
  • フリーターから正社員就職成功
  • 本業と副業で年収1200万超え(成り上がり中 笑)
  • 人材業界に10年。就活事情に精通

実際に学歴は関係ないと言われている今の社会で、果たして最終学歴の偏差値は就職に関係あるのでしょうか?

あるいは、フリーターになることで、学歴はリセットされてしまうのでしょうか。

今回は、元フリーターで正社員就職に成功し、人材業界で10年ほど身を置くことで、企業の人事事情に精通している僕が解説していきます。

ではまず結論から。

フリーターが正社員就職する時に高学歴だと有利になります【リセットされない】

フリーターが正社員就職する時に高学歴だと有利になります

まず断言できることは、高学歴であったことは正社員就職で有利になりやすいということです。

学歴はフリーターになってもリセットされません

例えば、高学歴であるということは、難しい受験問題を突破して、受験生同士の競争に勝利した結果です。

つまり、たくさん勉強して、目標達成することができたということですよね。

であるため、高学歴であることで、以下のような素質を証明することができます。

  • 努力ができるタイプ
  • 頭が良いタイプ
ジキ

このいずれか、あるいは両方の素質は保証されるわけです。

たとえフリーターになっても、この保証がリセットされることはありません。

フリーターになってリセットされるのは「新卒」であること。

学歴自体はリセットされるわけではないのです。

「努力できる」という証明がフリーターにとっては非常に重要

フリーターには、「みんなが就活をしていた時期に就活をしていなかった」という事実があります。

そのため、企業側からすると、相手がフリーターの場合は、「採用しても、本当に頑張れるのかな・・・?逃げ出さないかな?」という不安は常に持たれてしまいます。

その不安を高学歴者は「学歴」=「受験勉強を頑張ったという客観的な証明」によって解消することができるのです。

頭がもともと良くて、勉強せずとも合格できたという人は本当に稀ですから、企業側からは「努力したんだろうな・・・」という印象になります。

そういう意味では高学歴のフリーターは、いちいち「私は、入社後がんばります!」なんてことを一生懸命アピールする必要はないわけですから、その分有利だといえるのです。

高学歴者は一目置かれやすいです

高学歴者は数が少なく、特に中小企業からすると希少な存在です。

ですから、履歴書に高学歴が書かれているだけで、「おっ●●大学だ・・・・」と一目置かれやすいです。

ただし、面接前にハードルが上がってしまうので、逆に面接での印象が悪ければ必要以上にがっかりされてしまうことだってあります。

高学歴者は履歴書だけで一目置かれ可能性がある代わりに、会う前にハードルが上がってしまうというリスクも。

学歴を重視する会社もあります

また会社には学歴を異様に重視する会社があります。

頭の良さ、問題解決力が問われる仕事だったり、学歴好きの社長の会社だったりすると、学歴が重視される傾向にあったりしますが、そういう企業には、高学歴の経歴を持っているだけで無条件で愛されるというメリットがあります。

ただ、最近は学歴を重視する会社も減ってきましたし、外からだとその会社が学歴好きかどうかなんてわかりません。

ですから、学歴重視の企業と出会えたらラッキー程度に思っておいたほうが良いかと思います。

ジキ

まぁ学歴があると、何かと有利になりやすいです。

ただし学歴を過信してはいけません

ただし学歴を過信してはいけません

ここまでフリーターが正社員就職する場合において、高学歴は有利になるという解説をしてきました。

ただし注意点としては、学歴を過信してはいけないということです。

学歴は数ある武器の中の一つにすぎない

学歴は、自分の能力を企業にアピールするための武器の1つにすぎません。

例えば「努力ができる」ということを客観的に証明するものも学歴だけではありませんよね。

学歴がなかったとしても、「スポーツ」や「アルバイト」など、努力して頑張れる証明が十分できます。

学歴が重視されない会社もたくさんあります

また、高学歴者は「頭の良さ」や「思考力」が生きる仕事には適性があると言えるかもしれませんが、それは「頭の良さ」や「思考力」が生きる企業での話です。

体力が重要視される企業であれば、学歴よりも体力の方が採用時も重視されることになります。

重要なのは、自分の素質にマッチした企業と出会えるかどうかです。

高学歴でなくても、「根性」があったり、「人懐っこさ」があったりと、人にはいろんな資質があります。

求人数が多い営業職では、「頭の良さ」よりも「人懐っこさ」のほうを重視されることも多いですから、高学歴が通用しないケースはいくらでもあります。

ただ理屈ではわかっても、なかなか、自分の強みを整理して、それに合う企業を探すなんて、自分一人では難しいですよね。

自分の強みなんて、自分で主観的に考えてもなかなかわからないものですし、世の中には400万社も会社がある中で、自分にぴったりの会社を探すなんてことは狂気の沙汰。

ではどうすればいいのか。

フリーターに強いエージェント

以上です!ぜひ納得いく就活ライフを!

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

  • この記事を書いた人

複業家 ジキ

資産1億を夢見る元フリーターです。フリーターからでも、会社員でも、二児のパパでも、夢を追いかけられるし、人生成り上がれることを証明したい。会社員で生活を安定させ→朝活で副収入を稼ぎ→仮想通貨にフル投資する。このスキームで資産1億を突破してみせます。#西野亮廣エンタメ研究所/#二児のパパ/#会社員/#人材業界12年目/#ブロガー6年目/#仮想通貨投資家

-フリーターからの脱出