フリーターからの脱出

フリーターは何歳まで正社員就職できる?【就職支援のプロが解説】

フリーターとかニートって、何歳までなら正社員就職できるのかな・・・

当記事では上記のような疑問に答えます。

ジキ
どうも、こんにちは。元フリーターの複業家ジキ(@jikky_bongjing)です!

この記事の筆者はこんな人

  • 元・フリーターで空白期間は3年
  • フリーターから正社員就職成功
  • 本業と副業で年収1200万超え(成り上がり中 笑)
  • 人材業界に10年。就活事情に精通

フリーターから正社員になりやすい年齢層となりにくい年齢層は確かに存在します。

ではフリーターから正社員に就職しやすい年齢層は何歳までなのでしょうか。

今回は人材企業に10年以上勤め、人事や経営者の考え方を熟知しているボクが解説します。

フリーターから正社員になりやすい年齢は何歳まで?

フリーターから正社員になりやすい年齢は何歳まで?

フリーターから正社員になりやすい年齢層は何歳なのか。

結論からお伝えします。

正社員になれる可能性が高いのは20代

ギリギリの線は34歳まで

ジキ

ホッとした方もいれば、がっかりした方もいるかもしれませんね。

まずは理由をしっておいてください。

フリーターが正社員になりやすいのがなぜ20代までなのか

理由は、「就職エージェント」から少し敬遠されてしまうからですね。

フリーターやニートという時点で、20代でも新卒やキャリア組から比べると不利なのですが、そんな不利をカバーするサービスが存在します。

それが、フリーターに強い就職エージェントです。

就職エージェントとは

プロの就職アドバイザーとの面談を通じて、就活の準備(自己分析や履歴書作り)を進めたり、調べきれないほどたくさん企業がある中から「条件に合う企業」を探してくれたり、その企業に合格するために面接対策を行ってくれます。

仮に、就職エージェントを経由せず、自分だけで就職しようとすると、ほとんどの企業から門前払い(つまり書類選考落ち)を食らうでしょう。

それほど、フリーターにとっての就職エージェントはありがたいサービスなのです。

ジキ

僕も今の会社に入るまでお世話になりました・・・。

ちなみに、フリーターに強い就職エージェントのおすすめは以下の通り。

フリーターに強いエージェント

しかしこれらのフリーター就職エージェントは20代までをメインターゲットにしているのです↓

ハタラクティブ
ハタラクティブの表記
就職shop
就職Shopの表記

もちろん20代限定!という言い方ではないので、30代でも利用はできるのですが、推奨ではない状況です。

ジキ

ただし、ジェイックだけは34歳まで受け入れると明記していますね。

↓ジェイックは34歳までのサービスと明記↓

空白期間が長く、企業から採用してもらいにくい30代以上のフリーターは、就職エージェントから、敬遠されます。

ジキ

相手にしてもビジネスになりませんからね・・・。

学歴は関係あるの?

ちなみに学歴が高くても、年齢の有利不利はあんまり変わらない??

気になるところかと思いますが、学歴が高くても年齢が高いと厳しい戦いになります。

もちろん「高学歴=努力できる資質がある」などとみなされるので、多少評価は高くなる可能性はありますが、35歳以上になると高学歴でもエージェントからは敬遠されてしまいます。

ジキ

という意味では、学歴よりも年齢の方が重要です。

というわけで、20歳代の方が就活したいなら是非フリーターに強い就職エージェントを利用しましょう。以下がオススメです。そして30〜34歳の方はジェイック一択です。

フリーターに強いエージェント

もしあなたが35歳以上の方の場合、どうしたらいいんだ・・・ってことになりますよね。正社員として決まりやすい年齢ではありませんが、諦める必要はありません。

35歳以上のフリーターが正社員に就職するための方法

35歳以上のフリーターが正社員に就職するための方法

35歳以上のフリーター・ニートでもまだまだ諦める必要はありません。やりようはあります。世の中には400万社も会社があるんです。

絶対にマッチングするところはあります。

企業選びに、こだわらないことが大事

35歳以上の状態から、正社員になるためには、何かを我慢する必要があります。

それはアミューズメントや飲食など不人気業種かもしれませんし、ホワイト企業とは言えない企業かもしれません。

しかし、まずはどこかに入社して経験を積むことが大事です。

もしそこが気に入らなくても、専門性をつけて、他から欲しがられる人材になってしまえば、あとは転職ができるようになります。

あなたの人生の中で、社会人未経験でスキルがない今が、一番就職が難しいタイミングです。

ジキ

ここでこだわっていると全然決まらなくなります。

転職サイト・就職エージェントなど幅広く就職支援を利用しよう

不利になりやすい30代の無職(フリーター・ニート)としては、自分を採用してくれる企業と出会う確率を1%でも高めておくことが何よりも重要です。

転職サイトに登録しておけばスカウトが届くかもしれませんし、ふと応募したところに書類選考に合格するかもしれません。

就職エージェントも、登録さえしておけば、偶然条件の合う企業を紹介してもらえるかもしれません。

ハローワークでも、ハローワークカードに個人情報を記載しておけば、ハローワーク登録の全国の企業からスカウトが入る可能性もあります。

35歳以上のフリーターの方が正社員就職を成功させる方法については下記に詳しくまとまっていますので、是非ご覧ください。

詳細はこちら
社会未経験のアラフォーフリーターの正社員就職は無理ゲー?【実態】

当記事では、上記の疑問にお答えします。 無職フリーターの場合、正社員就職して、サラリーマンとしての方向転換が効くのはおおよそ30〜34歳までと言われています。  つまりアラフォーの手前までで ...

  • この記事を書いた人

複業家 ジキ

資産1億を夢見る元フリーターです。フリーターからでも、会社員でも、二児のパパでも、夢を追いかけられるし、人生成り上がれることを証明したい。会社員で生活を安定させ→朝活で副収入を稼ぎ→仮想通貨にフル投資する。このスキームで資産1億を突破してみせます。#西野亮廣エンタメ研究所/#二児のパパ/#会社員/#人材業界12年目/#ブロガー6年目/#仮想通貨投資家

-フリーターからの脱出