フリーターからの脱出

フリーターからフリーランスになりたいならまず正社員就職すべき話

フリーターで正社員就職する自身もないし、フリーランスになりたいなぁ・・・。どうすればなれるんだろう。

当記事では上記の疑問に答えます。

ジキ
どうも、こんにちは。元フリーターの複業家ジキ(@jikky_bongjing)です!

この記事の筆者はこんな人

  • 元・フリーターで空白期間は3年
  • フリーターから正社員就職成功
  • 本業と副業で年収1200万超え(成り上がり中 笑)
  • 人材業界に10年。就活事情に精通

会社に所属せずに、自由に働くフリーランスになりたい!

そう思うフリーターは多いはず。

ボクも元・フリーターで、できれば会社に所属することなく、起業とか独立して、自由に働きたいと考えていたので、その気持ちはとてもよくわかります。

それに今は、ライティングでも、プログラミングでも、デザインでも、通信講座が充実しており、家にいながらスキルを学ぶことができる時代です。

スキルを磨いて、フリーランスになって、独立しようと思うのは無理もありません。

でも、タイトルにある通り「フリーランスになりたいなら先に正社員就職するべき」です。

ボクがそう断言する理由を以下に書いていきます。

フリーターからフリーランスになりたいならまず正社員就職すべき理由

フリーターからフリーランスになりたいならまず正社員就職すべき理由

理由は以下の通りです。

理由

  • 実践で求められるレベルを知ることができる
  • 稼ぎながら学ぶことができる
  • 人脈ができる

この3つが結構大きい話なのです。

ではそれぞれ解説していきます。

理由1:実践で求められるレベルを知ることができる

正社員就職することで、「通信講座などで学べるスキルのレベル」と「実際の現場で求められるスキルのレベル」の差を知ることができます。

自宅でスキルを学べる通信講座や、Udemyなどはほとんどが初心者向けです。

なぜかわかりますか?

そのほうが儲かるからです。

「プログラミングはすでにできるんだけど、さらにレベルを上げたい・・・。」人よりも、「プログラミングやってみたい・・・。」人の方がはるかに多いからです。

だからそれもあって通信教育と、現場での実践で↓の大きな違いができてしまいます。

  • 「通信教育」→とりあえずできるようになることを重視
  • 「現場での実践」→お客様の品質要望を超えることを重視

例えば、コーディングの例がわかりやすいのですが、通信教育で頑張ればホームページのコーディングくらいはできるようになるかもしれません。

でも、実践では見た目を整えるだけでなく、divをできるだけ少なく作ることが求められたり、CSSのアニメーションの精度の高さが求められたりします。

正社員になることで、この辺りのズレを解消することができます。

そして、実践で求められるスキルに対応することで、仕事の単価をグッと高めることができるのです。

理由2:稼ぎながら学ぶことができる

ライティングにせよ、プログラミングにせよ、スキルを学ぶには、お金と時間がかかります。

でも、正社員なら給料をもらいながらスキルを学ぶことができます。

正社員は長く働くことを前提として雇われるため、未経験者を一人前に仕上げるために投資されるのです。

スキルを学ぶ場としては抜群にコスパが良いと考えられます。

理由3:人脈ができる

実は人脈が一番大事かもしれません。

フリーランスで一番困る部分が、「発注してくれる人との出会い」です。

もちろんランサーズなど仕事とフリーランスのマッチングサービスもありますが、めちゃくちゃ単価低いです。アルバイトやってた方がマシなレベル。

ちゃんとお客様を捕まえなければ、まともに稼ぐのは難しいのです。

さてそこで、仮にあなたが正社員として、数年しっかりと働いて、企業に貢献したとしましょう。

すると、あなたはその数年の中で「仕事を発注する人」との人脈を作ることができます。

その人脈というのは、「社外のお客様」だけじゃありません。「社内の人たち」との人脈も重要です。

というのも、会社の納品体制では受け切れない仕事を受注した場合、外注する必要があるのですが、全然知らない人に外注するよりは、仕事っぷりを理解している人に発注したいと思うのは当然。

もともと自社にいた人は、優先的に外注対象になりやすくなります。

社員で働いて、人間関係が強くなれば、独立した後も仕事に困らなくなるでしょう

ジキ

もちろんしっかりと会社に貢献して、信頼ができている場合に限りますが・・・!

フリーランスは全然甘くないから一旦正社員で強くなりましょう

フリーランスは全然甘くないから一旦正社員で強くなりましょう

フリーランスは一見楽しそうかもしれませんが、それは自分で仕事を選べるようなフリーランスに限ります。

実際ほとんどのフリーランスは苦労しています。↓よくフリーランスの方から聞く愚痴です。

お客さんがなかなか取れないから、単価を下げるしかない。
単価を下げても品質のハードルは高く、労力がかかる。
個人だと発注側から足元を見られて値段も叩かれるし、舐めた対応を取られる。でも抵抗できない。
夜でも電話がかかってくる。

こんな感じで、会社に守られていないことで、なかなか厳しい現実もあるってわけです。

それに競争相手も多いです。

フリーランスの中には、フリーター上がりのフリーランスもいますが、長年正社員をやってスキルも人脈もすごいベテランフリーランスもいるし、スキルはあるけど育児で会社を離れた主婦のフリーランスもいます。

どう考えても、未経験者で、未実践で、通信講座などで基本スキルだけを学んだフリーランスが戦うには厳しい環境です。

なので、急がば回れ。をおすすめします。

まずは正社員で、知識を手に入れて、求められるニーズを知って、スキルを身につけ、人脈を獲得した方が、結果コスパが良いと思います。

でも、、、そもそも正社員就職に自信がないんですが・・・。

大丈夫。確かにフリーターは就職に不利な立場ではありますが、いくらでもやりようはあります。

フリーターに強い就職エージェントに無料で相談してみませんか?

就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービスです。

就職エージェントとは

プロの就職アドバイザーとの面談を通じて、就活の準備(自己分析や履歴書作り)を進めたり、調べきれないほどたくさん企業がある中から「条件に合う企業」を探してくれたり、その企業に合格するために面接対策を行ってくれます。

フリーターは確かに就職が不利になりやすいですが、就職エージェントを味方につければ、全然就職率は変わってきます。

  • フリーターに足りていない就活の情報を教えてくれる
  • ブラック企業を選択肢から排除してくれる
  • フリーターを受け入れるホワイト企業を紹介してくれる
  • 面接で合格するためのノウハウを直接教えてくれる
  • 面接対策を手伝ってくれて、常に改善していける

就職エージェントは、これらのサービスを全て無料で提供してくれるのです。

フリーターに強い就職エージェントってあるの?

あります。意外と選ぶのは簡単かもです。

というのも、世の中には14000以上のエージェントサービスがありますが、フリーターに強いエージェントは少しだけだからですね。

以下にフリーターに強い有名エージェント3つ紹介しています。口コミや評判もあるので是非ご覧ください。

フリーターに強いエージェント

上記3つの選定理由や詳細は以下の記事にまとめています。

次に読みたい
フリーターに強い就職サイト・就職エージェント5選【プロがおすすめ】

フリーターの自分が、正社員就職するためにはどんな就職サイトや就職エージェントを使うのがいいのかな。 上記のような疑問や悩みにお答えします! 本記事の内容は以下の通り。 フリーターに強い就職サイト・就職 ...

ジキ
それぞれのサービスは口コミや評判もしっかりと確認するといいですよ。デメリットや悪評も当然ありますからね。

というわけで今回は、フリーターがフリーランスになりたければ正社員になるべきという話をしました。

最後に理由をまとめると以下の通りです。

理由

  • 実践で求められるレベルを知ることができる
  • 稼ぎながら学ぶことができる
  • 人脈ができる

今回は以上です!応援しています!

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

  • この記事を書いた人

複業家 ジキ

資産1億を夢見る元フリーターです。フリーターからでも、会社員でも、二児のパパでも、夢を追いかけられるし、人生成り上がれることを証明したい。会社員で生活を安定させ→朝活で副収入を稼ぎ→仮想通貨にフル投資する。このスキームで資産1億を突破してみせます。#西野亮廣エンタメ研究所/#二児のパパ/#会社員/#人材業界12年目/#ブロガー6年目/#仮想通貨投資家

-フリーターからの脱出