ブログ副業

ブログ改善ってどうやるの?【WEBマーケターの僕が解説する】

みんなブログ改善しろっていうけど、改善の方法が分からなくて困っている。

当記事では上記の悩みに答えます。

ジッキー
ジッキー
どうも。ジッキー(@jikky_bongjing)です!

先日以下のようなツイートをしました。

今回はブログ改善の方法ということで、ブログ歴3.5年以上の僕がさらに深堀して解説していきます。

ブログ改善の方法【WEBマーケターの僕が解説する】

ブログ改善の方法

ブログの改善の方法は一言で言うと「パクリと試行錯誤」です。

もちろん「試行錯誤=改善」ではありません。時に改悪してしまうこともあります。ただ、その時は元に戻せばいいだけの話。

どちらにせよ「ブログの正解」なんて誰も知らないわけなので、改善するには試行錯誤するしかありませんね。

改善のプロセスは、こんな感じです。

  1. 現状把握&何を改善するかを決める
  2. 自サイトや他ブログを研究・有料note・読書などで情報収集
  3. 成功要因だと思われるものを自分のブログで応用
  4. 結果を振り返る
ジッキー
ジッキー
この「1〜4」を繰り返すイメージです。

1:現状把握&何をどう改善するかを決める

まず現状を把握して、「何を改善するのか」を決めることが大事。

例えば、会社員の人だと上司に「スタンスが甘い」みたいな漠然としたこと言われて、何したらいいかわからなかったことありませんか?

あれと同じ。

「何を改善するのか」がはっきりしないままだと、具体的な改善案が出てきませんね。

アフィリエイトブログだと、収益の公式に当てはめて改善対象を考えるのがオススメ。

収益=「アクセス数」×「収益記事へのアクセス率」×「クリック率」×「コンバージョン率」×「案件の単価」

  • アクセス(検索流入数・SNS)
  • 収益記事へのアクセス率(※)
  • クリック率
  • コンバージョン率
  • 案件の単価

※収益記事とは、商品やサービスの紹介をして、アフィリエイト収益を発生させることを目的に書いた記事。SEOの難度が高い場合が多く、内部リンクから流すことが多い。

それぞれの要素によって改善方法が異なります。

だから、大事なことなのでもう一度。

まずは現状を把握して、「改善対象」を決めることです。現状把握のためのツールは以下。

  • アクセス(検索流入数・SNS)→アナリティクス等
  • 収益記事へのアクセス率(※)→アナリティクス
  • クリック率→ASP
  • コンバージョン率→ASP
  • 案件の単価→ASP

ここまで解説すると、以下のような疑問が湧きますよね。

それぞれの相場とか平均って何%くらいなの?

この質問に答えるのは、ジャンルや紹介する商品にも依存するので非常に難しいのですが、僕の基準で言えば、以下。

「収益を上げるための商標記事のアクセスのみ」で計算すると、
クリック率10〜20%・コンバージョン率10%〜15%あたりでOKという判断をします。

参考までに。

2:自サイトや他ブログを研究・有料note・読書などで情報収集

次は改善の方向性を見極めるために情報収集です。基本的にうまくいっているものをパクります。

自サイト内でうまくいってる記事とそうでない記事を比べたり、稼いでる人のブログからパクったり。
うまくいってる人の本を読んだり、真似したい人の有料noteを買ったりもOK。

どんな情報を集めたらいいか考えやすいように、以下の収益発生の公式の要素ごとに改善パターンをまとめます。

収益=「アクセス数」×「収益記事へのアクセス率」×「クリック率」×「コンバージョン率」×「案件の単価」

アクセス(検索流入数・SNS)の改善の方向性

検索流入を増やすためのSEOの改善、ツイッターのフォローを増やす方法など。

収益記事へのアクセス率の改善の方向性

内部リンクの位置、リンクへの誘導の文言、リンクの文言やデザイン、検索意図との整合性、そもそもの記事全体の質。

自分のサイトの内部リンクへのアクセス率の分析方法は下記に詳しくまとまっています。

内部リンクからの遷移率を分析する方法【アナリティクス設定を解説】 当記事では上記の悩みに答えます。 アフィリエイトの基本は、下記のように読者を内部リンクで流すことだと言われてます。...

クリック率の改善の方向性

アフィリエイトリンクの位置、リンクへの誘導の文言、リンクの文言やデザイン、検索意図との整合性、そもそもの記事全体の質。

コンバージョン率の改善の方向性

記事内容でイメージしたものと実際の商品LPのギャップを解消、LP先で感じるであろう不安を先に解消しておくなど。

これ以上は、LPの質の話なので、コントロール不可の部分でもありますね。そもそも案件を変えるって話とかもありです。

案件の単価の改善の方向性

ASPの変更、商品の変更など。

案件は同じでも、ASPで報酬が異なるケースが結構ありますよ。

ASPは一通り登録しておくと、管理はめんどいですが、収益は最適化しやすいです。

3:成功要因だと思われるものを自分のブログで応用

要するに、パクるってことです。(笑)

とはいえ改善するとは限りません。「これが成功要因だろう」と思ったものが、ハズレの可能性もありますから。

さっきも言ったように、改悪したら戻すだけ。また別の可能性を試せばいいだけです。

ただし、改悪した時にスムーズに元の状態に戻せるように、何をどう変えたかの記録はどこかにまとめておきましょう。

4:結果を振り返る

想定通り数字が変わったのか、どうだったのかを振り返ります。

グーグルアナリティクスや、サーチコンソール、あるいはASPのレポート画面などで修正後の数字を把握します。

何よっぽど失敗したと感じない限りは、1ヶ月くらいはデータを貯めた後に見た方がいいですよ。

ジッキー
ジッキー
もちろん時期とかトレンドによっても数字は変わってくるので、その辺りも考慮しつつです。

うまくいってたら、成功。うまくいってなければ仮説の立て直しです。

ブログ改善するためにはそれなりの行動量と時間が必要です

ブログ改善するためにはそれなりの行動量と時間が必要です

ここまで解説を読んでいただいた方ならお分かりかと思いますが、ブログで改善するためには、それなりのデータ量が必要です。

オススメは少なくとも月1万PVくらいまでは、一旦立ち止まらずに、書き続けたほうがいいかと思います。

ただし、「量」をこなせばいいって話でもない

ただし、「量」のみを追求して、とにかく記事を書きまくればいいっていうニュアンスではありません。

ブログは「量」だけでなく、「質」がかなり求められますよ。

このあたりは下記にまとまっています。

https://bongjing-escape.com/quantity-quality/

というわけで、以下のようなニュアンスで受け取ってください。

立ち止まって改善するのは、月1万PV集まってから。それまでは、「質」を追求しながら「量」をこなしましょう。

改めてまとめると、改善のプロセスは、以下のようなイメージ。

  1. 現状把握&何を改善するかを決める
  2. 自サイトや他ブログを研究・有料note・読書などで情報収集
  3. 成功要因だと思われるものを自分のブログで応用
  4. 結果を振り返る

基本的に誰も正解なんて知りませんので、「うまくいってる成功パターン」をパクることと、試行錯誤がブログ改善のベースです。

と、いうわけで今回は以上です。良きブログライフを!( ^ω^ )

ちなみに、僕はツイッターでもブログ副業で稼ぐ生のノウハウや失敗談を発信しています。以下のような方はぜひフォローしてくださいな!

  • ブログ副業で稼ぎたい!
  • できれば遠回りしたくない!
  • 生々しい副業ブログの情報が欲しい!
ジッキー
ジッキー
この記事の感想なんていただけると泣きながらリツイートします。

【お知らせ】副業ブログ歴4年間の失敗を詰め込んだnoteを作りました。

ブログを始めて4年。センスなしで凡人な僕でも、2020年3月にアフィリエイト収益で月30万円以上の収益を達成しました。

ここに来るまで、たくさんの失敗をやらかしましたが、今の僕があるのは、それらの失敗から学んだ教訓があるおかげです。

そして、今確信していることがあります。

「僕の4年間の失敗を避ければ、みんな僕よりうんと早く6桁に到達できる」

というわけで、4年間で積み上げた失敗を詰め込んだnoteを作りました。

  • 初心者が絶対にマネしてはならない失敗
  • マヌケな失敗
  • 本当は晒したくない黒歴史
  • 今でも後悔するような失敗
  • 稼げなかった時と稼げるようになった時の考え方の差 など

約3万文字程度に詰め込みました。このnoteを読めば、初心者ブロガーにありがちな失敗を避けて時短することが可能です。

失敗40個中10個まで無料で公開中です。

>>ブログ副業歴4年で30万円稼げるようになった僕が後悔している「40の失敗」と学んだ教訓を公開