ブログ副業

WordPressブログの作り方を画像でわかりやすく解説【初期費用も節約】

WordPressワードプレス)を使ったオリジナルのブログ作り方をわかりやすく解説してほしい。

また、サーバー代などの初期費用はできるだけ抑えたい

当記事では、上記の悩みに答えて166枚の画像を使って、ワードプレスブログの立ち上げ方を解説します。

ジッキー
ジッキー
こんにちは!ジッキー(@jikky_bongjing)です!
当記事の信頼性
  • 執筆者はブログ歴3年。立ち上げたブログの数は20以上。
  • サーバーは3種類契約した経験があります。
  • アフィリエイターとしての節約知識を持っています。

さて、当記事を読むと以下のようなメリットがあります。

  • ワードプレスでブログを失敗せずに開設できる
  • ブログの初期設定まで完了する
  • アクセス解析ツールも導入できる
  • 初期費用をグッと抑えられる。※3,000円以上の節約

多くのサイトで「ワードプレスを使ったブログの作り方」は解説されていますが、初期費用の抑え方まで解説されている記事は少ないと思います。

以下、割と長文ですが、失敗しないように画像などたくさん使ってますので、よろしくお願いします!

Contents

ワードプレスでブログを開設するまでの全体像

ワードプレスでブログを開設するまでの全体像
ジッキー
ジッキー
まずは、なんとなく全体イメージを掴みましょう。

ワードプレスのブログ開設に必要なもの

主には以下の3つです。

  1. レンタルサーバー・・・ブログのデータを格納するスペース
  2. ドメイン・・・「xxx.com」のようなURL・サイトの住所
  3. ワードプレス・・・ブログを更新しやすい管理画面ソフト

下記にインターネットでサイトが表示される仕組みを簡易的に説明しておきますね。

インターネットでサイトが表示される仕組み

サーバーはデータファイルの格納庫。

ドメインはそのデータを呼び出すための住所です。

以下のように、サーバーにワードプレスのブログデータファイルが格納されます。

サーバーのイメージ

で、ユーザーがあなたのブログを読む時は以下のような感じです。

読者がブログを見るときURLを入力すると、ブログのデータがサーバーから呼び出されて、ユーザーのPCの画面に表示されます。

ジッキー
ジッキー
大枠の仕組みはわかりましたか?だいたいでオッケーです。

ワードプレスのブログ開設にかかる費用(年間費用)

ワードプレスにはサイトのデザインと機能を決める「テーマ」という着せ替え要素があり、無料のものと有料のものがあります。

無料テーマを使った場合、今回紹介する方法だとかかる費用は以下の通り。

【ワードプレスの無料テーマを使う場合:10,000円程度

  • サーバー代→月額約1,000円×12ヶ月=約12,000
  • ドメイン代→年間1,000円いかないくらい
  • ワードプレスのテーマ→0円
  • 節約可能分=▲約3,000円

最初は無料テーマで十分だったりもしますが、この辺りは下の方で説明しますね。

ワードプレスのブログ開設までのステップ

  • STEP0:セルフバックの準備(初期費用の節約のため)
  • STEP1:レンタルサーバーの契約
  • STEP2:ドメインを取得する
  • STEP3:サーバーとドメインを接続する
  • STEP4:サーバーにワードプレスをインストールする
  • STEP5:ワードプレスを初期設定する

所要時間は、作業時間が1時間程度放置時間が数時間程度です。

初期費用を抑えるために必要なのがSTEP0の「セルフバックの準備」。

全然めんどくさくありませんし、絶対にあとで「やってよかった」と思えるはずですよ。

ジッキー
ジッキー
一気に情報を詰め込まれて混乱するかもですが、なーんとなく全体像掴めてたらオッケーです。

以下で解説するステップ通りに進めていけば、100%失敗しないので、読み進めてください。

では最初のステップから具体的に進めていきましょう。

STEP0:ブログ開設の初期費用を抑えるセルフバックの準備【所要時間3分】

  • STEP0:セルフバックの準備 ★ココ
  • STEP1:レンタルサーバーの契約
  • STEP2:ドメインを取得する
  • STEP3:サーバーとドメインを接続する
  • STEP4:サーバーにワードプレスをインストールする
  • STEP5:ワードプレスを初期設定する

まずセルフバックとはなんなのかって話から。

セルフバックって何?

初期費用を抑えるためには、アフィリエイトのセルフバックという仕組みを使います。

アフィリエイトとは、あなたのブログで商品を紹介し、商品が売れたら報酬がもらえるシステムです。以下の図のような仕組み。

アフィリエイト仕組み

「セルフバック」というのは、広告主がブロガーに対して「キャッシュバックするから、ブロガー候補のあなたにうちの商品を使ってほしいです」というオファーです。

ジッキー
ジッキー
意味わかりますかね?

広告主はブロガーの人に素敵に商品を紹介してもらいたいので、できれば自社商品を使ってもらいたいのですね。

  • セルフバックでサーバーに申し込む→3,000円のキャッシュバックがある。
  • セルフバックでドメインを取得する→100円のキャッシュバックがある。

みたいなイメージ。先に「ブログ」がなくてもセルフバックは可能です。

そんな美味しいことあんの!?

って思うかもですが、ぶっちゃけアフィリエイターならみんな知ってる節約術です。

ジッキー
ジッキー
サーバーやドメイン以外にも、色々キャッシュバックされるオファーがあるのでお楽しみに。

セルフバックの準備をしよう

さて、セルフバックの準備は超簡単です。

日本一有名なアフィリエイト広告を発行するサービスA8.net(ブロガーの方はほとんど利用しています。)に無料会員登録しておくだけ。

ジッキー
ジッキー
もう一度言っておきますが、無料です。ご安心を。

ブログで稼ぎたいなら、必ず会員登録することになるので、いま登録して得をするか、あとでやって損をするかってだけの話です。

それなら、今やっておきましょう笑。

まずはA8.netの公式ページから「無料でアフィリエイトを始める!」へ。

A8トップのスクショ

最初はメールアドレスの仮登録を行います。

仮メールアドレス登録

すると下記のようなタイトルのメールが届き、本登録に進むためのURLが発行されます。

メール

URLに進むと、下記のような基本情報入力画面へ。

報酬をもらうシステムへの登録なので、電話番号や住所も入力しますが、僕自身も3年間何も届いたことありませんのでご安心を。
※運営企業は上場企業です。

基本情報入力のスクショ

サイトを持っていない方は、「サイトをお持ちで無い方」を選びましょう。

選択肢

すると「ファンブログ」というA8.netが運営するブログサービスに登録することになります。

あとでオリジナルのブログを作るので、とりあえず今は適当に仮で登録しておきましょう。入力は全部適当でオッケーです。

ファンブログ

あとは口座情報を入力して、確認して会員登録完了です!

口座情報登録

完了

ジッキー
ジッキー
これでセルフバックのキャッシュバックをもらう準備完了です!

では、次のステップに進みましょう!

STEP1:サーバーを契約する【所要時間約5分】

  • STEP0:セルフバックの準備
  • STEP1:レンタルサーバーの契約 ★ココ
  • STEP2:ドメインを取得する
  • STEP3:サーバーとドメインを接続する
  • STEP4:サーバーにワードプレスをインストールする
  • STEP5:ワードプレスを初期設定する

レンタルサーバーはどこがベスト?→mixhostです

次にサーバーを契約します。

僕は下記の有名どころ3社のレンタルサーバーの利用経験があります。

  • mixhost
  • エックスサーバー
  • さくらレンタルサーバー

この3つのレンタル〜サーバーを、容量を推奨の200GB前後のプランで揃えて料金を比較すると以下の通り。

サービス名 初期費用 月額料金
(12ヶ月分一括)
セルフバック報酬
(キャッシュバック)
mixhost
スタンダードプラン
0円 980円 3,000円
エックスサーバー
X10プラン
3,000円 1,000円 2,858円
さくらレンタルサーバー
プレミアムプラン
1,048円 1,571円 4,000円

ご覧の通り、mixhostが料金面はコスパが最強です。

僕はこの3社を使って最終的に、mixhostに落ち着きました。初心者の方にはおすすめです。理由は以下の3つですね。

  1. サイトの表示スピードが業界ナンバー1。
  2. 初期費用がゼロ。
  3. 月額費用も安くて、セルフバックが魅力的。

mixhostのサイト表示の処理スピードは業界1位です。

ジッキー
ジッキー
表示速度はSEO上かなり重要ですから、ここは重視したいところ。

他の機能はぶっちゃけ・・・同じ感じ。

たまに、mixhostは玄人向けとか書かれたりしていますが、サーバーに玄人も素人もありませんし、一度契約すればそんなに意識することもありません。

というわけで、mixhostでサーバーを開設する前提で解説を進めていきます。

レンタルサーバー申し込みの手順

ではセルフバックで報酬を獲得しつつ、mixhostに申し込む手続きを進めていきますね。

 A8.netのマイページにログインしてください。すると右上の方に「セルフバック」と書かれた青いボタンがあるので、クリック。

A8.netのトップスクショ

検索バーに「mixhost」と英語で入力してください。

セルフバック検索

すると以下のような画面が出てくるので、「詳細を見る」をクリック。

mixhostのセルフバック

詳細の一番下に「セルフバックを行う」というボタンが出てくるので、こちらをクリックします。※成果条件などは目を通しておきましょう。

セルフバック

すると、mixhostの公式サイトに飛びます。
※この過程を踏むだけでキャッシュバックがもらえます。

「今すぐmixhostをお申し込み!」をクリック。

mixhost

プランを選ぶ画面に行きますが、スタンダードプランで250GBあるので、十分。僕はスタンダードプランで10サイトほど運営していますが問題なしです。

迷わずスタンダードでオッケーです。

スタンダードプラン

次に無料のサブドメインを入力する画面に。

「サブドメインって何?」って感じだと思いますが、レンタルサーバーに申し込むとこのドメインが使えるようになるってだけなのでスルーでオッケー。

後ほどオリジナルのドメインを申し込むのでこのサブドメインは使いません。

そのため、「自分の名前」とか「好きな言葉」とかなんでも適当に入力していればオッケー。

今後使うことはないと思います。で、検索ボタンをクリック。

サブドメイン入力

同じドメイン名がなければ、次の画面で費用が出てきます。

「34,848円!?」とびっくりするかもですが、これは3年分の金額。

3年分一気に申し込めば割安ではありますが、さすがに始めたてなので1年分とかにしておきましょう。

以下赤枠のプルダウンで3ヶ月〜選べます。

契約オプションの確認

1年分だと税込で約13,000円ですが、セルフバックのキャッシュバックが3,000円分あるので実質10,000円ですね。

「続ける」をクリック。

1年分の金額

次にお客様情報の入力です。住所入力しますが、何も届きませんのでご安心を。

お客様情報入力画面

下の方に行くと、最後にお支払い方法の選択。クレジットカードか銀行振り込みを選択して、注文完了へ。

支払い画面

完了

完了すると、サーバー情報が書かれたメール等届きますが、今は一旦見なくてオッケー。

先にドメインを取得します。

STEP2:ドメインを取得する【所要時間約5分】

  • STEP0:セルフバックの準備
  • STEP1:レンタルサーバーの契約
  • STEP2:ドメインを取得する ★ココ
  • STEP3:サーバーとドメインを接続する
  • STEP4:サーバーにワードプレスをインストールする
  • STEP5:ワードプレスを初期設定する

サーバー契約後は、ドメイン。

あなたのサイトのURLを取得します。以下の赤枠部分ですね。

ドメイン

年間約1,000円の費用がかかります。

ドメインは、お名前.com(最も有名なサービス)で取得できます。

ジッキー
ジッキー
お名前.comもセルフバック使えますよ!

それでは手順を説明しますね。

ドメインの申し込みの手順

サーバーと同じく、セルフバックでキャッシュバックがもらえる申し込み手順です。以下どうぞ。

 A8.netのマイページにログインしてください。すると右上の方に「セルフバック」と書かれた青いボタンがあるので、クリック。

A8.netのトップスクショ

検索バーに「お名前.com」と入力してください。

セルフバック検索画面

すると、検索結果がいくつか検索結果で出てくるかと思いますが、「独自ドメイン取得なら・・・・」の詳細を見るボタンをクリック。

セルフバック検索結果

詳細の一番下に「セルフバックを行う」というボタンが出てくるので、こちらをクリックします。※成果条件などは目を通しておきましょう。

セルフバックの詳細

すると、お名前.comの公式サイトに飛びます。サイト上部に「A8.netセルフバック適用中」と表記されます。

お名前.comのトップスクショ

枠の部分に希望のドメインの文字列を入力して、検索をクリックです。

ドメインは好きな文字列で、英文字と記号の組み合わせでで入力しましょう。(日本語ドメインは使いづらいのでオススメしません)

サイト名か、自分の名前とかなんでもいいです。ちなみに、当サイトで僕は「bongjing-escape」(凡人-脱出)としました。

入力すると、以下の画面へ。

ドメイン選択

白の四角になっているドメインが取得可能ドメインです。年会費が若干異なります。

「.co.jp」「.inc」は会社限定ですが、それ以外なら何でもオッケー。

伝統的なのは、「.com」「.net」「.org」なのでこの3つから選べばいいかなと。

もし希望のドメインが取れなさそうであれば、すぐ下のウィンドウで再検索しましょう。

希望のドメインにチェックを入れて、「料金確認へ進む」をクリック。

入力すると、以下の画面です。

購入画面

原則このままで問題なし。登録年数は1年登録のままでいいと思います。3つのチェックは必要ないのでスルーでオッケーです。

そして、一応以下も確認。サーバーは「利用しない」を選択しておきましょう。

購入画面

確認ができたら、以下赤枠部分へ。

「初めてご利用の方」が選択されているのを確認し、メールアドレスとパスワードを入力(お名前.comの会員登録に使うものです。)

ここのパスワードはどこかにメモしておいたほうがいいですよ。

購入画面

そして、次にお名前.comの会員情報を入力していきます。

お名前.comの会員情報

そして、最後に支払い情報を入力して完了です。「クレジットカード」「コンビニエンスストア」「銀行振込」など選択可能です。

自動更新が途切れるとサイトが飛んじゃうので、クレジットが一番楽です。

ドメイン支払い方法

というわけで、間違い無いか確認し、「申込む」ボタンを押せばクリアです。
※申し込むを押したら念押しで「サーバーも一緒に申し込む?」と出ることがありますが、「申し込まない」でオッケー。

以下はサンプル用で申し込んだので、1円のドメイン取りました(笑)

完了画面

すると、メールが6通届きます。「【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い」のメールを先に開いてください。

メールボックス

中にあるURLをクリックして、メールアドレスの有効性を認証しておきましょう。

メールアドレスの有効性

こちらの画面が出れば完了です。画面を閉じてオッケー。

有効性認証

完了

ちなみに参考ですが、ドメイン代に無料で含まれている「Whois情報公開代行」について気になる方向けの豆知識。

ドメインを取得すると、ドメイン情報からあなたの住所などの個人情報が検索できるようになってしまいます。

でも普通に考えて「個人情報公開されると嫌だ」て人も多いですよね?

そこで「Whois情報公開代行」しておくことで、あなたの個人情報の代わりに「お名前.com」が自分たちの住所を登録しておいてくれるってイメージです。

まぁ自動的に申し込まれるので、問題ありませんね!

STEP3:サーバーとドメインを接続する

  • STEP0:セルフバックの準備
  • STEP1:レンタルサーバーの契約
  • STEP2:ドメインを取得する
  • STEP3:サーバーとドメインを接続する ★ココ
  • STEP4:サーバーにワードプレスをインストールする
  • STEP5:ワードプレスを初期設定する

次にサーバーとドメインを接続します。

意味を深く考える必要はありませんが、サーバーとドメインでお互いを設定する必要があり、以下2工程となります。

  1. ドメインにサーバー情報を設定する
  2. サーバーにドメイン情報を設定する

では一つずつ丁寧にやっていきましょう。

1:ドメインにサーバー情報を設定する

では改めて、お名前.comの公式サイトへ

「お名前.com Navi」にログインします。上記の画像であれば、右上のボタンからログイン画面へ。

お名前.comのトップスクショ

発行されたお名前ID(ドメイン取得時のメールに記載されています)、あとドメイン購入の際に入力した「パスワード」を入力してログイン。

お名前.comNAVIログイン画面

すると、ドメインの契約更新画面に行きますが、ここはスルーでメニューの「ドメイン設定」を選択。

ドメイン選択

メニューが出てくるので、少し下に行ったところにある「ネームサーバーの変更」というメニューをクリック。

ネームサーバーの変更

ドメインにチェックを入れ、「他のネームサーバーを使用」を選択。ネームサーバー情報の部分は以下コピペ入力して確認画面へ進んでください。

ns1.mixhost.jp
ns2.mixhost.jp
ns3.mixhost.jp
ns4.mixhost.jp
ns5.mixhost.jp

ネームサーバーの変更

間違いがないか念のため確認して、設定するをクリック。

ネームサーバー確認

以下の画面が出たら完了です。実際反映されるのに24時間〜72時間程度かかることがあります。

ネームサーバーの変更完了画面

完了

これで、ドメインの方にはサーバー情報が紐づいたので、次は、サーバーの方にドメイン情報を設定しちゃいましょう。

2:サーバーにドメイン情報を設定する

mixhostのサーバーを申し込んだ時に、以下のようなメールが届いているかと思います。

「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」と書かれたメールを開きっぱなしにして以下に進んでください。

mixhostメール

メールの中にユーザー名、パスワードとコントロールパネルのURLが出てくると思います。コントロールパネルのURLをクリック。

コントロールパネル

以下の画面になったら、ユーザー名、パスワードをメールからコピペして入力してログイン。

コントロールパネルログイン画面

開くと、なんか専門家っぽいページが出てきますが、実際はほぼスルーなのでご安心を。「ドメイン」のカテゴリーにある「アドオン ドメイン」をクリック。

mixhostメニュー

次のページもややこしそうですが、やることはシンプル。新しいドメイン名のところに、取得したドメインを入力して、そのままドメインの追加をクリック。

アドオンドメイン画面

以下の画面が出たら完了。サーバーでのドメイン設定はこれで終わりです。

アドオンドメイン完了

完了

これでサーバーとドメインがそれぞれ紐づきました。いよいよワードプレスをインストールします。

4:ワードプレスをインストールする

  • STEP0:セルフバックの準備
  • STEP1:レンタルサーバーの契約
  • STEP2:ドメインを取得する
  • STEP3:サーバーとドメインを接続する
  • STEP4:サーバーにワードプレスをインストールする ★ココ
  • STEP5:ワードプレスを初期設定する

というわけで、先ほどサーバーでのドメイン設定が完了した画面から、ロゴをクリックして、コントロールパネルのトップページに戻ってください。

mixhostトップ

トップから下に画面をスクロールして・・・・

mixhostメニュー

「SOFTACULOUS APPS INSTALLER」のカテゴリーに、ワードプレスのロゴマークがあるので、クリックしてください。

SOFTACULOUS APPS INSTALLER

以下の画面になったら、「今すぐインストール」をクリック。

ワードプレスのインストール

ワードプレスの設定を行います。後から変更もできるので、時間かけすぎないほうがいいと思います。

ワードプレスのインストール画面

画像を見ればわかりますが、言葉でも下記に掲載しておきますね。

インストールするバージョンはそのまま。プロトコルは「https://」のまま。ドメインは選択して、ディレクトリのwpは消しましょう。

サイト名・サイトの説明を入力し、管理画面のユーザー名とパスワードを決めます。

管理者Eメールは、よく使うメールアドレスに変更しましょう。そして下へスクロール。

ワードプレスの設定の続きです。基本すべてスルーして、一番下の「インストール」のボタンを押してください。

ワードプレス設定画面続き

こちらの画面が表示されれば完了ですよ!お疲れ様でした!

トップページと管理画面のページの2つのURLがでますが、管理画面のページをブッックマークしておけばオッケーです。

管理画面のURL発行

管理画面に飛んで行きましょう。このURLから入ると、直接ログインされるはずです。

※ドメインの設定が完了していない場合は、画面は表示されないので、その場合は「数時間放置」です。

このまま初期設定の次のパートに進んでいきましょう。

管理画面

あとこのタイミングで先ほど入力したメールアドレス宛にメールが届いています。

有効化のメール

メールを開くと、下記のようになっているので「アカウントを有効化」のボタンをクリックしましょう。

アカウント有効化

以下の画面が出れば完了。これでブログ投稿を公開できる状態になります。

アカウント有効化完了

完了

なんか知らない用語がたくさん出てきて、ちょっと混乱もあるかもしれませんが、不要なものも多いのでスルーです。

5:ワードプレスを初期設定する

  • STEP0:セルフバックの準備
  • STEP1:レンタルサーバーの契約
  • STEP2:ドメインを取得する
  • STEP3:サーバーとドメインを接続する
  • STEP4:サーバーにワードプレスをインストールする
  • STEP5:ワードプレスを初期設定する ★ココ
ジッキー
ジッキー
どんどん完成に近づいていますね!

ここからは初期設定に入ります。

最初にすべき初期設定はこれ。ちょっとメンドイですが、最初にセットしちゃえば楽なので一気にやってしまいましょう。

  1. 一般設定
  2. パーマリンク設定
  3. コメントを入れない設定(必要な方限定)
  4. サンプルページの削除
  5. 最低限必要なプラグインを入れる

1:一般設定

一般設定では、主にタイムゾーンを変更します。

まず管理画面の「設定」→「一般」をクリックしてください。

ダッシュボード

タイムゾーンの部分で「東京」を選択すればオッケーです。その後、「変更を保存」をクリック。

一般設定

ちなみに、このページで「サイトタイトル」や「サイトの説明」を変更することができるので、覚えておきましょう。

完了

2:パーマリンク設定

パーマリンクは、記事のURLどうしますか?っていう設定。

日程入れたり、数字だけにしたり、色々あり、自由ですが、今回は最も多くのブロガーから推奨されているものに設定をしておきます。

管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」をクリックしてください。

ワードプレスのダッシュボード

「投稿名」を選択して、「変更を保存」をクリックします。

パーマリンク設定

このタイプが一番記事のURLに関してトラブルが起こらないです。今はまだよくわかってないかもですが、これを選んでおけば問題なしです。

完了

3:コメントを入れない設定(必要な方限定)

記事を書いたら、読者がその記事にコメントを入れることができます。このパートはコメントを入れないで欲しいって人限定。

変なコメント入れられると、勝手にページの評価下がったりすることも考えられるので、制限した方が無難ですが、読者とのコミュニケーションは減ります。

ちなみに僕は完全にコメントは消しています。

管理画面の「設定」→「ディスカッション」をクリックしてください。

ワードプレスのダッシュボード

そして「新しい投稿へのコメントを許可」に入ってるチェックを消します。その他はいじらなくてオッケーです。

チェックを外す

画像は割愛しましたが、下部に行って「変更を保存」をクリックするのをお忘れなく!

完了

4:サンプルページ等の削除

ワードプレスをインストールすると、サンプルページが最初から公開されているので消していきましょう。

管理画面の「投稿」→「投稿一覧」をクリックしてください。

ワードプレスのダッシュボード

「Hello world!」という記事が上がっていますね。必要ないので、「ゴミ箱」をクリックして消しましょう。

投稿一覧

この画面が出たら成功です。あともう1ページあります。

投稿記事消去

管理画面のトップに戻り、今度は「固定ページ」→「固定ページ一覧」をクリック。

ワードプレスのダッシュボード

Sample Pageの方は公開されていますが、これも必要ありません。ゴミ箱をクリックして消去。

固定ページ一覧

これでオッケーです。Privacy Polocyは下書きになっていて公開はされていないので、そこまで気にする必要もないですが、同じくゴミ箱で捨てていただいても問題なしです。

固定ページ消去

完了

5:最低限必要なプラグインを入れる

「そもそもプラグインってなんやねん」

って疑問もあるかもしれませんが、一言で言えば「ブログをより便利にカスタマイズするための部品」みたいな感じです。

これからお伝えするのは、推奨というよりは最低限。これだけは少なくとも、最初から入れておいた方がいいっていうものです。

  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)※インストール済み
  • Google XML Sitemaps・・・グーグルにサイトマップを送信する
  • EWWW Image Optimizer・・・画像サイズを圧縮する

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)は最初からインストールされているので、残り2つをまずはインストールしましょう。

プラグインをインストール

インストールの手順はいたってシンプル。

まずは、「Google XML Sitemaps」をインストールします。

グーグルにサイトマップを送信して、検索結果に出るようにしてもらうプラグイン

ワードプレスの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックしてください。

ワードプレスのダッシュボード

こういう画面になってるかと思うので、プラグイン名をコピペします。

「Google XML Sitemaps」と入力してください。

プラグイン検索画面

すると該当のプラグインが出てきますので、「今すぐインストール」のボタンをクリックしましょう。

プラグイン検索結果

するとボタンの中身の文字が「有効化」になるので、こちらをクリック。

プラグイン有効化

するとインストールされたプラグイン一覧画面になりますので、これでオッケー。確認できたら、再度「新規追加」を選択します。

プラグイン一覧

再度同じように、プラグイン名をコピペして検索バーに入力。

次は「EWWW Image Optimizer」と打ちます。

このプラグインは入れておくだけで自動的に画像サイズを適正に圧縮してくれますので、サイト表示スピードが上がります。

プラグイン検索画面

先ほどと同じ流れで、以下が表示されたら「今すぐインストール」をクリック。
※「EWWW Image Optimizer Cloud」という同じアイコンのも出てきますが、スルーしてください。

プラグイン検索結果

「有効化」のボタンが出てきたら、それをクリック。

プラグイン有効化

再度、以下のプラグイン一覧の画面が出たらインストール&有効化が完了です。

プラグイン一覧

完了

これだけで終わりだと楽なのですが・・・。実はそうはいかないので、少し設定をします。

この画面のまま以下に進んでください。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)の設定

スパムコメントをはじくプラグインです。

コメントを許可しない人も、スパムは届きます(直接ファイルにスパムコメントを送ってくる)ので、登録しておきましょう。

有効化するために少し工程があります。

先ほどの画面のまま、Akismet Anti-Spam (アンチスパム)のプラグインの「有効化」をクリックしてください。

アンチスパム有効化

するとAkismetの設定画面へ飛びます。「Akismetアカウントを設定」をクリックしてください。

Akismetアカウントを設定

すると英語の画面へ。翻訳しても結構です。とにかく以下画面の「SET UP YOUR AKISMET ACCOUNT」をクリック。※翻訳すると日本語で出ます。

Akismetアカウントを申し込み

次に、アカウント設定です。メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力しましょう。会員登録のイメージです。
※ワードプレスの管理画面と異なるものでも、登録可能です。

「Akismet」はワードプレスが運営しているものですので、ご安心を。

Akismetログイン

次に、プランを選択する画面へ。個人用の一番左のプランにしましょう。このプランは「言い値」のプランです。

Akismetプラン選択

選択すると、「言い値」を設定する画面が出てきます。最初4500円に設定されていますね。これからそれをゼロにします。

言い値設定

「¥4500/YEAR」をクリックしながら、左にスライドしていき、0のところまで持っていきます。

言い値設定

これで完了。

言い値をゼロに

するとクレジットカードの入力画面が以下のように変わるので、氏名を入力し、チェック欄は全部チェックを入れ、青いボタンをクリックします。

ライセンス入力

ちなみに、チェック欄には「私のサイトに広告は掲載されません・サイトで商品を売りません・商用利用しません」みたいなことが書かれています。

ただ、ぶっちゃけバリバリ稼ぐ気ですよね?だからチェックするのはどうなのかって話もあるのですが、少なくとも現時点では稼いでいないので、問題なし。

月6桁とか、軌道に乗ってくるまでは考えなくて大丈夫かなと思います。(僕も使ってました。)ペナルティとかがあるとか聞いたことないです。

つまり、相当稼いでから、考えましょうってことです(笑)

で以下の画面になります。「API KEY」が発行されるので、それをコピペしましょう。

APIKEY

そして、ワードプレス管理画面の「設定」→「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」をクリックして、設定画面へ。

ワードプレスのダッシュボード

そして、次は「Manually enter an API key」をクリック。

Manually enter an API key

以下のバーが出てくるので、先ほどコピーしたAPI KEYをペースト。「APIキーを使って接続する」をクリックします。

 API key

以下の画面が出たら完了。何も触らずでオッケーです。

APIKEY入力

完了

ちょっとややこしかったかもしれませんが、一度やっておくともうこの辺りについて考えなくて済むので、最初から登録して正解です。

Google XML Sitemapsの設定

Google XML Sitemapsは、グーグルにサイトマップを送信して、検索結果に乗せてもらうために大事なツールです。

今の時点で詳しく知る必要はないですが、これから設定するのは、サイトの中のどのページを優先的にグーグルにアピールするかを決めるようなイメージを持っておきましょう。

つまり更新の多い部分は優先的に、更新の少ないところは優先順位少なめに設定することで、最適化します。

ワードプレス管理画面のメニューから「設定」→「XML-Sitemap」をクリック。

ワードプレスのダッシュボード

見た目ややこしそうなのが出てきますが、以下同じにしていただければオッケーです。

「基本的な設定」の部分は何も触らずでオッケーです。「投稿の優先順位」の箇所まで下へスクロールしていってください。

サイトマップ設定

「投稿の優先順位」の部分は「優先順位を自動的に計算しない」を選択してください。

投稿の優先順位

「投稿の優先順位」の部分は「固定ページを含める」のチェックを外して、「カテゴリーページを含める」のチェックを入れましょう。

残りはそのままでオッケー。

サイトマップコンテンツ

「Excluded Items」の部分はそのままでオッケー。

Excluded Items

「Change Frequencies」の部分は、以下のように変更。

投稿(個別記事)毎週に。固定ページ、タグページ、投稿者ページは更新なしに。

Change Frequencies

「優先順位の設定」の部分は、以下のように変更。

優先順位の設定

完了

上記の設定は、投稿ページで記事を書いていくブロガーの方を想定しています。

固定ページは通常「プロフィール」とか「問い合わせページ」など更新性が低いページにあてられるので、グーグルへのアピールの優先順位を下げています。

もし固定ページをガンガン更新していくって方は、固定ページの優先度を高めてください。

EWWW Image Optimizerの設定

「EWWW Image Optimizer」については、管理画面の上部に以下のように出ているかと思います。

EWWW Image Optimizer

これはどちらでもいいので選択すれば消えます。許可した方が得ですけど、そんなに使わないっていう・・・。

その他は特に設定することないので、これで最低限のプラグインについては、設定完了です。

今回は、以下3つのプラグインを入れました。

最低限必要なレベルのもので、かなり多くのブロガーが入れてます。

  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)※インストール済み
  • Google XML Sitemaps・・・グーグルにサイトマップを送信する
  • EWWW Image Optimizer・・・画像サイズを圧縮する

ちなみに、さらに便利にするために「入れたほうがいい推奨プラグイン」については、また記事にします。

さて、もうブログは完成していてすぐにでも記事を書き出せますが、さらにもう少しお付き合いください。

だって、今こう思ってません?

サイト、ダサくない?あとアクセスとかどうやってみたらいいの?

そう、ここにきて、かなり大事な話が2つ残ってます。

  • ワードプレスのテーマ(デザイン)の話
  • アクセス解析ツールの話

テーマ(着せ替え)を決めよう

ワードプレスは、テーマというものが存在します。簡単に言えば、「着せ替え」みたいなものですね。

テーマによって、デザイン性や機能性がそれぞれ異なります。

テーマを見比べてみよう

例えば、以下3つ全然違うと思います。

JIN(当サイトのテーマ)

JIN

このブログで実際に使っているテーマで、有料ですがめっちゃ使いやすい。

ジッキー
ジッキー
デザイン性も高くて、カスタマイズも簡単だし、SEO対策もバッチリです。

LION BLOG(昔僕が使っていたテーマ)

LION BLOG

JINを購入する前に利用していた無料テーマです。

ジッキー
ジッキー
こちらも無料とは思えない機能性とデザイン性です。

Cocoon

Cocoon

人気の無料テーマ。

ジッキー
ジッキー
色とか全くカスタマイズしていないので真っ白ですが、かなり評判いいですね。

こんな感じで、同じワードプレスでも見た目が全然異なるのです。

今はワードプレスチームが作った「Twenty Twenty」という無料テーマが自動的に着せられているはずですが、多分「デザイン的にちょっとしんどい・・・」と思った人が多いのでは?

オススメのテーマは2つ【迷わず選ぼう】

テーマは星の数ほど世の中に存在するので、迷ってたらきりありません。人気テーマにしましょう。

人気のテーマは、WEB上にたくさんのカスタマイズ情報がありますからね。以下の2つが人気ですから、どちらかを迷わず選んだほうがいいですね。

  • JIN(¥14,800-)
  • Cocoon(無料)

デザイン面でも機能面でも、JINが一番オススメです(僕も使ってますし)。

初心者ブロガーがデザインにこだわりすぎると迷宮入りしますから、簡単に納得いくデザインができたほうがいいですね。

他にもJINをオススメする理由はたくさんあり、以下に書いています。

アフィリエイト初心者は迷わずワードプレス有料テーマJINを買うべき アフィリエイト始めたけどワードプレスのテーマでどれがいいのかわからない。 今回の記事では、上記のような悩みにお答えしま...

無料テーマで50記事書く→有料テーマに切り替えるのもあり

とはいえ、テーマを有料にするのはかなりの覚悟が必要ですよね。

なので50記事くらい無料テーマで書いて、「続けられそうだ!」と思ってからJINなどの有料テーマに着せ替えするのもありです。

Cocoonはサイトの表示スピードも早く、多くのアフィリエイターから支持されています。

以下、「JIN」か「Cocoon」をインストールする前提で進めていきます。

【パターン1】無料人気テーマ「Cocoon」をインストールしよう

では以下がインストールの手順です。(JINのインストール手順はさらに下の方に掲載しています。)

まずはCocoonの公式サイトへ!

Cocoonトップ

ダウンロードページの「親テーマ」をまずはダウンロード。ボタンを押せばzipファイルがダウンロードされます。

解凍せずにそのままにしておいてください。

親テーマ

次に少し下に進めば、「子テーマ」のダウンロードができるので、同じくダウンロードしておきましょう。

※親テーマは自動でアップデートされていきますので、自分でデザインのカスタマイズなど行う際はアップデートされない子テーマを用います。

言ってることがわからなくてもOK。今は深く考えず、両方必要だということだけ知っておいてください。

子テーマ

次にワードプレスの管理画面のメニューから「外観」→「テーマ」をクリック。

ワードプレスのダッシュボード

そして、ページ上部に出てくる「新規追加」をクリック。

テーマの追加

ページ上部に出てくる「テーマのアップロード」をクリックします。

テーマのアップロード

先ほどダウンロードした「親テーマ」をドラック&ドロップしましょう。

親テーマアップロード

ファイルが入ったら、「今すぐインストール」をクリックします。

親テーマインストール

続いて「子テーマ」のインストールをするために、「テーマのページに戻る」をクリック。

インストール完了

「新規追加」をクリック。

テーマ追加

ページ上部に出てくる「テーマのアップロード」をクリックします。

テーマのアップロード

先ほどダウンロードした「子テーマ」をドラック&ドロップしましょう。

子テーマをインストール

ファイルが入ったら、「今すぐインストール」をクリックします。

子テーマのインストール2

インストールが完了すれば、「有効化」をクリックです。これで完了です。
※親テーマが先に入っていなければエラーになります。

子テーマを有効化

完了

完了です!デザインのカスタマイズの方法などは個人の自由。Cocoonの公式サイト参考に!その他ググっても出てきますよ。

【パターン2】有料人気テーマ「JIN」をインストールしよう

では以下がJINのインストールの手順です。(Cocoonをインストールした方は飛ばしてください。)

まずはJINの公式サイトへ!

JIN公式サイト

次のページの下部へ行くと、ダウンロードボタンがあります。利用規約など念のため目を通して、「ダウンロード」をクリック。

JINダウンロードボタン

するとカード情報入力の画面が出てくるので、メールアドレスとカード情報を入力して、「¥14,800を支払う」をクリック。

JIN支払い

購入が完了すると、入力したアドレス宛にメールが来ます。

JINメール

中を見ると、ダウンロードページとパスワードが書かれているので、ダウンロードURLをクリック。

JINダウンロードURL

JINデータダウンロードページで、メールに記載のあったパスワードをコピペ。「SUBMIT」をクリックしましょう。

すると「JINの親テーマ」のZIPファイルのダウンロードが開始されます。解凍せずにそのままにしておいてください。

JINダウンロード

次にJINの子テーマのダウンロードページにいき、子テーマをダウンロードします。

※親テーマは自動でアップデートされていきますので、自分でデザインのカスタマイズなど行う際はアップデートされない子テーマを用います。
言ってることがわからなくてもOK。今は深く考えず、両方必要だということだけ知っておいてください。

ダウンロードボタンをクリックすれば、子テーマがダウンロードされます。

子テーマのダウンロード

次はいよいよインストールします。ワードプレスの管理画面のメニューから「外観」→「テーマ」をクリック。

ワードプレスのダッシュボード

そして、ページ上部に出てくる「新規追加」をクリック。

テーマ追加

ページ上部に出てくる「テーマのアップロード」をクリックします。

テーマアップロード

先ほどダウンロードした「親テーマ」をドラック&ドロップしましょう。

親テーマ選択

ファイルが入ったら、「今すぐインストール」をクリックします。

親テーマのインストール

続いて「子テーマ」のインストールをするために、「テーマのページに戻る」をクリック。

親テーマインストール完了

「新規追加」をクリック。

テーマ追加

ページ上部に出てくる「テーマのアップロード」をクリックします。

子テーマのアップロード

先ほどダウンロードした「子テーマ」をドラック&ドロップしましょう。

子テーマをアップロード

ファイルが入ったら、「今すぐインストール」をクリックします。

子テーマのインストール

インストールが完了すれば、「有効化」をクリックです。これで完了です。
※親テーマが先に入っていなければエラーになります。

子テーマのインストール完了

完了

完了です!デザインのカスタマイズの方法などは個人の自由。JINの公式サイトを参考に!人気テーマなだけあって、ググったらいろんなブロガーのカスタマイズ方法が出てきますよ。

最初からワードプレスに入れておきたい無料の解析ツール2つ

最後に無料のアクセス解析ツールです。最初から入れておいた方がいいのは以下2種類。

  • グーグルアナリティクス→サイトのアクセスがわかるツール。
  • グーグルサーチコンソール→Googleとコミュニケーションをとるツール。

これらは設定時からしかデータが取れないので、最初から入っていた方がいいですね。

というわけで、最後に解説しちゃいます。

これらの設定が終われば、すぐにでもブログの記事を書き始めていただけますよ!

一つずつ説明しますね。

グーグルアナリティクスを設定しよう

グーグルアナリティクスは無料で利用できるアクセス解析ツール。

  • 何人がサイトを見ているのか?
  • どのページがどれだけ見られているのか?
  • 平均何ページくらい読まれているのか? など

様々な角度でサイトを分析できます。

ブログを始めたての頃は、ほぼアクセスないので気にしなくていいのですが、この時期のデータを取っておけば、あとからサイトが成長具合を見ることができます。

では導入していきましょう。

※グーグルアカウントが必要になります。アカウントがない方は以下リンク先を参考にグーグルアカウントを取得してください。

>グーグルアカウント作成方法について

ちなみに、以下で細かく解説しますが、グーグルはかなりのスピードでアップデートするので、若干異なることもあるのでご容赦ください。

まずは、グーグルアカウントにログインしている状態で、グーグルアナリティックスの公式サイトへ飛びましょう。

「測定を開始」をクリック。

グーグルアナリティクストップ

アカウントの作成画面です。

アカウント名はなんでもオッケー。サイト名ではないので名前とかでいいかも。

チェックはグーグルに共有するデータの範囲です。全部チェックで問題ないです。そして、下部の「次へ」をクリック。

アナリティクスのアカウント

測定対象を選択します。ブログやアフィリエイトサイトであれば、「ウェブ」を選択して、「次へ」をクリック。

アカウント作成2

次は、プロパティの設定、つまりあなたのサイトについて入力します。サイト名を入力。URLでは、「https://」を選択して以下のドメインを入力。

業種を選んで、タイムゾーンを選んで完了。「作成」をクリックしましょう。

プロパティの設定

すると利用規約になりますので、居住地域(日本)を選択して、さらっと目を通して、チェックを二箇所入れて、「同意する」をクリックしましょう。

利用規約

これでグーグルアナリティクス側の設定は完了です。これからブログと接続していきます。

以下、CocoonとJINで方法が異なります。

 

(★テーマがCocoonの場合)

トラッキングIDをコピーしましょう。

トラッキングIDをコピー

次にワードプレスの管理画面のメニューで「Cocoon設定」→「Cocoon設定」をクリック。

ワードプレスダッシュボード

たくさんのタブメニューが出てくるので「アクセス解析・認証」をクリック。

Cocoon設定

そして以下のように設定します。

管理者も含めてアクセスを解析するのチェックを外すことで、アナリティックスに自分のアクセスを除外できます。

あとは先ほどコピーしたトラッキングIDをペーストして、「変更をまとめて保存」でオッケー。

Cocoonアクセス解析設定

完了

 

(★テーマがJINの場合)

JINの場合は、アナリティクスの画面から、グローバルサイトタグをコピーします。

グローバルサイトタグをコピー

次に、ワードプレスの管理画面のメニューから「HTMLタグ設定」をクリック。

ワードプレスダッシュボード

【head内】の方に先ほどコピーしたタグをペースとして、「変更を保存」をクリック。

HTMLタグ設定

完了

これで、グーグルの解析ツールは入りました。あと一つです。

グーグルサーチコンソールを設定しよう

次にグーグルサーチコンソール。グーグルとコミュニケーションをとるようなツールでして、こちらは序盤から使えます。

主に使うべき機能は例えば以下の通り。

  • 記事を検索結果に反映されるようにグーグルに依頼。
  • サイトマップを送信して、グーグルにサイトの中身を伝える。
  • どんな検索キーワードで読まれているか調べられる。 など

かなり便利です。特にサイト作りたての時はグーグルの検索結果になかなか反映されないですから、記事を書くたびにグーグルにアピールできるのはありがたいですね。

では以下で導入手順を見ていきましょう。
※アナリティックスの登録が先に行われていることが前提となります。

まずはグーグルアナリティクスと同じアカウントでログインしている状態で、グーグルサーチコンソールの公式サイトへ飛びます。

そして、「今すぐ開始」をクリック。

グーグルサーチコンソールトップ

以下の画面になったら、右側のURLプレフィックスのURLの欄にあなたのサイトのURLを入力し、「続行」をクリック。

プロパティタイプ選択

すると、ドメインの所有権の確認の画面になります。先ほどアナリティックスの設定が完了されたので、簡単。

「Google Analytics」のアカウントを使用するをクリック。

所有権確認

すると以下のように出てきますが、「確認」をクリックします。

所有権確認

アナリティックスの設定がミスっていなければ、以下の画面が出て成功です。ここでは「完了」をクリック。

所有権確認完了

またこの画面に戻ります。

プロパティタイプ選択

これで終わりかと思いきや、実はこれ全部で4つのURLを登録しなければなりません。僕の例でいうと以下です。

  1. https://bongjing-escape.work
  2. http://bongjing-escape.work
  3. https://www.bongjing-escape.work
  4. http://www.bongjing-escape.work

「httpsのwwwなし」「httpsのwwwあり」「httpのwwwなし」「httpのwwwあり」の4パターンですね。

「4つのURLとも自分のサイトですよ〜」とグーグルに伝えておく程度に考えておけばオッケーです。

一度所有権を確認しているので、あとはサクサク。「URLを入れる→続行→完了」と同じことを繰り返します。

URL入力

URL入力

URL入力

最後のところで、「プロパティ」に移動しましょう。

所有権確認完了

最後のところで、「プロパティ」に移動します。画面が最後に登録したURLの情報になっているので、下記の該当箇所をクリック。

グーグルサーチコンソールのトップ

メインのURLを選択しましょう。

メインURL

そしてあとやることは1つ。サイトマップを送信しておくことです。左のメニュー部分から「サイトマップ」を選択。

サイトマップ

新しいサイトマップの追加の部分で、ドメインの後に「sitemap.xml」と入力し、送信をクリック。

サイトマップ追加

すると以下の画面へ。「OK」をクリック。

サイトマップ送信画面

成功すると、送信されたサイトマップのところが以下のようになります。

サイトマップ成功結果

完了

以上で全ての設定は完了です!

ブログデビューおめでとうございます!

パチパチ

パチパチパチパチパチ!!!!これで、あなたのブログ生活の始まりですね!

僕は30歳になってからブログ副業を始めました。

周りからは遅いと言われましたし、最初の1年間は挫折の連続でしたが、続けているうちに月30万ほど稼げるようになりました。

ジッキー
ジッキー
心にもお金にも余裕ができて、人生の幸福度はとても高まっています。

ちなみに、僕がこの記事を書こうと思ったきっかけは、初心者向けのブログ開設方法についての記事で、「セルフバックの節約」方法に触れている記事が少なかったからです。

ブログを始めるタイミングが一番お金抑えたいところですよね。できるだけ節約したいところですから。

さぁでは早速記事を書いていきましょう!というわけで、今回は以上です!

ジッキー
ジッキー
こんな感じで、このサイトでは副業ブログなどで実際に僕が稼いだ生のノウハウを発信しています。

僕はツイッターもやっていて、ブログなどの副業情報をつぶやいているので、是非フォローしてみてください。

記事の感想とかいただけると泣きながらリツイートさせていただきます。
※気付かなかったらすみません><