生き方

独立したいのにサラリーマンを辞める勇気がない→辞めなければいい

独立して夢を叶えたいけど、サラリーマンを辞める勇気がない。。。やっぱ自分には無理かなぁ・・・。

こんな悩みに応えます。

ジキ
どうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です!

サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。

今回もガッツリタイトルで結論を言ってしまっているのですが、夢を叶えるために独立したいのにサラリーマンを辞める勇気がないならば、辞めなければいいと思います。

なぜかというと、サラリーマンしたままでも、行動はできるからです。

サラリーマンを辞めなくても年間2000時間以上使える

サラリーマンを辞めなくても年間2000時間以上使える

サラリーマンをしていても、本業以外の行動をする時間はたっぷりあります。

多くの場合は土日祝日が休みなので、1年間で100日くらい休みありますよね。

それに平日だって、早朝・移動中・夜などその気になれば、少なくとも2時間くらいは捻出できるはずです。

以下、それを前提とした単純計算ですが、サラリーマンも年間2000時間以上、会社の仕事以外に使える時間があることになります。

休日:16時間×100日=1600時間
平日:2時間×265日=530時間
合計:2130時間

年間2000時間あれば、独立のための準備もできるし、副業から始めて、それなりに軌道に乗せる時間は十分にあるはずなのです。

僕の例

例えば、僕は「自由な生活を送りたい」と言う漠然とした夢を持っており、まずは経済的に自由になるために30歳から副業を始めました。

ジキ
この記事を書いている時点で副業歴は約5年になります。

30歳の時点ですでに結婚して息子がいたので、会社を辞めて独立するリスクを負う勇気はありませんでした。

なので、会社に勤めながらいろんな活動をしてきました。

この5年間でやったことといえば、中小企業診断士の試験に合格するまで勉強したり、ブログを20個以上作って1000記事以上書いたり、HTML・CSSを習得してホームページ案件を受けたり、プログラミング言語を習得したり、とある会社のCMOとして顧問を務めたり・・・。

ジキ
あ、ちなみに副業禁止の会社です(笑)

で、今どうなったかと言うと、5年前は年収500万前後だったものが、1200万円まで伸ばすことができ、明らかに経済的な自由は増しました。

そして、サラリーマンでも管理職になり、時間的束縛はかなりなくなりました。

ジキ
細かい作業は全部部下がやってくれます。

もちろん、経済的にも、時間的にも、まだまだ完全に自由とは言えませんが、それでもサラリーマンを辞めることなく、一歩ずつ自由を獲得しています。

「それはたまたまお前の会社が定時帰りオッケーのホワイト企業だからできたんだろー!」

って声が聞こえてきそうですが、僕の会社はベンチャー企業なので、はっきり言ってブラックだし、毎日超忙しいです。(笑)

ジキ
厳しいことを言うようですが、サラリーマンを辞められないことは、行動しない言い訳にはならないのです。

とか言いながら、ボクも言い訳しながらずるずるサラリーマンをやっていました

↑で偉そうなことを言いましたが、僕自身も「独立したい」と宣言しては、行動をせず、結局ズルズル30歳になるまでサラリーマンをしていました。

サラリーマンを辞められないことを、言い訳にして、独立の準備も、お金を稼ぐことも、なーーーんにもしませんでした。

今振り返ったら、独立したいとか言いながら、独立することから逃げていただけなのです。

現在は、子供二人を育てながら家事もしながら複業活動ができているので、一人暮らしだった20代の頃とか多分イージーゲームだったはずです。

ジキ
もったいないことしたなーと。

必要なのは独立ではなく、自分を経営する感覚です

必要なのは独立ではなく、自分を経営する感覚です

ボクが30歳から副業を始めて、5年間も続けられているのは、経営者的な発想になったからです。

「会社に雇われているワタシ」ではなく「自分を経営しているワタシ」になったイメージです。

受け身な人生だと「独立する」か「独立しない」かの二択になる

ボクが20代の頃は、会社で与えられた仕事をこなすだけの人生でした。

毎日働き、仕事が終わったら、仕事のストレスを解消するためにお酒を飲んだり遊びに行く。

まさに、会社という存在に人生を支配され、それに抵抗することもなく、受け身になっている状態ですね。

ジキ
会社に副業禁止と言われれば、そのまま言うことを聞いて、副業しませんでした。

でもこの受け身な姿勢だと、独立でもしない限りは、会社の枠を飛び出ることはできませんよね。

そうして、なぜか「独立する」か「独立しない」かの二択を迫られる感覚に陥るのです。

ジキ
でも実際は、二択の他にもたくさん選択肢はあるはずですよね。

株式会社自分の発想を持とう

ボクはよく自分を自分で経営することを、「株式会社自分」と例えます。

例えばボクの場合だと、株式会社自分のトップとして、サラリーマン事業部・ブログ事業部・プログラミング事業部を運営している感覚。

ボクが持つビジョンや夢を叶えるために、どこにいくら投資するか、何に時間を割くかを常に考えるようにしています。

ジキ
サラリーマン事業部には安定収益とスキルを得ることを目的に、8時間かける。ブログ事業には、毎月10万円外注費で回して、20万の収益を得られるから、1日1時間までにしよう・・・

みたいな感じですね。

この発想になると、サラリーマンを続けるか独立かの二択しかないラジオボックスではなく、いろんな生き方が複数選択可なチェックボックスになります。

ジキ
わかりにくい?笑

まぁつまり、サラリーマンを辞める必要なんて特にないのです。辞めたくないなら、サラリーマンをしながら好きなことをやればいいのです。

サラリーマンも結構メリットある

サラリーマンも結構メリットある

サラリーマンを辞める勇気が出ないのは、心の底ではサラリーマンのメリットを理解しているからですよね。

例えば一例ですが、以下のようなメリットがあります。

  • 休日が多い月も同じお金が支給される
  • 有給が年間20日取れるようになる(7年目くらいから)
  • 住宅ローンが組める
  • 人と仕事できる(孤独ではない)
  • 個人ではできないような大きい仕事できる
  • 稼ぎながらスキルが学べる
ジキ
ボクは35歳で家を買いましたが、サラリーマンをやっていたからこそ、社会的信用が厚く、ローンを組めたのです。

たまにこんなことを言われます。

こんな不安定な世の中で、サラリーマンも安定しないでしょ?

うん、まさに、その通りだと思います。

でも、フリーランスより遥かに安定します(笑)

それに、会社潰れたら転職すればいいわけだし、そこまで極端に不安定なわけではありません。

サラリーマン複業家のススメ

だから、独立してリスクを取ることが嫌ならば、ボクのように、サラリーマン複業家になってみてはいかがでしょうか?

サラリーマンのメリットは享受しながら、可能な限り無駄な時間を減らして、余った時間を副業にあてて、徐々に事業を育てていくという生き方です。

もちろん、普通のフリーランスよりも、普通のサラリーマンよりも、ずっとずっと活動量は増えるので、しんどいです。

でも、その代わり、独立できない・・・とクヨクヨ悩むことなく、安定を得ながら、自分が目指す方向にも進めるメリットの大きな生き方です。

ぜひ自分で自分を経営しているつもりで、考えてみてください。そして、独立できないことを、行動しない言い訳にしないでください。(過去のボクへのメッセージです笑)

きっと、サラリーマンを辞めなくても、夢を叶える方法はあるはずですよ。

以下の記事で、詳しくサラリーマン複業家になった感想を語りましたので、詳しくは以下をどうぞ。メリットたくさんです。

おすすめ
サラリーマンから複業家になって5年経ったので感想を語る

ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です! 僕は、2016年までサラリーマン道をひたすら突き進んでおりましたが、経済的理由から副業をはじめました。 そこから5年の月日が経ち、副業 ...

今回はいじょーです!

ボクはTwitterでも複業家としての考え方や気づきや学びを発信しています!もしよろしければ繋がりましょう!

-生き方