お役立ち

絶対に買ってはいけない有料note4選【目利きの方法も解説】

ジキ
どうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です!

サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。

Twitterで有料noteを見つけて、買った方がいいか、買わない方がいいか・・・と迷うことありませんか?

ボクは何度もありました。

ジキ
特に「稼げる系のnote」は、どうしても気になっちゃう。笑

で、ボク自身過去に何度も(20回以上)有料noteを買ってみて、「よかった!」と思うこともあれば、「失敗した・・・お金の無駄だ・・・」と思うこともありました。

そして、それらの経験を重ねるうちにわかったことがあります。

失敗したな・・・と思う有料noteには共通点があるということです。

というわけで、今回は絶対に買ってはいけない有料noteの特徴をまとめていきたいと思います。

絶対に買ってはいけない有料note4選

絶対に買ってはいけない有料note4選

絶対に買ってはいけないとボクが感じた有料noteは以下の通りです。

  1. とにかく高額な有料note
  2. noteで稼いだ方法を書いている有料note
  3. 成功した方法しか書いていない有料note
  4. SEOに関する個人の有料note

上記のようなnoteを買うととにかく失敗しやすいです。理由などを解説していきますね。

1:とにかく高額な有料note

よく「私が●●で成功した方法」みたいなnoteが、8000円とか、15000円とか、法外な価格で販売されているのもみます。

ボクも何度か買ったことありますが、基本的に高額なnoteは買った後に後悔します。

5000円を超えたあたりから、怪しい。

ジキ
だって、そもそもで本何冊買えるねん・・・って感じじゃないですか。

もちろん中には優良な内容のものもあるにはあるのですが、ほとんどの高額noteが、情報と価格のバランスがイビツです。

 

よく考えてみてください。

本屋さんに「私が年収3000万円を超えた方法」みたいな薄い本が1万円で売られてたら買いますか?

 

ジキ
買わないですよね。

 

それが答えです。

 

でも・・・有料noteだと買いたくなっちゃうのはどうしてなのでしょうか。

それは、以下のような状態になるからです。

  • 本屋と違って、他の情報とコスパを比較しにくいため物差しがバグる
  • 高いものは、良いものだと直感的に感じてしまう

そして、購入後も以下の心理が働きます。

  • 高額情報を買った自分を正当化するために、良い買い物をしたと思い込む

こうやってどんどんお金を吸い取られるスパイラルにハマっていくんです。

もし高額noteを買う場合は

もし高額noteを買う場合は、条件を決めておいた方がいいと思います。

例えばこんな条件です。

Twitterなどで半年間とか長期にわたってしっかりとフォローし続けた上で「この人なら信頼できるな」と確信する場合に限る

など。

この条件をクリアして、それでも買いたいと思うなら、きっと後悔しない買い物になります。

ジキ
あと一応注意点をお伝えしておきます。

注意点 〜さらなる罠にかからないために〜

高額な有料情報で稼ぐ人って、「情報は鮮度が大事!」と言ったり「●●冊売れたら値上げします!」と言ったりして、早く買わないといけない感じを出してきます。

ジキ
が、ここでも冷静になってください。

情報の鮮度が大事なのはとてもその通りなのですが、鮮度がすぐに落ちる情報に高額なお金支払えないですよね。

そして、情報って鮮度が大事なので通常情報の価値って落ちていくのですが、逆に価格が上がっていく理由はマジで謎ですよね。

というわけで、ただのタイムクロージングという営業手法なので、スルーしましょう笑。

2:noteで稼いだ方法を書いている有料note

よくnoteで稼いだ方法が有料noteで販売されていますが、これもおすすめではありません。

というのも、まさに養分ビジネスだからです。

ジキ
危険です。

通常、「価値の高い情報が先にあって」→「売れる」というフローを辿るはずなのですが、

noteで稼いだ方法のnoteの大半はm「最初は、中身のない情報があって」→「売れて」→「実績を中身に追記していく」という順番で作られたnoteなので、「鶏」と「卵」の順番が逆なのです。

ただし、購入してしまうと、あなたが購入した理由こそが、このnoteの内容に書かれてあることなので、

  • 情報を買った自分を正当化するために、良い情報を購入したと思い込む。

という心理が働きやすく、より一層に養分化していってしまいます。

ジキ
危険です。

3:成功した方法しか書いていない有料note

「私が●●で成功した方法」というnoteって、成功したい人からするとめちゃくちゃ魅力的ですよね。

ボクも本当にこういうタイトルには惹かれてしまって、何度もnoteを買ったのですが、やっぱり損しやすいです。

というのも「人が成功した方法」には再現性がないからですね。

例えば、こんな話があります。

 

Twitterを始めて、コツコツ有益情報を10ツイートして、半年で1000名を突破しました。
そこで、大きな変化が起きました。
1000名を超えると「只者じゃないぞ」と思われるようになり、1日に増えるフォロワー数が倍増。
そこから、フォロワー10000に辿り着くまで、3ヶ月でした。
まずはフォロワー1000名を目指しましょう。

 

とか、

 

ブログ収益10万円を突破したあたりから、一気にフォロワーが増えました。
まずはブログ収益10万円稼ぎ、その成績を発表しましょう。

 

とか。

でも、毎日30ツイートしても全然伸びない人もいるし、フォロワー3000人いっても一向に「いいね」がつかない人もいるし、ブログ収益10万円稼いでも全然フォロワー増えない人だっています。

その理由は、フォロワーが増える要因は、実際のところ、毎日10ツイートしたことや、フォロワー1000名を超えたことや、ブログで10万円稼いだことだけではないからです。

例えばその人の口調とか、情報発信のセンスとか、年齢が若かったり、他のインフルエンサーに持ち上げられていたりとか、いろんな要素が絡み合ってるんですね。

なので、真似しようとしてもできないんですよ。

 

そもそも、成功した情報は手に入りやすい

出版されている本を読めば、簡単に成功した人のとても有益な情報が手に入りますし、インフルエンサーが成功した理由とかも普通にYoutube等でみんな話してますから、無料で手に入る内容です。

noteの価格が法外じゃなければ、一つの自己啓発のための読み物としていいかもですが、「この方法を知って、自分が稼げるようになれば、ペイできる」と考えて高額の成功談有料noteに課金するのはお勧めしません。

4:SEOに関する個人の有料note

SEOに関する有料noteもやめておきましょう。

理由は、2つです。

  • SEOは個人で解明できるレベルのアルゴリズムじゃない。
  • ルールはコロコロ変わるから、情報の鮮度がすぐ落ちる。

もうこの辺りは解説不要だと思いますが、今のSEOはGoogleの社員でもはっきり内容を理解していないほどに複雑です。

なので、「こうすれば順位が上がります」なんて情報は基本的に再現性がありません。

ジキ
その人がたまたまうまくいっただけの情報を見るだけの無駄な投資になります。

それにSEOの有益情報はあらゆる媒体で無料発信されてますので、お金をかける必要は全くなしです。

変な有料noteに騙されない目利きの方法

変な有料noteに騙されない目利きの方法

高額の有料noteを買ってしまう時って以下のような状況です。

  • 途中まで内容読まされて次が気になる!!
  • 高額なのには高額の理由があるはず。きっといいものに違いない・・・!
  • ポチるだけで買える・・・。ハードル低い・・・!
  • もうちょっとで値上げしちゃうのか・・・。この価格で買えるのは今だけだ。
ジキ
頭が少しおかしい状態になっちゃってるわけなのですね。

なので、まずは上記のような心理状況に陥っている自分を理解することが大事です。

騙されないための目利き

目利きの方法としては、「本屋にあったら買うかどうか」と考えればオッケー。

頭の中で本屋さんの平積みされているコーナーをイメージして、その有料noteがおいてあったらどうするか・・・です。

通常のビジネス書は10万字くらいですからそれと比べて、本の厚みもリアルに想像してみましょう。

そしてなかなか胡散臭いタイトル。さらには、誰だかわからない著者。

そして、そもそも成功した方法には再現性がないという前提。

さぁそれでも買いますか?

というわけで今回は、ボクの失敗談も踏まえてお話しさせていただきました!

いじょーです。

さてさて、僕はTwitterもやっています!複業家としての学びや気づきを発信していますので、ぜひ繋がりましょう!

-お役立ち

© 2021 凡人カラノ脱出