お役立ち

相手に本音を伝えるハードルはテンプレートが解決してくれる話

会話の中で相手になかなか本音を伝えられずにモヤモヤすることが多い。どうしたらいいだろう。

当記事では上記のお悩みに応えます。

ジキ
どうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です!

サラリーマンをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。

会話の中で本音を伝えられずに、モヤモヤすることありますよね。

あー本当はこんなお願いしたいのに、言えない・・・。

あー本当は指摘したいのに、なかなか言えない。。。

こんな感じですね。

本音を相手に伝えないことで、わりと人間関係は維持できやすいのですが、仕事面では損をすることが多いですよね。

ジキ
ボクもズバズバ人に物をいえるタイプの人間じゃないもので、ずっと悩んできました。

でもタイトルにある通り、「テンプレート」を使えば、ボクでも相手に本音を伝えやすくなり、仕事上のコミュニケーションも円滑になったので、今回はその紹介です。

相手に本音を伝えるハードルはテンプレートが解決してくれる話

相手に本音を伝えるハードルはテンプレートが解決してくれる話

「テンプレート」というのは何かというと、相手に本音を伝えるための「文章の型」みたいなものです。

そもそも、相手に本音を伝えられずに迷うときの多くって、思ってる本音を「相手が傷つかないし、イラつかないようないい感じのアウトプット」に変換できないことが理由ですよね。

それに対して、事前に、シチュエーション別に「相手が傷つかないし、いらつかないようないい感じのアウトプットの型」を用意しておくイメージです。

まずは、例を見てみましょう。

テンプレートが役に立って本音を伝えやすくなる典型例1

例えば、あなたが目上の方から、「この文章を見てフィードバックしてくれないか!」と頼まれたとしましょう。

目上の方が作った文章を見て、もっとこうした方がいいなと思う点が見つかりました。

でも相手は目上のお方で、言い方にめっちゃ気を使いますよね。

生意気に聞こえたら嫌だな〜・・・。とか考えると、やっぱ言わない方がいいんじゃないか・・・と思っちゃう。

でも、伝えないと仕事的にはマイナスになります。

あなたならどうしますか?

ジキ
典型的な言いにくい例ですよね。

こんな時にテンプレートが役に立ちます。

例えばボクであれば以下のようなテンプレートを用意しています。

【まず褒める】そうですね、めちゃくちゃ●●でとても読みやすい文章で、相手に心に刺さりそうですね。
【大事な一言】ただ、強いていうなら
【本音】前談の言い回しが少しまわりくどくて、わかりにくいのが
【大事な一言】もったいないような気がします。

どうですかね、例えば上記のような言い回しを瞬時に思いついていれば、わりとフィードバックしやすいのでは?

肝は、「褒める→本音という順番」と、「2つの大事な一言」ですね。

これ、ボクの中では発明だったのですが、「強いていうなら」という言葉と、「もったいない」という言葉をつけるだけで、かなり嫌味が減って、目上の方でもズバズバ言いやすくなります。

こんな感じで、自分の頭の中に「目上の人にフィードバックする時の言い型」を用意しておいて、いつでも引き出せるようにしておくと便利です。

もう一つだけ例を紹介します。

テンプレートが役に立って本音を伝えやすくなる典型例2

例えば、あなたが開催するセミナーに講師を招きたいと考えているとしましょう。

で、あなたの本音としては、「できれば講演料は払いたくない」。

セミナー視聴者のリスト情報はシェアするため、相手にとってもメリットがあり、それで勘弁してほしい。

さて、そんな中、セミナーの打ち合わせを講師としているときに「そういえば、講演料ってどうなるんでしたっけ?」と聞かれました。

もしかしたら、相手は講演料を払ってもらう前提でいるのかも・・・。

「無料でお願いします!」なんてことを言って、揉めたら嫌だ。。。

でも、払いたくない・・・。ちゃんと言わなきゃ・・・。

こんな状況です。

ジキ
実際にボクの経験です。

あなたならどうしますか?

これも、典型的な言いにくい例ですよね。

おそらくテンプレートを用意する以前のボクだったら、こうなってたと思います。

(自分)やっぱりお支払いした方がいいですよね?

(相手)えぇ、まぁいただけるとありがたいですが・・・。

(自分)承知しました。一度社内で確認してみます。

これだと、わざわざ相手のペースに巻き込まれにいってるようなものです。

ジキ
こうして、書いてみるとアホらしいのですが、会話の現場だとこういうことってやっちゃうんですよねぇ。

こんな時にもテンプレートが役に立ちます。

例えばボクであれば以下のようなテンプレートを用意して乗り越えました。

【相手の取り分を伝える】今回は集客したお客様の情報を全てお渡しいたしますので、
【本音】私どもとしては、講演料は無料にしていただけると
【大事な一言】ありがたいは、ありがたいのですが、いかがでしょうか?

こんな感じで、「相手に少し失礼気味なお願いをしてみる」ためのテンプレートとして、頭の中に用意しています。

ポイントは「相手の取り分を先に伝える」こと、「ありがたいは、ありがたいのですが」と伝えて、やや和らげつつも相手が断りにくい状況を作ることです。

自分が言いやすい型を作ればOKです

上記の例の中で「ありがたいは、ありがたいのですが・・・」という表現があったかと思います。

わりとクセのある表現だと思いますが、これはボクがなじみあって、言いやすい言葉使いにしています。

自分が使いにくいセリフ調の言葉遣いで型をつくってしまうと、結局言いにくくなってしまって本末転倒ですから。

ジキ
自分の口癖などと馴染みのある言い回しを考えると、アウトプットがスムーズになりますよ。

テンプレートの貯め方=日々の失敗を記録していきましょう

テンプレートをどうやって貯めていくのか。

それは、例えばスプレッドシートのようなもので、日々のコミュニケーションの失敗を記録し、失敗するたびにテンプレートをつくっていくしかありません。

結構泥臭いですが、自分だけの「言い型」データベースみたいなものができるようなイメージです。

ジキ
ボクもここ数年で溜まったデータベースがありますが、かけがえなのない資産になっていきますよ

【まとめ】テンプレートをつくって、コミュニケーションストレスから脱しましょう

テンプレートをつくって、コミュニケーションストレスから脱しましょう

今回は、相手に本音をなかなか伝えられない人に向けて、「テンプレートを作る」という解決方法を解説しました。

ボク自身、本音を相手に伝えられないのは結構ストレスでしたが、日頃から「言い型」のテンプレートを貯めていくことで、日々のコミュニケーションストレスがかなり軽減されました。

また仕事上でも、ボクが本音を言い出せなかったことで「損」をすることもかなり減りました。

ジキ
。。。とは言えいまだにあったりはしますが・・・。(笑)

同じ悩みを持っているあなたも、ぜひたくさんのシチュエーションに向けて、いろんな「言い型」を準備し、自分だけの会話攻略本を作ってみてください。

きっとこれを読んで納得した方は「繊細な方」だと思います。

繊細なのは、不便なこともありますが、相手の気持ちを慮れるという才能なので、生かしつつ、弱みはフォローしつつ、快適に生きていきましょう!

では今回はいじょーです!

ここまで読んでくださりありがとうございました!

僕はTwitterもやっています!ブログに関する情報だけでなく、複業家サラリーマンとしての気づきや学びを発信しています。ぜひ繋がりましょう!

-お役立ち