ブログ

会社員がブログを毎日更新してもネタ切れしないアウトプットの工夫6つ

もやもや
ブログを毎日更新したいけど、会社もあるからなかなか時間が取れなくて難しい。いい方法があれば知りたい。

当記事では上記のような悩みに応えます。

ジキ
どうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です!

サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。

今回は前回・前々回の記事の続き。

前々回↓

おすすめ記事
サラリーマンが余裕で2ヶ月間ブログを毎日更新できた秘訣を教える

もやもやブログを毎日更新したいけど、会社もあるからなかなか時間が取れなくて難しい。いい方法があれば知りたい。 当記事では上記のような悩みに応えます。 ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongj ...

前回↓

おすすめ記事
ブログ毎日更新してもネタ切れしないインプット法【1000記事書いた】

もやもやブログを毎日更新したいけど、会社もあるからなかなか時間が取れなくて難しい。いい方法があれば知りたい。 当記事では上記のような悩みに応えます。 ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongj ...

僕はブロガーとしては5年以上の歴史があり、会社員をやりながら1000記事以上書いてきました。

そして、前々回はブログを毎日更新するためのコツを、そして前回は毎日ブログ更新してもネタ切れしないためのインプット方法を解説してきました。

そして今回は、ブログを毎日更新しても、ネタ切れが起きにくくなるアウトプット方法について。

ブログでの発信は、インプットした情報をアウトプットする作業ですから、ネタ切れを起こさないためには、「インプット」と「アウトプット」の両方に対する対策が必要。

ジキ
例えば、2日でインプットした情報を1日でアウトプットしたら、必ずどこかでネタは尽きてしまいますよね。

というわけで、みていきましょう!

ブログを毎日更新してもネタ切れを起こさないアウトプットの工夫

ブログを毎日更新してもネタ切れを起こさないアウトプットの工夫

僕が意識しているアウトプットの工夫は以下の通りです。

  1. 一連の情報を分けて発信する
  2. 型を作って横展開する
  3. あるジャンルを網羅的に書く
  4. 新しい体験は全てレビューする
  5. 本の情報は複数記事に再利用
  6. 発信のハードルを下げてもOK

では一つずつ解説していきますね。

1:一連の情報を分けて発信する

まず、一連の情報を分けて発信するという考え方です。

お気づきかもしれませんが、実は、今回の記事構成がまさに”これ”です。

「会社員がブログ毎日更新するための方法」という大きいテーマで、3部構成にしました。

最初は「習慣とかコツ」の話。次にネタ切れを起こさないための「インプット」の話。そして、最後に「アウトプット」の話。

こんな感じで、情報を分けて発信すると、ネタ切れ防止になります。

もちろん今回も3つの記事を1つの記事にまとめることも可能ですが、1つにすると情報量が多すぎるので読み手側もしんどいですよね。

「SEO的に情報がつまりなくっていた方がいいんじゃないか・・・」と疑問に思うかもしれませんが、「1つの記事に情報を詰めまくった情報の多い記事」と「複数記事に分けて、それぞれをつないで、スッキリさせた記事」のどっちが評価されるかなんて誰も知りません。

さらには、今後のアプデでどう変わるかなんて、神のみぞ知る感じなので、あんまり気にしなくていいんじゃないですかね。

ジキ
分けることで、狭く深く書いていくこともできますしね!

2:型を作って横展開する

次に型を作って横展開するという方法です。

ジキ
上記で解説した、情報を分断して発信する書き方とは少し違います。

例で言うと、「●●の悪評を10個ネットで探してみた」みたいなシリーズにして、●●を変えて横展開するというイメージです。

アウトプットの形が決まりやすいので、ネタ切れしません。

ジキ
ボクも特化ブログの記事を書くときに、よくこの手のパターンを使います。

ボクが過去にやった例で言うと、「●●の資格を取っても転職に使えない」シリーズを横展開しました、。

●●の部分にいろんな資格の名前を入れていくだけなので、とても楽にかけました。

3:あるジャンルを網羅的に書く

あるジャンルを網羅的に書いていくというのも一つです。

例えば「転職について網羅的に書く」と決めたら、「転職」という言葉が絡むサジェストキーワードを探しにいきます。

ジキ
サジェストキーワードはよく組み合わせられるキーワードのことですね

>ラッコキーワード(旧関連ワード)の「転職」の結果

サジェスト

そうすると山ほどキーワードが出てくるので、これらを整理しつつ、記事を書いていくイメージですね。

どんな記事を書けばいいか、世の中のニーズから探せるので、ネタ切れという概念がありません。

ジキ
ボクも特化ブログではよく使う手法です。

4:新しい体験は全てレビューする

日々の経験、特に新しい経験は全てレビューするという前提でいるとネタ切れも起こりにくくなります。

例えば、何かものを買ったらレビュー。サービスを受けたらレビュー。どこかの観光地に行ったらレビュー。など。

もやもや
もう誰かが発信してるんじゃないかな・・・

そう思うかもしれませんが、実体験の情報を探してる人は複数情報を検索する傾向にあります。

例えば、ラーメン屋の感想を調べるのに、一人分しか見ないことってないですよね?

複数人の記事を見て、言ってることの共通点を探そうとする人が多いはずです

もやもや
ニッチな情報に価値あるのかな。。。

と思うかもしれませんが、「実体験の発信」は、体験してない人にとって大きな価値になります。

ジキ
それに、個人ブロガーはニッチなところで勝負しないとそもそも勝てまへん。

5:本の情報は複数記事に再利用

インプットした本の情報はレビュー記事を書くだけじゃもったいない!

情報はリサイクルして、複数記事に活用しましょう

例えば、以下のようなイメージです。

  • レビュー
  • ほんで学んだことを実践したことの効果を発信
  • ●●を学ぶならおすすめな本▲選

本を読んだら、レビューを書きつつ、即実践して、その効果を別の記事に書く。

複数冊本を読んだら、共通の学びが得られるおすすめ本をまとめて紹介する。

こんな感じで、発信の切り口を変えるだけで、1冊の本からアウトプットできる量はいくらでも増やせます。

ジキ
1日1冊の本を読んで、1冊から3記事生み出せるようになれば、無限にネタ切れしなくなりますよね。

6:発信のハードルを下げてもOK

ブログでは「教えなければならない」と意気込む人もいますが、そのハードルを保ち続けるのはかなりしんどいです。

ぶっちゃけ、ハードルを下げるのも全然OK。

「専門性の高い情報を教える」だけでなく、「これから行う挑戦の宣言」「挑戦の進捗や経過報告」とかでも、十分に有益になります。

例えば、ボクが明日からファイナンシャルプランナーを勉強するとして、「これからこの教材でFP試験の勉強頑張ります!」と宣言するだけでもオッケー。

そして、将来的に「ファイナンシャルプランナーに3ヶ月で合格した方法」などの記事を書き、その証拠として「宣言時の記事」とか「途中経過の記事」を貼る。

すると、将来的書く有益な記事のための材料になります。

ジキ
それにそこで使った教材を紹介したら、アフィリエイトでチャリンチャリンです。

仮に「不合格でした・・・」とか「途中で心折れました・・・」って話でも、リアリティがあって有益ですよね。

ジキ
同じ失敗はしないでくださいね!というメッセージを発信すればいいのです。

と考えれば、ネタがなくなったら挑戦すればいいだけってことになるので、ネタ切れなんて起きなくなります。

ボクも結構この手の記事は書いていますよ。例えば以下のようなイメージ。

おすすめ記事
失敗ノート、はじめました【宣言】

ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です! サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。 先日下 ...

後から振り返ったら、面白そうですよね。

さいごに「ブログ毎日更新」において重要なことを伝えます

さいごに「ブログ毎日更新」において重要なことを話す

というわけで、これまで三記事にわたって、会社員をやりながらブログを毎日更新するための情報をお届けしました。

3記事分を一気にまとめると、毎日更新をするためのおすすめの行動習慣は以下です。

  1. 早寝早起き
  2. 前日夜までにネタを決めておく
  3. 次の日の記事を書くサイクルを作る

詳しくはこちら↓

おすすめ記事
サラリーマンが余裕で2ヶ月間ブログを毎日更新できた秘訣を教える

もやもやブログを毎日更新したいけど、会社もあるからなかなか時間が取れなくて難しい。いい方法があれば知りたい。 当記事では上記のような悩みに応えます。 ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongj ...

そして、ネタ切れを起こさないようにするために、情報をインプットする方法は以下。

  1. インプットを習慣化すること
  2. 本をなるだけ速く読むこと
  3. 本は気づきをメモしながら読むこと
  4. とりあえず迷ったらやってみること
  5. 実験を繰り返すこと
  6. 反省ノートを書いておくこと
  7. 気づきは即メモする習慣をつけること
  8. 次の記事ネタを考える時間を習慣に組み込むこと

詳しくはこちら↓

おすすめ記事
ブログ毎日更新してもネタ切れしないインプット法【1000記事書いた】

もやもやブログを毎日更新したいけど、会社もあるからなかなか時間が取れなくて難しい。いい方法があれば知りたい。 当記事では上記のような悩みに応えます。 ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongj ...

そしてネタ切れを起こさないように、アウトプットする方法は以下です。

  1. 一連の情報を分けて発信する
  2. 型を作って横展開する
  3. あるジャンルを網羅的に書く
  4. 新しい体験は全てレビューする
  5. 本の情報は複数記事に再利用
  6. 発信のハードルを下げてもOK
ジキ
これらを実践すれば、問題なく、毎日更新できるはず。

でも大事な話があります。それは・・・

毎日更新が目的になっては意味がない!

ということです。

毎日更新していると、とにかく更新することだけが目的になって、記事のクオリティが下がったり、やっつけになったりする場合があります。

ジキ
ボクもよくなるのですが、自戒を込めて言います。

それだと、まじで意味ない!

なので、常に「自分はなぜブログを書くのか」という本来の目的に振り返りつつ、その目的に沿った記事が書けているのかを常にチェックしつつ、そのために1記事1記事は全力投球しましょう。

この意識が一番大事だと思います。

ジキ
ボクも気をつけます!

今回はいじょーです!

ここまで読んでくださりありがとうございました!

僕はTwitterもやっています!ブログに関する情報だけでなく、複業家サラリーマンとしての気づきや学びを発信しています。ぜひ繋がりましょう!

-ブログ

© 2021 凡人カラノ脱出