ブログ

アフィリエイト成果が承認されない時に疑うべきチェック項目5つ

アフィリエイト成果は発生するけど、不安なくらいに全然承認されない。
何か間違ってるのかなぁ・・・。

当記事では上記のような悩みに、本業WEBマーケターの僕がこたえます。

ジキ

どうも、複業家ブロガーのジキ(@jikky_bongjing)です!

この記事の筆者はこんな人

  • 執筆者は副業ブログ歴5年の現役副業ブロガー。
  • 本業はマーケター(WEBもやる)
  • 会社員も育児も家事もしながらブログ書いてます。
  • 月に20〜40万ほどブログで稼いでいます。
  • 過去20個くらいブログを作ったことがあります。

アフィリエイト成果が発生した時はめちゃくちゃ嬉しいもんですが、それが時間差で否認された時はとても萎えますよね。

その否認が続くと、「アフィリエイトって本当は稼げないんじゃ・・・」などと疑心暗鬼な気持ちにもなってしまいます。

もちろん運が悪いと否認が続くことはあります。

でも、僕の経験から言わせてもらうと、否認が続く場合は、「何かにハマっている可能性」も結構高いです。その場合、ハマっている部分さえ特定できれば、ほんの少しの改善で、承認率を一気に改善できるかも。

そこで今回は、アフィリエイト歴5年で、何度も承認率の改善に悩まされてきた僕が、アフィリエイト成果が承認されない時に疑うべきチェック項目を解説します。

アフィリエイト成果が承認されない時に疑うべきチェック項目5つ

アフィリエイト成果が承認されない時に疑うべきチェック項目5つ

結論から言うと、チェックするべき項目は以下の通りです。

  • ブログに書いてることと、実際に起きることのズレがないか
  • 勢いで申し込んだ後の不安はフォローできているか
  • キャンセルすることのリスクは伝えられているか
  • そもそも承認のハードルが高すぎないか
  • 広告主が間違ってる可能性もある

一つ一つ詳しく解説します。

1:ブログに書いてることと、実際に起きることのズレがないか

成果が否認される場合で多いのは、申し込んだ後にキャンセルをしたケースです。

例えば、転職エージェントに申し込んだけど、面談にはいかなかった。不動産投資に問い合わせたけど、電話に出なかった。商品を買ったけど、キャンセルをした。

このパターンで疑うべきことは、「ブログに書いてること」と「申し込んだ後に起きること」にギャップがないかどうか、です。

例えば、ブログには「申し込んだら、すぐに電話がかかってきますよ」と伝えているのに、実際は電話ではなくメールが来るというオペレーションだった。とか。

あるいは、「持ち物は何も必要ないですよ」とブログで伝えてるのに、実際は「履歴書持ってきてください」と言われたりとか。

こういうズレがあった場合、あなたを信じて申し込んだ読者からすると、もしそれが小さな嘘であったとしても、裏切られたと感じるかもしれません。

ジキ

ネット上で見ず知らずの人をリスクも承知で信用したのに・・・騙された・・・と感じてしまったら、ドタキャンが起きても仕方ないですよね。

なので、ブログで書いてることと、申し込んだ後に実際にユーザーに起こることの整合性をしっかりと見てあげる必要があります。

2:勢いで申し込んだ後の不安はフォローできているか

ブログで記事を読んで、ネット上で何かを申し込むとき(=ポチるとき)っていうのは、気持ちが高まって、勢いがついてる状態であることが多いです。

ジキ

衝動買いならぬ、衝動申し込みをしているわけですね。

その後に冷静になった時に「急に不安になったり、後悔したり・・・」なんてことは、実はよくあることなのです。

だからブログ上で、その不安はフォローしてあげた方がいいです。

「申し込んだ後も、しばらくしたら不安になるかもしれませんが、一度行ってみて嫌だったらすぐにやめればいいのです。」

とか

「僕も勢いで申し込んで、次の日に少し不安になりポチった自分を後悔しましたが、でも実際に面談に行ってみると本当に人生を変える一歩を歩むことができました」

とか。

こんな感じで、申し込み後に不安になることを見越して記事を書いてあげると、読者にもその心の準備ができるので、記事内でフォローしてあげましょう。

3:キャンセルすることのリスクは伝えられているか

キャンセルすることのリスクやデメリットも、事前にある程度は伝えてあげた方がいいかもしれません。

例えば、「申し込んだのにドタキャンしてしまうと、次にお世話になりたい時に気まずくなっちゃうので、ドタキャンはしないようにしましょうね」とか。

強く伝えすぎると、申し込み自体を止めてしまうことになるかもなので注意は必要ですが、ふわっとでもキャンセルすることにもデメリットがあることを理解させておくと少し抑止力が働きます。

4:そもそも承認のハードルが高すぎないか

承認の条件も見てみましょう。

「申し込み後、●日以内に面談完了」とか「申し込み後、面談し、●日以内に入金完了」とか色々書いていると思いますが、そのハードルが高すぎないかは要チェックです。

僕がこれまでみた中で、一番ハードルが高かったのは、「申し込み後、サービス説明会に参加し、有料プランへの申し込みが確定して、入金を確認できたら承認」という感じのものでした。

ジキ

簡単に承認されるわけないがないっ!

こういう案件は報酬単価が高い傾向にはあるものの、そもそもハードルが高すぎると全くコンバージョンが起きないという事態にもなってしまいます。

せいぜい、「申し込み後、面談実施で確定」か、できれば「申し込み後、本人確認完了で確定」くらいのレベルの条件でなければ、なかなか承認されることはないでしょう。

5:広告主が間違ってる可能性もある

ここまでのチェック項目を全てクリアしているのに、それでも成果承認がゼロの場合、広告主が間違ってる(あるいは確信犯的に間違っている)ケースがあります。

過去僕はとある転職エージェントで約5万円分の成果が無しになっていたことが判明した経験があります。

ジキ

↓こんなメールきたんですwやばくないですかw

以下でその辺りの詳細をまとめているので、興味ある方はどうぞ。

おすすめ記事
【アフィリエイト】承認率が低すぎたらASPに問い合わせた方がいい話

コンバージョンが発生した成果が確定するのを楽しみに待っていたのに、ほとんどキャンセルになってしまって萎えた・・・。いつもの承認率と比べたら低すぎる。もしかしたらミスかな。でも、どうしたらいいんだろう。 ...

まぁとにかく、こういう可能性だってあるので、あまりに承認率が平均とかけ離れていたり、0が続きすぎていると感じる場合は、広告主やASPに問い合わせてみると良いでしょう。

【まとめ】アフィリエイト成果の承認率は改善可能です

【まとめ】アフィリエイト成果の承認率は改善可能です

今回は、アフィリエイト成果がなかなか承認されない時にチェックすべき項目について解説してきました。

具体的には以下の通りです。

  • ブログに書いてることと、実際に起きることのズレがないか
  • 勢いで申し込んだ後の不安はフォローできているか
  • キャンセルすることのリスクは伝えられているか
  • そもそも承認のハードルが高すぎないか
  • 広告主が間違ってる可能性もある

承認率があまりに低いと感じる場合は、まずはこの辺りをチェックしてみてください。

承認率って広告案件次第だから、ブロガーにやれることはないと考える人も多いですが、決してそんなことはありません。

確かに広告案件の条件に依存はしますが、ブロガーサイドでやれることはたくさんあります。

以下の記事にブロガーがアフィリエイトの承認率を改善するためのノウハウをまとめていますので、興味ある方はぜひご覧ください。

おすすめ記事
アフィリエイト成果の承認率を改善する方法【転職ジャンルで解説】

当記事では上記のような悩みに、本業WEBマーケターの僕がこたえます。 今回は、ブログ歴が長く、本業でもWEBマーケターな僕が、アフィリエイト成果の承認率を改善していく方法を解説します。 そもそも、アフ ...

今回はいじょーです!

こんな感じで、僕はブログの仕組みで稼いだ経験とか生のノウハウを呟いていくので、ぜひ繋がりましょう!

-ブログ