仮想通貨

Symbol(XYM)のBybit上場の日の値動きから学んだ3つのこと

ジキ

どうも、仮想通貨で億り人を目指す複業家ブロガーのジキ(@jikky_bongjing)です!

この記事を書いている前日。2021年11月23日、ボクがブロックチェーンのプロジェクトとして愛していて、ガッツリめに投資している仮想通貨のSymbol(XYM)がBybitという大きめの海外取引所に上場しました。

その時の値動きがこちら。

「Bybitが上場するらしい!」という噂でグングンと価格が上がり、MAX時は60円台までいきました。

そして、そこからジェットコースターのように落ちていき、Bybit上場した途端にガクッと下がりました。

ジキ

僕の中の気分も乱高下でした。(笑)

僕の資産でいうと、200万円一気に増えて、気づいたらなくなっていたのです。

結論から言うと、

何もできませんでした。

ここから学んだことは3つありまして、今後の自分のスキルアップのためにもそれを書いておこうと思います。

Symbol(XYM)のBybit上場の日の値動きから学んだ3つのこと

Symbol(XYM)のBybit上場の日の値動きで学んだ3つのこと

ではまず一つ目から。

噂で買って事実で売る

これは別に僕が作った言葉ではなく、投資の世界では非常に有名な格言ですが、今回起こったのは、まさにこれでした

もちろんそうじゃないパターンもあると思いますが、今回は特に警戒はしなければならなかった・・・。

なぜなら、今回の値動きは実力ではなく、雰囲気で上がったものであったと考えられるからです。

もちろん僕はSymbolの性能や今後の将来性について情報を調べまくった上で、技術を信頼をして、可能性を感じているので、上がった時は「世の中が追いついた。このまま突き抜けるだろうな。」という感覚でした。

Bybitから「Aの評価」をもらったと与沢翼さんの動画でBybitの人が話しているのをみても「でしょうね」という感じでした。

でも、他の人は必ずしもそうではないってことです。

つまり、僕の頭の中で、値段が上がってる理由は「えっこんなすごいのあったんだ!」と世の中の人が気づいたことで値段が上がってると勘違いしていたけど、実際は「プロジェクトについてはよく知らないけど、なんかいい雰囲気が出てるから買ってる」って人が大半であり、今回の値動きもただの一時的なバブルだったということです。

今回の短期トレードで勝つのであれば、世間的なSymbolの認知レベルを冷静に検討した上で、「噂で買って事実で売る」が発動される可能性を警戒するべきだったなと思いますね

Xデイはじっくり考える時間も、様子を見る時間もない

今回一気に60円台に達して、僕が保有しているXYMの評価額が200万円分くらい増えたタイミングで、僕は「今晩ご飯を食べてから、売るかどうか考えよう」くらいの気持ちでいました。

でも、一旦思考を停止した数時間で200万円くらいが溶けてなくなっていました。

明らかにその日の値動きは違和感があり「何かが起きる」ことは分かっていたので、チャートに張り付くべきでした・・・。

それでも多分60円台では売れていなかったと思いますが、しっかりチャート分析して冷静に判断すれば、50円台後半でジャッジすることはできたかなと思います。

いやー、ぼーっとしてたらあきまへんな。Xデイは油断も隙もありゃしまへん。

事前に「if thenルール」を決めて機械になった方がいい

僕の中で、Symbol(XYM)は長期保有銘柄のつもりで持っていました。

ただ、今回あまりに激しく値段が動いたので一旦利確しようか迷ったんです。ただ迷ってる間に、バブルが終わってしまったのが今回。

もちろん長期保有するということを決めていたので、別に問題ありません。

でもそれは結果論であって、実際は長期保有すると決めていたのにも関わらず、心がブレてしまった挙句、何もできなかったというのが今回の本音です。(笑)

これじゃダメですね。ルールを決めておいた方がいい。

Symbolは手放さない!と決めていたなら何もブレることなく値動きはスルーしてガチホしてりゃいいのです。

あるいは、Symbolは原則手放さないけど、短期で50円台後半を超えたら、一旦利確する。また●円より下がったら買う。など「if thenルール」を決めておき、ルールは都度更新しつつ、何かが起こった時は、機械的にルール通りに動けばいいのです。

一番ダメなのは、今回のボクみたいに「手放さない前提だけど、、、あ〜〜でも値段が上がったら悩ましいなぁ・・・」と、結論を出さずに思考停止しているパターンですね。

これだと、結局何もできずに終わってしまうということがはっきりとわかりました。

ただ感情が乱高下しただけです。マジで意味ない。

というわけで、今回の件を受けてSymbolのルールを決めました。

資産1億に到達するまでガチホ一択。
値段はもうみないっ!

ジキ

あくまでもSymbolに限った話で、他の銘柄は勝負するかもしれませんがw

というわけで今回は、Symbol(XYM)のBybit上場の日の値動きから学んだ3つのことを紹介しました。

日々勉強ですね。また学びがあったら共有したいと思います。

まぁ上場はとにかくめでたいですね!本当におめでとうございます。

Symbolがイーサリアムクラスに発展するのを期待しつつ、ガチホしてプロジェクト応援します!

今回はいじょーです!

  • この記事を書いた人

複業家 ジキ

資産1億を夢見る元フリーターです。フリーターからでも、会社員でも、二児のパパでも、夢を追いかけられるし、人生成り上がれることを証明したい。会社員で生活を安定させ→朝活で副収入を稼ぎ→仮想通貨にフル投資する。このスキームで資産1億を突破してみせます。#西野亮廣エンタメ研究所/#二児のパパ/#会社員/#人材業界12年目/#ブロガー6年目/#仮想通貨投資家

-仮想通貨