ブログ

アナリティクスはGA4に移行すべき?【ブロガーのメリットを解説】

GoogleアナリティクスのGA4のバージョンにアップデートした方がいいのかなぁ。

当記事では上記のような悩みに、本業WEBマーケターの僕がこたえます。

ジキ

どうも、複業家ブロガーのジキ(@jikky_bongjing)です!

この記事の筆者はこんな人

  • 執筆者は副業ブログ歴5年の現役副業ブロガー。
  • 本業はマーケター(WEBもやる)
  • 会社員も育児も家事もしながらブログ書いてます。
  • 月に20〜40万ほどブログで稼いでいます。
  • 過去20個くらいブログを作ったことがあります。

さて、2020年10月に発表されたGoogleアナリティクス4ですが、アップデートするかどうか迷って、躊躇している人が多い印象です。

確かに現状だと、UIとかメニュー項目も結構変わってしまうので、前のアナリティクスに慣れている人からすると、、

めんどい・・・・かも?

って感じですよね。

ここに対して、冒頭から結論をお伝えします。

めんどくない!絶対、移行すべき。

だってデメリットないんだもん。

まずはその理由をお話しします。

GoogleアナリティクスはGA4に移行すべき

GoogleアナリティクスはGA4に移行すべき

理由は以下の通りです。

移行すべき理由

  • 同時並行に設置できるのでリスクはないし、
  • サクッとできるので手間はないし、
  • 今後GA4が主流になるから早く慣れた方がいいし
  • 早くデータを蓄積しておいた方がいいし、
  • 早くAIに学ばせておいた方がいい

少しそれぞれにコメントをしていきますね。

同時並行に設置できるのでリスクはない

そもそもこれが全てなんですけども、プロパティは共存できるので、リスクやデメリットはありません。

なので、今のアナリティクスを使いながら、とりあえず導入しておくということが可能です。

サクッとできるので手間はない

後で説明しますが、ものの5分で設定完了です。

手間ですらありません。

今後GA4が主流になるから早く慣れた方がいい

GA4はいろんな部分が進化しています。

WEB版とアプリ版を統合できる作りになっていたり、機械学習でユーザーの動き予測ができるようになっていたり、cookieを追跡せずにユーザーの行動分析ができるようになっていたり。

あとは、サイト内でのユーザーの動きを分析する機能が充実していて、例えば以下のようなことが他ツールを使わず、GA4単体で分析できます。

  • 内部リンクのクリック行動
  • 外部リンクのクリック行動
  • サイト深部までスクロールしたかどうかの判定
ジキ

とにかく色々と進化しているわけでごわす。

Googleとしては、今後の主流にしていくつもりで開発したものなので、どこかでスイッチするタイミングが来るはず。

だったら、早く操作慣れた方がいいですよね。

早くデータを蓄積しておいた方がいい

どうせ将来的に変わるんだったら、早くデータ蓄積していた方がいいですよね。

過去データはたくさんあればあるほど、いいですからね。

早くAIに学ばせておいた方がいい

あと、GA4はAIによるユーザー行動の機械学習が強化されて、例えば「過去28日間にサイトを訪れたユーザーがコンバージョンする確率」などを予想してくれるようになります。

ジキ

この辺りは、ブロガーも使いこなす未来が来るのではないかなぁと思ってます。

だとすれば、できるだけ早めにタグを入れておいて、AIに行動分析させておいた方がいいのではないかと思うわけであります。

完全に移行したら、前のアナリティクス使えなくなるんだと思ってたけど、そうじゃなかった!

おっしゃる通り!だから早めに同時並行で、走らせた方が良いですよね。

ジキ

さてというわけで、以降の方法を以下で解説します。

GoogleアナリティクスをGA4に移行する方法【簡単】

ではやっていきましょう。

まずは、旧Googleアナリティクスのメニューから「管理」をクリックします。

メニューから管理
管理をクリック

その後、プロパティーの列にある「GA4設定アシスタント」をクリック。

「GA4設定アシスタント」をクリック

次の画面で、「ようこそ」と書いたボタンをクリックします。

ようこそクリック
ようこそをクリック

次に以下のウィンドウが表示されるので、「プロパティを作成」をクリックします。

プロパティを作成をクリック

すると、現状のサイトの情報と、GA4のプロパティが紐づきますので、あとはタグを設置するのみ。「GA4プロパティを確認」をクリックしましょう。

GAプロパティを確認をクリック
GAプロパティを確認をクリック

次の画面で、タグの設定をクリックします。

アシスタントの設定
タグの設定をクリック

そして、次の画面で「サイト名ーGA4」と書かれたエリアをクリックします。

データストリームでサイト名をクリック
サイト名をクリック

すると、タグやIDの情報が出てくるので、タグは以下の部分から発行可能です。以下の赤枠部分をクリックして、タグが取得できたら、ご自身のブログの<head></head>内に挿入してください。

タグの発行
タグの発行

タグマネージャーを利用している方は以下の方法になります。

タグマネージャーを利用している方の設置方法

タグマネージャーを利用している人は、ここの測定IDをコピーしておきましょう。

測定IDをコピー
測定IDをコピー

次に別ページでタグマネージャーを開き、コンテナを開いた上で、メニューのタグをクリックします。

タグを選択
メニューのタグをクリック

以下の画面が出たら、右上の「新規」ボタンをクリック。

新規をクリック
新規をクリック

次に左上にタグの名前を入力する欄があるので「GA4設定」や「GA4タグ」などとしておき、タグの設定をクリックしましょう。

タグ名を設定

そして、タグタイプを選びます。「Googleアナリティクス:GA4設定」というタグを選択します。

タグタイプ設定
タグタイプ設定

ここで、先ほどコピーした「測定IDをペースト」します。その後、そのほかの部分は気にせず、トリガーをクリックしましょう。

測定IDをペースト
測定IDをペースト

トリガーは「ALL Pages」を選択します。

「ALL Pages」を選択
「ALL Pages」を選択

次に保存をクリックします。

保存をクリック
保存をクリック

そして右上の公開をクリックしましょう。

公開をクリック
公開をクリック

最後にバージョン名と、バージョンの説明を入力します。「GA4のタグ設置」などと書いておけばオッケーです。そして右上の公開ボタンをクリックしましょう。

バージョン名・説明を入力し、公開をクリック
バージョン名・説明を入力し、公開をクリック

これで完了です!

変化を恐れずにいきましょう

変化を恐れずにいきましょう

今回は、ブロガー向けにGoogleアナリティクス4(GA4)の導入メリットや移行方法を解説してきました。

結論↓

すぐに使い始めましょう!

移行すべき理由おさらい

  • 同時並行に設置できるのでリスクはないし、
  • サクッとできるので手間はないし、
  • 今後GA4が主流になるから早く慣れた方がいいし
  • 早くデータを蓄積しておいた方がいいし、
  • 早くAIに学ばせておいた方がいい

まぁ何かと、新しく変わっていくものについては、なかなか対応がストレスになりやすいですが、GA4に関しては、どうせ変わっていくものですから、早めに導入して、使い慣れておくことをお勧めしますよ!

というわけで今回はいじょーです!

僕はTwitterもやっており、複業での気づきや学び、そしてブログで稼いだ経験とか生のノウハウを呟いていくので、ぜひ繋がりましょう!

-ブログ