フリーターからの脱出

【体験談】フリーターだった僕が就職前に感じた不安と就職後の感想

ジキ
どうも、こんにちは。元フリーターの複業家ジキ(@jikky_bongjing)です!

この記事の筆者はこんな人

  • 元・フリーターで空白期間は3年
  • フリーターから正社員就職成功
  • 本業と副業で年収1200万超え(成り上がり中 笑)
  • 人材業界に10年。就活事情に精通

フリーターから正社員になるのが怖くて、一歩が踏み出せずに悩んでいませんか?

長年フリーターをやっていると、生活が大きく変わってしまうかもしれない正社員就職が怖く感じて当然。ましてや新卒と違って、友達が一斉に就活をする・・・というわけでもなく、心細いですよね。

もし仮に就職したとして、自分は本当に頑張れるんだろうか・・・

就職後に人間関係が合わなかったらどうしよう・・・

毎朝起きられるかな・・・

仕事できなかったらどうしよう・・・

とまぁいろんな不安を感じているかもしれません。

今回はそんなあなたに、実際フリーターから正社員就職を遂げた僕自身が就職前に感じていた不安と、正社員就職してみたら実際どうだったのかという話を、包み隠さずにお伝えしていきますね!

フリーターだった僕が正社員就職に感じていた不安

フリーターだった僕が正社員就職に感じていた不安

何を隠そう、ボクも元フリーター。大学生活が自由で楽しくて、自由を手放せなかったので、就職活動から逃げてしまい、フリーターになりました。

正社員にならずとも絶対に食っていけると確信していましたが、2年もすると、だんだん周りの友達と経済的な格差を感じるようになりました。

友達は有給をとって海外旅行。休んでいてもお金が入る状態。

一方で僕は、休めばお金が入らないアルバイト生活。

これは流石にまずい・・・と思い就活を始めることに。

でもずっと自由なフリーターだったため、就職が怖くて仕方ありませんでした。

具体的に僕が感じていた不安は以下の通り。

3つの不安

  • 不安その1:一番下っ端になるのいやだなぁ・・・
  • 不安その2:自由がなくなったらどうしよう・・・
  • 不安その3:どこも受からなかったらどうしよう・・・

不安その1:一番下っ端になるのいやだなぁ・・・

フリーターでアルバイトをやっていると、アルバイトの世界ではかなり上の方にいる場合が多いと思います。

ボクもその店では店長よりも歴が長いベテランスタッフでした。

他のアルバイトのメンバーからは気を使ってもらえて、人間関係はとても楽でした。

そんな環境を捨てて正社員になったとして、また一番下っ端になるのいやだなぁ・・・とか、ましてや年下の上司とかいるのが、耐えられるかなぁ・・・

というのは正直大きな不安材料でした。

不安その2:自由がなくなったらどうしよう・・・

フリーターは、自分が休みたければ休むことができて、自分の働きたいように働ける。

夜中までゲームしてても、飲んでても、最悪バイトを乗り切ればなんとかなる。

なんかあっても、責任は社員がとってくれる。

そんな自由が無くなってしまうことに、果たして耐えられるかな・・・。

毎朝同じ時間に起きて、毎日働いて・・・そんな生活を自分は頑張れるのかな・・・。

って思ってました。

不安その3:どこも受からなかったらどうしよう・・・

あと、就活しても、どこも受からなかったらどうしよう。という怖さがありました。

就活なんてやったことないから、きっと就活力は超低い状態です。

どうやって合格すればいいんだろう?落ちたらがっかりするんだろうなぁ・・・・あぁ面接なんか受けたくない・・・。

こんな気持ちでした。

もちろん人によって不安な点は違うはず。

例えば、ボクの場合、仕事ができなかったらどうしよう・・・・という不安はありませんでした。

そもそも、多くの人が社会人になって成り立っているわけだから、自分だってきっとなんとかなるはずだ・・・としか思っていませんでした。

元フリーターの僕が正社員になってみての感想

元フリーターの僕が正社員になってみての感想

さて、様々な不安を乗り越えて私は正社員になったわけですが、実際就活をして、社会人生活を送ってみて、私が感じていた不安は実際どうだったのか。お伝えしたいと思います!

不安は果たして的中したのでしょうか。

一番下っ端になるのは、やはりキツかった!

まず、飲食のアルバイトで、店長より仕事ができることから、「長老」と呼ばれて崇められていた自分が、自分より年下の若手社員もいる中で、最も下の階層に所属することが正直キツかったです・・・。

ダサいですが、アルバイトではまぁまぁ偉そうにしていた自分が、社会人になって一気に年下にすら気を使わなければいけない環境になったわけです。

つまり、一番偉い立場から、一番下っ端になったんです。

正直いって、私にとっては、これがめっちゃストレスでした。

でも、結局そのストレスが続いたのは、最初の1年程度でした。

本当に自分のことを助けてくれたり、成長させてくれる先輩は、年下だろうが先輩として尊敬できるようになりました。

むしろ責任が重そうな先輩たちより、指示をもらえる新入社員という立場が楽だとさえ思うようになりました。

ジキ

今はもう社会人10年以上経ってますが、今から考えても、新入社員の時が一番楽だったと感じます。笑

意外と正社員の方が自由かも・・・と思った

私は正社員になることで自由がなくなることの怖さを非常に感じていました。

でも今になっては、正社員の方が自由かも・・・なんて思っています。

自由には2つあります。

時間的自由と経済的自由です。

時間に関しては、確かに正社員は、フリーターのように自分で働く日を決められるほど自由はありません。

でも、正社員にも夏休みがあり、正月があり、ゴールデンウィークがあり、シルバーウィークがあります。

また有給だって、初年度から10日とれますから、平日も遊びに行けます。

有給の付与日数はどんどん増えていき、7年目にもなると年間で20日も有給が付与されるようになります。

なによりすごいのは、正月や夏休みや有給に働かなくても、毎月同じお金が入ってくるのです。

ジキ

正社員しかやったことない人からすると普通かもですが、フリーターだった僕からしたらこれが革命的でした。

時間は自由だけど、常に働かなければいけない・・・というフリーター時のプレッシャーがないことを考えると、ゆっくり休めるし、時間的自由は社会人の方が高いといってもいいかもです。

あと、経済的にもどんどん自由になっていきます。

会社にもよりますけど、多くの企業では毎月の給料にプラスして、年二回ボーナスとか貰えますからね。

ジキ

僕の場合はボーナスというまとまったお金が入ってくることで、借金が返済できて、毎月の返済から脱却できたのが最高でした。

就職前、どこも受からなかったらどうしよう・・・は見事に的中した。

この不安は見事に現実のものになりました。

もちろん、最終的には今の会社で働けているわけですから、内定が貰えたということではありますが、就活を始めた当初は全くうまくいきませんでした。

まず書類選考で落ちる。

面接にありつけたかと思ったら、ガチガチに緊張してまともに話せず。

何社うけたか覚えていないくらい受けて、1社も受かりませんでした。

僕の心の中の叫び↓

「今は面接慣れしてなくて力を発揮できていないだけなんだ・・・・一回働かせてくれ・・・絶対に努力するし、頑張るから・・・・そしてきっと成果出すから・・・!」

いくらそう思っても、そうアピールしても、誰も信じてくれませんでした。

「だめだ・・・自分には魅力がないのかな・・・。こんなことだったら大学生の時みんなと一緒に就活すればよかったかな・・・」

という具合に、だんだん落ち込んでいきました。

ジキ

面接で落ちるって結構凹みます。

あなたは認めない!って正面から言われるようなものなので。

おそらく、こういう状況が目に見えて、就職が怖い・・・!と感じている人は多いのかもしれませんね。

でも今から考えていたら、就職活動のやり方がそもそも間違ってたんだと思います。

誰にも頼らずひとりで就活をしていたのが大きな間違いでした

自分一人で就活をしていたのが大きな間違いでした

大学時代の友達はすでに就職している人ばかり。大学の就職課も頼れないボクは、自分一人でネットで情報収集しながら就活していたのですが、今から考えるとそれが間違いだったと思います。

自己分析は我流ですし、企業探しは、自分との相性ややりたいことができるかとか考えず、とりあえず転職サイトで待遇がよさそうな企業に適当に応募。

企業のことを調べるのはネットで、それ以外に情報収集する術なし。

面接で落ちても理由がわからず、対策も不可能。

これが私の当初の就活です。今から思えば受かるわけないんです。汗

このまましばらく粘っていましたが、まず書類選考すらほとんどの企業で合格できませんでした。

就職エージェントのおかげで就職が決まりました

私は、友人に教えてもらって「フリーターに強いと言われている就職エージェント」を利用しました。

就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービスです。

就職エージェントとは

プロの就職アドバイザーとの面談を通じて、就活の準備(自己分析や履歴書作り)を進めたり、調べきれないほどたくさん企業がある中から「条件に合う企業」を探してくれたり、その企業に合格するために面接対策を行ってくれます。フリーターは確かに就職が不利になりやすいですが、就職エージェントを味方につければ、全然就職率は変わってきます。

そしてこんなサービスが受けられたんです。

  • フリーターを受け入れてくれる企業のみ紹介してもらえた。
  • 自己分析を客観的に見てもらえたので、精度が上がった。
  • 面接で準備しないといけないことを教えてもらえた。
  • 面接のトレーニングなど面接対策をしてくれた。
  • 書類選考をスキップできた。

就職エージェントにお世話になってからは、1ヶ月で2社から内定がもらえました。

「最初俺は何をしていたんだ・・・」と感じざるを得ませんでした。

もちろん就活の情報収集をしている段階で、就職エージェントの存在は知っていました。

でも、「なんか怪しい・・・」っていう印象だったのでスルーしていました。

実際は、お金は一切かからないし、カウンセラーが親身に就職をサポートしてくれて、とても心強く思えました。

ブラック企業が紹介されることも覚悟していたのですが、逆にブラック企業は紹介しないようにあらかじめ教育体制や待遇を見た上で、基準に満たないブラック企業は除外してくれていました。

ですから、正社員就職が怖いフリーターの方は、就職エージェントを受けた方がいいよ!とマジで思います。

利用は無料なので、もし途中で嫌になったらやめちゃえばいいですしね。

ちなみに、フリーターに強い就職エージェントはオススメは、以下の通り。

知名度も実績も高いので、安心して利用いただけるものを紹介しています。

フリーターに強いエージェント

この3つの選定理由など詳細は以下の記事にまとめていますので、どうぞご覧ください!

おすすめ記事
フリーターに強い就職サイト・就職エージェント5選【プロがおすすめ】

フリーターの自分が、正社員就職するためにはどんな就職サイトや就職エージェントを使うのがいいのかな。 上記のような疑問や悩みにお答えします! 本記事の内容は以下の通り。 フリーターに強い就職サイト・就職 ...

というわけで今回は僕の正社員就職前の不安と、就職後の実際を体験談交えてお話ししてみました。

今回は私の個人的な意見と体験談なので、あなたの状況とは多少異なるかもしれませんが、少しでも参考になってると嬉しいです!

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

  • この記事を書いた人

複業家 ジキ

資産1億を夢見る元フリーターです。フリーターからでも、会社員でも、二児のパパでも、夢を追いかけられるし、人生成り上がれることを証明したい。会社員で生活を安定させ→朝活で副収入を稼ぎ→仮想通貨にフル投資する。このスキームで資産1億を突破してみせます。#西野亮廣エンタメ研究所/#二児のパパ/#会社員/#人材業界12年目/#ブロガー6年目/#仮想通貨投資家

-フリーターからの脱出