フリーターからの脱出

フリーターから正社員になって10年以上経つ僕が感想を語る【リアル】

フリーターから正社員就職したらどんな未来が待っているのかなぁ。
フリーターから正社員になった人の話を聞いてみたい。

当記事では、上記のような悩みに答えます。

ジキ
どうも、こんにちは。元フリーターの複業家ジキ(@jikky_bongjing)です!

この記事の筆者はこんな人

  • 元・フリーターで空白期間は3年
  • フリーターから正社員就職成功
  • 本業と副業で年収1200万超え(成り上がり中 笑)
  • 人材業界に10年。就活事情に精通

ボクはフリーターを3年やってから正社員就職をして同じ会社で10年以上働いてきました。

今回は、そんなボク自身が正社員として働いてきた感想を語りたいと思います。

今フリーターで正社員就職するかどうか迷ってる方の参考にしてもらえたらと思います。

フリーターから正社員になって感じたメリットや良かったことは?

フリーターから正社員になって感じたメリットや良かったことは?

箇条書きにまとめると以下の通りです。

良かったこと

  • どこでも通用するスキルが身についた
  • やっぱり経済的な安定感はえぐい
  • 賞与というシステムがすごすぎる
  • 体力を酷使しなくても稼げるようになる
  • 時間の余裕がある
  • フリーターよりはモテる

この辺りです。

一つずつ解説するので、気になる部分だけ読んでみてください。

どこでも通用するスキルが身についた

正社員は会社で長く働くことが前提の社員です。

ですから、会社も時間をかけて、お金もかけて、大事なスキルを学ばせて、稼げる人間に育てていくのです。

僕もこの10年で会社に色々と投資してもらって、営業・事業立案・商品開発・マーケティングなど、どこでも1人でも通用するスキルを身につけることができました。

ジキ

ここまでくると「絶対に食いっぱぐれない」確信があります。

アルバイト時代は、基本的には時間と体力を切り売りして、雑用ばかりが任せられていたので、「稼げるスキル」が身につく感覚は一切ありませんでした。

食っていく力を身につけられたのは、正社員になってとてもよかった部分です。

やっぱり経済的な安定感はえぐい

正社員の1番の魅力だと思いますが、やはり経済的な安定がとてもすごい。

休みが多い月でも、毎月一定の給料がもらえることがすごい。

そして、普通に頑張っていたら、毎月もらえる給料はどんどん上がっていきます。

ジキ

ちなみに、この記事を書いている現在(2021年10月)は月58万円入っていきます。

普通のアルバイトでは稼ぐことが不可能な金額でしょう。

お金が安定しているので、結婚もできたし、子供2人の生活も支えられるようになったし、住宅ローンだって組んでマイホームを購入することもできました。

社会人10年目にもなると、有給休暇が毎年20日もらえます。全部消化することってほとんどないのですが、20日有給がもらえるということは、1ヶ月平日を全部休んでも給料が出るということです。

ジキ

やばくないですか?
時間を捧げて働かねばお金がもらえなかったフリーターの時からすると、考えられない生活です。。。

賞与というシステムがすごすぎる

正社員になって最高だったのは、年に2回ほど賞与(ボーナス)があって、普段の給料とは別にお金がもらえることです。

僕の会社では、会社全体の業績や個人の成績がもらえる賞与額に影響するのですが、1回で100万くらいもらえることもありました。

昔は借金もあり、それを返すのに苦労していたのですが、ボーナスのおかげで一気に大きな金額を返済することができ、完済につながりました

ジキ

借金がなくなった時は、身も心もとても軽くなりました。

体力を酷使しなくても稼げるようになる

普通のアルバイトは、基本的に雑用が多いですから、時間を捧げて、作業をすることでお金を稼ぐという形が多いです。

でも正社員の仕事はどんどん変化していきます。

若いうちはアルバイトともあまり変わらない感じだったとしても、キャリアが上がれば管理とかマネジメントの業務が増えて、「考える」とか「指示を出す」という仕事が増えるようになります。(ケースバイケースですが)

ジキ

ボクも、30代も後半に差し掛かった今、体を酷使しないで稼げるのはとってもありがたいのです。

時間の余裕がある

フリーターと違って正社員は会社に時間を拘束されます。

そういう意味での自由度は低いのかもしれません。

でも、「休みの日は働かなくても一定の給料が入ってくる」「有給休暇を持っている」という状況があるので、体感としては自由です。

アルバイトのように「稼ぎたいから死ぬほど働く」とかの概念が存在せず、「休みの日はしっかり休む」「有給も消化する」という生活になり、時間にも余裕がある状態で毎日過ごせています。

時間とお金は表裏一体なので、お金の余裕が増せば、結果として時間の余裕も増すのです。

フリーターよりはモテる

完全に男目線ですが、今は働く女性も増えておりまして、そんな彼女たちからするとフリーターは恋愛の対象外になりやすいと思われます。(偏見ですが、多分結構当たってます)

それでいうと、正社員になることで、フリーターの時よりは断然相手の選択肢に入るようになった感じはありました。

ジキ

しょーもないかもですが、個人的には一番良かったことなのかもしれません笑。

フリーターから正社員就職して感じたデメリットは?

フリーターから正社員就職して感じたデメリットは?

逆に正社員になることで感じたデメリットもありました。

デメリット

  • 最初の方は、フリーターよりコスパ悪かった気がする
  • 目上の人がめっちゃ増える
  • 簡単に飛べない(笑)

これらも一つずつ解説します。

最初の方は、フリーターよりコスパ悪かった気がする

正社員を10年続けた今でこそ、経済的にも潤って、時間的にも余裕がありますが、特に1年目・2年目あたりの頃は、まだまだ雑用に近いことをやっていましたし、激務でした。

当時アルバイトだと月20万円以上は稼いでいたのですが、正社員になった初年度は手取り毎月20万円切るくらいでした。

でも、その割に時間も拘束されるし、色んな人から偉そうにされるし、結構大変でしたね。

ジキ

もちろん社会保険や税金などが天引きされているので、総額でいうと正社員の方が大きかったですけどね。有給も10日はありましたし。

まぁ3年目くらいからは正社員の方がどう考えても、コスパが良いと感じましたけどね。

目上の人がめっちゃ増える

アルバイトって学生が多いですから、学生生活を超えて、フリーターになってアルバイト生活を続けていると、「お店の店長とかよりも年上」みたいな状況になりますよね。

アルバイト同士だと年齢的にも常に上層部みたいなポジションになりますが、正社員だとそうはいきません。

目上の人がめっちゃ増えます。

先輩に慣れている人は問題ないかもしれませんが、僕は先輩とのコミュニケーションが苦手なので、わりと気疲れしてしましました。

簡単に飛べない(笑)

アルバイトってどう考えても、自分の代わりはいるし、自分がいなくなることの影響もそこまで大きくないので、わりと気楽でした。いつ飛んでもそこまで罪悪感は感じなかったです(サイコパスですみません)。

一方で、正社員で任される仕事は規模が大きく、自分が欠けることの影響が大きい。

「ここでやめたら洒落にならねぇ・・・めっちゃ迷惑かかるやんけ・・・。」

というプレッシャーを常に感じており、アルバイトに比べたらそこのストレスはありましたね。

結論:もうフリーターに戻りたくない

結論:もうフリーターに戻りたくない

もうフリーターには全然戻りたいと思いません。

確かにフリーターの時より正社員がしんどかったタイミングもありました。

でも、それも最初の1、2年ほどで、それ以降は明らかにコスパがいいです。

正社員で学ぶスキルや知識は稼ぐための武器になります。

身につければ副業だって稼げますし、キャリアが上がれば上がるほど、現場作業から離れて、時間の融通などが効くようになってきます。

だから今のぼくは、副業だけで昔アルバイトで1ヶ月働いて稼いでいたお金の3倍くらい稼ぐことができています。

動くなら今だと思います

フリーターから正社員就職をした僕から言わせると、「若ければ若いほど有利」です。

社会未経験で採用されるわけなので、アピールできるポイントは「これからの成長可能性」しかありません。

成長可能性を示すために、若ければ若いほど説得力があります。

動くなら、人生で最も若い今です。

フリーターからの正社員就職は想像通り簡単ではありません。

でも当然全ての会社がフリーターを受け入れるわけではありません。

フリーターを受け入れる会社と出会えなければ、ずっと履歴書を出すだけで落とされ続けます。

だからまずフリーターを受け入れる会社を見つけなければならない。

そして、面接を攻略するだけの対策を行わなければなりません。

それを全て一人でこなすのは大変です。

終わった・・・・・

いえいえ大丈夫です。僕自身も使った正規ルートがあります。

フリーターに強い就職エージェントに無料で相談してみませんか?

就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービスです。

就職エージェントとは

プロの就職アドバイザーとの面談を通じて、就活の準備(自己分析や履歴書作り)を進めたり、調べきれないほどたくさん企業がある中から「条件に合う企業」を探してくれたり、その企業に合格するために面接対策を行ってくれます。

フリーターは確かに就職が不利になりやすいですが、就職エージェントを味方につければ、全然就職率は変わってきます。

  • フリーターに足りていない就活の情報を教えてくれる
  • ブラック企業を選択肢から排除してくれる
  • フリーターを受け入れるホワイト企業を紹介してくれる
  • 面接で合格するためのノウハウを直接教えてくれる
  • 面接対策を手伝ってくれて、常に改善していける

就職エージェントは、これらのサービスを全て無料で提供してくれるのです。

フリーターに強い就職エージェントってあるの?

あります。意外と選ぶのは簡単かもです。

というのも、世の中には14000以上のエージェントサービスがありますが、フリーターに強いエージェントは少しだけだからですね。

以下にフリーターに強い有名エージェント3つ紹介しています。口コミや評判もあるので是非ご覧ください。

フリーターに強いエージェント

上記3つの選定理由や詳細は以下の記事にまとめています。

次に読みたい
フリーターに強い就職サイト・就職エージェント5選【プロがおすすめ】

フリーターの自分が、正社員就職するためにはどんな就職サイトや就職エージェントを使うのがいいのかな。 上記のような疑問や悩みにお答えします! 本記事の内容は以下の通り。 フリーターに強い就職サイト・就職 ...

ジキ
それぞれのサービスは口コミや評判もしっかりと確認するといいですよ。デメリットや悪評も当然ありますからね。

というわけで、今回は僕が正社員になって10年働いてみての感想を語りました。

どう考えても、人生好転したので、個人的にはおすすめの生き方です。

正社員は不自由という印象も強いかもですが、ぶっちゃけ働き方の多様化はどんどん進んでますし、コロナで世界は大きく変わったと思います。

自由を求めるなら、余計に今、踏ん張った方がいいかもです。

以上です!

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

  • この記事を書いた人

複業家 ジキ

資産1億を夢見る元フリーターです。フリーターからでも、会社員でも、二児のパパでも、夢を追いかけられるし、人生成り上がれることを証明したい。会社員で生活を安定させ→朝活で副収入を稼ぎ→仮想通貨にフル投資する。このスキームで資産1億を突破してみせます。#西野亮廣エンタメ研究所/#二児のパパ/#会社員/#人材業界12年目/#ブロガー6年目/#仮想通貨投資家

-フリーターからの脱出