生き方

タバコと晩酌をやめたらエグいほど人生が変わった話【おすすめ】

ジキ
どうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です!

サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。

タイトルで全て結論をお伝えしているのですが(笑)、タバコと晩酌をやめたらエグいほど人生が変わったっていう話です。

ジキ
5年前くらいのボクにアドバイスを送りたくて、書くことにしました。

20代の時はヘビースモーカー&毎日晩酌の生活習慣

20代の時はヘビースモーカー&毎日晩酌の生活習慣

ボクは、30歳になるまではいわゆるヘビースモーカーでして、毎日20本以上のタバコを吸っておりました。

そして、仕事帰りに必ず缶酎ハイを2~3本買って、家で晩御飯時に飲むのを楽しみにしている毎日でした。

一方で、当時のボクは「起業しよう」とか「自分で事業をやりたい」みたいな気持ちも持っておりまして・・・。

そんな起業家マインドは持ちながら、いつまで経っても一歩も前進しない毎日にモヤモヤしていました。

ジキ
今から考えたら当たり前ですよね。

起業家たちが本を読み、事業の準備を進めている間に、ボクはお酒を飲んで、酔っ払っていたのです。

起業家たちが事業に投資しているお金を、ボクはお酒とタバコ代に突っ込んでいたのです。

習慣の魔力は怖すぎた

↑のような感じで、言ってることと、やってることの矛盾がエグかったわけですね。

でも、当時は全くその矛盾に気がつきませんでした。

ジキ
客観的に見たら明らかにおかしいことやってるのに、気がつかなかった。それには理由があります。

おそらくそれは「習慣の魔力」です。

タバコは20の頃からずっと吸っていましたし、お酒も社会人になる前から毎晩飲んでいました。

ボクからするとタバコは吸って当たり前だし、お酒は飲んで当たり前。

普通の人が「お風呂に入らない生活」や、「歯を磨かない生活」を想定すらしないのと同じように、ボクもタバコと晩酌なしの生活を想定すらしなかったのです

ジキ
この罠に5年ほどハマってしまいました。。。

変化のきっかけは妻の妊娠

変化のきっかけは妻の妊娠です。

子供のために、副流煙すら吸って欲しくなかったので、すぐにタバコをやめました。

また、妻が一人でお酒を飲めないのがかわいそうだったので、禁酒にボクも付き合うことにしたのです。

そしたら・・・↓

タバコと晩酌をやめたらエグいほど人生変わりました

タバコと晩酌をやめたらエグいほど人生変わりました

そこからのボクの人生は、5年ほどですごい勢いで変わっていきました。

  • 職位:課長→部長
  • 資格:国家資格なし→中小企業診断士取得
  • スキル:営業のみ→マーケ・SEO・ライティング・プログラミングなど追加
  • 収入源:会社員1本→複業家として4本以上
  • 収入:年収500万→1200万円
  • 所有不動産:2000万→5000万

こんな感じです。

ジキ
たったの5年にしては、なかなかの変化じゃないでしょうか。

しかもこの間も育児はフルパワーでやってます。

これらは全て、タバコと晩酌をやめたことで手に入れた「時間」によって生み出されたものたちです。

ジキ
では、一体どんな感じで時間が生み出されたのか・・・。↓

禁煙がもたらした時間

禁煙することによって、仕事中に喫煙所に行く時間+タバコを吸う時間がなくなりました。

それだけでなく「タバコを吸いたい」と思ってイライラして、何も手付かずになる時間もなくなりました。

これによってボクは残業がなくなり、ほぼ毎日定時で仕事を終えられるようになりました。

禁酒がもたらした時間

禁酒といっても、「毎日の晩ごはんでなんとなくお酒を飲むことをやめただけ」であって、決してお酒を絶ったわけではありません。

ただ、それがもたらした時間は絶大。

晩御飯を食べてから寝るまでの「夜活」の時間が生じました。

そして、朝だるくて起きられない時間がなくなりますので、二度寝による朝の無駄時間も削減できました。

スケジュールの変化はこんな感じ

まず20代の頃のスケジュールは以下の通り。

  • 朝ギリギリまで寝る
  • 21時に帰宅
  • 帰った瞬間にお酒と晩御飯
  • お風呂入って寝る

30代のスケジュールは以下の通り。

  • 朝起きて朝活(ラジオ聴いたりブログ書いたり)
  • 18時30分に帰宅
  • 帰って少し勉強の時間
  • 晩御飯
  • お風呂
  • 夜活して寝る

こんな感じ。

マーカーの部分の時間を有効活用することで、人生を大きく変えてきました。

結論:タバコと晩御飯時のお酒は人生を左右している

結論:タバコと晩御飯時のお酒は人生を左右している

ただのタバコとお酒。

でも、実はかなり大きく人生を左右するものでもある。

このことを伝えたくて、この記事を書きました。

人それぞれ好みや考え方があるので、「タバコやお酒をやめた方がいい」とまでは思いません。

でも、使えるはずの時間を無くしていることに無自覚なのはもったいない、と思います。

時間の使い方はそれぞれ人の自由ですが、↑に気づいて喫煙や飲酒をする場合と、気づいていない場合とでは、話が変わってきます。

だから、気づいてない方のためにこの記事を書きました。

あとは、あなた次第。

ボクはこの内容の記事に20代の頃に出会いたかった。

習慣って怖いですね。本当にタバコや酒に時間を使ってることに気がつかなかったんだから。。。

「タバコは仕方ないしやめられるはずがない。むしろ集中力を高めるために吸っている。」

「お酒は仕事に疲れて帰ってきたんだから飲むに決まってる。ストレス溜めたくないし。」

こんな感じ。その上で↓

「将来は起業したいし、独立したい」

↑あぁ今ならこの矛盾に気づけるのに・・・。

あぁ・・・もったいないことしたな・・・。

と言う話でした。

今回はいじょーです!

-生き方