ブログ

就活アフィリエイトと転職アフィリエイトの違いを徹底比較してみた

疑問
就活ジャンルのアフィリエイトと転職ジャンルのアフィリエイトってどんな違いがあるのかな・・・?

当記事では上記の疑問に応えます。

ジキ
こんにちは!複業家ブロガーのジキ(@jikky_bongjing)です!

サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。

略歴

  • 執筆者は副業ブログ歴5年の現役副業ブロガー。
  • 特化ブログも雑記ブログも運営経験あり。
  • 月に20〜40万ほどブログで稼いでいます。
  • 過去20個くらいブログを作ったことがあります。

ボクはこの記事を書いている時点で、就活・転職ジャンルのアフィリエイト歴が5年以上になります。

今回はそんなぼくが、就活ジャンルと転職ジャンルのアフィリエイトの特徴や違いを解説していきます。

ちなみに、就活ジャンルも転職ジャンルもアフィリエイトの難易度は高く、しっかりと特徴を理解していないと、大体こうなります↓

疑問
アクセスは集まってるのに、全然コンバージョンしない・・・
店員
記事を書いても書いても、稼ぎが増えない。。。

こうならないためにも、しっかりと特徴を把握し、対策や戦略を練りましょう。

で、結論からいうと、就活ジャンルと転職ジャンルは似ているようですが、アフィリエイトの観点で言うならば、全くの別物です。

では、それぞれの違いを見ていきましょう。

就活ジャンルと転職ジャンルのアフィリエイトの特徴や違いを徹底比較

就活ジャンルと転職ジャンルのアフィリエイトの特徴や違いを徹底比較

今回はアフィリエイトの観点で、以下5つの視点から比べてみました。

  1. 行動のハードルについて
  2. エージェント案件のCVハードルについて
  3. タイムクロージングの難易度について
  4. 行動の時期について
  5. 報酬単価について

では早速みていきましょう。

行動のハードルについて

ここでいう行動というのは、「就活をする行動」や「転職をする行動」のことを指しますが、それで比較すると以下のとおり。

  • 就活するハードル=激低
  • 転職するハードル=激高

かなり極端ですが事実です。

就活は、みんな同じタイミングで動く活動なので、啓蒙などしなくても勝手に始めてくれるものです。

一方で転職を始めるハードルは超高いです。

ジキ
見ず知らずの人に、転職しましょう!と言われて、転職します? 

しませんよね笑。

これが答えです。

記事で啓蒙して、「転職を促す」のは非常に難しいと考えておきましょう。

じゃぁどうすればいいの?って内容のヒントは以下に書いておきました。

おすすめ記事
転職ジャンルのアフィリエイトが全然コンバージョンしない理由

ジキどうも、複業家のジキ(@jikky_bongjing)です! サラリーマンをやったり、マーケターをやったり、中小企業診断士をやったり、プログラマーをやったり、ブロガーをやったりしています。 僕はこ ...

エージェント案件のCVハードルについて

エージェントというのは、求職者と企業の間に入って、お互いを繋いでくれるサービスです。

エージェント案件はアフィリエイト報酬が高単価なものが多く、就活ジャンルでも、転職ジャンルでも、アフィリエイトで稼ぎたいなら、いかにエージェントに送り込むかが大事ですよね。

ただ、このエージェント案件のコンバージョンハードルは就活ジャンルと転職ジャンルで異なります。

▼就活生にとっての就活エージェント

  • ほとんどの就活生はナビや合同説明会を使う
  • 他の就活生と同時に動くために同調圧力がかかる
  • 社会人に対する抵抗力がなくて利用面で不安がある
  • 知らないことが多すぎることによる警戒心もある
  • 報酬ルール上、就活生とエージェントがWIN-WINになりにくい

▼求職者にとっての転職エージェント

  • エージェントを活用する人が多い
  • 個別に動く人が多く、同調圧力はない
  • 社会人に対する抵抗力がある
  • 自分で判断する自信がある
  • 報酬ルール上、求職者とエージェントがWIN-WINになりやすい

就活エージェントと転職エージェントの一番大きな違いは、エージェントが企業からもらう報酬のルールです。

基本的にエージェントは、一人内定が出たら●万円を企業から報酬でもらいますが、就活エージェントの報酬は固定であることが多く、転職エージェントの報酬は転職先の年収に比例する場合が多いです。

つまり転職エージェントは「年収を上げたい求職者」と「報酬を高めたいエージェント」の利害関係が一致しますが、就活エージェントは「どこに入社させても、報酬が同じ」ってことになります。

ここが結構大事でして、、、というのも、

就活エージェント的には、ホワイト企業に入社させても、ブラック企業に入社させても、報酬は同じなのです。

で、どっちの方が採用ハードルが低いかというと、ブラック企業です。

すると、普通に考えて、就活エージェント的に考えると、採用ハードルが低い企業に送り込んだ方が、すぐ内定が出て、すぐ企業から報酬がもらえるので、コスパが良いわけです。

しかも、就活生は情報的には弱者であることが多いわけですから、エージェントのモラル次第ではリスクなのです。

ジキ
という事情もあり、就活エージェントは総じて警戒されやすい傾向にあります。

タイムクロージングの難易度について

ここでいうタイムクロージングというのは、「さぁ今すぐ行動しましょう!」といって、コンバージョンを得ようとすることを指しますが、比較すると以下のとおり。

  • 就活ジャンルのタイムクロージング=超簡単
  • 転職ジャンルのタイムクロージング=超難関

就活というのは、卒業というケツが決まっているし、「新卒」ブランドは一度きりだし、企業の採用枠は決まっているので、「今すぐ申し込む理由」がたくさんあります。

しかし転職というのは、特にケツが決まってませんし、求人枠も待ってたら出てきたりするものです。

つまり、「今すぐ申し込む理由」がほとんどないのです。

アフィリエイターとしては、ユーザーに今すぐ申し込んでもらわないとコンバージョンに至らず、報酬ももらえないわけなので、ここは結構大事なポイントですね。

行動の時期について

就活と転職は行動パターンが全然異なりますので、この辺りもどんな記事をどんな時期にあてていくかを考える上で重要です。

まず就活の行動時期は以下の通り。

就活の行動時期

就活の行動時期

こんな感じで、大体いつ何をやっていて、どんな気持ちなのかがはっきりしています。

ですから、寄り添った記事を書きやすいですよね。

転職の行動時期は以下の通りです。

転職の行動時期

転職の行動時期

ぶっちゃけいつ動いてるのかよくわからないのが、転職です。

なんとなくボーナス付近か、4月入社狙いの付近が動きやすいポイントではあるものの、なかなか狙いを定めにくいです。

報酬単価について

報酬単価について比較すれば、以下のような傾向にあります。

転職エージェント > 就職エージェント

これは、一概に言えるものではありませんが、転職エージェントの方が1.5倍以上する場合が多いです。

就活ジャンルと転職ジャンルのアフィリエイトの総合的に比較

結論を言うと、両方難しい!!!(笑)

でも、これらの特徴を押さえて記事を考えるのと、そうでないのとでは大違いです。

しっかりと特徴を押さえた上で、コンバージョンを増やす作戦を立てていきましょう!

では今回はいじょーです!

こんな感じで、僕はブログ副業で稼いだ経験とか生のノウハウを呟いていくので、ぜひ繋がりましょう!

-ブログ