中小企業診断士

【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選

サラリーマンをしながら中小企業診断士の資格を取りたい。

予備校はどこがいいんだろう?おすすめの予備校通信講座が知りたい!

今回はサラリーマンを対象に、上記のような疑問にお答えします。

どうも、こんちゃすー!H30年度の中小企業診断士試験に合格したジッキー(@jikky_bongjing)でっすーーー!

資格学校の予備校選びって悩みますよね。特に中小企業診断士は難関資格で、合格まで通常1年以上はかかる資格ですから、自分の人生を一部かけるっていう感覚もありますから。

僕も悩みました。そして非常に受講費が高かったTACに申し込みました。

「値段が高い=質がいい」と盲信して担ですよね。しかし、今から思うと、大きな間違いでしたね・・・。25万くらいしたんですけど、結構勿体無かったな・・・って感じ。

というわけで、今回はこれを読んでいるサラリーマンのあなたに、僕と同じことを繰り返さないでほしいという思いで、中小企業診断士の資格予備校おすすめ3社をお伝えします。

中小企業診断士の予備校・通信講座選びのポイントは?

中小企業診断士の予備校・通信講座選びのポイントは?

予備校を選ぶポイントは、1次試験と2次試験で異なります。

それでいうと、僕の中では結構シンプル。

  • 一次試験→講座のコスパ。
  • 二次試験→回答メソッド。

その心は・・・の部分のお話ししますね。

一次試験の予備校はコスパ重視

一次試験はコスパ重視で選びましょう。

むしろそれ以外はそこまで考えなくて大丈夫です。

なぜなら、ほぼ内容はどこの予備校も同じだからです。

一次試験は解答が公表されるので、試験の攻略法がはっきりしていますし、そもそも選択式なので、予備校独自の回答のメソッドとかそんなの関係ありませんから。

必要な知識を頭に入れてるかどうかってことだけが問われます。

一次試験の予備校の役割は以下の通り。

一次試験対策の予備校の役割
  • 頻出分野をテキストにまとめる
  • 頻出分野を問題集にまとめる
  • テキストを読み進めるペースメーカー
  • 模擬試験の的中率

テキストや問題集の精度は気になるかもしれませんが、各予備校とも、お互いの予備校同士研究しあってるので、ぶっちゃけ内容はそこまで変わりません。

一次試験に関しては、テキストを読み進めてくれさえすれば、あとは自分次第の試験です。

ていう感じなので、安くて便利なところを選べば大丈夫です。

二次試験の予備校は回答のメソッド重視

二次試験は明らかに予備校のレベルを問われる感じ。

記述式で、公式解答が発表されていないので、攻略法が不明なのです。

だから予備校ごとに回答メソッドも実績も全然違います。

実際に、各予備校の模擬試験を受ければ、同じ人が受けても、予備校ごとに全然点数が変わっちゃいます。

それぞれの予備校が回答の中で「何を大事にするか」という価値観が違うからです。

というわけで予備校の役割が変わります。

二次試験対策の予備校の役割
  • 再現性の高い回答のメソッドを教える
  • 再現性の高い回答のメソッドをアウトプットさせる
  • 模擬試験の的中率

こんな感じ。

二次試験は予備校ごとに全然メソッドが違うので、コスパで選んではいけませんね。

というわけで、一次試験対策と二次試験対策両方ついている予備校も多いですが、一次と二次では選び方が違うのです。

ではそれを踏まえた上でどこがおすすめなのか、お伝えします!

【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選

【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選

おすすめは一次試験と二次試験で異なります。まずは一次試験のおすすめ予備校は以下の通りです。

▼サラリーマンにおすすめの中小企業診断士一次試験の予備校3選

1:スタディング→サラリーマンが通勤時間に勉強できるように、テキストがなくても理解でき動画講義が特徴。コスパは最強。50,000円程度で全科目文受講できる上に、合格したら10,000円の祝い金がもらえます。最初に無料講座を受けられるので、まず試しに受けてみるといいですよ。

2:診断士ゼミナール→こちらも上記と同様、コスパ最強です。50,000程度で全科目分の講義を受けることができます。1年目に受講すれば、最大3年間まで無料で受講できますし、3年度以内に合格すれば、合格祝い金も30,000円もらえます。実質2万円代で合格を目指すことが可能です。

3:TBC受験研究会→TBC受験研究会は、動画講義をYoutubeにアップしているので、無料で見れます。テキストと問題集を7科目分くらい買うと、40,000円弱くらいはしますが、リスクは低いですね。予備校としては老舗で、優秀。二次試験対策は僕の中で一択です。

通常の予備校は少なくとも、10万円は超えてきます。TACは20万円を超えてきます。

先ほどもお伝えした通り、テキストの内容とか問題集の内容は概ね同じ。選択式なので、予備校独特の回答メソッドはないですから、コスパ重視で選ぶべきです。

TACとかは、広告宣伝費をかけていたり、教室などの設備を持っているため、その費用負担分が通信生にもかかっているって感じですね。もったいないです。

▼サラリーマンにおすすめの中小企業診断士二次試験の予備校

二次試験は僕の中では一択です。

TBC受験研究会→TBC受験研究会は、老舗の予備校というだけあって、非常に再現性の高い回答メソッドを持っている上に、二次試験対策としては100,000円程度と破格。それに合格後も雑誌の執筆や模試の作問などの仕事がもらえます。

下記に二次試験で僕がTBCをオススメする理由を書いています。TACやMMCと比較しています。

【中小企業診断士】二次試験の予備校でTBCをオススメする8の理由どうも、こんちゃすー!脱サラ実践ブロガーのジッキー(@jikky_bongjing)でっすーーー! 当ブログでは、アフィリエイトや...

スタディングのポイントは通勤時間の利用のしやすさ

スタディングは「通勤するサラリーマン」をターゲットに特化していますから、満員電車で座れずに、テキストを開けない状況でもわかるように、「情報番組」のように映像を工夫しています。

以下のような感じですね。ちなみにTACは黒板の前で講師が話しているだけですね。

隙間時間を活用しなければならないサラリーマンにはこういうのが大事です。

僕個人的に中小企業診断士を目指すための一次試験の予備校としては、最もおすすめ。

以下で無料講義動画も見ることができますよ。

スタディングの中小企業診断士通信講座をレビュー【悪評もあります】 中小企業診断士の通信講座のスタディングってぶっちゃけどうなの? 合格者のレビューとか意見を聞きたい。 口コミや評判も...

診断士ゼミナールのポイントは圧倒的コスパ

診断士ゼミナールは、とにかく安いですね。

5万程度で一次二次対策両方受けることができますし、かつ3年以内であれば、受講は無料。

2年目3年目無料

1年で一次試験突破は結構難しいですから、科目合格で狙いの人からすると嬉しい条件です。

で、3年度以内に合格すれば、お祝い金も3万円もらえるのでありがたすぎです。合格したら実質2万円台です。

TBC受験研究会のポイントは二次試験のノウハウが高いこと

TBC受験研究会はちょっと特殊で、一次試験の講義動画はYoutubeで全部無料で見ることができます。

無料の動画講義

ところが7科目分の教科書と問題集を全て買うと、4万円弱はしますので、スタディングや診断士ゼミナールとそこまで変わりませんね。

あと教育訓練給付金とか、お祝い金は適用できないので、コスパは他の2つの方がいいかも。

講義自体は、スタディングほど通勤時間向けに工夫されていませんが、二次試験のノウハウが他の予備校に比べて高いことは注目すべき点です。

中小企業診断士を目指すサラリーマンにおすすめの一次試験と二次試験の予備校の組み合わせ

中小企業診断士を目指すサラリーマンにおすすめの一次試験と二次試験の予備校の組み合わせ

僕個人的なおすすめとしては、以下の通りです。

  • 一次試験はスタディング(5万円程度)
  • 二次試験はTBC受験研究会の有料コース(10万円程度)

間違いなく、この組み合わせがサラリーマンにとっては最強ですね。

まず勉強のクセをつけるためには、隙間時間の活用がサラリーマンにとっては大事。

何もできないけど毎日強制的に存在する通勤時間を活用するのが、継続的に勉強するには一番なのです。

その通勤時間の勉強に特化して映像など作ってるのが、スタディングです。

二次試験は、TBCがノウハウもあって安くておすすめです。僕はここで勉強してオールAで二次試験突破してますね。

両方でかかる金額はおおよそ15万円〜って感じですね。TACだとい25万円とか普通にかかりますよ。

というわけで、中小企業診断士試験合格者の僕がおすすめする、サラリーマン向けの資格予備校でした。

まずは全部無料サンプル講義が見れますから、一番しっくりくるものでいいのではないでしょうか?

まずは一次試験突破!頑張ってください!

▼サラリーマンにおすすめの中小企業診断士一次試験の予備校3選

1:スタディング→サラリーマンが通勤時間に勉強できるように、テキストがなくても理解でき動画講義が特徴。コスパは最強。50,000円程度で全科目受講できる上に、合格したら10,000円の祝い金がもらえます。最初に無料講座を受けられるので、まず試しに受けてみるといいですよ。

2:診断士ゼミナール→こちらも上記と同様、コスパ最強です。50,000程度で全科目分の講義を受けることができます。1年目に受講すれば、最大3年間まで無料で受講できますし、3年度以内に合格すれば、合格祝い金も30,000円もらえます。実質2万円代で合格を目指すことが可能です。

3:TBC受験研究会→TBC受験研究会は、動画講義をYoutubeにアップしているので、無料で見れます。テキストと問題集を7科目分くらい買うと、40,000円弱くらいはしますが、リスクは低いですね。予備校としては老舗で、優秀。二次試験対策は僕の中で一択です。