ビジネス

【予言】やりたいことが出来なくて会社を辞める若手は転職失敗します

今の環境だとやりたいことができないから会社辞めたい・・・。

職場を変えたらうまくいくかなぁ・・・。

当記事では上記の悩みに答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!とある人材業界マーケティング部長をしておりますジッキー(@jikky_bongjing)です!

やりたいことができない・・・。会社辞めたい・・・・。

これまさに僕が社会人1年目に思っていたことです。

なんだかんだ僕はそのまま会社に残りましたが、でも正直今だから思います。

こんな理由で転職したらおそらく失敗します。

これから、その理由を解説しますね。

ジッキー
ジッキー
ちょっと厳しい内容も含むかもですが、あくまでも一個人の僕の意見なので、そこまで激しく気にしなくて大丈夫です。←大事。

やりたいことが出来ないから会社を辞める人は転職失敗する理由

やりたいことが出来ないから会社を辞める人は転職失敗する理由

理由は以下の通りですね。

  1. GIVEする発想がなさすぎ
  2. 受け身すぎ
  3. やりたいことがそもそも幻想かも

一つずつ解説します。

GIVEする発想がなさすぎ【せめて黒字社員になりましょう】

まず断言しますが、最初からやりたいことができる会社なんて存在しません。なぜなら会社はあなたが好き放題するための場所ではないからです。

ジッキー
ジッキー
会社には目的があり、その目的を達成するためにあなたを採用します。

会社はあなたに給料を払うかわりに、目的を達成するために働いてもらうという「ギブアンドテイクの関係」なのです。

そこでいうと、若手社員のうちは給料以外にも教育コストなどがかかっており、基本的に会社は赤字です。

そんな状態で「やりたいことをやらせろ」とTAKEばかり求めるスタンスだと、どの会社でもうまくいきません。

ジッキー
ジッキー
つまり、次の職場に行っても全く同じことが起きます。

せめてスキルをつけて、会社に利益をもたらす黒字社員になってから言わないとですね。

受け身すぎ【やりたいことがあるならやればいい】

あとスタンスが受け身すぎですね。

ぶっちゃけ、やりたいことがやらせてもらえないとか言ってないで、やればいいじゃんって話です。

会社側の協力が必要なら、その協力を得るために必要なもの(信頼とか説得とか)を揃えればいいだけの話。

「会社が偶然あなたにちょうどやりたかったことを任せる」ことを受け身な姿勢で待っているようでは、また次の職場でも同じこと起きますよ。

やりたいことは自分で切り開いていくくらいの気持ちがなければ、どの職場でもできませんよ。

ジッキー
ジッキー
それをやらないってことは、おそらくあなたが「やりたいこと」は、そこまでやりたいことではないのです。

やりたいことがそもそも幻想かも

やりたいことだと思っていることは本当にやりたいことなのかって話です。

最初から「●●したい」という行動欲求はそもそも存在しないことがほとんどです。例えば、最初から「広告のプランニングがやりたい!」なんて思っている人いないですよね。

逆に最初からあるのは「●●な人生を送りたい」という理想の人生欲求。例えば「自由な人生を送りたい」とか「華やかな人生を送りたい」とか・・・。

つまり、以下のような順番で行動欲求が出てきます。

「●●な人生を送りたい。」→「そのために●●したい」

例)華やかな人生を送りたい
→そのために有名な広告代理店で広告プランニングの仕事をしたい。

ということは・・・「●●したい!」というのは、あなたの本来の欲求を満たすための手段でしかなく、他にも代替手段はありますし、そもそも勝手にそう思い込んでるだけってケースも多いのです。

僕もコピーライターに憧れていましたけど、実際にコピーライティングした瞬間に「あ・・・違うかも・・・」と冷めた経験があります。

ジッキー
ジッキー
やりたいことを求めて転職した結果、すぐに冷めてしまって、後悔するというパターンは結構なあるあるですよ。

つまり、面接官にとって魅力的ではない

今説明した内容は、面接官が受け取るであろう印象ですよ。

つまり、少し言い方悪いですが、企業側としては「実力がないのに、わがままで、使い勝手の悪い、勘違い野郎」と受け取ってしまう可能性が割と高いってことです。

ジッキー
ジッキー
これ結構リアルです。僕は人材系の会社に勤めているので、この辺りの人事事情は詳しいつもりです。

それでも会社を辞めたい場合に転職で失敗しないために

それでも会社を辞めたい場合に転職で失敗しないために

ここまでの解説を読んでもきっとあなたの「会社を辞めたい・・・」という気持ちが止まらないと思います。

ただ、その本当の理由は「やりたいことができないから」ではない可能性が高いと思います。

人間関係なのか、仕事との相性なのか、お客様との関係なのか、とにかく「やりたいことができない」という理由の他に辞めたい理由があるのではないでしょうか。

ジッキー
ジッキー
だったらその本当に辞めたい理由を探るべきです。

同じ失敗を繰り返さないように辞めたい理由を明確に

辞める理由を自分の中で曖昧にしていると「どういう会社に次行くべきか」を考える軸が曖昧になります。

つまり以下のようになります。

辞めたい理由が本当は別にある

「やりたいことができないから」という理由でごまかす

辞めたい理由が自分にもわからない

次の職場選びの軸がないまま入社

また辞めたくなるが理由がわからない

同じ失敗を繰り返す

本当に「やりたいこと」があって「どうしても今の職場ではそれができない」という人もいるでしょうけど、ほとんどの場合はこうなります。

だから、ちゃんと自分が辞めたい理由と向き合うべきです。

ポジティブな理由を準備しよう

あと、どうせ転職するなら、「今の職場だと●●ができないから辞めます」というネガティブな理由よりも、「●●に挑戦したい」というポジティブな転職理由を準備しましょう。

ジッキー
ジッキー
そっちの方がはるかに面接官からは魅力的に見られます。

前の会社に対してネガティブな発言をしている人は、面接官からすれば「きっとどこかでうちの悪口も言うだろうな・・・・」と受け取られてしまいかねません。

ジッキー
ジッキー
そのつもりなくても勿体無いですよね(^^;

なので、ネガティブな理由は自分の中で留めておき、あくまでも次の職場探しの軸にするだけにしましょう。

実際に面接などで話す転職理由は「ポジティブな理由」を準備するようにしましょう。

ぜひご参考ください。次は良い仕事と出会えるといいですね!

人事の視点でおすすめ転職サイト6つを比較【本当に使うべきはどれ?】 転職サイトってたくさんあるけど、どれを使えばいいかわからない。 自分にあったおすすめサイトを比較して調べたい。 ...
【お知らせ】就活アフィリエイトで月10万以上稼ぐノウハウを有料noteに詰め込みました

2019年9月に1つのアフィリエイトサイトで月10万円以上の収益を達成しました。


僕の就活ブログのスペックは以下の通り。

  • 160記事
  • 20,000pv/月
  • メイン案件のクリック数 160回/月
  • サイト全体のアクセスをならすとクリック率 0.8%
  • コンバージョン数 22回/月
  • コンバージョン率 13.75%
  • 承認率 約6割
  • 収益 約15万円/月

僕が就活アフィリエイトを運営する上で、ツイッターなどでもつぶやかない実践的なノウハウを詰め込んだつもりです。

僕のサイトのスペックを超えている方には無縁ですが、これから稼ぎたい方には真似していただける要素も結構多いはず。

以下のようなことは理解いただけるかと思います。

  • 企業メディアが多い就活ジャンルでいかに個人メディアで戦ったのか。
  • たった2万pvでどうやって収益10万円を超えたのか。
  • 就活アフィリエイト独特のコツ

興味ある方は以下のリンクからどうぞ!

>就活アフィリエイトで月10万稼げるようになった僕の戦略を公開【企業メディアと戦わずして稼ぐ方法】