仮想通貨

仮想通貨の「取引所方式」と「販売所方式」の違いをわかりやすく図解

仮想通貨の「取引所方式」と「販売所方式」って何が違うの?
そっちがお得なの?
それぞれのメリット・デメリットを知りたい。

当記事では上記の悩みに答えます。

ジキ

どうも、仮想通貨で資産を増やす複業家ブロガーのジキ(@jikky_bongjing)です!

今回は、仮想通貨における「取引所方式」と「販売所方式」の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

ボクが仮想通貨投資を始めたときは、この違いを知らなくてめちゃくちゃ損をしましたので、必見の内容です。

先に結論から書いておきますね。違いは以下の通り。

違いを比較取引所方式販売所方式
取引の相手は?ユーザー仮想通貨取引所
価格を決めるのは?需要と供給仮想通貨取引所
購入価格
安い
×
高い
売却価格
高い
×
安い
取引の確実性
稀に成立しない

確実
簡単さ
やれば簡単

超簡単
おすすめは?
絶対こっち
×
だめ
取引所方式と販売所方式の違い

結論、取引所方式が金銭的にメリットが大きいです。そして取引所方式で仮想通貨を取引できるおすすめ仮想通貨取引所は以下の通りです。

おすすめ仮想通貨取引所

ではここから詳細を解説していきますので、詳細が知りたい方は以下をご覧ください。

仮想通貨の「取引所方式」とは?メリット・デメリットは?

仮想通貨の「取引所方式」とは?メリット・デメリットは?

仮想通貨の取引所方式とは、仮想通貨取引所の「板」を通じて、ユーザー同士で仮想通貨の売買を行う形式で、お金の流れは上記の図解の通りです。

板というのは以下のようなもので、簡単にいうと「売りたい個数と売りたい値段」・「買いたい個数と買いたい値段」を予約しておくようなものです。

板

仮想通貨を売りたい人は、売りたい値段を「板」に入れておくことで、取引価格がその値段に達したときに売れます。逆に、仮想通貨を買いたい人は、買いたい値段を「板」に入れておくことで、取引価格がその値段に達したときに購入されます。

取引所方式のメリットは?

取引所方式のメリット

  • 販売所方式に比べて安く購入できる
  • 販売所方式に比べて高く売却できる
  • 取引の手数料が安い
  • 取引で報酬をもらえることもある

シンプルに販売所方式に比べて、安く買えて、高く売れるのがメリットです。

取引でかかる手数料はめっちゃ安いです。ボクがメインで使っているビットバンクだと、たったの0.12%。1万円の取引をしても12円です。これは販売所方式のスプレッド(売値と買値の差)と比べて圧倒的に安いです。

また手数料については、値段を決めて、売買の注文をして「板」に掲載し、「取引成立を待つ側」となった場合、Maker注文という扱いになります。その場合、取引価格が動いて、取引が成立した場合は、手数料を払うどころか、報酬がもらえるケースもあります。

ジキ

ちょっと手数料の部分はイメージしづらいかと思うので、以下をご覧ください。

MakerとTakerの違い ※手数料や報酬はビットバンクのものです。

一言で言うと、売買を予約した人は取を成立後に報酬がもらえて、その取引を受けた人が手数料を払うということです。

取引所方式のデメリットは?

取引所方式のデメリット

  • 一見、難しそうに思える
  • 指定する価格によっては取引にタイムラグがある
  • 取引が成立しないケースもある

板を見ると、初めて取引をする人は少し難しいと感じるかもしれません。画面比べると以下のような感じなので・・・!

販売所方式と取引所方式の画面比較

でも、取引所方式でもやることは、売買する値段を決めて、予約するだけ。だからぱっと見の印象で決めない方が良いと思います。

また、取引所方式でより高く売ったり、より安く買おうとすると、取引が成立するまでのタイムラグがあります。最悪のケースは、その値段に一度も到達することなく、取引が成立しないままになる可能性もあります。

ジキ

値段指定の予約のキャンセルは無料で3秒でできるので、成立しなさそうであれば予約し直せばオッケーです。

仮想通貨の「販売所方式」とは?メリット・デメリットは?

仮想通貨の「販売所方式」とは?メリット・デメリットは?

仮想通貨の販売所方式とは、仮想通貨取引所が保有している仮想通貨を売買する形式で、お金の流れは上記の図解の通り。

市場の需要や供給を見ながら、仮想通貨取引所が決めた買値と売値で取引することになります。

販売所方式のメリットは?

販売所方式のメリット

  • とても簡単に売買できる
  • タイムラグなく、すぐに売買できる
  • 確実に売買できる

以下再掲ですが、販売所方式の画面は売買価格と、買う・売るのボタンくらいしかないので、非常にシンプルで簡単です。

販売所方式と取引所方式の画面比較

で、取引所と違って、販売所に提示された金額であれば、すぐに・そして確実に売買できるのがポイントですね。

ジキ

ただ、ほんと無理矢理捻り出して、これくらいしかメリットがありません。

取引所方式のデメリットは?

販売所方式のデメリット

  • 買う値段が取引所より高い
  • 売る値段が取引所より安い

まとめると、「金銭的に損をする」ということです。

買った瞬間に赤字になるので、絶対にやってはいけない取引だと個人的には思っています。

仮想通貨の「取引所方式」と「販売所方式」の違いまとめ

仮想通貨の「取引所方式」と「販売所方式」の違いまとめ

「取引所方式」と「販売所方式」の違いをまとめると以下の通りになります。

違いを比較取引所方式販売所方式
取引の相手は?ユーザー仮想通貨取引所
価格を決めるのは?需要と供給仮想通貨取引所
購入価格
安い
×
高い
売却価格
高い
×
安い
取引の確実性
稀に成立しない

確実
簡単さ
やれば簡単

超簡単
おすすめは?
絶対こっち
×
だめ
取引所方式と販売所方式の違い

結論は、金銭的に、取引所方式がメリットが大きいです!

取引所方式で仮想通貨が売買できる仮想通貨取引所は?

たくさんの仮想通貨取引所がありますが、中には「販売所方式しかないもの(例えばDMMビットコイン)」もあれば、「取引所方式があるけど、取扱はビットコインだけ(例えばビットフライヤー)」などのパターンもあります。

ジキ

できれば、ビットコイン以外のアルトコインも取引所方式で取引したいですよね。

おすすめは板取引の機能が充実している以下の3つです。全部手数料も安いし、扱っているコインの数も多いし、運営企業も安心で、知名度も高い取引所たちです。

おすすめ仮想通貨取引所

あとは使いやすいと感じるかどうかですね。

好みは人それぞれなので、使いやすいのものを探究して全部使ってもいいと思います。口座開設自体は無料なので。

ジキ

ボクは上記全てで口座を開設しましたが、個人的にはアプリでサクサク板取引できるビットバンクがおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください!

今回はいじょーです!

  • この記事を書いた人

複業家 ジキ

資産1億を夢見る元フリーターです。フリーターからでも、会社員でも、二児のパパでも、夢を追いかけられるし、人生成り上がれることを証明したい。会社員で生活を安定させ→朝活で副収入を稼ぎ→仮想通貨にフル投資する。このスキームで資産1億を突破してみせます。#西野亮廣エンタメ研究所/#二児のパパ/#会社員/#人材業界12年目/#ブロガー6年目/#仮想通貨投資家

-仮想通貨