ビジネス

あなたの転職がなかなかうまくいかないのは転職サイトが原因かも!

転職がなかなかうまくいかない・・・。何が原因がわからない。

今回は上記のような悩みにスカッとお答えします。

どうもーー!人材のプロとして企業に勤めるジッキー(@jikky_bongjing)です!

この記事を読んでいると言うことは、意を決して転職しようとするも、なかなかうまくいかないで悩んでいるのではありませんか?

その原因、あなたが今使っている転職サイトにあるのかもしれません。

転職サイトって効率よく企業を探せてとても便利なのですが、一方で使い方を間違えると、転職成功の阻害要因にもなってしまいます。

その理由をまずはご説明しますね。

転職サイトが転職がうまくいかない原因になる理由

転職がうまくいかない

転職サイトのせいで、転職がうまくいかなくなってしまうパターンは、以下の通り。

転職サイトにはそれぞれ特徴がある
(若年層が多いサイト等)

人事はそれらの特徴を踏まえて、転職サイトに意図を持って掲載する
(若手を採用したい等)

人事が持っている期待を外してしまう
(35才以上が転職サイトを使ってしまう等)

人事側の視点に立つと、転職サイトにはいろんな特徴があります。若年層が多いサイトとか、即戦力を採用しやすいサイトとか、エンジニア職が採用しやすいサイトとか。

会社のお金を使う人事としては、適当に転職サイトに情報を使うわけにはいきません。だから人事は転職サイトの特徴を知り、採用したいターゲットを採用しやすい転職サイトに掲載しようとするわけです。

でも、そんな転職サイトの特徴って、ユーザーとしてはなかなか知らないわけですよ。

で、無知なまま、適当に自分の属性とは外れた転職サイトを利用してしまって、掲載企業の人事の期待からずれてしまっている。

これが転職サイトのせいで転職がうまくいかない理由です。

もちろん自分が悪いというケースもあります。その場合は下記にまとまっています。

転職がうまくいかない人に共通しているたった1つの原因 転職したいけど、なかなか面接で合格せずに、うまくいかない。 このままじゃ会社を抜け出せない。 こんちゃん!ジッキ...

どの転職サイトを使うべき?

どの転職サイトを使うべき?

ここまで、なぜ転職サイトが転職成功を阻害し得るのかを解説してきました。

そうすると、どの転職サイトを利用するべきかって話になってくるのですが、答えとしては「自分の属性にあった転職サイトを利用すべき」ってことになります。

自分にあった転職サイトって?

自分にあった転職サイトというのは、人事の期待とあなたの属性がマッチしたサイトです。

下記が有名転職サイトの特徴。

おすすめ年齢層 おすすめ職種 即戦力or未経験 おすすめエリア
リクナビNEXT 不問 不問 不問 不問
マイナビ転職 20代 不問 不問 地方
en転職 不問 不問 未経験 東名阪
type 不問 エンジニア
ニッチ職種
即戦力 首都圏
doda 不問 不問 不問 都心
Re就活 20代 不問 未経験 不問

 

例えば、マイナビ転職は若年層が多いと人事は認識していますから、20代を採用したいと思ってお金を払って、掲載するのです。

つまり、20代の方がマイナビ転職を利用すれば、問題ないですが、30代が利用すると少しずれてしまう可能性があるということ。

リクナビNEXTが一番無難でおすすめ

リクナビNEXTについては、人事の寄せる期待に偏りがあまりありませんので、何も考えずに使うならおすすめ。

あと、リクナビNEXTは、このサイト群の中では最も掲載料金が高額。

ですから、特に企業検索して、上位に出てくる会社は、資金力にある程度余裕のある会社が多い。

ちょっと回りくどい言い方をしましたが、要するに「お金を持っている会社」が多いということです。

ターゲットの属性を選ばずに、お金のある会社が集まるサイトとして人気。無料の自己分析ツールも充実していて、便利ですね。

▼以下のリンクからリクナビNEXTの公式ページへ飛ぶことが可能です。

リクナビNEXT

サイト別に特徴の詳細は下記にまとめています!

人事の視点でおすすめ転職サイト6つを比較【本当に使うべきはどれ?】 転職サイトってたくさんあるけど、どれを使えばいいかわからない。 自分にあったおすすめサイトを比較して調べたい。 ...

転職エージェントを利用するという手も

転職エージェント

転職サイトが色々特徴があるとか、自分がどういう属性だとか、そもそも企業を自分で検索するのとか、

もう色々めんどくせーーーーーー!!!

って人は、転職エージェントを利用したほうが早いです。

転職エージェントは無料で利用できるのですが、キャリアカウンセラーにあなたの希望条件を話しますと、あなたの属性と希望を加味した企業を紹介してくれるのです。

家探しの不動産仲介の人たちみたいな感覚ですね。

不動産だったら、8畳以上で、オートロックで、風呂トイレ別で・・・とかいえば、色々出てきますよね?あれと同じ。違うのは、無料だってことです。

リクナビNEXTは登録情報をエージェントに引き継げます

リクナビNEXTはエージェントを利用する場合でも便利。

リクナビNEXTは転職サイトですが、バックには人材最大手のリクルート社のエージェントがついています。

リクナビNEXTに登録した自分のプロフィールを、数秒でエージェントに引き継ぐことが可能。

サイトの下部にリクルートエージェントへのリンクがあります。

リクルートエージェントバナー

クリックすると、下記のようにリクルートエージェントへの申し込み画面へ遷移します。あとはポチッと申し込むだけ。

リクルートエージェント

転職サイトも転職エージェントも別々の会社のものを利用すると、なんどもレジュメを書いたり履歴書書いたりするのが面倒くさいですから、そういう意味でもリクナビNEXTは便利ですね。

というわけで、人事のプロゆえに語れる人事の視点でした!転職サイトの特徴を抑えたり、エージェントを駆使して、是非とも転職を成功させてください!応援しています。

▼以下のリンクからリクナビNEXTの公式ページへ飛ぶことが可能です。

リクナビNEXT

人事の視点でおすすめ転職サイト6つを比較【本当に使うべきはどれ?】 転職サイトってたくさんあるけど、どれを使えばいいかわからない。 自分にあったおすすめサイトを比較して調べたい。 ...