アフィリエイト

strongタグもbタグも乱用はSEOに悪影響【太字装飾はspanタグで】

太字装飾ができるstrongタグとbタグって何が違うの?

何度も使ってSEOには問題なし?

当記事では上記のような疑問に答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!ジッキー(@jikky_bongjing)です!

今回は、ブログ初心者に向けてのアドバイス。僕がやってしまっていたミスでもあります。

テーマは「太字装飾とSEO」です。

ワードプレスのエディターに「B」ってボタンがありますよね。これです。

B

このBを使うと以下のように文章を太字にすることができます。

太字

これが、HTML上どうなっているかというと、以下のようにstrongタグで囲われている状態となります。

ストロングタグ

このstrongタグが問題でして、これ乱用したらダメって知ってました?

ジッキー
ジッキー
僕は知りませんでした(^^;

知ってから慌てて全ての記事を修正しました。

なぜstrongタグがダメなのか、strongタグを使わないとすれば、太字はどうすればいいのか、お伝えしていきますね。

<strong>タグを乱用してはいけない理由

<strong>タグを乱用してはいけない理由

strongタグは記事の中の重要なキーワードをグーグルに認識してもらうために使用するためのタグという位置付けです。

strongタグが持っている機能はつまり2つ。

  1. 見た目を太字にする!
  2. グーグルに重要キーワードだとアピールする!

なので、単純にstrongタグが書かれてあると、グーグルからすれば「どれが重要かわからんわヴォケーーーー」となってしまいます。

使いすぎるとスパムのような扱いになってペナルティを受ける可能性すらあるとのことです。

後述しますが、strongタグは1文章に1〜3つ程使う程度に収めたほうが良いそうです。文章の最初に出てくるキーワードをstrongかけとけばいいのではないでしょうかね。

ジッキー
ジッキー
最近はコンテンツ重視のSEOになってきているので、strongタグなど形式的なSEOの重要度は下がっているとのことですが、そんなこと言われたって気になるっすよね!

では太字装飾できる<b>タグはどうなのか

だったら同じく太字装飾できる<b>のタグはどうなのって話。

ちなみにW3C(World Wide Web Consortium)というWEBの標準化を図るための団体では、<strong>と<b>について、次のように定義されています。

  • <strong>タグ→見た目を太字にする&重要キーワードを強調する
  • <b>タグ→見た目を太字にするのみ

ですが、グーグルの見解はというと、以下の通り。

マット・カッツ(Googleスポークスマン):

Google(アルゴリズム)は、strongタグもbタグも同じに扱う。
どちらがいいかと悩む必要はない。

つまり、どっちも一緒に扱うよってこと。混乱・・・・。

管理人の見解

ここからは管理人ジッキーの見解ですが、以下の通り。

  • strongはSEOに多少影響するらしい
  • bとstrongは同じように扱うとのこと
  • つまりどっちもSEOに影響ある可能性がある
  • 重要度は低いかもだけど、気になるマイナス要因は排除すべき
ジッキー
ジッキー
あとで記事のSEOを考えるときに、タグのせいで順位下がってるのではないか・・・とか考えるの嫌ですから、できるだけマイナスになり得る要因は排除すべきでしょう

でも太字は使いたいですよね!

となると、strongタグもbタグも使わずに太字にする方法を実現するしかありません。

spanタグとCSSで太字装飾ができるように設定しよう【所要時間3分】

spanタグとCSSで太字装飾できる設定を使用【所要時間3分】

spanタグとCSSを使えば、グーグルへの影響を考えずに太字装飾することができます。

まず、記事のエディタ画面からspanタグで簡単に太字装飾する設定を行います。

以下が手順です。3分あれば終わります。

  1. CSSにspanタグの設定を追記する
  2. AddQuicktagのプラグインをアップロード&設定

CSSにspanタグの設定を追記する

CSS(サイトの見た目を整える役割のファイル)を開いて、以下のように記述します。

.bold{ font-weight: bold; }

全くコードがわからない人向けに、このコードの意味合いだけ簡単に説明すると、「bold」というクラス名を指定されたら、フォントを太字にしてねって意味合いですね。ワカリニクイ?(笑)

「1つ目のbold」は任意につけられるクラス名なので何でも大丈夫。「2つ目のbold」はコードですので変更不可。

つまり、以下のようにしてもいいってことです。

.futoji{ font-weight: bold; }

.jikky_bold{ font-weight: bold; }

これらは、子テーマで書くのがおすすめです、また、怖い方はちゃんとバックアップとって作業しましょう。

ちなみに、ワードプレスのテーマによっては「カスタマイズ」の画面から追加CSSを書ける仕組みのものもあります。

ジッキー
ジッキー
僕が使ってるJINではカスタマイズのところから簡単にCSSを追加できます。超便利!
カスタマイズ画面

ここまでで、以下のように「テキストエディタ」で記述すると、太字装飾できるような設定は完了です。

<span class="bold">太字にしたい文章</span>

ただ太字にするたびにこのコードを記述するのってなかなかめんどいですよね。

ジッキー
ジッキー
だからプラグインでタグの入力を簡単にします。

AddQuicktagのプラグインをアップロード&設定

まずはプラグインをアップロードしましょう!こちらです↓

アドクイックタグ

有効にすると、ワードプレスのダッシュボード画面の設定から「AddQuicktag」を選択できます。

ダッシュボード設定

あとは、以下の設定でオッケー。

ボタン名→太字

開始タグ→<span class=”bold”>(クラス名をboldにした場合)

終了タグ→</span>

ビジュアルエディター、post、pageにチェックを入れておく

以上の設定で、エディターにタグ挿入ボタンが出てくるので、これで簡単に太字のspanタグを呼び出すことができるようになります。

エディター画面

すでに書いてしまったstrongやbタグをspanタグに一括で入れ替える方法【所要時間3分】

すでに書いてしまったstrongやbタグをspanタグに一括で入れ替える方法【所要時間3分】

もうすでに書いてしまったstrongタグ、bタグを全部一からリライトするのって超面倒くさいですよね。

でもご安心を。一括で変更する方法があります。以下の方法です。

  1. 「Search Regex」のプラグインをインストール
  2. タグを一括置換

決して難しくありませんが、一括置換ということで、ぶっちゃけ誤操作すると、大ダメージ受ける可能性もあるので、バックアップとっておいたほうがいいかもです。

「Search Regex」のプラグインをインストール

こちらです↓

Search Regex

有効化すれば、ワードプレスの管理画面の「ツール」から使うことができます。

ツールメニュー

タグを一括置換

中身は英語だらけですが、以下の通りです。

英語の意味

こちらデフォルトで、『記事の中身のみを対象(Post content)として、置換の個数上限なし』という条件に設定されているので、基本的にそのまま何も触らずでオッケーです。

あとは、以下の通り二回変更するだけ。

◆1回目=開始タグの置換

Search pattern→<strong>

Replace pattern→<span class=”bold”>(クラス名をboldにした場合)

◆2回目=終了タグの置換

Search pattern→</strong>

Replace pattern→</span>

<b>を使っている方でも同じような方法で一括置換すればオッケーです。

ちなみに、今回は「開始タグ」と「終了タグ」に分けて行ってますが、一気に置換する方法もあるようです。

ただし、僕がネットで調べた限り、人によって若干コードが変わったりしていて、僕も何度かそれで失敗しているので、二回に分けたほうが簡単で確実だと思います。

ジッキー
ジッキー
あと、もしミスって記述してしまっても焦らないように!一瞬形は崩れますが、また置換して戻せばいいだけの話ですから!

結局strongタグはどう使うとSEOに有効?

結局strongタグはどう使えばいいの?

strongタグは今後どう使うのかについては、ネットをくまなく探しましたが、1文章に1〜3つ程使う程度に収めたほうが良いという見解が多かったですね。

1記事書いていると狙っているメインのキーワードが2〜3個程度あると思うので、文章の最初に出てくるそれらのメインキーワードに「strongタグ」を一回ずつつけておくのがいいかと思います。

まぁ今はグーグルのAIも発達して、コンテンツ重視の評価になってますから、実際に変えたところで大きな順位変動はないでしょうけど・・・。

とはいえ、こういう細かい部分を抑えておけば、記事の検索順位が下がったときに、疑心暗鬼にならず、純粋に「コンテンツを改めよう」と思えるようになりますので、こういう形式的な部分は整えておきましょう。

ジッキー
ジッキー
マイナス要因を排除しておくと、安心して記事の中身の精査に集中できますね。

今回は以上です。ぜひご参考くださいませ。

【お知らせ】就活アフィリエイトで月10万以上稼ぐノウハウを有料noteに詰め込みました

2019年9月に1つのアフィリエイトサイトで月10万円以上の収益を達成しました。


僕の就活ブログのスペックは以下の通り。

  • 160記事
  • 20,000pv/月
  • メイン案件のクリック数 160回/月
  • サイト全体のアクセスをならすとクリック率 0.8%
  • コンバージョン数 22回/月
  • コンバージョン率 13.75%
  • 承認率 約6割
  • 収益 約15万円/月

僕が就活アフィリエイトを運営する上で、ツイッターなどでもつぶやかない実践的なノウハウを詰め込んだつもりです。

僕のサイトのスペックを超えている方には無縁ですが、これから稼ぎたい方には真似していただける要素も結構多いはず。

以下のようなことは理解いただけるかと思います。

  • 企業メディアが多い就活ジャンルでいかに個人メディアで戦ったのか。
  • たった2万pvでどうやって収益10万円を超えたのか。
  • 就活アフィリエイト独特のコツ

興味ある方は以下のリンクからどうぞ!

>就活アフィリエイトで月10万稼げるようになった僕の戦略を公開【企業メディアと戦わずして稼ぐ方法】