ビジネス

即レスを続けたら2年で飛び級して課長に昇進できたって話【体験談】

こんちゃん!ジッキー(@jikky_bongjing)でっす!

僕は今全力で脱サラしようとしていますが、一方で全力でサラリーマンも頑張っています。その方が自分自身に自身もスキルもつくからですね。

で、全力で頑張った結果、社内史上最速の2年で課長職に就くことができました。

入社当時は同期の中で、最低の評価でした。そんな僕が課長になるに至ったその2年間、とにかく意識し続けたのは「即レス」です。

その即レスがどうなって僕の史上最速昇進につながったのか、お伝えしたいと思います。

即レスを続けることで飛び級して課長になれた理由

即レスで課長

僕が即レスを続けて課長になれた理由は以下の通りだと思っています。

即レスで課長になれた理由
  1. 「仕事が早い」という印象につながりチャンスがふってきた
  2. 社内外からの印象がよくなった
  3. 抜け漏れがなくなり信頼が積み重なった
  4. プロジェクトが爆速で進み成果につながった

ちょっと詳しく話していきますね。

「仕事が早い」という印象につながりチャンスがふってきた

まず、即レスをされた人は、僕に対して「おっこいつ仕事早いな・・・」という印象を抱きました。

一緒に仕事をしたことない先輩からも、「お前は仕事早いよねぇ」と言われました。

仕事が早い人と思われると、そこからはいい循環が始まります

仕事が早いと、「あいつは多少無理させても大丈夫だ」となります。

すると、「この仕事やってみるか?」と、先輩がやりたくない仕事がどんどんふってきました。

これがチャンスなんです。結構そういうのに限って、プレッシャーかかったり、調整が難しかったりする重い仕事なんですよ。

僕は、問答無用で全部受けました。

正直めっちゃしんどかったですが、完全にポーカーフェイスで、余裕な表情を浮かべながらこなしました。

そうすると、「あいつすげぇ・・・」という評判に繋がり、さらに重い仕事がふってくる。

そうやってたくさん重い仕事をこなすことで、僕のスキルも自信もどんどんついていきました。(もう一度言いますが、当然めっちゃしんどいわけですけども。)

社内外からの印象がよくなった

だいたい連絡が来る時っていうのは、僕に何か用がある時。

相手がお客さんだって先輩だって、何か知りたいことがあるわけです。

知りたい欲求って、早く叶えてあげればあげるほど、相手にとってはストレスがないわけですよね。

僕に連絡したらすぐに返事が来るわけですから、相手からすると僕はストレスフリーの仕事相手。

でも、他にレスが遅い社員がたくさんいるので、どんどん相対的に僕の評価が上がっていくのです。

気づけばみんな僕の味方です。

そうなったらこっちのもんです。

多少失敗しても許してくれますし、何かやるときはみんな応援してくれるようになりました。

抜け漏れがなくなり信頼が積み重なった

即レスをしていると、大事な連絡の抜け漏れがなくなります。

「即レスするがゆえに、抜け漏れをしないやつだ!」という安心感を常に相手に与え続けることで信頼は積み重なっていきました。

あと、これもさっきと同じで、周りにレスが遅くて抜け漏れが激しい社員がたくさんいるので、一つの連絡も抜け漏れない僕の評判がどんどん上がっていきます。

経理や総務など、間接部門の人からは特にすごく感謝されましたし、良い評価を受けるようになりました。

プロジェクトが爆速で進み成果につながった

レスが早いと、自分でボールをホールドすることがないので、僕が入っているプロジェクトは爆速で進んでいきます。

結果として、期限までにより良いアウトプットが生まれて、良い成果が出るようになりました。

僕が関わったプロジェクトのリーダーも当然その恩恵を得ることができるので、僕は現場のリーダーからも「仕事がやりやすい奴」という評価を得ました。

たかが即レス。されど即レス。

即レス

 

即レスで課長になれた理由
  1. 「仕事が早い」という印象につながりチャンスがふってきた
  2. 社内外からの印象がよくなった
  3. 抜け漏れがなくなり信頼が積み重なった
  4. プロジェクトが爆速で進み成果につながった

今紹介したものは全て、僕が相手からの連絡に素早く返信することを心がけただけ。「即レス」したことから生み出された産物なのです。

最初は最低評価だったかもしれませんが、2年間でいきなり最年少の課長になりました。

「たかが即レス」

まさにそうです。本当に簡単な話。

でも、その即レスを2年間積み上げることで「されど即レス」に変わりました。

そうして勝ち取ったのが、史上最年少課長というポジションです。

社会人3年目からすでに管理職として、メンバーを持ちマネジメントを経験できたのは今となっては非常に大きな財産になっています。

即レスは、社内の評価をよくするだけでなく、お客さんからの信頼にもつながりますから、お客さんからのリピート率も高まります。

例えばBtoBの仕事であれば、あなたが仕事を早めることで、お客さんの仕事も早く進みます。

すると、お客さんも成果を出しやすくなり、お客さんの会社内からの評価が上がっていくのです。

お客さんは、自分の成果を高めてくれるところに発注したいわけですから、仕事が早く進んで、やりやすい人に発注をしようと思うわけですよね。

もうあなたを離れられなくなるわけです。

僕は副業のアフィリエイトでも、弱小ブロガーの頃から広告代理店に優良案件を紹介してもらってました。固定費の広告案件も弱小ブロガーの頃にもらうことができていました。

担当者が非常に協力的になってくれたのも、僕が即レスしていたからというのは大きいと思います。

この辺りの詳しい話は以下にまとまっているのでぜひチェックしてみてください。

単価の高いアフィリエイト案件を獲得するための広告代理店活用術 アフィリエイトの広告代理店から高単価案件をもらいたいんだけどどうしたらいいかな? 当記事では上記のような悩みにスカッと...

とにかく即レスは、相手の信頼を獲得し、成果を上げるために必須な行動です。

ぜひ成果出せずにくすぶってるという人は、実践してみてください。明日からすぐできることですからね。

【お知らせ】副業ブログ歴4年間の失敗を詰め込んだnoteを作りました。

ブログを始めて4年。センスなしで凡人な僕でも、2020年3月にアフィリエイト収益で月30万円以上の収益を達成しました。

ここに来るまで、たくさんの失敗をやらかしましたが、今の僕があるのは、それらの失敗から学んだ教訓があるおかげです。

そして、今確信していることがあります。

「僕の4年間の失敗を避ければ、みんな僕よりうんと早く6桁に到達できる」

というわけで、4年間で積み上げた失敗を詰め込んだnoteを作りました。

  • 初心者が絶対にマネしてはならない失敗
  • マヌケな失敗
  • 本当は晒したくない黒歴史
  • 今でも後悔するような失敗
  • 稼げなかった時と稼げるようになった時の考え方の差 など

約3万文字程度に詰め込みました。このnoteを読めば、初心者ブロガーにありがちな失敗を避けて時短することが可能です。

失敗40個中10個まで無料で公開中です。

>>ブログ副業歴4年で30万円稼げるようになった僕が後悔している「40の失敗」と学んだ教訓を公開