アフィリエイト

就活生向けアフィリエイトで月5万円以上稼ぐための超実践的ノウハウ

どうもー!ジッキーです!(@jikky_bongjing

これまで僕はアフィリエイトでお金持ちになりたくていくつもサイトを作ってきました。

結構失敗しているもののほうが多いのですが、その中でも、ちゃんとマネタイズに成功したのが、2年前に立ち上げた新卒就活生向けのサイト。

といっても、記事数は120くらいですけどね。それでも月1万アクセスくらいあって、月に7万〜8万くらいを稼ぐ感じです。

これだけ余分にへそくりもらえるんですから、正直言って、ムフフですよ。

ムフフ

もちろん記事をもっと量産すればもっと稼げるとは思いますが、今はこのサイトで特化型ブログの運営報告をするためだけに、転職情報サイトをいそいそと作っているので、就活生向けサイトの運営はストップしています(やれよ)

さて、そんなジッキーですが、就活サイトを2年間運営し続けて、アフィリエイト収入を得るようになって、それなりに稼ぐコツがわかってきました。

そこで、就活生ブログを作ってアフィリエイトで稼ぐための、具体的で実践的なノウハウを全て公開しようと思います。

ちょっと商売っぽくnoteで有料コンテンツにしようと思ったんですが、まぁ月100万稼げるわけでもないしね。それに、このサイトはサラリーマンたちを応援するためのサイトだし・・・って思ったらもういいや!ってね。

ってなわけで、

無料で超実践的ノウハウ公開するどーーーー!

これから就活生向けにサイト作ろうと考えている人は参考にしてくだはい!

就活生向けのサイトは、書きやすいけど難しい!

難しい

今からやろうと思っている人に対して、がっかりさせるつもりはないのだけども、まずちょっと厳しいことから!

就活生サイトの市場は、超レッドオーシャンなんだな。

めっちゃリッチなコンテンツが作れる大企業も参入しているし、ベンチャーでメディアとかSEOにめっぽう強い企業も参入していますし、僕みたいな個人も運営している。

まぁ就活ネタは書きやすいからですからね。就活したことある人ならだいたい書けちゃうわけですから。

だから、多数サイトが乱戦状態になってる。

それに就活情報についてのライバルはサイトだけじゃない。

書籍も多いんです。

特に、書籍はサイトよりも権威性もあって、信用度も高いですからね。

つまり就活生情報の市場はライバルが多く、そしてライバルの中には超強いのもいて、その強いのが結構多い。そんな感じの市場です。

 

だから、いざ就活サイトを作ろうとしたら、こんなことが起きます。

 

独自コンテンツを作るのが難しい!

そして検索順位が全然上がってこない!

心折れた・・・。_| ̄|○

 

みたいなね。

そりゃそうですよ。

いろんな企業が多額を投資して、すごいスピードで、記事をアップして行っているわけですからね。

だいたい思いついたキーワードは、もっとSEOが強い企業にすでに書かれています

だから、書いても検索順位が全然上がってこない!

検索順位の上位は企業ばっかりで、勝てる気がしない・・・。

そして、努力に成果が見合わず、心がぽきっとイっちゃうわけです。

試しにサイト作ってみてください。何も考えなければ、1ヶ月もしないうちに心折れると思いますよ。

 

厳しさはわかっていただけましたかね?

 

では今度はいい話しましょ。

就活生向けのサイトはどんな可能性を秘めているのかってことについてお伝えします。

就活生向けのサイトが持つ可能性

サプライズ

さっき、いろんな企業が参入しているっていいましたよね?

これ、逆にとらえれば、企業がそんなに本気で参入しているということは、、、

うまくやれば、お金になるってことですよ。ええ。

お金になる理由は主に3つです。

お金になる理由1:就活生向けのサイトは単価が高い!

就活サイト系は、他のジャンルじゃ考えられないくらいお金になる。

だって、生産労働人口減っている中、人材確保はどの企業も大きな課題なんです。

若くて可能性のある就活生なんて、もう完全に取り合いですよ。

つまり、「就活生を集めることができる」ことに価値が出るわけです。

 

単価はその辺のアフィリエイトとは比になりません。

時期にもよりますが、1人無料イベントに動員しただけで1万円以上もらえるアフィリエイト案件もありましたからね。

とてつもないですよ。

お金になる理由2:就活生向けのサイトはコンバージョンさせやすい。

アフィリエイト単価が高いから、コンバージョンの難易度高いかと思いきや、そんなに高くない。

就活生向けのアフィリエイト案件は、サイトに無料で登録させるだとか、面談に無料で参加させるだとか、イベントに無料で参加させるだとか、とにかくお金を発生させない案件がほとんどですから

今はもうクローズでやってるみたいだけど、昔オープンなASPにあったキャリアパークさんの案件は、就活マニュアルをダウンロードさせるだけで、500円以上入ってくるっていう案件もありました。

お金が一切かからない、かつ、就活生のメリットになるものをお勧めするだけ。

お金発生しないのは本当に強いアピールになりやすく、コンバージョンも当然しやすいわけですよ。

お金になる理由3:就活生向けのサイトはコンバージョン成立までが早い!

就活生は就活の時間が限られています。

だって、4年生の終わりまでに就職しないと既卒になっちゃいますから。

新卒と既卒は月とスッポンくらい就職のしやすさが違うわけで。

そう考えたら、就活生は常に、タイムリミットが決まっている切迫した状態にあるわけです。

「絶対卒業するまでに内定取らなきゃやべぇぇぇぇぇ」っていう状況なわけですね。

だから、他のアフィリエイト案件みたいに、クリックしたはいいものの、「いまはまだいいや〜また今度考えよ〜」で忘れられるってことが少ないわけです。

クリックしてから、コンバージョンまでが早い。

だから、広告をクリック後、お金になるスピードも早いわけですね。

 

どうですか?

単価高いし、コンバージョンしやすいし、お金になるスピードもはやい。

なかなか可能性秘めてると思いません??

 

難しい市場だけど、うまくやれば抜け道がある。抜け道を見つけれたら美味しすぎる市場。

ざっくり僕はこんな捉え方をしています。

 

個人運営の就活生向けサイトで市場を勝ち抜くためのコツ

さて、ではここからが本題。(やっとかよ)

資本のある企業が参戦している難しい市場の中でいかに個人で戦うか。

そのための超実践的なコツをこれから公開します。

コツ1:記事の内容は、企業が書けない内容を書く

さっきお伝えしたように、就活生用の記事はWEB上にあふれています。

その中には、個人が作っているSEOも弱い記事もあれば、企業が公式サイトにあげているSEOに超強い記事もあります。

「就活 履歴書 書き方」「自己PR 書き方」など、就活生向けのビッグキーワードはそういった企業の記事にだいたい持っていかれちゃってるんですね。

そんな中、個人で戦うには、企業にはかけない記事を書く必要があります。

そのための方法で僕が実践したのは3つの方法です。

1:企業がコンプライアンス的に書きにくいキーワードを狙う。

まず、企業は綺麗な言葉遣いを好むから、綺麗な言葉遣いのビッグキーワードで個人が勝負しても、SEOではまぁ勝てないっす。

だから、少し汚い言葉遣いや、若者言葉、企業が使いにくいんじゃないか・・・ってキーワードを使います。

「就活生が使いそうな言葉」×「企業が使いにくそうな言葉」

を探すことが大事です。

例えば、「NNT(無い内定)」「パチンカス」「就活 あほらしい」「自爆」などがそれにあたりますかね。

ぜひ見つけてください。ツイッターとか2ちゃんねるとか見てると結構見えてくるかも。

ただし、検索ボリュームはちゃんとチェックしてくださいね。ちゃんと検索数の多いキーワードを選ぶことは前提となりますからご注意を。キーワードプランナーなどでちゃんと確かめてくださいっ!

2:効率の悪い超各論の記事を書いて横展開する

企業は、ビッグキーワードで検索上位を取れていますから、逆にスモールキーワードを取る必要はありません。

ですから、企業が効率が悪すぎて手をつけないであろう、スモールキーワードを狙って、「超各論の記事」を書くっていうのも一つの手です。

超スモールキーワードの記事を大量投下するイメージですね。

例えば、「自己PR 書き方」だとSEOの強いサイトが上がってきますよね。でも「自己PR 書き方 バイト コールセンター」だとどうでしょうか。

ここまで絞れば、激戦キーワードでは無いはず。

でも、意外と検索需要あったりするんですよ。(ぼそっ)

コールセンターでバイトしたことある人が就活を行うときは、できるだけ自分に近い情報を探すために、結構こういうキーワードを入れたりするものですからね。

そしてその超各論を、「自己PR 書き方 バイト 引っ越し」「自己PR 書き方 バイト ファミレス」など横展開していくことで記事を量産していくと少しは効率が上がります。

ただし、重複コンテンツになるといけないので、記事の見出し構造などは似ていても問題ないはずですが、文章はほぼ全部イチから書くつもりでいましょう。

3:ポジショントークをする。

あとはポジショントークです。

例えば、「リクナビの方がマイナビよりも絶対いいです!」なんて記事ですね。

こういう、イチャモンつけられそうな記事を企業はなかなか書けないんですよね。

自社へのブランディングもありますしね。

だけど、個人ブロガーにブランディングもへったくれもありません。個人ブロガーは、自分の意見を述べるものです。

そりゃ有る事無い事デタラメに書いてると、クレームが出るかもしれませんが、しっかりそこに自分がそう思う根拠があれば何の問題もありません。

こういうポジショントークは、企業が書きにくいこともあって、個人アフィリエイターの独壇場です。

それに、自分の意見を述べるわけですから、独自コンテンツになりやすく、SEO的にも強い記事を書きやすいでしょう。

以上3つを意識した記事を書けば十分個人でも戦えます。

コツ2:ターゲットを細分化して、サービス説明の仕方をそれぞれに合わせる

これは、就活生としっかり向き合っていないと、盲点になりがちな点。

だけど、「キーワード」と、「その検索意図」と、「コンテンツ」の連動性が求められる今のSEOには、めちゃくちゃ大事なこと。

 

ターゲットは誰か。

そのターゲットはどんなキーワードを使うか。

そのキーワードにはどんな検索意図があるのか。

その検索意図にあったコンテンツは何か。

 

こういうことを考えてコンテンツを作りましょうってのが、王道なSEOです。

で、就活生っていうターゲットは、本当にいろんなパターンがあるから、細分化して考えましょうねって話です。

 

時期によっても就活生の気持ちは全然違うし、就活が得意か苦手かってのもあるし、学歴が高い・低いってものある。

例えば、、、

インターンシップ期

3年生の6月あたりから冬付近までは、主にインターンシップ期。

インターンシップ期の就活生の心情は、就活本格化している時期とは少し違って、例えばこんな感じです。

成長したい。(優秀層)

準備しなきゃ・・・。(中間層)

不安だ・・・。(中間層)

いつから動かないといけないんだろう?(意識低い層)

などなど。

 

就活本格化の時期

インターンシップ期が終わって、就活本格化したばかり就活生の心情はこんな感じ。

他の就活生とどう差別化しよう。(意識高い層)

優良企業に入りたい。(意識高い層)

楽に内定とりたい・・・。(意識低い層)

効率的に就活終わらせたい。(意識低い層)

自己PRコピペしたい・・・。(意識低い層)

などなど。

 

就活の晩期

就活のピークが終わると、こんな感じ。

いまから挽回するにはどうしたらいいんだろう? (就活苦手で決まらなかった層)

緊張克服したい。(就活苦手で決まらなかった層)

面接苦手だなぁ。(就活苦手で決まらなかった層)

既卒になるとまずいかな? (就活に乗り遅れた層)

すぐに内定ほしい。(就活に乗り遅れた層)

などなど。

 

サービスの紹介はターゲットに合わせて書く

そして大事なのは、そのターゲットに刺さるコンテンツを書くこと。

そして、サービスを紹介する際に、そのターゲットに刺さる言い方で紹介するってことです。

 

つまり、同じ案件のサービスでも、相手の状況に合わせて、説明の仕方を変えるってことです。

 

例えば、企業と就活生のマッチングイベントの紹介の仕方はこんな感じに変わります。

 

>意識高い層に向けては、

優良企業が●社も来て食説話せて成長にもつながるイベントです。

 

>意識低い層に向けては、

1日で8社も説明聞けて、書類選考パスできて、超効率的です。

 

>決まってなくて焦ってる層に向けては、

内定獲得率8割を超えるイベントで、面接のトレーニングもできます。

 

わかりますか?

つまり、記事のコンテンツは、どの時期の、どういう心情の就活生向けに書いている記事なのか、ってことをしっかり意識した上で、「何をどういう言い回しで紹介しようか・・・」という思考回路で、アフィリエイトの紹介文を考えることが大事だということですね。

どんなアフィリエイトでも考え方は同じかもしれませんが、就活生は特に、3年生から4年生の中でコロコロ状況が変わり、心情も変わり、学歴も能力も意識も違う人たちが混在しているので、非常にパターンが多岐に渡ります。

ターゲットが同じでも、時期が少し変わっただけで、コンバージョン率がめちゃくちゃ変動するということがあるんです。

ふぅ・・・・疲れてきた・・・でもあと少し。

コツ3:アフィリエイト案件は、基本的にニッチなサービス。その前提で、商品の説明の仕方を考える。

就活生向けのアフィリエイト案件に、リクナビやマイナビという有名な媒体は出してい無いことがほとんど。

だって、アフィリエイトなんてしなくても、大学の就職課ががっつり紹介してくれるわけですから。

それにもうブランドもできていて、紹介する必要もない。

だから、結果として、就活生向けのアフィリエイト案件は無名でニッチなサービスがほとんどなわけですな。

 

だから、ただサービスを紹介するだけでは、読者から警戒されて、コンバージョンしにくいんですよ。

 

ニッチなサービス紹介はかなりちゃんとしたセールストークが必要です。

つまり、ただ紹介するだけじゃなく、ちゃんとセールストークしましょうね!って話になります。

一応コンバージョンしやすくなるためのセールストークの要素も書いておきます。

僕が普段大事にしているのは、以下の4つ。

・何の課題が解決されるサービスなのか。(その人にとってのサービス利用メリット)

・権威づけ。(安心・信頼して使えるサービスか)

・無料であること。

・今すぐ申し込む理由は何か。

ですね。軽く一つ一つ見ていきましょうか。

何の課題が解決されるサービスなのか。

これは普通書くんですけどね笑。

大事なのは「その記事が想定している読者」に対してメリットになることを強調して書くこと。

サービスのメリットが4つあったら、その4つを並列に並べるんじゃなく、1つか2つ選んで集中的にアピールするってイメージです。

そっちのほうが、ターゲットに深く刺さりますからね。

権威づけ。

人は権威に弱いのです。有名な人がオススメしてたとか、大手有名企業も参画してるとか、日本で一番多くの内定者を生み出したイベントだとか。

できるだけミーハー魂をくすぐってあげるような内容入れたほうが、安心感が高まります

無料であること。

ほとんど就活生向けのサービスは無料ですから、そこはしっかりと入れてあげたほうがいいと思います。

就活生は基本的にお金ないと思っておいたほうがいいですね。

交通費など資金的な援助があるものであれば、それも絶対に入れておいたほうがいいでしょう。

今すぐ申し込む理由は何か。

まぁじつはここが一番言いたかったことなんですけどね。

結局、アフィリエイターがお金が稼げるかどうかっていうのは、読者がその記事を見て、申し込むかどうかなんですよ。

自分のサイトのアフィリエイトリンクをクリックさせて、そのまま申し込んでコンバージョンっていうのが一番いい理想的な流れ。

でも人は結構ね、何もかも後回しにしがちなんすよ。

就活生はその中でもまだマシなほうです。

だって4年生までに内定取らないと、既卒になって大変なことになるわけですから。

それでも後回しにするのが人間です。

 

だからなんかサービス紹介して、適当にリンク貼ってるだけだとなかなかコンバージョンしません。

僕も最初そうやってたんですけどね。。全然ダメでした。

 

とにかく、「今すぐ申し込む理由」までつくってあげて、コンバージョンまで直接導いてあげることが大事。

そのためには、今申し込むメリットや、逆に今申し込まないことのメリットもしっかりと述べてあげることが良いです。

就活生相手だと、基本的には、待遇の良い人気企業はどんどん採用活動終えて行っちゃいますよってのが王道でしょうかね。

 

例えば、適当ですが、、

人って記事読んだ時が一番熱が熱いから、今申し込まないと、3ヶ月あとになったりする。

就活生にとっての3ヶ月はすごい機会損失。

人気企業は採用活動をどんどん終了させるから、就活時期3ヶ月伸ばすと入れる企業の平均年収が200万下がります。(数字適当)

だから、絶対に今動いたほうがいい。

みたいな感じですね。

コツ4:口コミ、評判のコンテンツは事前に作っておき、アフィリエイトリンクの近くに置いておく。

これも大事!まぁそれはどのアフィリエイトでも大事だと思うな。

今時のユーザーは、サービスに申し込む前に一旦WEBで口コミを調べる傾向にあります。

そして、その傾向があるために、いろんなアフィリエイターが当然「サービス名 口コミ」で検索される記事をを作っています。

せっかくあなたのサイトで一生懸命サービスの紹介をして、興味を持たれるところまでいったとしても、そのユーザーが口コミを調べようと思った瞬間にあなたのサイトを離脱

そして、全然違う口コミサイトでコンバージョンしてしまうなんてことが起こるわけですね。

それってさ・・・・

めっちゃ悔しくない?(T ^ T)

 

だから、外のサイトに飛ばさせない工夫が必要。

 

そこで僕がやっている方法ですが、紹介するサービスについては「サービスの口コミ」がかかれた記事を事前に書いておき、アフィリエイトリンクの近くにその口コミ記事へのリンクを置いています。

すると、ユーザーは外のサイトに行くことなく、自分のサイトで回遊することになります。

 

サービス紹介だけじゃなく口コミ記事を準備しておく。

これ盲点ですが、大事ですよ。

え?口コミ記事をどうやって作るのって??

口コミ記事の作り方はまぁそうですね、どこかで語るとします。

まとめ

アーーー書き終わったーーー!

よくもまぁこんなニッチな記事にこんな時間かけたなぁ・・・ってくらいちゃんとノウハウ詰め込んだつもりですが、いかがでしたでしょうか。

長文でしたが、このコツを実践すれば、レッドオーシャンな就職情報サイトでも、結構稼げるはず。

あとは、最後におまけですけど、より稼ぐために僕個人としてオススメなのは、就活生のための記事に特化することですね。

確かに、ターゲットを絞っちゃうとネタ切れしやすいし、飽きてくるし、ターゲットも絞ってる分アクセスも少なくなってしまう。

それでも、特化したほうがいいと僕が思う理由は、特化することで、サブカラムとかヘッダーとか、記事以外の場所にも価値が出てくるからです。

だってどの記事に流入したって、そのサイトに訪れる人は就活生って決まってるわけですからね。

ありとあらゆる場所に広告価値が生まれるわけです。

だから、僕に起こった現象は、WEB広告代理店から声をかけられやすくなりました。

月額固定費の案件などの話をもらえる可能性も増えます。

現に私の就活生向け情報サイトには、サブカラムの広告掲載で、月5万円程度の固定広告料をもらっています。

固定料金案件はね、ほんとおいしいですよ。

安定収入だし。もはや。ありがたや〜ありがたや〜。

5万円月収あげるのに、サラリーマンだとどんなけ大変なんだよって本当に思う。

役職下手したら2個上がらないとダメだったりするでしょ。普通に。うん。

 

まぁそんな感じで!

今回は、とにかく新卒就活生向けのサイトで稼ぐためのコツについて、自分が出せる限り出したつもり。

ぜひ参考にしてみてくだされ!