ブログ副業

就活生向けのアフィリエイトサイトをつくるメリットとデメリット

就活に関するアフィリエイトサイトを作ろうかと思っているけど、果たしてうまくいくのかな?

先に作った人にメリットやデメリットを教えてもらいたい。

当記事では上記のようなお悩みにお答えします!

ジッキー
ジッキー
こんちゃ!ジッキー(@jikky_bongjing)でございマッス!

さぁ今回はアフィリエイトのお話。先日下記のようなツイートをしました。

こちらツイートを深掘りしていきます。

僕はサイトを複数運営しているのですが、一番最初に作ったのが「就活情報サイト」。

ジッキー
ジッキー
作った理由は、人材系の会社に勤めて就活のカウンセリングをやってたこともあるからです。

僕のサイトの場合は、試行錯誤しながら3年くらい運営して、160記事くらいで月に15万円以上は稼いでくれるサイトになりました。

今回は、そんな僕が、これから就活生向けのサイトを運営しようと思っている人に対して、就活生向けのサイト運営のメリット・デメリットを紹介していきます。

ジッキー
ジッキー
ではまず先にデメリットから紹介しますね。

就活生向けのアフィリエイトサイト運営のデメリット

デメリット

デメリットは以下の通り。

  1. アフィリエイト案件が少ない
  2. アフィリエイト案件は知名度が低いニッチ案件がほとんど
  3. アドセンス広告はクリックされにくい
  4. 就活生はお金がないから他案件で稼げない
  5. 競合が強すぎて笑える
ジッキー
ジッキー
結構ありますよね笑。以下詳しく解説します。

デメリット1:アフィリエイト案件が少ない

まず就活ジャンルは、悲しいことにアフィリエイトの案件が少ないのです。

転職系アフィリエイト案件はエージェントだけでも山ほど出てきますが、就活生向けは数は限られています。以下のようなイメージ。

  • 就職エージェント系が数社(キャリアパーク等)
  • スカウトサイト系が数社(オファーボックス等)
  • 就活サイト・アプリ登録が数社(ディグミー・ビズリーチキャンパスなど)
  • 就活イベント系が1社(ミーツカンパニー)

試しに普段使いのASPで「就活」とか「新卒」で検索してみてください。かなり少なくて泣けてきます。

デメリット2:知名度の低いニッチサービスがほとんど

アフィリエイトで紹介できるサービスがこれまた結構ニッチサービスが多いと。

ジッキー
ジッキー
ニッチサービスは、サービス自体の認知度が低いから、しっかりと説明してあげないと、警戒されちゃうんですね。

認知度が高い「リクナビ」とか「マイナビ」がアフィリエイトやってくれたらいいんですけどねぇ・・・。

ジッキー
ジッキー
だけど彼らはほっておいても学生はガンガン登録しますから、プロモーションが必要ないんですよね。

だから、いろんなことを調べて、情報仕入れないといけないからめちゃめちゃ大変です

転職情報サイトのアフィリエイトだと、A8で知名度ナンバーワンのリクナビNEXTの紹介プログラムがあるから、楽なんですけどねぇ・・・・。

デメリット3:アドセンス広告はクリックされにくい

就活生ってことは、学生。デジタル世代ですよ。

広告に慣れてる。

僕も、アフィリエイトが難しいなら、アクセス集めてアドセンスだ!と思ったんだけど、クリック率がやっぱり低い。

広告に慣れてる世代が相手だと難しいんですわ。

ジッキー
ジッキー
ちなみに僕の就活サイトではアドセンスの広告は切ってますけどね。

デメリット4:就活生はお金がないから、他案件に繋げにくい

学生ってお金ないんですよ。クレジットカードも持っていないし。

だから、他案件に繋げにくくて仕方ない。

例えば、就活と相性良さそうな「本の紹介」ですら、なかなか売れません。財布は親ですからね。

サイトで見た→親に相談→サイトから離脱

ってな具合で、お金払う系はもう絶望的にコンバージョンしませんね。

ジッキー
ジッキー
悲しい・・・。

デメリット5:競合が強すぎでわらける

あとは競合が強すぎるのも特徴。リクナビ、マイナビだけじゃない。

企業がこぞってコンテンツマーケティングでお金とマンパワーを大量投入して、記事を量産しています。

ジッキー
ジッキー
毎日毎日すごい勢いで就活に関する記事がアップされていくんですよ。

そうして、ビッグキーワードの上位がもぎ取られていくわけですな。真っ向勝負しても、どうやっても勝てないっす。

 

・・・・。どう?

やる気なくなってきたでしょ??笑

でも一応いいこともあるんですよ!

就活生向けのアフィリエイトサイト運営のメリット

メリット

メリットは以下の通りです。

  1. 単価が高い
  2. 申し込みの金銭的ハードルが低い案件が多い
  3. コンバージョンまでが早い

メリット1:単価が高い

人材系は、案件の単価が非常に高い。

イベントに参加させるっていうだけのアフィリエイトで3000円から時期によっては10000円以上報酬をもらえることがあります。

先日下記のようなツイートをしていますね。

あーー今月ダメだなぁ・・・・なーんて、絶望してても、月末に3件入って、3万円お小遣いゲット!みたいなこともあるわけです。

ジッキー
ジッキー
僕のサイトは1日1回コンバージョンするくらいに成長してきたので、毎日1万円程度の小遣いが生まれています。

メリット2:申し込みの金銭的ハードルが低い案件が多い

就活系のサービスは、学生向けのサービスなので、学生にお金を支払わせるサービスはほとんど見たことありません。

サイトに登録とか、イベントに参加とか、就職支援サービスへの申し込みとか、基本的に学生は無料で済むものばかりです。

常に「無料」という最強ワードを使い続けることができるのは、なかなかいいですよ。

それでいて、単価が高い。

ジッキー
ジッキー
結構夢あるでしょ?

メリット3:コンバージョンまでが早い

コンバージョンが早いってのも、就活生向けアフィリエイトの特徴ですね。

転職情報サイトだと、どうしても相手は「今働いている人」か「フリーター」とかになります。

「今働いている人」は現状の職場に不満を持っていたとしても、今なんとかなってるので、転職なんて面倒臭いことは基本的に後回しにしがち。

そして、「フリーター」はもっと腰重くて、動きにくいです。

ジッキー
ジッキー
基本的に、人は面倒臭いことを後回しにするんですよね。

転職みたいな大きな人生の変化は結構面倒くさがられる

だけど、就活生は、違う。

絶対に卒業するまでに就職しなければならない。

じゃないと既卒という、めちゃくちゃ不利な立場になってしまうので、内定を取らないといけない期限があるようなもです。

ですから、意思決定は転職と比べると当然早いです。

ちなみに、就活サイトは稼げるかどうかって話は以下にまとめています!

就活ジャンルのアフィリは稼げるか?【3年ブログ運用してわかった事】 就活ジャンルのアフィリエイトブログを作って見たいんだけど、競合が多そう。 実際に稼げるのだろうか? 当記事では上...

就活生向けのアフィリエイトサイトをつくるメリットとデメリットまとめ

まとめるとデメリットは以下の通り。

  1. アフィリエイト案件が少ない
  2. アフィリエイト案件は知名度が低いニッチ案件がほとんど
  3. アドセンス広告はクリックされにくい
  4. 就活生はお金がないから他案件で稼げない
  5. 競合が強すぎて笑える

そして、メリットは以下の通り。

  1. 単価が高い
  2. コンバージョンのハードルが低い案件が多い
  3. コンバージョンまでが早い

どうでしょ?

確かにデメリットも多いですが、夢があるように感じませんか?

ジッキー
ジッキー
僕は就活アフィリエイトの可能性を信じ続けたおかげで、月に10万円以上1サイトから稼いでいます。ポテンシャルはあると思いますよ!
【お知らせ】副業ブログ歴4年間の失敗を詰め込んだnoteを作りました。

ブログを始めて4年。センスなしで凡人な僕でも、2020年3月にアフィリエイト収益で月30万円以上の収益を達成しました。

ここに来るまで、たくさんの失敗をやらかしましたが、今の僕があるのは、それらの失敗から学んだ教訓があるおかげです。

そして、今確信していることがあります。

「僕の4年間の失敗を避ければ、みんな僕よりうんと早く6桁に到達できる」

というわけで、4年間で積み上げた失敗を詰め込んだnoteを作りました。

  • 初心者が絶対にマネしてはならない失敗
  • マヌケな失敗
  • 本当は晒したくない黒歴史
  • 今でも後悔するような失敗
  • 稼げなかった時と稼げるようになった時の考え方の差 など

約3万文字程度に詰め込みました。このnoteを読めば、初心者ブロガーにありがちな失敗を避けて時短することが可能です。

失敗40個中10個まで無料で公開中です。

>>ブログ副業歴4年で30万円稼げるようになった僕が後悔している「40の失敗」と学んだ教訓を公開