ブログ副業

記事外注サービスのShinobiライティングとサグーワークスを比較

記事ライティングを外注したい。

Shinobiライティングサグーワークスってどっちがいいの?

比較情報を見たい!

当記事では上記のような疑問にお答えします!

ジッキー
ジッキー
こんちゃん!ジッキーでーーーーっす!(@jikky_bongjing

記事の外注業者で有名な二代巨頭の、Shinobiライティングサグーワークス

両方とも何度か頼んだことがあるんだけれども、品質の差がマジでエグすぎました。

ジッキー
ジッキー
ほんまね、めっちゃお金もったいない・・・って思ったことが何度かありましてね・・・。

というわけで、今回はShinobiライティングサグーワークスを比較しつつ、レビューしていきます。

結論、サグーワークスは満足。

逆にShinobiライティングが、マジできちいっす。笑

ジッキー
ジッキー
以下完全に僕の経験のみに基づき、偏見に満ち満ちた意見をお伝えしていきます。

Shinobiライティングとサグーワークスの品質を比較

比較

以下の点で比較していきますね。

  1. 記事発注の値段について
  2. 誤字・脱字の多さ・日本語レベルについて
  3. 記事としてのクオリティーについて
  4. 納品のエクセルシートについて
  5. 指示出しのしやすさについて

では以下をご覧ください。

比較1:記事発注の値段について

サグーワークスは、ライターのレベルがレギュラーライター、ゴールドライター、プラチナライターの3種類。

で、それぞれ文字単価が違います。レギュラーが文字単価1円くらい。ゴールドは1.5円〜2円くらいで、プラチナは3円以上。

Shinobiライティングは文字単価1円。

僕はサグーワークスの全プランと、Shinobiライティングそれぞれ注文したことがあるのですが、まぁ公平に比べるなら、価格的に同等レベルのサグーワークスのレギュラーライターの記事とShinobiライティングの記事ですね。

サグーワークスのゴールドとプラチナがどうなのかって話は後述するので、まずは、サグーワークスのレギュラーとShinobiライティングの品質についての比較をします。

比較2:誤字・脱字の多さ・日本語レベルについて

僕が満足しているサグーワークスも誤字脱字はゼロではありません。

1記事2000〜3000文字くらいの記事をお願いすると、だいたい1〜2個くらいは誤字が見つかります。

でも、まぁそれくらいあるよね〜くらいのレベル。

文章としてみると、日本語としてはおかしくない部分は少ないし、まぁ多少おかしてくも全然許容レベル。

逆にShinobiライティングの誤字脱字率はサグーワークスの1.5〜2倍くらいあるかな。

でも、それだけだとまぁ許せんるんですが・・・それより、、、もう、、、なんというか、、、、脱字以前に・・・

日本語がおかしい文章がいくつもある

最初は、「まぁ1文字1円だとそんなもんだよね〜」なんて思ってましたけど、、、

いや待てよと。金払ってるし。これがプロの仕事?

って思ったっていう・・・。

比較3:記事としてのクオリティーについて

これもねぇ・・・サグーワークスの方が大差でよかったと感じているんですよ。

Shinobiライティングは、なんか同じような文章が重ねられてたり、無理矢理に薄い情報が書かれていて、文字数稼がれてる感じだったなぁ・・・。

2000文字を発注するときって、こっちとしては、情報パンパンに詰まった2000文字がいいのに、実質納品されたら半分が価値ある情報で、残りの半分は冗長的な文章とか、回りくどい文章で文字数稼がれてる感じ。

それに、「ロジック的にそれおかしくない?」とか「それ言いすぎじゃない?」みたいな文章も結構ある。

例えば、、、

僕は就活系のサイトも運営しているから、女性の就活の服装についての記事を書きたくて、でも僕は男だから書けなくて・・・。だから外注することにしたんだけど、

で、こんな文章が来たわけですよ。

 

ファッション業界ではおしゃれで個性的な方が求められているので、自分の個性的をアピールする事が出来るものを考える必要があるため、注意が必要です。出来るだけ流行りのトレンドを取り入れたファッションをする事で、合格率をあげることが出来ます。

 

いやいやいやいや・・・(以下愚痴)

まず日本語おかしいだろって。

個性的をアピールするて・・・。

それに、言い切りすぎだろって!

「ファッション業界ではおしゃれで個性的な方が求められていることが多く・・・」とかならわかるけどさ、求められているので・・・って言い切っちゃうのとか微妙でしょ。

それに、トレンドのファッションにすれば合格率上がるって、それも何を根拠にいってんだよって感じ。

 

こういうのがね、結構あるし、酷い記事になると、こんなのばかり。

こんなの、結局編集時に全カットなんですよ。

直すのに時間かかるくらいなら自分でイチから書く方が早いって。

外注のメリットゼロだよ・・・。

比較4:納品のエクセルシートについて

両者とも納品はエクセルシートでもらえるんだけど、サグーワークスの方がなんかいろいろ配慮してくれてる感じだね。

ちょっと伝わりにくいかとも思うけども、項目の部分には、色つけたりしてくれて、とにかく見やすくしてくれてるんですよ。

ただ、Shinobiは、そんな工夫せず。

これCSV?ってくらいの不愛想なファイルが送られてくるんだよなぁ・・・。

比較5:指示出しのしやすさについて

指示出しのしやすさは、Shinobiライティングの方が指示出ししやすいかも。

細かく見出しごとに内容まで指示出しできるから。

それに対してサグーワークスは、細かい内容の指示出しがしにくい発注フォーマットになってます。

やり方僕が知らないだけかもだけどね・・・。

だから、サグーワークスで内容に細かく指示出ししたいときは、字数は限られていますが依頼内容を書く部分があるので、できるだけコンパクトにまとめて、内容の指示出しまですることが求められます。

ってな感じですわ。

僕はサグーワークス派です。

僕はサグーワークス派です。

だから、上記見てもらったらわかるように、僕は圧倒的にサグーワークス派ですね。

僕が発注したときに、たまたまハズレを引いた可能性はもちろんありますが、複数回発注して1回もダメだったし、Shinobiライティングに発注することはもうないでしょうな。

たぶんだけど、サグーワークスは編集者がちゃんと記事を見て校正してくれるし、ライターもちゃんと試験とかして訓練もされてるんじゃないかな。

ジッキー
ジッキー
毎回ちゃんとわからない情報調べてくれるし、SEOも通用しそうな文章書いてくれましたよ。

ただ、サグーワークスはコンテンツの指示出しがShinobiライティングに比べて難しい分、少しこちらの意図とずれていて、直さないといけない部分があったりもするんですけどね。

Shinobiはどうなんだろ・・・ちゃんとライターテストとかあるのかな・・・?

でも、このクオリティーでガチ編集者いてやってたら逆にビビる。何もしてないじゃんって。

ジッキー
ジッキー
まじで勝手なイメージで申し訳ないんだけど、専門性のない未経験者が、1〜2サイトググって、適当に書いてる風にしか思えなかったな・・・。

まぁ僕個人の感想なので、あくまでも参考程度に。



日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

サグーワークスのゴールドライターやプラチナライターはどうか。

サグーワークスのゴールドライターやプラチナライターはどうか。

これに関しては、賛否両論あると思いますが、僕的には、ゴールドはいらないかもなぁ・・・って思ってるのが正直なところ。

レギュラーライターとの差があんまりわからないです。

逆を言うと、それだけレギュラーでも結構十分なクオリティーの記事があがってきますね。

ジッキー
ジッキー
当然直しは必要になりますし、人にもよるんですけどね。でもそれはゴールドも同じことですから。

ただ、プラチナライターにお願いした分は、文字単価高いだけあって確かにクオリティーが違いましたね

5000字の記事で2万くらい払いましたが、SEOも意識してくれてるし、ちゃんと専門的な部分まで調べてくれてるし、日本語も美しい。誤字脱字はまぁ少ない。(5000字で1〜2つくらいかな)

意図に沿ったいい記事を書いてくれましたよ。納品のリードタイムは長めでしたけど、でも満足です。

ジッキー
ジッキー
そして狙ったキーワードで検索順位2位を取れています。

例えば、広告費を確実にもらえるなど、収入が発生する勝負記事のときで、自分に書く時間がないときなどはプラチナライターに頼むといいかもですね。


日本最大級の記事作成サービス【サグーワークス】

【お知らせ】副業ブログ歴3年間の失敗を詰め込んだnoteを作りました。

ブログを始めて3年。センスなしで凡人な僕でも、2019年9月に1つのアフィリエイトサイトで月10万円以上の収益を達成しました。

ここに来るまで、たくさんの失敗をやらかしましたが、今の僕があるのは、それらの失敗から学んだ教訓があるおかげです。

そして、今、確信していることがあります。

「僕の3年間の失敗を避ければ、みんな僕よりうんと早く6桁に到達できる」

というわけで、3年間で積み上げた失敗を詰め込んだnoteを作りました。

  • 初心者が絶対にマネしてはならない失敗
  • マヌケな失敗
  • 本当は晒したくない黒歴史
  • 今でも後悔するような失敗
  • 稼げなかった時と稼げるようになった時の考え方の差 など

29,000文字程度に詰め込みました。このnoteを読めば、初心者ブロガーにありがちな失敗を避けて時短することが可能です。

失敗39個中2個まで無料で公開中です。

>>ブログ副業で月27万稼ぐまでの3年半でやらかした「39の失敗」と学んだ教訓【黒歴史公開します】