中小企業診断士

中小企業診断士を受けようと思った理由【そして資格取得後の実際】

みんなが中小企業診断士を受ける理由を知りたい。

ジッキー
ジッキー
どうも、こんにちは!中小企業診断士のジッキー(@jikky_bongjing)です。当記事では上記のような疑問に自らの体験談を含めて、お答えします!

中小企業診断士をなぜ受けるのか、これは結構人によって違うと思いますが、僕がなぜ中小企業診断士を受けようと思ったのかお伝えしたいと思います。

僕が中小企業診断士を受けようと思った理由

僕が中小企業診断士を受けようと思った理由

僕が中小企業診断士を受けようと思った理由は、かなり薄いですが以下の通りです。僕がいかにペラペラ人間だと言うことがお分かりかと思います(笑)

  • 何か現状を変えたかった。
  • 合格して自信をつけたかった。
  • 収入を上げたかった。
  • 経営を学びたかった。
  • AIに代替されない自信があった。

以下ご覧ください。

何か現状を変えたかった。

当時の僕は、「独立起業してお金持ちになってやる!」って言うだけでしかなく、実際は何もしない有言不実行な人間で、ずっと自分の理想像と現状とのギャップを感じていました。

そこで、子供が生まれ、このままじゃまずい・・・!何か変えないと・・・・と思いまして。

で、何か行動すれば、きっと何かが変わるはずだ・・・!と思ったんです。

ジッキー
ジッキー
今から考えたら動機は薄すぎますが、すぐに中小企業診断士のテキスト申し込んでました。

 

合格して自信をつけたかった。

あと自分は学生時代は「大物になる感」しかなくて、根拠なき自信がめちゃくちゃあったのですが、サラリーマンになってから、どんどん自分の力の無さを感じ、自信がなくなってきている自分がいました。

自分に、負のオーラが流れてるなと。

学生時代持っていた謎の自信を取り戻したかったんです。それで難関資格を受けることにしました。

収入を上げたかった。

純粋に収入を上げたかったと言うのもあります。当時の年収は500万くらいで、まぁ暮らしていけなくはないですが、やはり自分の理想像からは程遠い感じでした。

中小企業診断士になっても独占業務がないのはわかっていましたが、とったら何かが起こって、「年収アップするはず」と信じて受けた感じです。

ジッキー
ジッキー
根拠ない賭けです(笑)自分でもよくそんな曖昧なものを信じて勉強を始めたなぁと。

 

経営を学びたかった。

将来経営者になるというビジョンがあったので、純粋に経営を勉強しても損はないだろう・・・!という発想がありました。

AIに代替されない自信があった。

もちろん他の資格も考えたんです。公認会計士、税理士など。独占業務もあるし、いいんじゃないかって。


でも、数字を分析して、計算して、書類を作成する。全部AIの方が人間より得意だなって思いました。

もちろん一概には言えないでしょうし、優秀な税理士はAIに取って代わられないとは思います。

だけど、今から勉強するのに、AIに代替されるリスクが高い資格をわざわざ受けないよなぁ・・・。ってことも思いましてね。

それで、対人コミュニケーションがベースで、施策にも無限通りあって、答えがないようなコンサルティングを行う中小企業診断士はいいんじゃないかって思ったんですよね。

ジッキー
ジッキー
実際日経新聞で発表された中小企業診断士のAIとの代替可能性は0.2%。これは弁護士の1.4%よりも低くて、ほぼ代替不可能ってことみたいです。

実際中小企業診断士をとってみてどうだったか

実際中小企業診断士をとってみてどうだったか

で、僕は思い立ってから2年半くらいで二次試験まで合格することができまして。

↓実際受けてみてどうだったのかって話です。

何か現状を変えたかった→変わった気がします。

何か変えたい!って気持ちで受けた中小企業診断士。

めちゃくちゃ経営思考のトレーニングができたので、会社全体を俯瞰して考える思考力が上がりました。

結果、僕の会社内での発言や行動が変わり、「課長→部長」への出世を果たしました。

また毎日勉強し続けたことで、自分に搭載しているエンジンが強化され、日々の行動量は爆増しました。結果、副業でも稼げるようになりました。

合格して自信をつけたかった。→自信つきました。

自信はつきました。振りかえってみると難しい試験だったなぁと。

一次試験はいろんな脳みそを使う7科目。科目多すぎでしょ・・・っていう。

二次試験は何が正解かわからない紙面コンサル。とにかく知識をつけて、知識を実際の経営アドバイスに落とし込んでいくスキルが求められる難関試験。一次試験の7科目を合格した高スペック層が8割不合格になる鬼畜試験です。

合格後はベタかもしれませんが、「難しいものも頑張れば乗り越えられる」っていう確固たる自信はつきました。

収入を上げたかった。→年収200万円ほど上がりました。

収入は結果的に上がりました。

出世することによる給与アップと、日々の行動量が増えることで副業での収入が伸び、合計年収200万円ほどアップしました。

この辺りの詳細は下記にまとめています。

中小企業診断士をとったら年収アップするのか?【体験談を元に語る】 中小企業診断士に合格したら年収アップするのか? 中小企業診断士に合格したら年収はアップするのか。僕も診断士の勉...

経営を学びたかった。→学べました。

当然経営については学べました。学んだ知識はすぐにでもいろんなシーンで使えました。

経営者、総務の人、情報システムの人、法務の人、人事の人、マーケティング担当の人などいろんな人と深い会話ができるようになり、仕事が楽しくなりました。

AIに代替されない自信があった。→まだわかりません。

ここに関してはまだわかりません。

ただ、計算とか作業よりも、考える方が多いなってイメージなので、「AIには無理だろうな」って今でも思っています。

まぁAIを使いこなす中小企業診断士になればいいんじゃないかって気はしていますね。

中小企業診断士を受けてよかったとつくづく思います

中小企業診断士を受けてよかったとつくづく思います

というわけで、今回は僕が中小企業診断士を受けようと思った理由と、実際資格を取ってみてどうだったのかっていう話をしました。

改めて、中小企業診断士を受けようと思った理由を並べると以下の通り。

  • 何か現状を変えたかった。
  • 合格して自信をつけたかった。
  • 収入を上げたかった。
  • 経営を学びたかった。
  • AIに代替されない自信があった。

他にも、いろんな理由があると思いますが、勉強してマイナスになったものはありません。お金は回収できましたし、実力もつきました。

「時間がマイナスになるじゃん!」

って思うかもしれませんが、勉強することで僕に搭載されているエンジンが強化されたので、今後の活動量も増えていくことを考えると、時間すら大量に回収できていると思っています。

ジッキー
ジッキー
毎日なんとなくで飲んでいたお酒も飲まなくなりました。有意義に時間を使えるようになったことを考えると、本当に受けてよかったと思います

僕としてはオススメの資格です!難しいけど、やりがいはありますよ^ ^

【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選 サラリーマンをしながら中小企業診断士の資格を取りたい。 予備校はどこがいいんだろう?おすすめの予備校・通信講座が知りたい!...
サラリーマンのための中小企業診断士合格ロードマップ【体験記あり】 サラリーマンが中小企業診断士に合格するためにどんなことをすればいいんだろう。実際の合格者の体験記も読みたい。 どうも、...