中小企業診断士

中小企業診断士試験の難易度は?【合格者が大学受験で例えてみた】

中小企業診断士難易度ってどんなもんなんだろう?大学受験で例えると・・・。

当記事では上記のような悩みにお答えします!

どうも、こんちゃすー!2018年に中小企業診断士に合格しましたジッキー(@jikky_bongjing)でっすーーー!

中小企業診断士を受けようか迷っている方に向けて中小企業診断士の難易度ってどれくらいだろう?っていうのを大学受験に例えながら解説してみたいと思います。

中小企業診断士試験の難易度を大学受験に例えるならどんなレベル?

中小企業診断士試験の難易度を大学受験に例えるならどんなレベル?

中小企業診断士は一次試験と二次試験があります。科目数と合格率はおおよそ毎年、以下の通り。

一次試験・・・7科目 合格率20%

二次試験・・・4科目 合格率20%

単純計算だと合格率4%ですが、一次試験は科目合格があったり、二次試験は複数回受験している人もいるので、ストレート合格の確率はもっと低いです。下手すると1%くらい。

まぁそれなりに難しく、逆を言えば合格すればそれなりに価値がある試験です。

中小企業診断士の試験の難易度を大学受験レベルで例えると・・・ズバリ、文系で、

  • 一次試験は早稲田大学くらい!
  • 二次試験は国立上位くらい!(阪大とか一橋とか)

こんなイメージですね。

こちらは先日ツイートしたのですが、


一次試験は、ある程度スペックの高い人が一定量勉強すれば、必ず合格できるってレベル。二次試験は、早稲田大学を確実に合格できるレベルが、2割の椅子を争う感じ。

これに関しては、いろんな意見あると思いますが、あくまでもぼくの体感値だと、なんとなく、こんな感じ。

ぼくは一度大学受験に失敗し、予備校にも行ってましたけど、その時MARCHクラスを目指している予備校生の勉強量では足りない感じです。

もちろんスペックとか頭の良さの話じゃないですよ。受験期に必要な勉強量とか難易度のイメージの話をしています!

ぼくは、浪人時代はめっちゃ勉強して、有名な国立の大学に合格しました。証拠はもう出せませんが、早稲田も合格してますし、同志社大学も合格してます。その経験を元に、あくまでも体感値で伝えています!

中小企業診断士合格は大学受験並みに大変な試験

中小企業診断士の試験がどんな感じかというと、以前ツイッターしたように、以下のような感じ。

中小企業診断士の難易度をバシッと言い当てるのは難しいけど、こんな感じです。

  • 科目多いのに1科目も捨てられない
  • 数学センスも国語力も暗記力も必要
  • 理不尽に難しい年もある
  • 一次試験受かるだけでも苦労
  • 二次試験は勉強法が不明
  • 二次試験は一問でも外すと大打撃
  • なのに年一回

ご覧の通りまぁまぁきつい試験です。科目多いってのがきついですね。

一次試験は、経営、運営管理、財務、法務、情報システム、経済学、中小企業政策の7科目。

二次試験は、人事(経営)、マーケティング(経営)、運営管理、財務の4科目。

この全然使う頭が違う複数科目があるっていうのが中小企業診断士の特徴。大学受験並みですね。

大学受験の時は、半分強制的に、しかも周りもみんな勉強するみたいな感じですが、社会人になると勉強は孤独です。自らモチベーションを保つのが一番難しいのではないかな。。。

僕は数学系は得意なのに、暗記が全然ダメですから、特に一次試験合格に結構苦労しちゃいましたね。

中小企業診断士試験合格に必要な勉強時間は?

中小企業診断士試験合格に必要な勉強時間は?

中小企業診断士はよく1000時間程度とか言われてますけど、本当かよって感じ。

まぁ勉強時間っていうよりも量ですから、あんまり参考にならないかもしれませんが、僕なりの合格基準の話をしますね。

中小企業診断士に必要な勉強量は、税理士とか、公認会計士とか、司法書士ほど勉強時間が必要になってくるわけでもないですが、その次くらいのランクの属する感じです。

僕はサラリーマンをやりながらですが、中小企業診断士一次試験の合格に約1年、二次試験に約1年かかりました。

ちなみに学生時代、仕事がなかった時は、簿記3級は3日間引きこもって取得、簿記2級は2週間引きこもって取得しました。

簿記とはそれくらい難易度に差があります。

先日下記のようなツイートをしているのですが、

この深掘りで、一次、二次にどれくらい勉強が必要か、お話しします。

一次試験は700時間くらいが目安

一次試験は選択式なので、知識を頭に入れてさえおけば、ほぼ解ける問題ばかり。

ぼくは暗記が苦手なので、ここに時間を取られましたが・・・・。(^^;

サラリーマンやりながら隙間時間見つけて1日3時間、ほぼ毎日勉強をし続けました。

僕の体感ですが、一日3時間くらい勉強できれば、一次試験の1科目は平均1ヶ月で仕上がります。

それが7教科。

約100時間×7教科=700時間って感じが目安かと思います。

もちろん運やセンスや能力でいくらでも上下しますけどね。安定的に合格目指すなら、これくらいですかね。

二次試験は900時間くらいが目安

二次試験は、記述式で、知識があっても回答の仕方が下手だと、点数が取れないことも多いですね。

つまり、合格するためには、「知識」の他に、「回答スキル」のようなものも必要なんです。

この回答スキルが厄介。

成長スピードが上がらないんです。ゆっくりちょっとずつ改善されて行くようなイメージ。いくら勉強しても、成績が上がる気がしない感じです。

二次試験は、知識を安定させるのに3ヶ月程度。

回答スキルは、センスにかなり依存しますが、平均しても半年以上はかかるんじゃないですかね。僕はそれくらいかかりました。9カ月以上ってことですから、約900時間以上。

一次と二次の合計で700+900で=1,600時間以上。

まぁよく言われてる勉強時間よりも多く感じるかもしれませんけど、運の依存度を下げて、着実に合格するなら、これくらいがリアルかもです。

二次試験は当日試験を作った先生の意図を組めず、大外ししてしまったら大打撃。その日のパフォーマンスにかなり影響される試験ですから、試験慣れも大事ですね。

中小企業診断士試験合格した後は大きな成長が待っています

中小企業診断士試験合格した後は大きな成長が待っています

中小企業診断士に合格したら、会社を取り巻くものに関する、幅広い知識がつきます。

経営者はもちろん、経営企画室、人事、マーケ、情報システム、経理、総務、法務の人たちともかなり深い話ができるようになります。

中小企業診断士は独占業務はありませんから、僕の中では合格して資格を取るよりも、「勉強したこと」の方に価値がある資格だと思ってます。

どんな部署の話でも自分ごととして捉えることができるレベルになりますし、多くのシーンで自分の知識が生きるタイミングがあります。

ビジネスがとても楽しくなりますし、自分の発言や行動や思考のレベルが1つ上がる感じ。

2年かかりましたがが、取って良かった資格だと思います。

中小企業診断士は、高学歴者からしても決して簡単な資格ではないので、大変ですが、それだけその後のレベルアップが待っています。

コツコツ毎日やれば必ず報われますから、頑張ってください!

サラリーマンのための中小企業診断士合格ロードマップ【体験記あり】 サラリーマンが中小企業診断士に合格するためにどんなことをすればいいんだろう。実際の合格者の体験記も読みたい。 どうも、...
【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選 サラリーマンをしながら中小企業診断士の資格を取りたい。 予備校はどこがいいんだろう?おすすめの予備校・通信講座が知りたい!...