中小企業診断士

中小企業診断士の暗記科目の攻略【特徴とおすすめ勉強順を教える】

中小企業診断士の試験の暗記科目を効率的に合格する方法を知りたい。

当記事では上記のような疑問・悩みにお答えします。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!中小企業診断士のジッキー(@jikky_bongjing)でございますーーーーー!

まず中小企業診断士の暗記科目はどれかというと、厳密に言えば「全部暗記は必要な科目」ですが、特には以下の3科目。

  • 経営法務
  • 経営情報システム
  • 中小企業経営・中小企業政策

この3つに関しては原則「解く、読み解く、計算する」などが発生せず、覚えているかどうかの勝負となります。

ただしそれぞれの科目で特徴が異なり、攻略法も違うので、今回は細かく3つの暗記科目の攻略法について解説していきます。

中小企業診断士の暗記科目の攻略【特徴とおすすめ勉強順】

中小企業診断士の暗記科目の攻略【特徴とおすすめ勉強順】

では科目ごとの攻略法について以下で解説していきます。

まずは経営法務から。

経営法務【しんどいけど覚えやすさはマシ】

経営法務については、暗記科目という意味では、3科目の中ではまだ一番マシかなぁという感じです。

というのも法律ってある程度合理的に作られているからです。

例えば、「重要なことを決めるときは→賛成が普段より多くないと決められない。」とか「大きい組織になればなるほど、ステイクホルダーが増えれば増えるほど、厳格な監査体制が必要」だとか。

ジッキー
ジッキー
丸暗記するとしんどいのですが、こじづけして覚えると、結構筋が通ることが多いですね。

大変なのは以下。

  • 法律用語に慣れないと辛い(特に民法)
  • ●日経過までに提出しなければならないとか、覚えることが細かすぎ

攻略法や勉強するタイミング

攻略法としては、知識をそのまま丸暗記するときりがないので、法則性を見つけたり、意味づけをしながら覚えていくってことです。

経営法務は割と慣れてくれば覚えやすくはなってきますが、試験前2週間とかで一気に仕上げるにはちょっと量が多く、知識の定着に時間がかかる感じです。

なので、おすすめは以下の通り。

  • 試験の3〜4ヶ月前くらいのタイミングで1ヶ月くらいかけて一気にテキスト全範囲を詰め込む
  • その後は試験まで毎日ちょっとずつテキスト見たり問題を解いて知識を定着させていく
  • 間違いやすいところは別にノートなどとり重点的に暗記
ジッキー
ジッキー
こんな感じ。経営法務は知識をうる覚えだと結構きつい試験なので、ゆっくり知識をなじませていくのがいいです。

経営情報システム【地獄】

経営情報システムは結構鬼畜です。特に文系からしたら余計に。

とにかくインターネットの仕組みとかイメージできないことが多すぎ。それに3文字のアルファベットとかの数も多すぎです。

ジッキー
ジッキー
法律のように、知識に連動性や法則性がほぼないので、イメージしにくいものたちを丸暗記するしかないって感じ。

大変なのは以下。

  • IT用語が意味不明
  • 頭の中でイメージしにくい内容
  • 知識に連動性や法則性なし。丸暗記。

攻略法や勉強するタイミング

攻略法としては、まずはITの世界を、イメージでもいいので理解するってことです。あとは、覚える量も多く、相当時間かかると思いますので、割と時間をかけて知識をなじませていくのがいいです。

役に立ったのは以下の書籍です。

 

イメージのしやすさはピカイチ。作者の人は天才だと思いました。

おすすめの勉強方法は以下の通り。

  • 試験の3〜4ヶ月前くらいのタイミングで1ヶ月くらいかけて一気にテキスト全範囲を詰め込む
  • その後は試験まで毎日ちょっとずつテキスト見たり問題を解いて知識を定着させていく
  • 間違いやすいところは別にノートなどとり重点的に暗記
ジッキー
ジッキー
基本的に法務と同じく知識をなじませていく感じがおすすめです。試験直前では間に合いませんので。

中小企業経営・中小企業政策【短期で覚えて一気に忘れよう】

中小企業経営・中小企業政策は暗記するりょ自体はそこまで多くはありませんが、覚えにくい試験。

ジッキー
ジッキー
僕は最も苦手でした。

女性管理職は何名規模の会社には何割くらいいるとか、女性社員比率が高いのは何名規模の会社だとか、そういう大変法則性の薄い知識を頭に入れていく必要があります。

大変なのは以下。

  • 法則性のない知識をただひたすらにインプット必要。
  • 独学では、どこが出るかわかりにくい。

攻略法や勉強するタイミング

攻略法としては、まず予備校や通信講座に申し込んで「ヤマを張ってもらう」ことですね。

試験の研究をしっかりしている予備校では、「グラフの中でも1位と2位が聞かれやすい!」「このグラフは形が聞かれやすい」など、重点的に覚える部分を教えてくれます。

あとは語呂合わせをしたり、自分で勝手にストーリーを作るのも手です。

「小さい会社はお金がないからIT化が進められないから・・・・」とか、仮に根拠がなくても覚えられたらオッケーです。

おすすめの勉強方法は以下の通り。

  • 試験の1〜2ヶ月前くらいのタイミングで1ヶ月くらいかけて一気にテキスト全範囲を詰め込む
  • 前日まで、試験開始まで諦めずに一気に知識を短期インプット
  • 終わったら全てを忘れてオッケー
ジッキー
ジッキー
量自体はそんなに多くないし、ぶっちゃけかなり法則性のない定着しにくい知識なので、経一気覚えして、覚えているうちに解く。この勉強法がおすすめですね。

中小企業診断士の暗記科目攻略にそれぞれかかる時間は?

中小企業診断士の暗記科目攻略にそれぞれかかる時間は?

経営法務、経営情報システム、そして中小企業経営・中小企業政策はそれぞれ勉強にかかる時間は合格者の僕の感覚だと、以下の通り。

  • 経営法務→50時間〜220時間
  • 経営情報システム→50時間〜220時間
  • 中小企業経営・中小企業政策→80時間〜180時間

人の経験値や、勉強慣れしているかしていないか、あるいは独学かそうでないかで、かなり勉強時間が変わってきます。

経営法務と経営情報システムについては、すでにそういう部門で働いている人からすれば割と簡単な試験です。

また、完全に素人で、勉強慣れしている人であれば、300時間くらいで暗記科目の3科目を合格点以上に仕上げることができるかできないかって感じ。

詳細は以下にまとめているので、ご覧ください。

中小企業診断士をとるまでの勉強時間は?【人の状況別に解説します】 中小企業診断士の資格を取るのにどれくらい勉強時間が必要か知りたい! 当記事では上記のような疑問にお答えします。 ...

 

ジッキー
ジッキー
僕は暗記が苦手で結構苦労しましたが、経営法務と経営情報システムはうまく知識をなじませて、中小企業経営・政策は短期集中暗記でなんとかギリギリクリアしました。

二次試験にはほぼ関係のない科目なので、終わらせた瞬間に忘れたいですね。科目合格狙いの場合は1年目に暗記科目終了しておくと楽ですよ。

では今回は以上です!

サラリーマンのための中小企業診断士合格ロードマップ【体験記あり】 サラリーマンが中小企業診断士に合格するためにどんなことをすればいいんだろう。実際の合格者の体験記も読みたい。 どうも、...
【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選 サラリーマンをしながら中小企業診断士の資格を取りたい。 予備校はどこがいいんだろう?おすすめの予備校・通信講座が知りたい!...