ビジネス

「仕事できる奴」と思われる為に変えるべき3つのこと【秒速で可能】

仕事できるやつって思われるためにどうしたらいいだろう?

当記事では上記の悩みに答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーーー!ジッキー(@jikky_bongjing)でございます!

以前下記のようなツイートをしました。

ジッキー
ジッキー
正直いって、自分自身サラリーマンとして、かなり上手に立ち回れている自信があります。 

そんな中、部下や同僚を見ていて、「これはもったいないな・・・能力はあるのにそれじゃ上がれないな・・・」

と思うことも割と多くあります。

そこで今回は割と早くして部長職に上がり、かつ評価者の立場からの視点で「仕事できるやつ」って思われるための方法や立ち振る舞いかたを教えます。

ちょっと考え方を変えるだけで、割とできちゃうと思うので、ぜひ参考にして見てください。

「仕事できる奴」と思われる為に変えるべき3つのこと【秒速で可能】

「仕事できるやつ」って思われ、評価されるための超シンプルな方法とは

先に結論からお伝えします。これで分かったってかたはサクッとこれだけ読んでページを閉じていただいて結構です。

今回紹介する「仕事ができるやつ」と思われ、評価されるために今すぐ変えるべきことは以下の3つです。

  1. 強がる
  2. できないと言わない
  3. 期限より常に前倒しで仕事する
ジッキー
ジッキー
もちろん他にも色々要素はありますが、上記はかなり僕の中では大事だったと思います。

下記で説明していきますね。

1:強がる

すぐに同僚に向かって弱目を吐いたり愚痴ったりする人って、ついつい感情が出ちゃうんでしょうけど全然いいことありませんよ。

共感されることは気持ちいいかもしれませんが、「あなたの限界」や「器の小ささ」「仕事の出来なさ」を周りにさらしているようなもんです。

仕事できる奴だって思われるためには、ぶっちゃけ自分の限界を見せずに、「どこまでも行けそうな奴」って思われた方がいいです。

常に「余裕だ」「自分ならできる」みたいな雰囲気を出す。「しんどい?大丈夫?」と聞かれたら「100%大丈夫です。」と強がりましょう。

ってやってるうちに、周りからすれば、あなたは「どんな困難も軽く受け入れる器の大きい人」になりますから。

2:できないと言わない

無理難題な仕事を振られたらすぐに「できない」っていう人いますけど、さっきと同じで自分の無能さをわざわざ晒しているようなものです。

できないって言われた仕事の依頼主側の気持ちになってみてください。

あなたに期待して相談したのに、「できない」の一言で可能性が潰れてしまうわけですよね。そんな人評価もされないし、仕事できるなんて思われるはずもありません。

だから一見どれだけ難しくても、常にできると考える。そして、「できるようにするためにはどうすればいいか」をひたすら考え、建設的な議論をする。

もっというなら、無理難題を言われても嫌な顔せず、笑顔で仕事を受ける。

これであなたは一緒に仕事をしやすい人になり、頼みやすい人になり、無理難題もなんとかしてくれそうな人になります。

ジッキー
ジッキー
結果、本当に無理だったとしても、建設的に考えた人の勝ち。仕事の依頼主からすれば、本気で実現しようとしてくれた人ってイメージになりますから。

3:期限より常に前倒しで仕事する

仕事の期限との向き合い方も大事。

  • 期限ギリギリの人→普通〜仕事できない人
  • 期限余裕の人→仕事早い人
  • 期限遅れる人→論外

こういう印象に繋がることはもう当たり前なんです。

めちゃくちゃ早く仕事して見て。相手がびっくりするくらいのスピードで終わらせてみて。

「はやっ!ありがとう!」

と言われたら勝ち。その言葉を何度も積み上げたら、あなたの社内での評判が上がるのは当然なんです。

僕はこうして評価された。

結構今お伝えした3つのことって、当たり前のことだとも思うんですよね。

  1. 強がる
  2. できないと言わない
  3. 期限より常に前倒しで仕事する

僕はサラリーマンにおいて、この3つを徹底しているだけと言っても過言ではないです。

お昼出勤して、毎日約4時間程度しか働いていないですが、それでも評価され続けています。

なぜか。

ぶっちゃけ、世の中には今言った当然のことができない人が8割以上いるからなんですよ。

勝手に周りが評価落としていくので、相対的に評価が上がり続けるわけです。これが大事。

分かっててもやれないのは感情のコントロールが下手だから

分かっててもやれないのは感情のコントロールが下手だから

お伝えした3つのことは全部「できる・できない」の能力の話じゃなくて、「やるか・やらないか」のスタンスの話なんですよね。

  1. 強がる→能力関係ない
  2. できないと言わない→能力関係ない
  3. 期限より常に前倒しで仕事する→無理すればできる

ではなぜやらないかというと、結局「感情のコントロール」ができていないからですよ。

  1. 強がれない→つい弱音吐いちゃうのを我慢できない。
  2. できないと言ってしまう→我慢できない。
  3. 期限より常に前倒しで仕事できない→前倒しがめんどくさくなる。

仕事できるやつになるために、「能力」ももちろん大事ですが、感情のコントロールが割と肝です。

そして面白いことに、「仕事できる能力がある奴」ではなく、「仕事できると思われている奴」に仕事も評価も集まってきます。

弱音を吐きそうになったり、できないと言いたくなったらグッとこらえて、心にもないポジティブな発言をして見てください。

ちょっと今やるのめんどいな・・・!って思ったことこそ今すぐやってください。

このコントロール騙されたと思ってやって見てください。社内からの見られ方が変わっていきますから。

一度ブランディングができると仕事は楽になる

冒頭にお伝えした通り、この記事を書いている現在、僕は働く時間自由、働く場所も自由なサラリーマン。

ぶっちゃけかなり労働環境はいいと思います。

これを勝ち取ったのは、社内ブランディングです。

  1. 強がる
  2. できないと言わない
  3. 期限より常に前倒しで仕事する

この3つをひたすら繰り返すことで、僕は「無理難題もなんとかする奴」「期限も遅れないし、仕事を任せて安心できる奴」というイメージが社内に浸透してるはず。

そして、感情コントロールが下手な8割以上の人は勝手に評価を落としていってくれますよね。

するとどうなるか。

  • 会社にマウントが取れるようになります。
  • 面白い仕事が回ってきます。
  • 出世していきます。

などなどいい循環が起こるわけですね。

僕、ここまで能力の話してますか?

してないですよね?

「やるか・やらないか」の話しかしてないんですよ。

だから誰でもできますよ。

ジッキー
ジッキー
評価って一見くだらないですが、自分が自由になるためにはとても大事です。

社内からの評価に悩んでいる方は是非ご自身を振り返って見てくださいな。

というわけで、僕が10年程度働いてきた中で、とても大事にしていることを今回は紹介しました。以上です!

【お知らせ】就活アフィリエイトで月10万以上稼ぐノウハウを有料noteに詰め込みました

2019年9月に1つのアフィリエイトサイトで月10万円以上の収益を達成しました。


僕の就活ブログのスペックは以下の通り。

  • 160記事
  • 20,000pv/月
  • メイン案件のクリック数 160回/月
  • サイト全体のアクセスをならすとクリック率 0.8%
  • コンバージョン数 22回/月
  • コンバージョン率 13.75%
  • 承認率 約6割
  • 収益 約15万円/月

僕が就活アフィリエイトを運営する上で、ツイッターなどでもつぶやかない実践的なノウハウを詰め込んだつもりです。

僕のサイトのスペックを超えている方には無縁ですが、これから稼ぎたい方には真似していただける要素も結構多いはず。

以下のようなことは理解いただけるかと思います。

  • 企業メディアが多い就活ジャンルでいかに個人メディアで戦ったのか。
  • たった2万pvでどうやって収益10万円を超えたのか。
  • 就活アフィリエイト独特のコツ

興味ある方は以下のリンクからどうぞ!

>就活アフィリエイトで月10万稼げるようになった僕の戦略を公開【企業メディアと戦わずして稼ぐ方法】