ビジネス

サラリーマンの精神的束縛から解放!「サラリーマン事業」という考え方

早く脱サラしたいのになかなかできない・・・。

サラリーマン精神的束縛がつらい。。。

当記事では上記のようなお悩みにスカッとお答えします。

どうもーー!脱サラ実践中のジッキー(@jikky_bongjing)でございますーーーーー!

今回は、サラリーマンが企業に属しているという精神的束縛から解き放たれて楽になりましょうという話。

以前このようなツイートをしました。


今回はこれの深掘りをします。

サラリーマンの精神的束縛から解放される「サラリーマン事業」という考え方

サラリーマンの精神的束縛から解放される「サラリーマン事業」という考え方

サラリーマンがしんどくてたまらない。給料も安いし、時間もとられるし、精神的に辛い・・・。

そう思ってる人は、おそらくサラリーマンに命かけすぎだと思います。

本来自分の人生というのがメインなはず。その有限の時間を何にどれくらい使って、どういう人生を歩むかを経営するのは自分自身であるはず。

なのに、会社にいる時間が長いと、自ずと、

会社員としての人生=自分の人生

ってなっちゃって追い詰められてしまう。これって結構あるあるじゃないでしょうか。

僕も以前は、そうだったんですけどね。

でも僕はそういう人がサラリーマンとして精神的束縛から脱却するために、サラリマン事業という考え方を提案します。

基礎となる考え方は、自分を自分で経営するって考え方ですね。僕自身だと以下のイメージです。

  • 株式会社ジッキー【ビジョンは幸せな人生を送る】
  • サラリーマン事業部・・・収益が40万円入ってくる
  • アフィリエイト事業・・・収益が10万円入ってくる
  • 中小企業診断士・・・見習い中。収益はゼロ。 

つまり、幸せな人生を送るっていうビジョンを持った自分の手段としてサラリーマンに時間を投下するっていう考え方。サラリーマンをたくさんの手段のうちの「One of them」として捉えるってイメージですね。

サラリーマンしかないって考えるからしんどくなるわけです。別に効率悪くなったら撤退すればいいし、メリットを享受できるんだったら続ければいいし、事業内容的につまらなければ自ら辞めて、他の分野に行くのもありですね。

サラリーマン事業という考え方をすることのメリット

サラリーマン事業という考え方をすることのメリット

母校がサラリーマン事業の考え方をすることによって下記のメリットがありました。

  • 精神的束縛から解放された
  • サラリーマンの出世レース政治に無頓着になれた
  • サラリーマンの時給を高める工夫をするようになった

精神的束縛から解放された

なんか、人生の幸福度が圧倒的に上がりました。

自分が幸せになるために、メリットがなければ辞め、あればGO!というシンプルな考え方で全ての悩みから解放されました。

俺の人生は会社には決められない。自分で決めていく自由はある。

そんな風に思えるようになりましたね。自分の人生の主役は絶対的、圧倒的に自分です。

サラリーマンの出世レース政治に無頓着になれた

サラリーマンが命という考え方だと、出世しなければ「人生オワタ」ってことですから、そりゃ必死になりますよね。

だから、本来成果を追い求めればいいものの、「政治」とかにぶれちゃうんですよね。

でも僕は、サラリーマンが人生の目的ではなく、手段として捉えられているので、政治に無頓着。ストレスすら感じません。

成果出せなければ僕が悪い。成果出して、上がれなければやめです笑。

そんな考え方で仕事に邁進してたら、政治ばっかりやって上から気に入られている先輩の成績をぶち抜きまして、最年少で部長に上がりました。

やはり会社に成果でギブすることが、健全な会社では出世最短コースです。数字は嘘つきませんから。

サラリーマンの時給を高める工夫をするようになった

サラリーマン事業は固定給がもらえる事業なんですよね。ですから、いかに時給を高めるかにこだわるようになりました。

以下の感じ。


僕はもう管理職なので、時間とか束縛されません。成果の束縛だけなので、ほぼ昼から出勤してます。

これはなかなか普通できる話ではないですが、僕も7年間下積みで努力して、獲得した待遇ですね。

ちなみに、通常の8時間拘束だとしても、残業とか絶対したくないですね。僕なら、6時間で仕事を済ませて、2時間仕事してるふりしてブログ書きます。

それができないほど拘束されるのであれば、僕だったらやめます。なぜなら、その拘束は僕にとって幸せを生まないから。シンプルですね。

それが幸せの手段だという人にはいいと思います♪

まとめ

まとめ

というわけで今回は、僕がサラリーマンという精神的束縛から解放されるために採用している「サラリーマン事業」という考え方についてお伝えしました。

自分人生の主役は圧倒的に自分だけ。

自分以外は全て、自分が幸せな人生を送るための手段です。

これ、誤解して欲しくないのは、人のために働くなと言ってるわけではありませんよ。

人のために働くことが自分の幸せになるって人も多いです、当然ですよ。自己効力感みたいなのがありますから。僕だってそうですよ。

だけど、人のために働くことを義務のように感じで、それで自分が不幸せになるのは違いますよね?っていう話。

サラリーマンを1つの事業として捉えるようになって僕が享受しているメリットを改めてまとめると以下の通り。

  • 精神的束縛から解放された
  • サラリーマンの出世レース政治に無頓着になれた
  • サラリーマンの時給を高める工夫をするようになった

サラリーマンの精神的な束縛に嫌気がさしている人の一助になれますと幸いです!

ではでは!( ^∀^)

【お知らせ】副業ブログ歴4年間の失敗を詰め込んだnoteを作りました。

ブログを始めて4年。センスなしで凡人な僕でも、2020年3月にアフィリエイト収益で月30万円以上の収益を達成しました。

ここに来るまで、たくさんの失敗をやらかしましたが、今の僕があるのは、それらの失敗から学んだ教訓があるおかげです。

そして、今確信していることがあります。

「僕の4年間の失敗を避ければ、みんな僕よりうんと早く6桁に到達できる」

というわけで、4年間で積み上げた失敗を詰め込んだnoteを作りました。

  • 初心者が絶対にマネしてはならない失敗
  • マヌケな失敗
  • 本当は晒したくない黒歴史
  • 今でも後悔するような失敗
  • 稼げなかった時と稼げるようになった時の考え方の差 など

約3万文字程度に詰め込みました。このnoteを読めば、初心者ブロガーにありがちな失敗を避けて時短することが可能です。

失敗40個中10個まで無料で公開中です。

>>ブログ副業歴4年で30万円稼げるようになった僕が後悔している「40の失敗」と学んだ教訓を公開