アフィリエイト

フリーター向け特化型ブログのリニューアルの裏にある戦略を大公開

個人がアフィリエイトで稼ぐための戦略ってどう考えたらいいんだろう・・・?

今回は上記のような疑問をお持ちの方に対し、僕のブログリニューアルの背景や戦略を事例としてお伝えできればと思います。

どうもーー!脱サラ実践中のジッキー(@jikky_bongjing)でございますーーーーー!

ちょうどこの記事を書いているタイミングで、僕が運営している「フリーター向けの特化型ブログ」のリニューアルをかけているわけですが、今回は、どういう戦略で、どんなリニューアルをかけたのかを公開したいと思います。

僕は個人では弱小ブロガーですが、企業ではコンテンツマーケティングをやっていて、複数メディアの運営にも携わっているので、ある程度意図ある戦略を練っているつもり。

ただ正直言って、今回のリニューアルが成功するかどうかはまだ不明(笑)自信はありますけど。だけど、大きな流れとしては「個人ブロガーとして勝てるようにするためのリニューアル」です。

今回の記事は、「アフィリエイトで稼ぐためにどうやって戦略練ればいいかなぁ・・・」なんてことを考えているアフィリエイト初心者の方が、方向性を見るけるためのヒントになればいいなと思って書きます。

では以下ご覧ください。

ブログをリニューアルしようと思った背景と課題

前は以下のような見た目でフリーター向けのメディアサイトを作ろうと思っていそいそと記事をアップしておりました。

サイト名も「フリーターのミカタ」として、フリーター向けの総合サイトを作ろうとしてたんですよね。

フリーターのミカタ

で、このブログを作って約1年で、100記事程度更新して放置して、少しアップして・・・みたいなことを繰り返していたのですが、途中でアクセスが伸びなくなり、グーグルのアプデでアクセスが半減するなど、完全にくすぶり状態に入りました。

一昔前までは、記事数をアップするだけである程度アクセス伸びていたものですが、今のグーグルはやっぱりそうじゃないなって確信しましたね。

で、さすがにこのままじゃまずいと思って、ブログの課題を整理しました。そこで整理された僕がブログの課題は以下の通りです。

  • 特化型なのにゴールの見えないマラソンになっている
  • 副業をやる個人で勝負できる規模のサイトじゃない
  • サイトの強みが曖昧
  • ターゲットが曖昧
  • 動線が曖昧

簡単に1つ1つコメントします。

特化型なのにゴールの見えないマラソンになっている

サイトには2タイプあると思ってます。

  1. 無限更新型サイト
  2. 完成形があるサイト

これでいうと僕のサイトは無限更新型のサイトになってました。だってフリーターにとって有益な情報だったらなんだっていいって感じなわけですからね。そんなネタはいくらでもあります。

もちろん、これが悪いってわけではもちろんありませんが、僕には「凡人からの脱出」っていう今書いているこの無限更新型の雑記ブログがあり、その他5つ以上の特化型サイトを運営していますから、もう一つ無限更新型のサイトを持つことは、かなり負担でした。

無限更新型のブログはまさにゴールのないマラソン。ゴールが見えない中で、走り続けるのはモチベーションも保ちにくいのです。

副業をやる個人で勝負できる規模のサイトじゃない

上記と少し被りますが、「フリーターのミカタ」という、総合情報メディアだと、個人で運用するにはちょっとマンパワーや時間が足りないなって思いましたね。

自分自身フリーターの経験があるとはいえ、たった数年間にすぎないですし、その数年間でありとあらゆるフリーターの悩みを体験できたかというとそうではありません。

マンパワーとしても、経験値としても、正直扱いきれない規模感だなってことに気づきました。

サイトの強みが曖昧

最初は自分がフリーターの経験があることが、強みになると思っていたのですが、書けば書くほど、その強みがいかに弱いかってことを知りました。

だって、「フリーターをやったことある人」なんてごまんといるわけですからね。

他サイトに勝つ何かコアを再定義する必要がありました。

ターゲットが曖昧

もちろんターゲットはフリーターに絞っていたのですが、フリーターって言ってもたくさんタイプや状況、悩みがありますよね。

フリーターという職業のみでターゲットを絞っていたため、読者に対してドンピシャな記事を書くのが若干難しかったのです。

サイト内の動線が曖昧

サイト内の動線も結構曖昧でした。とりあえず記事を量産して、ドメインパワー上げて、勝っていこうなんて甘いことを考えていたものですから、あんまり綺麗に構造化できていなかったのです。

なので、同じようなセールスコピーがいろんな記事に散りばめられていたり、気づいたらほぼ同じような内容の記事があったり。

内部リンクも記事によってバラバラで、軸となる記事もなく、ただ記事を量産しているだけのサイトになっていました。

ブログをリニューアルの戦略や方向性

というわけで、課題を整理したところで、僕は以下のようなリニューアルの方向性を考えました。

  • 無限更新型→完成形がある程度見えるサイト
  • フリーターを幅広く集める→フリーターをやめたい人を集める
  • 動線バラバラ→サイトの主役となる記事を作って動線を整理
  • 強みが曖昧→自分の体験談をそのままサイトの強みにする

で、さっきのサイトがこうなります。

フリーター向け

では背景一つ一つコメントしますね。

無限更新型→完成形がある程度見えるサイト

まず終わりのないマラソンから、ゴールの見えるマラソンに変えました。完成形が見えるサイトにすると、自分のモチベーションも自ずと上がっていきました。

僕は今書いているこのサイトが無限更新型ブログですから、個人で持つなら無限更新は一つで十分です笑。

フリーターを幅広く集める→フリーターをやめたい人を集める

ターゲットを絞りました。いろんなフリーターが見にくるサイトから、濃いーーーーアクセスを集めて、CVにつなげていこうと思いました。

今回意識したのは、「フリーター」という属性で分けた後、さらに「フリーターをやめたいと思っている層」という風に、心理的な切り口からターゲットを絞ったということです。

ターゲット設定で悩んでいる人は、属性だけでなく、心理的側面まで考えるといいですよ!例えばターゲットを「会社員」じゃなく、「会社を今すぐやめたい会社員」とするとか、もっと絞ると「職場の人間関係がいやで、会社を今すぐ辞めたい会社員」とかにすると、ドンピシャの記事が書けますよね?

そういう記事の方が読まれますし、CVしやすいです。

動線バラバラ→サイトの主役となる記事を作って動線を整理

動線がバラバラでそれぞれがつながっているようでつながっていなかったサイトですが、トップページに「フリーターをやめたいと思って就職した僕の体験談」を掲載し、ほぼ全ての記事からリンクを貼り、体験談に集約される流れを作りました。

そして、僕の体験談の記事から、CV記事に飛ばすという設計です。全体としては以下の感じ。

強みが曖昧→自分の体験談をそのままサイトの強みにする

「フリーターをやったことある」くらいでは強みにならないことを猛省し、「世界に一つしかない自分の就職体験談」をサイトの強みに置くことにしました。

で、サイト名も変更。

「フリーターのミカタ」

「フリーターをやめたいみんなの相談所〜元フリーター男の就職成功談〜」

ブログリニューアル後の集客戦略

ブログは当然集客ありきなので、集客戦略も立てています。

大きく分けて4パターンのフリーターを想定していて、それぞれ別のアプローチをしている感じですね。

  1. フリーターをやめたいと思っている層
  2. フリーターをやめようとしてすでに行動している層
  3. フリーターをやめるための具体的なサービスを検討している層
  4. フリーターあるあるで悩んでいる層

1:フリーターをやめたいと思っている層

僕のサイトでは最重要層。

フリーターをやめたいと思っている層は、おそらく就職成功談が書かれたトップページに行き着くはずです。

この層に向けて、記事ではなくサイトドメインごとぶつけるイメージで、検索順位戦争における戦闘力高めてます。自分で言うのもなんですが、なかなかリスキーな戦法です。

この層に対して、僕の就職体験談を語り、意欲を育てていくイメージです。

2:フリーターをやめようとしてすでに行動している層

ここに対しては、フリーターとしての就職活動ノウハウを語っていたり、就職せずによりお金を稼ぐ方法などを書いています。

もうすでに行動している層ということで、うまく乗せることができればコンバージョンまでの距離感はかなり近いのですが、若干競合も多いところですね。

3:フリーターをやめるための具体的なサービスを検討している層

ここはコンバージョン直前層。言い換えれば、一番売上が上がりやすい層ですね。

なのでサービスを個別で説明する商標記事や、サービスの比較記事などを当てているのですが、ここについては相当競合も強くて多い。

だからこそ、その他ビッグキーワードで検索上位サイトを研究して、かなり情報量も多い記事のコンテンツで勝負かけてます。

とは言え正直、この層については、「競合に勝てたらラッキー!」くらいに思ってますね。それくらいレッドオーシャンです。ちなみに研究結果は下記。

検索上位の「おすすめ記事」に共通する特徴6つ【研究データ大公開】 サービスや商品のオススメ記事を書いたけどなかなか上位に上がってこない。どうしたもんか・・・。 当記事では、上記のような...

4:フリーターあるあるで悩んでいる層

この層については、フリーターをやめたいと思うかもしれない潜在層です

ここの記事をいかに増やせるかで、サイトの主役記事である僕の体験談のアクセスが決まってきますね。

内容はほとんど、幅広く記事を用意し、悩みの解決手段を提示しつつ、「そもそもフリーターやめたらいいのでは?」と提案し、意欲高まった人が僕の体験談に流れて行く動線にしています。

これまでなんとなくフリーターの悩みに答えて書いていた記事に、戦略的な役割を付与しました。

さいごに

最後に

以上が僕のサイトリニューアルの戦略です。

ベテランの人からすると、当たり前の話だったかもしれませんが、きっとブログでまだ1万円稼げていないような初心者の方には、少しでもヒントになったと思います。

もちろん、今回お伝えした内容は正解ではありませんが、特に「個人で勝てる範囲に抑える」とか「ターゲットの絞り方」とか「ターゲット層のCVまでの距離感で当てる記事を変えたりする」とか、このあたりは特に大事だと思います!

ぜひ次に活かしてください!