ビジネス

お局さん攻略完全ガイド【タイプ別の特徴と対策】

会社にいるお局が苦手で、毎日憂鬱。ストレスがやばい・・・

こんちゃん!ジッキー(@jikky_bongjing)です。当記事では上記のようなお悩みにお応えします。

会社にいたら必ずお局さんの一人や二人いますよね。そんなお局にストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

でも特徴と対策をしっかりと抑えておけば大丈夫。僕は最年少で課長に就任したことで、数々のお局からの攻撃を受けてきました。そして、理解したお局攻略のノウハウをあなたにお伝えしたいと思います。

お局には、タイプがあり、それぞれ対策法が異なります。

お局のタイプ別の特徴と対策法

お局対策

お局のタイプは5タイプ存在します。

ここにタイトルを入力
  1. イケメン大好き!女大嫌いタイプのお局
  2. 自己顕示欲高すぎ!お姫様タイプのお局
  3. 感情のコントロールが下手なタイプのお局
  4. ただの性悪コミュ障女!ネチネチタイプのお局
  5. わざと厳しい役回り!自己犠牲タイプのお局

それでは、1つ1つのタイプの特徴と対策を見ていきましょう。

1:イケメン大好き!女大嫌いタイプのお局

このタイプのお局が一番数が多いのではないでしょうか。

イケメンな男には甘く、女性全般にやたら厳しいタイプ。

このタイプが特に嫌いなのは、モテる感じの若い女性社員。色気のある女性は完全にターゲットにされてしまいます。

同じミスをしても、イケメンと女性で全然対応が違いますよね。

こういう人は、外に出している強気な態度とは裏腹に、恋愛体質で乙女なタイプであることが多いです。

ほぼ二重人格者。恋に恋い焦がれて歳をとった結果、性格がこじれてしまったのです。

お局対策は?

男女問わず、「乙女な彼女」の恋の相談相手になって上げるレベルまで仲を深めることができればベストです。

このタイプのお局は公私混合してくれますので、一度味方になれば、一気に対応が変わってきます。

また、男女問わず、男前なタイプが好きです。

つまり、なよなよしている優柔不断タイプを嫌う傾向にあるため、話すときはもごもごしない。堂々とテキパキとコミュニケーションを取るようにすること。

先輩だからと言って気遣いしすぎると、逆にイラっとされるややこしいタイプなので、飄々(ひょうひょう)とした態度で接するようにしましょう。

2:自己顕示欲高すぎ!お姫様タイプのお局

とにかく自分の話が好きすぎるお局さん。

全てのコミュニケーションの裏に、「私すごい!」「私がやりました!」みたいな意図が含まれていることが多く、聞いてる方を常に気を遣わせて、疲れさせるタイプ。

飲みにいこうものならほとんどが自分の話。聞いてる方は、どれだけつまらなくても「すごい!」と言わなければならないという地獄。

そして、何か非がある部分を指摘されると一気に機嫌が悪くなります。

このタイプのお局さんは仕事ができる場合も多く人のミスもいち早く気づいて、詰めてくる感じです。

お局対策は?

このタイプはとにかく褒めてもらいたいのです。しかも、自分が想定している通りに褒めて欲しい。

自分の話をしている時に、相手に言って欲しい一言がありますから、それを汲んであげるといいです。

例えば、

「私目が茶色だから太陽が眩しいの!」

→「茶色で綺麗な目をしてますよね!」と言って欲しい。

「目にすぐゴミが入っちゃうの!」

→「目大きいってことですよ!すごくぱっちりしてますよね」と言って欲しい。

「昔、私なんか20社くらい担当してたわよ」

→「今の若い人と比べたら、●●さんは根性が違いますよね」と言って欲しい。

みたいな感じ。

このやりとりがうまくできると一気に距離が縮まります。

この技術を応用して、仕事を依頼する時に、お局さんの気分を乗せられるようになれば、喜んで依頼を受けてくれるようになるでしょう。

例えばこんな感じです。

●●さんのように綺麗でわかりやすい文章が書きたいと思って、試行錯誤しましたが、どうしてもうまく書けません。そこで、是非こちらの文章リライトいただいて、勉強させていただけませんか?」

こういう頼み方が自然に嫌味なくできるようになれば、かなり上級者。

3:感情のコントロールが下手なタイプのお局

このタイプは普段はいい人なんだけど、感情がコントロールできないため、機嫌が悪いと八つ当たりをしてしまうタイプ。

本人もできればやめたいと思っていますが、機嫌が悪くなる自分を止められないのです。

本人もそれを自覚して、悩んでいるケースも多いですね。

お局対策は?

こういう人はできるだけ機嫌が悪い時にコミュニケーションを取らないことです。

それでも、コミュニケーションを取らざるを得ない時もありますよね。

そんなときは、相手の機嫌の悪さに一切怯まず、いつも通りに接してあげることです。

こっちが相手の機嫌を伺ってビクビクとすると、お局さんは「また八つ当たりしてしまってる・・・そんなつもりないのに・・・!そんなビクビクされたら私が悪いみたいじゃない!」と、余計イライラしてしまいます。

演技でもいいので、全く動じずに、いつも通りのテンションで接してあげましょう。

「お局のイライラを平然と受け止めてあげる人」を演出するイメージです。そうすると、相手のヒートアップを防げることが多いですね。

冷静なときはいい人であることが多いので、どこかで謝ってきたりすることすらあるかもしれませんよ。

4:ただの性悪コミュ障女!ネチネチタイプのお局

普通に性格が悪く、相手のミスや嫌がることをネチネチと突っついてくるタイプ。

このタイプは、特に後輩に対してのあたりがきつく、先輩には尽くします。

だから先輩には「お局であること」に気づかれないことも。

お局対策は?

こういうタイプがいる場合、正直言って、こちらからできる対策法がありません。

目安箱や上司への相談などを通じて、さらに上の人に悪行を共有する必要があります。

ただし、先輩に対しては、尽くすタイプなので、あなたから「彼女の悪行」を共有しても、まず最初は信じてもらえないこともあります

そうして、会社としての対応が遅れてしまい、あなたのストレスはたまる一方になることも。

なので、もし共有するなら「録音」などによって、証拠を揃えておくことも考えましょう。

どうしようもない場合は、転職も検討しましょう。そんなストレスかかる職場にいたら心が持ちませんからね。

5:わざと厳しい役回り!自己犠牲タイプのお局

厳しいことは言うけど、心は泣いてるパターンです。

あなたや会社の成長のために、自分への評価を犠牲にしている女性先輩社員の鏡とも言うべき存在。

こう言う人は理不尽ではなく、「正論」で論破してくることが多いです。

お局対策は?

対策する必要がありません。

彼女に怒られるなら、怒られる方が悪いのです。

このタイプのお局さんはあなたが何もしてなければ、怒ってはきません。

彼女は「怒るべきだ」「詰めるべきだ」と理性で判断し、怖い女性を演じています。

なぜ、そんなこと言われたのか、自分の何が悪かったのか、自分にベクトルを向けて考えることをオススメします。

人間関係は最大のストレス。お局がきついなら転職も

合わないなら転職

今回特徴と対策を紹介したお局は以下の通り。

世の中のお局のタイプ
  1. イケメン大好き!女大嫌いタイプのお局
  2. 自己顕示欲高すぎ!お姫様タイプのお局
  3. 感情のコントロールが下手なタイプのお局
  4. ただの性悪コミュ障女!ネチネチタイプのお局
  5. わざと厳しい役回り!自己犠牲タイプのお局

あなたの会社のお局さんはどれに当てはまったでしょうか?

もちろん、人によっては、複数のお局タイプを同時に持つ人もいます。

総じて言えるのは、やはり相手の性格に合わせた対応が下手だと、ストレスをかけられてしまいますから、働き続けたいのであれば、対策をとった方がいいでしょう。

人が会社をやめるきっかけとして最も多いのは、人間関係です。

仕事は「何をやるか」よりも「誰とやるか」の方が大事ですね。仕事内容よりもはるかに同僚からの影響が大きいのです。

働いている人にとって、仕事は人生の多くを占めるものですから、人間関係がうまくいかないのであれば、人生の満足度が下がってしまいます。

よりよい人生を送るためにも、転職もありです。お局対策がうまくいかないこともあるでしょうから、拘りすぎずに選択肢を広めてみましょう。

今回は以上です!