中小企業診断士

中小企業診断士試験で難しい科目ランキング【1位はもちろんあの科目】

中小企業診断士の一次試験科目で、難しい科目はどれだろう?

ランキングで見たい。

当記事では上記のような疑問に答えます。

どうも、こんちゃすー!2018年に中小企業診断士に合格しましたジッキー(@jikky_bongjing)でっすーーー!

とにかく科目が多い中小企業診断士一次試験。一体どれが難しくて、どういう順番で手をつけたらいいか気になるところですよね。

どれが難しいかっていうのは、もちろん「試験の年度による」&「人による」って感じが正直なところ。

ただ、今回は「一般的な社会人」っていう視点と僕個人が感じる難しさを表現していきたいと思います。最後はランキング形式でまとめますね。

では見ていきましょう。

中小企業診断士の一次試験7科目の難しさについて

中小企業診断士の一次試験科目の難しさについて

では各科目それぞれについて、僕なりの見解を話しますね。

ちなみに参考までに僕は文系で、経済学部で、簿記2級を10年前に取得(ほぼ記憶なし)、数学が得意、暗記は苦手、サラリーマンでは管理職って感じの人間です!

  1. 企業経営理論
  2. 運営管理
  3. 財務・会計
  4. 経済学・経済政策
  5. 経営法務
  6. 経営情報システム
  7. 中小企業経営・中小企業政策

1:企業経営理論

ジッキー的難易度  

企業経営理論は、比較的出題範囲は広いものの、回答しやすい問題が多いです。7科目の中で一番簡単じゃないかなって感じ。

「いやいや、経営を改善するためにそんなことしちゃダメに決まってんじゃん!」って選択肢を排除して行くと、そこそこ点数が取れちゃうんですよね。

ただ年度によっては知識問題が増えたりするので、一概には言えませんが・・・。

僕は一切勉強せずに合格しました。ほぼ国語の問題みたいに解いたら、7割くらい取れてました。

ただし、二次試験では深い知識が必要とされるので、勉強していて損はないですよ。

こんな人が得意
  • 会社員で管理職についている人ならイージー。
  • 経済学部出身の人もわりとすんなり。

2:運営管理

ジッキー的難易度  

僕の中では最も難しい科目。

工場の生産管理などをやったことなければ、非常にイメージしにくい内容が多く、ハードモードです。

暗記量も多く、出題範囲も広く、イメージしにくいの三重苦。

知識が問われる問題も多く、問題の中に専門用語も出てくるので、雰囲気で回答しても、合格できない科目ですね。二次試験にも出るので、運営管理は時間かけた方がいいと思います。

こんな人が得意
  • 生産管理の職種経験者からするとボーナス科目。

3:財務・会計

ジッキー的難易度  

財務・会計の科目は、適当に雰囲気とか国語力で点数をとれない科目なので、ごまかしがききません。計算する問題が多いです。

覚える知識量は少なめですが、会計の考え方を理解しなければならないことがハードルになります。

また、数字が苦手だとかなり難しく感じるかも。

ただし、財務・会計については、得手不得手に関わらず時間をかけた方がいいです。

というのも、財務はものすごく差がつきやすい科目だからです。できる人はめちゃくちゃ点数取れますからね。それに二次試験もありますし、二次試験でもめっちゃ差がつく科目です。

明確な答えがあるわかりやすい科目なので、できるようになれば点数は安定します。

僕は経済学部出身で、簿記2級も持っていて、数学も得意でしたので、一次試験は満点取りまして、二次試験も得点源になってくれました。

こんな人が得意
  • 数学が得意
  • 簿記2級合格者

4:経済学・経済政策

ジッキー的難易度  

「経済学」に関しては、明確な理論があるので、覚えること自体は少ないですが、数学が苦手だとかなりきつい科目です。

基礎知識の丸暗記で臨む人もいるのですが、それだと応用問題が解けなくなりますから、「なぜそうなるのか」を理解する必要があります。

経済学の考え方を理解するためには、結構数学的な脳みそを使います。

いろんなグラフが出てきますが、なぜその形になるのかっていう理屈を理解することが重要。逆に仕組みを概念的に理解できれば、攻略はすぐです。

「経済政策」の問題は出題者がやろうと思えば、いくらでも難しくできます。

経済政策なんて、出題範囲無限ってことですからね。

僕の中では経済政策の応用問題については「捨て」、基礎問題のみとりにいく感じです。

こんな人が得意
  • 数学が得意。
  • 経済学部出身

5:経営法務

ジッキー的難易度  

法律を学んだり、仕事で法務などに接していない限りは、かなりきつい科目。

暗記量がとにかく多いですね。法則がないものを覚え続けなければなりません。

個人的には非常に嫌いな科目でした。二次試験に出ないのに、勉強時間はごっそりと持っていかれる感じです。

暗記が得意でなければハードな科目ですね。

知ってるとすごく役に立つだろうな・・・という感覚はあるものの、必要知識が細かく、量も多いので早めに取り組みつつ、ゆっくり頭にしみこませていく感じで乗り越えたい科目ですね。

こんな人が得意
  • 暗記が得意。
  • 法学部出身。
  • 自分で会社経営の経験がある。

6:経営情報システム

ジッキー的難易度  

情報システム部門などでIT分野に接していないと、スーパーハードな科目です。

全くイメージできない言葉、一見意味をなさないアルファベットの文字列、理解しにくいITの仕組みなどを暗記していく感じ。

暗記力が強い人でも、覚えにくいと思います。一次試験をクリアするための登竜門じゃないでしょうか。

ただ、救いなのは、科目として難しすぎるので、ある程度知識を仕上げさえすれば、解きやすい問題が出ることが多いです。

ただし、一次試験を出題する先生が少し難度を高めようとすると、「受験生からクレームが殺到するレベル」の難しさになったりもしますから要注意。

H28年度に受けましたが、マジできつい試験でした。ただ、インターネットの仕組みとか、これまでブラックボックスだった世界の中身がわかってくるという意味で、勉強自体はオモシロイですね。

こんな人が得意
  • 暗記が得意。
  • IT関連の仕事で普段から言葉慣れしている人
  • 情報システム部門の人

7:中小企業経営・中小企業政策

ジッキー的難易度  

この科目もなかなかの地獄科目。

覚えることは比較的少ないんですけど、語呂合わせするしかないような法則性のない知識をひたすらに覚える感じ。一切ストーリーがない数字などをひたすら覚えるだけなので、超面白くない!

グラフの形とか、数字とか、割合とか・・・。暗記が苦手な僕にとっては単純に地獄のような科目でした。

無理矢理でもストーリーや理屈をつくって、頭に入れないと本当にきついです。

覚えにくさは全科目中ナンバーワンかも。

それでいて完全知識問題なので、勉強してなかったら合格できない科目です。

これは独学だとどこをどれくらい勉強したらいいかわからなくなると思うので、自分一人で仕上げるのは大変ですよ。

時短したいなら、ある程度ヤマを張ってくれる予備校必須ですね。

こんな人が得意
  • 暗記が得意。
  • 語呂合わせが得意な人。

中小企業診断士一次試験の難しい科目ランキング

中小企業診断士一次試験の難しい科目ランキング

というわけでまとめると僕的な難しいランキングは以下の感じです。

▼ジッキー的難しいランキング▼

1位 運営管理

2位 経営情報システム

3位 経営法務

4位 中小企業経営・中小企業政策

5位 財務・会計

6位 経済学・経済政策

7位 企業経営理論

ただ、これは数学得意な人向けの感じ。

数学苦手で暗記得意!ってひとからしたらこうなると思います。

▼数学苦手な人の難しいランキング▼

1位 運営管理

2位 財務・会計

3位 経済学・経済政策

4位 経営情報システム

5位 経営法務財務・会計

6位 中小企業経営・中小企業政策

7位 企業経営理論

あとはぶっちゃけその人のバックグラウンドにかなり影響する感じですね。

全て一概に言えませんが、大体イメージできましたでしょうか?

勉強の順番などを考える際にご参考頂けると幸いです!

サラリーマンのための中小企業診断士合格ロードマップ【体験記あり】 サラリーマンが中小企業診断士に合格するためにどんなことをすればいいんだろう。実際の合格者の体験記も読みたい。 どうも、...
【無料あり】サラリーマンにおすすめする中小企業診断士の予備校3選 サラリーマンをしながら中小企業診断士の資格を取りたい。 予備校はどこがいいんだろう?おすすめの予備校・通信講座が知りたい!...