ブログ副業

単価の高いアフィリエイト案件を獲得するための広告代理店活用術

アフィリエイト広告代理店から高単価案件をもらいたいんだけどどうしたらいいかな?

当記事では上記のような悩みにスカッとお答えします!

どうも、こんちゃ!ジッキー(@jikky_bongjing)でっすーーー!

僕は弱小ブロガーながらにして、広告代理店の担当から儲かる美味しい案件を紹介してもらうことで、月間安定的に10万円以上は稼いでいます。

で、前回や前々回の記事で、広告代理店の担当者がつくことによって得られたメリットや、弱小ブロガーが広告代理店の担当者と出会う為に行った工夫などを告白してきました。

僕のアフィリエイト収入が10倍に!広告代理店の担当がつくメリット アフィリエイトの広告代理店が担当につくメリットが知りたい! 当記事では上記のような悩みにお答えします。 こんちゃ...
弱小ブロガーの僕が広告代理店とつながるために行った3つの工夫 弱小ブロガーだけど、アフィリエイトの広告代理店と繋がりたい! どうしたらいいの? 当記事では上記のような悩みにス...

で、今回は、このシリーズの最終章。

ハッタリきかせて広告代理店の担当者と出会ったはいいものの、すぐに月間1万PV程度の弱小ブログだってことはバレてしまったわけですが、なぜそれでも儲かるいい案件が紹介されるのか。

普通は、もっとPVのあるブログを相手にしたほうが相手にとっても効率がいいのに、なぜ僕には良いアフィリエイトのアドバイスなどをしてくれるのか。

その理由とは、ズバリ!

当たり前のことを当たり前にやってるからなんです。

というわけで、今回は僕が当たり前に広告代理店の担当者相手に実践していることについて、紹介します。

今後担当者がついた時にはぜひ参考にしてください。

単価の高いアフィリエイト案件を獲得するための広告代理店活用術

こう単価アフィリエイト案件をもらう理由

高単価案件をもらうために、僕が続けていることは下記の通り。

  • 担当者からの連絡には、丁寧に即レス
  • 依頼された執筆は、即日納品
  • サイトが将来目指している姿を伝えておく
  • 学習意欲・成長意欲を見せる
  • もらったアドバイスは即実践。即反映。フィードバックも忘れずに。

担当者からの連絡には、丁寧に即レス

これはね、徹底しました。

担当者から連絡が来た時は、即レス。

広告代理店の担当者もきっといろんなアフィリエイターを相手にしていると思うんですけど、儲かってるアフィリエイターってきっと殿様的な感じで、大事な連絡への返信とかも遅くて、相手するのはストレスもかかって苦労するんだろうなって思うんですよね。(妄想ですけど)

ただし、苦労したとしても、お金を稼げるから、頑張るしかないわけですよ。

でも逆に僕みたいなチンチクリンが亀レスしたら、その時点で相手にされなくなりますよ、きっと。

なんでお金儲からんのに、こんなストレスかからなあかんねんと。

いらんわ、こんなやつ・・

だから、お金にはなりにくいけれども、労力やストレスはかからないブロガーっていう印象を相手に与えたいってのが僕の作戦ですね。

依頼された執筆は、即日納品

広告代理店からは、例えば、

「●●の案件をジッキーさんのブログで紹介してもらいたいと、クライアントからの依頼があります。こんな記事書いてもらえますか?」

みたいな依頼がくるんですよ。

それに対して、僕は、その日か次の日には納品できるスピード感で書くようにしています。

これも、即レスと同じ発想で、他のアフィリエイターとの差別化のためですね。

殿様アフィリエイターは、きっと、「2週間後納品します〜」とか言ってくるわけですよ。

しかも多分、自分で言いだした期限すら守らない人も多いでしょう。

 

そんな中、即対応、即納品することで、

「こいつブログは弱いけど仕事はできるぞ」

みたいな感じになると、一目置かれるんですよ。

弱小ブロガーのうちの姿勢としては、こういうのが大事なんだと思いますね。

サイトが将来目指している姿を伝えておく

個人的には、ここも大事だと思います。

「自分はこういうサイトを本気で目指している。半年後には●●PV、来年には●●PVを実現させようと思って、こんな行動をしている。」

みたいな話を、さりげなくですが、僕は担当者に伝えていました。

そうすると、広告代理店の担当者からすれば、

僕と付き合っておくことに将来的なメリットがあるかもしれない・・・

と期待感を持って接してくれます。

営業マンだったらわかると思いますが、「最初は少ししか発注できないけど、成果出たら来年もっと発注できるから」って言われたら、無理してで仕事取りに行ったりする時あるじゃないですか。

あれですよ。まさに。

もちろん僕は本気でサイトを大きくしたいと思っていますから。

ならそのビジョン、伝えないともったいないと思ったわけです。

学習意欲・成長意欲を見せる

その広告代理店が主催するセミナーにはできるだけ足を運びました。

どうしてもいけない時は、いけない旨を伝えて、当日使うレジュメやスライドの共有のお願いをしました。

また、「もっと儲けるために」という視点で、どんどん疑問点は質問していきました。

 

きっとそれらの行動を見て、僕のサイト運営に対する本気度が伝わっていると思います。

 

「こいつブログはしょぼいけど、やる気はあるぞ。今後跳ねる可能性あるぞ。」

もちろん大人なので本人は言わないですが、多分こういう気持ちだと思います。

もらったアドバイスは即実践。即反映。フィードバックも忘れずに。

で、そこからさらに大事なのは、

教えてもらったことやアドバイスは素直に実践すること。

自分のポリシーもありますし、考えもある。

だけど、所詮我流。

そんなくだらないプライドなんて捨てて、とりあえず言われた通りにやるんです。

そして、アドバイスをブログに反映したら報告する

しばらくして、成果を報告する。(ここのフィードバック大事)

こういう連携をスムーズにとり続けることで、担当の方はかなり乗り気でいろいろ教えてくれるようになりました。

今では、担当者自ら、儲かってるサイトのやり口とか、今熱いアフィリエイト案件とその紹介の仕方とか、かなり具体的なアドバイスももらえますから、ものすんんんんんんごく助かってます!

大事なことは全てサラリーマンで学んだことだった

ポイント

以上を実践することで、僕は弱小ブロガーながらにして、広告代理店の担当者と良好な関係を築き、良い案件が回ってくるし、良いアドバイスが回ってくるし、時には裏情報みたいなものももらえるようになったんです。

まぁでも今回伝えた僕のやり方って、

全てサラリーマンで身につけたことですけどね。

ウォォォ、サラリーマンも捨てたもんじゃネーーーー!

 

まぁ、広告主はもちろんですが、広告代理店も、お客様として誠意ある対応をするってことです。

そして、こっちが謙虚な姿勢で、ビジョンを描いて、本気で頑張っていて、一生懸命であれば、応援もしてくれますし、優先的に良い案件とか良い情報回してくれますよ。

広告代理店の人も当然人間ですから。

 

広告代理店の営業マンはきっとあなたをお客様としてVIPな感じで接してくるでしょう。

「広告を掲載させていただけませんでしょうか?」

こんな感じだと思います。

 

でも、弱小ブロガーのうちは特に、そこで偉そうにしないように。

「ん?あぁ〜広告?載せてやっても良いよ?」

みたいな対応だと、すぐに相手にされなくなっちゃうと思います。

相手からすると、そんな感じで弱小ブロガーなら付き合うメリットないわけですから。

 

謙虚に。誠実に。一生懸命に。

 

そういう当たり前の姿勢を貫いていれば、儲からなくても相手は一緒に仕事したいって感じてくれるものですよ。

もう一回言いますけど、

広告代理店の人も人間ですから。

 

ただ、これは僕のやり方なので、是非ご参考までに!

今回は以上です。

【お知らせ】副業ブログ歴4年間の失敗を詰め込んだnoteを作りました。

ブログを始めて4年。センスなしで凡人な僕でも、2020年3月にアフィリエイト収益で月30万円以上の収益を達成しました。

ここに来るまで、たくさんの失敗をやらかしましたが、今の僕があるのは、それらの失敗から学んだ教訓があるおかげです。

そして、今確信していることがあります。

「僕の4年間の失敗を避ければ、みんな僕よりうんと早く6桁に到達できる」

というわけで、4年間で積み上げた失敗を詰め込んだnoteを作りました。

  • 初心者が絶対にマネしてはならない失敗
  • マヌケな失敗
  • 本当は晒したくない黒歴史
  • 今でも後悔するような失敗
  • 稼げなかった時と稼げるようになった時の考え方の差 など

約3万文字程度に詰め込みました。このnoteを読めば、初心者ブロガーにありがちな失敗を避けて時短することが可能です。

失敗40個中10個まで無料で公開中です。

>>ブログ副業歴4年で30万円稼げるようになった僕が後悔している「40の失敗」と学んだ教訓を公開