ビジネス

「高学歴なのに仕事できなくてつらい」原因と克服法【体験談あり】

高学歴だけど仕事できない。ハードルは上がってしまうから余計につらい

当記事では上記のような悩みを持つ方に僕の体験談を語ります。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!ジッキー(@jikky_bongjing)と申します!

高学歴で色々期待はされているけど、人前で喋ると手が震えるし、うまくお客様と関係を作れない。

プレゼンは下手だし、テレアポをする気にもなれない。

社会に出れば仕事できるようになると思ってたけど、全然才能を感じない。

学歴が低い人にも全然勝てる気がしない。つらすぎる。

全部高学歴の僕が若い時に感じていた事です。特に社会人なりたての時は、営業として、全然鳴かず飛ばずの感じでした。

ジッキー
ジッキー
これを読んでるあなたも、きっと同じような悩みを持っているかと思います。

ただ、結果僕はどうなったかというと、最年少「営業課長」への昇進を果たし、最年少で「マーケティング部の部長」に昇進しました。

今回は、「なぜハイスペックであるはずの高学歴者が仕事できないという状況になるのか」、自分の体験談を踏まえて話しつつ、そこから抜け出した方法も語っていきます。

なぜ高学歴なのに仕事ができないのか

なぜ高学歴なのに仕事ができないのか

なぜ高学歴で、頭もいいはずだし、コツコツ努力もできるのに、仕事ができないのかという話をしていきますね。

以下3つだと僕は結論づけています。

  • 高学歴者は万能ではない(高学歴者には得意・不得意がある)
  • 頭の良さで補えない「仕事力」みたいなものがある
  • 周りは思ってるより頑張っている

高学歴者は万能ではない

高学歴者の大学時代は、あたかも人間として上のランクにいるかのような学生生活を送る事ができます。無駄に尊敬され、もてはやされる生活を送ってきた人も多いでしょう。

ジッキー
ジッキー
でも実際は万能ではなく、経験も能力も偏ってます。

部活をたくさん頑張ったり、友達とたくさん遊んだり、いろんな課外活動に参加したり、アルバイトをしたりしながら、一流大学に入った人は少ないはず。家で勉強をコツコツ頑張り続けた人が多いのではないでしょうか?

高学歴には得意・不得意があります

つまり、高学歴には得意・不得意があるということですね。

ただ、学生時代はなぜそこに気づかないかというと、自分の苦手なことから逃げる自由があるからです。

僕で言えば、下記が圧倒的に苦手でしたから逃げまくってました。

  • 人との関係づくり
  • 人前でのプレゼン
ジッキー
ジッキー
だけど僕は、これで営業職についたのです。今となっては、なんで自分でできると思ってたのか不明です・・・(^^;

僕の場合は、営業ができないのが悔しすぎたので、成績不振で恥をかきまくりながら、鬼の努力でなんとか克服しましたが、それでも得意にはなりませんでした。

ただし、適性のあるマーケティング職についてから成果の出方が全然変わりました。

この辺りの話はいかにまとまっています。

高学歴に向いている仕事8選【営業職は不向きです】 高学歴に向いている仕事ってどんな仕事なのか知りたい。 当記事では上記のような疑問にお答えします。 今回の...
ジッキー
ジッキー
まず自分の得意・不得意を冷静に棚卸ししてみましょう。不得意な事を頑張ってませんか?

頭の良さで補えない「仕事力」みたいなものがある

あと、最大の理由はこれかなと思うのですが、頭の良さとかで補いきれない「仕事力」のようなものがあるんです。

ジッキー
ジッキー
めちゃくちゃエリート大学から来た新人も、2年目社員にすぐには勝てない理由がそこにあります。

仕事力は、社会人としての経験を積まなければ得られないものです。「こういう場面ではどうしたらいいか」を判断するための一種の勘のようなものです。

社会はロジックだけでなく、感情だったり、プライドだったり、理不尽さだったり、とにかくいろんなものが混沌としてますから、頭の良さだけで乗り越えられるものでもないんです。

周りは思ってるより頑張っている

学生時代は遊んでばかりだった人も、社会になってら頑張る人が一気に増えます。

学歴はないからこそ、努力してやろう!と切り替える人も結構いますから、他が想定よりも強くなるっていう感覚は持った方がいいのかもしれません。

「仕事ができない高学歴」から脱却する方法【体験談あり】

「仕事ができない高学歴」から脱却する方法【体験談あり】

実は結構シンプルなのですが、高学歴が仕事できるようになるために必要なのは、以下の3つです。

  1. 鬼の努力
  2. 経験が積まれるのを待つ
  3. 適性のある仕事につく

1:鬼の努力

まずは、これまで以上に鬼努力しましょう。

勉強ほど適性のない事で、しかも他の人もガツガツ頑張るフィールドで勝たなければいけません。

ジッキー
ジッキー
ひたすらに努力して、行動と改善を繰り返す事が求められます。

2:経験が積まれるのを待つ

勉強や頭の良さではなんともならない「仕事力」を養っていく上では、経験が積まれるのを辛抱強く待つということは必要です。

高学歴者は「論理的思考力が高い」とか「努力して目標達成する力が高い」とかいろんな長所があるので、「仕事力」さえ掛け合わされば一気に跳ねます。以下のようなイメージ。

仕事の質=「能力」×「仕事力」

今はきっと、仕事力の方が低いのだと思いますね。

ジッキー
ジッキー
僕は覚悟して努力を始めたから、3年ほどかかりましたが、一気に仕事ができるようになる感覚を得ました。

3:適性のある仕事につく

あとは、適性のある仕事につくということも大事。

僕は営業職で人に負けるのが悔しくて、努力して、課長までなりましたが、コスパは悪かったように感じます。

自分の思考力とか、戦略を立てる力が生かされているのは、マーケティング職でしたね。

ジッキー
ジッキー
マーケティング職について、僕は圧倒的に成果が上がりやすくなりました。

つまり、

「能力」=「才能」×「努力」

なんだなと、改めて痛感しました。

高学歴者が適性がある仕事について努力すれば、どうせ勝てますよ

高学歴者が適性がある仕事について努力すれば、どうせ勝てますよ

今仕事ができなくて、周りのハードルだけ高くて悩んでいるかもしれませんが、正直高学歴なあなたは、以下2つについてはほぼ保証されています。

  • 頭が良くて
  • 努力ができる人

なので、あとは自分の長所がなんなのか、適性がある仕事は何なのかを見極め、そして経験を積んで仕事力を伸ばせば、どうせ仕事はできるようになります。

1年目、人前で話して震える僕をバカにしていた先輩たちは、もうみんな僕より役職は下です。

偉そうに「お前本当に高学歴なの?」なんて言ってきた人たちもゴボウ抜きにしてきました。

不思議なもんで、成果が出るようになったら「●●って仕事できるよねぇ」としか言われなくなります。

そんなもんなんですよ。人は自分よりできない人をバカにしたいんです。

いずれにせよ、頭がいいのと努力できる才能は、なかなか手に入れる事ができない貴重な才能です。絶対に自信持って、どうせ勝てるんだという気持ちを持ちながら、謙虚に、経験を重ねていきましょう。

高学歴者におすすめの転職サイト・転職エージェント3選【年収UP狙い】 高学歴におすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい! 年収アップさせるコツや転職に失敗しないコツなんかもあれば知りた...