ビジネス

高学歴なのに転職で不採用が続く原因と対策【転職のプロが教える】

高学歴なのに転職で不採用が続いている。

転職だと学歴で有利にはならないのかな。原因や対策が知りたい。

当記事では上記のような悩みを持つ方に答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!ジッキー(@jikky_bongjing)と申します!

就活の時は有利だったのに、転職ではうまくいかない。そんなギャップに悩んでいるかもしれませんね。

僕は高学歴出身で、フリーターからとある人材企業に転職し、エージェント事業を行なっていた経験があるので、高学歴事情と転職事情にはかなり精通しています。

今回は、そんな僕が高学歴なのに転職で不採用が続く原因と対策をお伝えします。

高学歴なのに転職で不採用が続く原因

高学歴なのに転職で不採用が続く原因

原因は概ね以下4つです。

  1. 年齢や転職歴よっては学歴はリセットされる
  2. 適正年収がわかっていない
  3. 適性がずれている
  4. 面接が下手

1つずつ解説します。

年齢や転職歴によっては学歴はリセットされる

まず、年齢や転職回数などによっては、学歴はリセットされてしまいます。

なぜなら、企業は中途採用を行う理由の大半は欠員補充であり、「学歴のポテンシャル」ではなく「即戦力」を求めるからです。

ポテンシャル重視の採用は新卒採用で行なってます。

企業によって20代まではポテンシャル採用を実施していることもありますが、転職では概ね履歴書よりも職務経歴書の方が見られると思っておいた方がいいですね。

ジッキー
ジッキー
学歴で得られるメリットは、転職においては薄いのです。

適正年収がわかっていない

高学歴者の転職理由で多いのは『年収をアップさせたい』ということ。

周りにエリートが多い分、稼ぎが多い友人などにつられて俺も稼ぎたいと思うことが多いようです。

ただ、年収は今の会社での稼ぎがベースとして計算されますから、自分の適正年収を理解せずにあまりに高い金額を伝えても「欲深いなこいつは」と思われてアウトです。

適性がずれている

高学歴者に多いのは、自分の適性を理解していないということです。

なぜなら、なんでもコツコツ言われた通りにやることが得意なので、それなりになんでもできちゃうからですね。

ですが、面接官は「こういう能力を持つ人が欲しい」という採用ターゲットを明確にイメージしています。

なので、自分の適性がわからずに、適性とずれた応募をしていると、転職は失敗しやすいですね。

極端ですが、以下のようにずれてる感じです。

  • 口下手な高学歴→営業職に応募
  • サイトをまともに触ったことない高学歴→憧れだけでWEBマーケ職業へ応募
  • 見た目がダサい高学歴→クリエイターに応募
ジッキー
ジッキー
転職では、学歴よりも、職業への適性の方が重視されます。

面接が下手

高学歴者は就活で能力以上に有利となってうまくいった経験から、面接のコツを理解していない場合があります。

面接では「企業があなたを採用するメリットを自分からアピールする」必要があります。

高学歴者に多いのは、「自分は能力が高いから採用されて当然だ」と思って、自分からアピールしないケース。

ジッキー
ジッキー
これだと、「察しろよ」といってるのと同じなので、基本的に採用されにくいですね。

高学歴者が転職で不採用にならないための対策

高学歴者が転職で不採用にならないための対策

以下の3つをしっかりと抑えれば大丈夫です。

  1. 適正年収の理解
  2. 自分の適性の理解
  3. 第三者の仲介
ジッキー
ジッキー
すみません、もう当たり前のことしか言ってませんよね(^^;

でもですね、そもそも高学歴者は若い時に能力の高さや学歴で有利になる人が多いので、ちゃんと転職活動をしている人が少ないのです。

ですから、高学歴者って「ちゃんと転職活動をする」だけでわりとうまくいくことが多いです。

適正年収の理解

適正年収は把握しておいた方がいいですね。

『どこまでなら条件を提示しても嫌がられないのか。』この感覚を掴んでおくと、転職が非常にスムーズにいきます。

ジッキー
ジッキー
なんだかんだ言って、年収交渉が一番難しいですからね。

適正年収はツールを使って診断するといいですよ。

適正年収は、ミイダスというサイトで無料で診断できます。僕も自分の年収を測ってみました。

ミイダスで市場価値診断をしたので結果を晒します【30代部長の相場】 僕は、100名以上の会社で、マーケティング部の部長をやっていますが、新卒で入った会社にずっといますから、「いったい自分の市場価値...

自分の適性の理解

さらに大事なのは、自分の適性を把握すること。つまり自己分析ですね。

高学歴者はだいたいなんでもできることから、本当に才能があるものを理解していないケースが多いですね。

「なんでも勝ちたい」とか「なんでもできるようになりたい」とかそういう気持ちがあるのもわかりますが、各企業の面接官がターゲット像を準備している以上は、あなたも自分自身の強みを理解して、話せるようになっておく必要があります。

ジッキー
ジッキー
ちょっとややこしいこと言ってるんですが、要するに、「なんでもできます。能力高いので」が転職では通用しなくなるってことです。

第三者の仲介

あとできれば転職は第三者に仲介してもらった方がいいですね。具体的には転職エージェントです。なぜ転職エージェントがいいかって話は、以下の通り。

  • 自分の適性についての客観的な意見やアドバイスがもらえる。
  • 自分の求める待遇の企業を自分で探す手間が省ける
  • 年収交渉を第三者機関にお願いできるため、年収アップしやすい。
ジッキー
ジッキー
それに転職エージェントは無料で利用できるので、どう考えても特なわけです。

ただ、なんでそれでも転職エージェントを利用しない人がいるかというと、おそらく「知らないから」とか「怪しいから」だと思います。

ただ、リクルートなどの超大手人材企業のエージェントを利用すれば問題なしですね。

高学歴者におすすめの転職サイト・転職エージェント3選【年収UP狙い】 高学歴におすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい! 年収アップさせるコツや転職に失敗しないコツなんかもあれば知りた...

ぜひこれらの対策を踏まえて、不採用の連続から脱出し、年収アップを果たし、転職を成功させてください。

高学歴者はそもそも能力が高いので、やり方さえ間違わなければ大丈夫です。

【お知らせ】就活アフィリエイトで月10万以上稼ぐノウハウを有料noteに詰め込みました

2019年9月に1つのアフィリエイトサイトで月10万円以上の収益を達成しました。


僕の就活ブログのスペックは以下の通り。

  • 160記事
  • 20,000pv/月
  • メイン案件のクリック数 160回/月
  • サイト全体のアクセスをならすとクリック率 0.8%
  • コンバージョン数 22回/月
  • コンバージョン率 13.75%
  • 承認率 約6割
  • 収益 約15万円/月

僕が就活アフィリエイトを運営する上で、ツイッターなどでもつぶやかない実践的なノウハウを詰め込んだつもりです。

僕のサイトのスペックを超えている方には無縁ですが、これから稼ぎたい方には真似していただける要素も結構多いはず。

以下のようなことは理解いただけるかと思います。

  • 企業メディアが多い就活ジャンルでいかに個人メディアで戦ったのか。
  • たった2万pvでどうやって収益10万円を超えたのか。
  • 就活アフィリエイト独特のコツ

興味ある方は以下のリンクからどうぞ!

>就活アフィリエイトで月10万稼げるようになった僕の戦略を公開【企業メディアと戦わずして稼ぐ方法】