ビジネス

高学歴で年収300万円未満の人は多いので病む必要なし【脱出は簡単】

高学歴年収300万円しかなくて病みそうなんだけど、これってぶっちゃけどうなの?恥ずかしいことなの?

できれば、年収をアップさせる方法も知りたい。

当記事では上記のような悩みを持つ方に答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!ジッキー(@jikky_bongjing)と申します!

高学歴者で年収300万円未満だと、「こんな給料低いの自分だけなのかなぁ・・・。」と不安になりますよね。周りがすごい給料稼いでいる人もいるでしょうから。

でも実際は、そんなに焦るほどのことではありません。年収300万の高学歴の人は結構います。

ジッキー
ジッキー
僕は実は超がつくくらいの高学歴ですが、22歳〜27歳くらいまで年収300万円なかったですよ。

高学歴者で大手企業に行ってずっと働いていたら年収300万で停滞することはないですが、これから紹介するパターンだと結構年収300万くらいになりやすいですね。

高学歴で年収300万円未満の人は多いです

高学歴で年収300万円未満の人は多いです

いくつか、高学歴者で年収300万円未満になってるパターンを紹介しますね。

高学歴出身の年収300万円未満の実例

僕の知っている3人、この記事を書いている時点での年収が300万円未満なので紹介しますね。

中小企業に就職した慶応出身の25歳

中小企業に就職した慶応出身で社会人3年目の知り合いは、ちょうど年収300万円くらいですね。月収額面24.5万円でボーナスがないそうです。

月収は低くても、その人はすでに管理職。マネジメントの経験を若くから積めています。そのスピード感が気に入って、25万円だとしても頑張って働いているみたいですね。

東京なので生活費はややしんどいらしいですが(^^;

ジッキー
ジッキー
僕はこの状況に非常に近かったです。東京に住んでいたので若干生活費きつかったですが、それよりも経験を買いたかったのです。

地元にUターンした京大出身22歳

京都大学を出ていて地元の鹿児島に帰った知り合いもいます。

地元が好きで、鹿児島に帰って、地場の企業で働いています。

月収は額面で20万円とのことですが、物価も安いので全然余裕で暮らせるそうです。

飲食に目覚めた早稲田出身の30歳

早稲田に通っていて、就職しようとしたけど、自分で店を持ちたいと言う夢が捨てきれず、修行で飲食の会社で料理人をしている人もいます。

この人はもう30歳になりましたが、年収は250万くらい。

35歳あたりで開業に向けて働いています。

高学歴で年収300万円未満の人は「お金以外のこだわり」がある

高学歴で年収300万円未満の人の特徴は一つ。

それは、「お金より優先順位の高いこだわりがある」ということです。

僕が22歳〜27歳まで年収300万円未満で我慢した時のこだわりは以下の通り。

  • 色々任せてもらうスピードが早い会社で実力をつけたい。
  • サークルのような雰囲気で精神的に自由な感じで働きたい。
  • 尊敬している社長と一緒に働きたい。
  • これから伸びそうな会社で働きたい。

生活はきつかったですが、これらを叶えるには僕にとって今の職場は絶好の環境でした。

きっとあなたもふと、周りの高学歴の友人の年収が自分よりも高くて、コンプレックスを感じているのかもしれませんが、何かお金以外にこだわってるものがあるはず。

 

ジッキー
ジッキー
あとで説明しますが、もし仮にあなたがお金にこだわっていたとすれば、「お金を稼ぐ」ことは今の時代そんなに難しくないのです。

それをやっていないのは、他に何か優先するべきことがあるということです。

結論:あなたが選んでる道なので「病む必要はなし」

要するに、年収300万円は意識的かどうかは別として、あなたがあえて選んでいる選択肢なのです。

ですから、結論、病む必要はなし。

ジッキー
ジッキー
お金稼ぐこと以外に何かこだわりがあるので当然の結果ですね。

自分の価値が300万円しかないわけでは決してありません。

試しに適正年収診断やってみるといいですよ。あなたはもっと労働市場で高く売れるはずですから。以下は僕の年収診断結果。700万円突破しました。

ミイダスで市場価値診断をしたので結果を晒します【30代部長の相場】 僕は、100名以上の会社で、マーケティング部の部長をやっていますが、新卒で入った会社にずっといますから、「いったい自分の市場価値...

高学歴者なら年収300万円突破は簡単です

高学歴者なら年収300万円突破は簡単です

とはいえ、生活を楽にしたいという感覚もありますよね。

そんな方には朗報ですが、年収300万円を突破することは、全然難しいことではありません。特に高学歴者の能力があれば、問題なし。

副業すれば年収は上がる

例えば仕事後とか休日に以下のような副業をするだけで、稼げるようになります。

  • ブログをコツコツ書いてアフィリエイト。
  • プログラミングを学んで案件を受ける。
  • 在宅でライティングのバイトをする。

文章力・勉強・継続力が求められるアフィリエイト。勉強・論理的思考力が求められるプログラミング。文章力が求められるライティング。

これらは全て高学歴が向いている副業です。向き不向きはあれど、高学歴者であれば、どれかには向いているはず。何よりコツコツ頑張れる能力は副業で稼ぐのにとても役立ちます。

ジッキー
ジッキー
僕は3年くらいゆるりと独学で試行錯誤しながら、帰宅後にアフィリエイトをやるようになり、月10万くらい稼げるようになりました。年収でいうと120万です。

ペースによっては僕みたいに1年以上かかるかもですが、在宅での仕事はネット上で受けられる時代なので、今の状況をキープしながら、年収を上げて行くことは難しくありません。

転職すれば年収は上がる

もし、今の仕事をやめてでも、お金にこだわるなら、転職です。

ジッキー
ジッキー
普通に転職したら、もちろん「今の給料がベースで給与設定される」ので、なかなか給料は上がりません。

ただ、転職エージェントを利用して第三者を挟めばそれも解決

転職エージェントは、以下のようなことを無料でやってくれます。

  • あなたの能力を見極め、適正年収を算出
  • 自分からは難しい年収交渉を企業としてくれる
  • あなたの希望に合った会社を探してくれる

なんでこれが無料かというと、「企業からお金をもらっている」からです。なぜ年収交渉してくれるかというと、報酬体系が「採用されたら年収の30%いただく」という形だからです。

高学歴者におすすめの転職サイト・転職エージェント3選【年収UP狙い】 高学歴におすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい! 年収アップさせるコツや転職に失敗しないコツなんかもあれば知りた...

お金もこだわりも譲れないなら優先すべきは時間

お金もこだわりも譲れないなら優先すべきは時間

とはいえ、お金も譲れないし、今持っているこだわりも譲れないという場合は、まず時間を確保することが大事です。

なぜかというと、時間がない状態が一番打つ手がないからです。

今の会社がもし、激務で残業が半端なくて、今もこれからも時間を確保できないのであれば、「同じような条件を満たすホワイト企業」に転職するべき

もし仮に年収が下がったとしても、時間さえがあればさっき言ったようになんとかスキルを学びながら、稼ぐことはできます。

ジッキー
ジッキー
残業がなくて、18時に帰れるような会社は中小企業でも増えてきていますから、転職エージェントなどで希望の条件として伝えてみましょう。

稼げるスキルが学べる会社だとなおよし

例えば、プログラミング、WEBマーケティング、ライティング、SEOなど、個人で稼ぐためのスキルを学べる会社も多くあります。

ジッキー
ジッキー
そういう会社で働くと、「お金を稼ぎながら勉強ができる」のでほぼチート状態。

自分に向いていそうな副業をイメージしつつ、それが学べる会社をエージェントに探してもらいましょう。

「時間」と「スキル」が揃えば、稼げる時代なので、考えるだけでなく、是非行動して、自分のために良い職場を選択してください。

高学歴者におすすめの転職サイト・転職エージェント3選【年収UP狙い】 高学歴におすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい! 年収アップさせるコツや転職に失敗しないコツなんかもあれば知りた...