ビジネス

会社飛びたい時に守るべき最低限のマナーと今すぐ取るべき行動

今すぐ会社を飛びたい!もう挨拶もしたくない!明日から会社に行きたくない。

どうも!人事のプロのジッキー(@jikky_bongjing)です!

当記事では上記のような、まさに「会社を飛びたい時」に守るべき最低限のマナーと取るべき行動についてお伝えします。

この記事を読んでいる時点でおそらくあなたは相当会社に対してムカついたり、絶望したりしているのだと思います。

会社を飛ぶことは会社に迷惑がかかることですが、正式に退職手続きを踏むことで大きなストレスがかかることを考えると、致し方ないですね。

僕も部下に何度か飛ばれたことがあります。とても悲しいことですし、いきなり仕事が止まってしまうので大変ですが、会社側にも原因があることが多いんですよね。

なので、僕はあなたが会社を飛ぶことを止めません。ただ、少なくともヒトとして守るべきマナーが2つだけあります。

会社飛びたい時に最低限守るべき2つのマナー

会社を飛ぶときも最低限守るべき2つのマナー人として絶対にやってはいけない2つとは、「心配させること」「期待させること」です。

心配させてはならない

あなたが会社に急に来なくなると、「あいつ急にどうしたんだろう・・・何か事故にでも巻き込まれたのかな・・・」と心配する人がいます。

そうすると、あなたと仲よかった人にも大きな心配をかけてしまいますね。

それに警察へ捜索願いなどが出される可能性も十分に考えられます。

そうなったら親や親族にも連絡がされて、大ごとになってしまいます。

あくまでもあなたが会社を辞めるだけのことですから、関係ない人や、警察、親まで巻き込んではいけません。

期待させてはならない

もしかしたら戻ってくるかも・・・・という期待も、会社側に与えないようにしましょう。

あなたが飛ぶことで仕事が一時的に止まることは、人が交代すればなんとかなります。

だけど、「もしかしたら戻ってくるんじゃないか・・・」という期待を会社にさせてしまうと、手を打つのが遅れてしまいます。

すると、あなたとは全く関係のないお客様にも迷惑がかかってしまうかもしれません。お客様に罪はありませんね。

以上を踏まえて、会社を飛びたい時にあなたが取るべき行動をお伝えします。

会社飛びたい時に今すぐ取るべき行動

今すぐ取るべき行動

会社に心配させることなく、期待させることなく、会社を飛ぶために今すぐ取るべき行動は、「退職代行サービスに電話すること」です。

退職の専門家に、実際に会社に行ってもらって、退職手続きを全て代行してもらうというサービスですね。

「会社への退職の連絡」や「会社との退職手続き」を代行してくれるため、手間もストレスもなく退職ができます。

退職代行サービスを通じて、あなたが退職の意思があることが会社に伝わるので、期待もされませんし、心配されることもありません。

サービスによっては、24時間対応しているので、夜中に思い立っても、明日からすぐに辞めることができます。

ちなみに、かかるお金はスタンダードな退職代行であれば「約3万円」が相場です。

「え・・・結構するな・・・」

そう思った方もいるかもしれませんが、実は得するケースも多いです。

退職代行を利用すれば得をする場合のからくり

なぜ退職代行を利用することで得をするのか説明しますね。

会社を飛ぶとほぼ間違いなく「懲戒解雇」になりますから、有給は消滅します。つまり、休んでいてもお金がもらえる権利が消滅します。

日給1万円だとすれば、10日の有給が消滅すると10万円の損失が出ます。それが3万円で解決できたら得ですよね。

なので、無断で飛ぶのではなく、然るべき手続きを踏むことで、「懲戒解雇」ではなく、あくまでも「退職」にした方が良いのです。

ちなみに、退職代行サービスには、大きく2種類あります。

  • あなたの退職条件の要望を伝えてくれる退職代行(相場は3万円)
  • あなたの退職条件を弁護士が直接会社と交渉してくれる退職代行(相場は5万円以上)

とにかくサクッと会社をやめたい。あわよくば有給も欲しい!という場合は3万円のスタンダードな退職代行を、

絶対に有利な条件を勝ち取ってやる!という場合は、5万円以上かかる弁護士による退職代行を選ぶと良いですね。

おすすめの退職代行サービスは2つ

ちなみに退職代行サービス自体はめちゃくちゃたくさんあります。ただ、大体どこも価格の相場感や、やってくれることは似たり寄ったりですから、どこでもオッケーですね。

僕個人的なオススメの退職代行は、以下の通り。「SARABA」が条件を伝えてくれるスタンダードなタイプの退職代行。「弁護士退職代行」はその名の通り、弁護士が直接会社に出向いて交渉してくれます。

退職代行SARABA→あなたの代わりに会社と退職手続きを進めてくれるサービス。雇用形態問わず一律28,000円でリーズナブル。失敗したら返金保障付きなので安心。24時間受付で次の日に会社を辞めることも可能。

弁護士退職代行(汐留パートナーズ)→あなたの退職を代行するだけでなく、弁護士が法律を盾に、退職の条件面の交渉まで徹底サポート。保険手続き、残業代未払い等に関する交渉がある場合にオススメ。

下記に、無料の退職支援サービスも加えた3つのサービスをまとめて紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

【無料あり】人事のプロの僕がおすすめする退職代行サービス厳選3社 今すぐ会社をやめたい!退職代行ってどこのサービスがオススメなんだろう・・・ どうも!ジッキー(@jikky_bongj...

あなたが会社をやめたいと思った原因は会社にもあります。

だから飛ぶのは致し方ないとしても、心配させて警察や家族を巻き込んだり、期待させてお客様に迷惑をかけたりすることは防ぎましょう。

という僕も過去アルバイトは無断で飛んで迷惑かけたことあるんですけどね(^^;)若気の至りってやつです。

というわけで、スムーズにいくといいですね!今回は以上です。