ビジネス

社員同士で会社の愚痴を言ってはならない【百害あって一利なし】

社員同士で会社愚痴を言ったりしていても大丈夫なのかなぁ??

当記事では上記のような悩みに答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!とある中小企業のマーケティング部長のジッキー(@jikky_bongjing)です!

先日下記のようなツイートをしました。

今回はこの深堀になります。

つい不満とかが溜まっている状態で、飲み会とかでテンションが上がっちゃうと言ってしまうのが会社の愚痴。

僕が思うに、友人や家族が相手だったらそこまで問題はないですが、社員同士では『絶対』愚痴は言わない方がいいですね。

実際にあった話をベースにその理由をこれからお伝えします。

社員同士で会社の愚痴を言ってはならない理由

社員同士で会社の愚痴を言ってはならない理由

社員同士で会社の愚痴を言ってはならない理由は以下の通りです。

  • わりと簡単にチクられる【保身に走る人が多い】
  • 今後あなた自身の考えを変えにくくなる
  • 相手にマイナスの影響を与える【普通に迷惑】

一つ一つ解説します。

わりと簡単にチクられる【保身に走る人が多い】

これはもちろん相手にもよりますが、基本的に飲み会などで愚痴った話はわりと簡単にチクられると思っていたほうがいいですね。

結局みんな、自分の給料はあげたいし、ポジションが欲しいわけです。そんな相手に対して、会社の愚痴を言って弱みを見せるなんて愚の骨頂。

仮に、愚痴った相手が上に直接チクらなかったとしても、別の同僚に話し、どんどんあなたの愚痴は広がっていきます。

これ当たり前です。会社の人たちは助け合う仲間ですが、潰し合う競争相手でもあります。いくら仲よくても、最後まで信用するのは危険です。

ジッキー
ジッキー
ちなみにですが、間接的に聞いた愚痴の印象は最悪ですし、より誇張されることもあるので、注意が必要ですよ。

今後あなた自身の考えを変えにくくなる

一度愚痴をアウトプットしてしまうと、今後あなたの考えを変えにくくなります。

例えば、

「あの先輩は嫌いだ・・・!」

と言ってしまうと、仮にその後先輩にめちゃくちゃ助けられたり、仲良くなりたくなっても、なかなか一歩踏み出せなくなります。

人は周囲の期待に合わせて行動する生き物ですから、周囲から「先輩が嫌いで悪口を言うあなた」と言う期待をされている以上は、なかなかその期待に逆らえなくなってしまうのです。

ジッキー
ジッキー
一時、感情的になってしまったことで、自分の今後の可能性を大きく狭めることになってしまいます。

相手にマイナスの影響を与える【普通に迷惑】

あとは、愚痴も含めてネガティブな発言は普通に相手に迷惑をかけます。

ネガティブな発言を聞くと、人は思考能力が下がり、仕事のアプトプットの質が下がると言われています。

つまり、愚痴や悪口というのは、人の脳みそに影響するものだということですね。

自分だけならまだしも、自分がスッキリしたいというだけで、人の足を引っ張るのはそれは大変迷惑な話。

ジッキー
ジッキー
なんか暗い話ばかり聞いていたり、ため息ばかり聴いていると、イライラするし、暗い気分になりますよね。あれと同じです。

会社の愚痴を言わないと出世しやすくなる【実体験】

会社の愚痴を言わないと出世しやすくなる【実体験】

僕の個人的な考えでは、会社の愚痴を言わなくなると、出世しやすくなると思います。ちゃんと理由もあります。

僕自身の経験からして、愚痴を言わずに、前向きな発言で仕事に取り組んでいるだけで周りが「おっあいつは意識変わってきたな。コミット具体も高いな・・・。」などと錯覚し始めます。

こちらの本音はどうであれ、勝手に良いイメージを作っていってくれるのです。ありがたすぎですよね。

で、管理職は能力以上に人格とかコミット具合が求められますから、出世するためにはこういう周りからの評判がめちゃめちゃ大事なんですよね。

ジッキー
ジッキー
いい発言も悪い発言も勝手に増幅して、言いふらししてくれるのです。

出世したいなら今すぐ愚痴をやめたほうがいい

その会社で長く食べていく可能性があるのであれば、愚痴は今すぐにやめたほうがいいです。

僕の周りには、社歴は僕の2倍以上あってもずっと平社員という人だっています。

その人は10年以上にわたって「会社の愚痴をいう人」というイメージが浸透してしまっているので、もうなかなかイメージも覆らないのです。

成績はいいのに、今後5年は主任にすらなれない感じの評価です。愚痴を辞めるタイミングは早ければ早いほうがいいですね。

ジッキー
ジッキー
印象がこびりつくとなかなか覆らないですからね(汗)

愚痴を言う上司に騙されてはいけない

ちなみに、あなたに対して、会社の愚痴を言ってくる上司がいるかもしれませんが、それにも騙されてはいけません。

一緒に愚痴ってしまったら、その内容だけ上に報告されるなんてことすらありますし、気づいたら上司の意見がガラリと変わってる可能性もあります。その時その時の環境で意見なんてすぐに変わりますから。

とにかく上司にも、同期にも、後輩にも、愚痴ってはいけません。愚痴ることは自分の弱みを無防備に見せることであって、簡単にネタにされますからね。

ジッキー
ジッキー
愚痴ってる先輩がいたら、聞いてあげる側に徹しましょう。あなたから弱みを出したら損しかありませんから。

「この人は大丈夫だろう」という発想が危険です

「この人は大丈夫だろう」という発想が危険です

もちろん、今回お話しした内容は、「人による」と言われてしまえばそれまでです。

ただ、僕は「この人なら言っても大丈夫だろう」と思って愚痴ったらすぐにチクられた経験を何度かしています。

僕も管理職を複数年にわたって経験してわかったのですが、特に直属の上司からすれば、あなたから本音を引き出すために「この人は大丈夫だろう」と思わせるのも仕事だったりしますからね。

で、そんな一番信用している上司にすら、愚痴を言えば言うほど、相手はあなたを出世させるリスクを感じますから、結果としてあなたの出世が遅れて、損をしてしまうわけです。

会社の愚痴は、とにかく管理職に上がるために必要な「人格」と「コミット」を疑われますから、特に社内の人には言わないことをオススメしますよ!

人事の視点でおすすめ転職サイト6つを比較【本当に使うべきはどれ?】 転職サイトってたくさんあるけど、どれを使えばいいかわからない。 自分にあったおすすめサイトを比較して調べたい。 ...