ビジネス

転職でハローワークを使うべきでない3つの理由【人事の裏事情です】

転職で地元のハローワークを利用しようか迷っている。

今回は上記のような悩みにスカッと答えます。

どうも!人材業界に長年勤め、人事の裏側を知り尽くしているジッキー(@jikky_bongjing)でーーっす。

転職するとなれば、転職サイトを利用するのか、転職エージェントを利用するのか、あるいはハローワークか・・・っていう選択肢があると思いますが、ぶっちゃけハローワークを使うのはオススメしません。

あとで説明するように、全員がそうではありませんが、通常ハローワークを使うと損をすることが多いです。

今回は、その理由についてお伝えしたいと思います。

転職でハローワークを使うべきでない3つの理由

転職でハローワークを使うべきでない3つの理由

僕が、転職する際にハローワークを使うべきでないと思う理由は以下の3つです。

  1. 給与交渉などにコミットしてくれない。
  2. 無料なので、ブラック企業も入り混じっている。
  3. 企業の人も期待していない。

結構強烈なことを書いていますが、より詳しく説明します。

給与交渉などにコミットしてくれない。

まずハローワークは給与交渉にコミットしてくれません。もちろんやる気満々の職員はいるかもですが、そもそもそういう体制じゃないのです。

まずハローワークは国の機関。求職者は当然無料で利用できるわけですが、実は企業側も無料で利用できます。

ちなみに就職エージェントは転職が決まると企業から「年収の30%」などを成功報酬としてもらうシステム。これに対し、ハローワークには「お金」の流れがないわけです。

となると、どうなるか。

  • 成果に関わらず給料が入るため、何としても転職を成功させる必要がない。
  • 年収を少しでも高める必要もない。

こうなっちゃうんです。もちろん社会貢献意欲が高く、頑張ってくれる職員もいるとは思いますが、モチベーションが高まる仕組みがあるわけではありません。

ハローワーク経由だと、どうしても「決まりにくい」し、「決まっても年収が低くなりがち」ってことになってしまうわけですね。

無料なので、ブラック企業も入り混じっている。

先ほどもお伝えしましたように、ハローワークは企業も無料で利用できます。

つまり企業からすると採用単価はゼロです。

ということは、ハローワークに掲載されている企業の中には、「お金がない企業」が大量に混ざっているということになります。

お金がなく、給料も安く、激務。

そんな企業は普通にたくさん混ざっていますから、相当企業の目利きができないといけません。

ハローワークの職員には、企業で勤めたことがない人も多く、目利きレベルは低いと言っていいと思いますから、結構質の悪い企業にあたるケースもあります。

企業の人も期待していない。

企業側の人も、ハローワークから来る人を色眼鏡で見ることも多いですね。

これだけ転職活動に便利なサービスが世の中に揃ってる中で、「なぜハローワーク?」っていうのが正直なところだと思います。

情報感度や、リテラシーが低いんじゃないか・・・・と思われるケースも。

それにお金をそもそも払ってないので「優秀な人が来るわけない」という感じで思ってることも多々ありますね。

転職ではハローワークではなく就職エージェントを使うべきです。

転職ではハローワークではなく就職エージェントを使うべきです。

ハローワークを使うべきでない理由を改めてまとめると、以下の感じです。

  1. 給与交渉などにコミットしてくれない。
  2. 無料なので、ブラック企業も入り混じっている。
  3. 企業の人も期待していない。

以上のことから結論、ハローワークではなく「就職エージェント」を利用すべきだと思いますね。

就職エージェントが行なってくれることは以下の通り。

就職エージェントのサービス
  • あなたの希望にあった企業を探して紹介
  • 面接や履歴書の書き方などに対するアドバイス
  • あなたを企業に紹介&年収交渉

もちろんサービスによって内容はまちまちですが、概ねこれくらいのことをやってくれます。それに、ブラック企業を紹介するとエージェントが批判に晒されますから、紹介する企業も営業マンが実際足を運んで、厳選。ブラック企業は弾いてくれてたりします。

また、成功報酬が年収の30%などの成功報酬なので、エージェントは、あなたの年収を一円でも高める努力をしてくれます。

まさに、ハローワークの上位版ですね。

にも関わらず、求職者は無料で利用できます。

就職エージェントのメリットをまとめるとこんな感じ。

  • 無料で利用できる
  • 紹介される企業は厳選されている
  • 基本的に採用にお金をかける企業ばかり
  • 年収を高める努力をしてくれる(自分で交渉する必要なし)

どう考えても、ハローワークよりこっちの方が便利だし、転職成功確率が高いのです。

就職エージェントはリクナビNEXTが最強

リクナビNEXTのスクショ

ちなみに日本一有名な「リクナビNEXT」は、転職サイトとしても利用できるし、登録した情報を流用して、「就職エージェント」も利用できますので、最強に便利です。

リクナビNEXTで企業探しをして、「どんな企業に入りたいか」などを考えながら、「就職エージェント」としても日本随一のサービスを受けられるので、圧倒的にお得です。

一切お金はかかりませんしね。

人材業界にいると分かりますが、あの企業のデータベースは本当に鬼ですね。誰もが知ってる日本一の人材系企業ですから、納得です。

以下のリンクから、リクナビNEXTの公式ページに飛ぶことが可能です。

リクナビNEXT

ハローワークはこんな人におすすめ

ハローワークはこんな人におすすめ

正直ハローワークは、結構きついってことがお分かりいただけたかと思いますが、それでも人の状況によっては、機能することがあります。

以下のようなタイプの場合ですね。

  • 地元の企業で絶対に働きたい人。
  • 35以上のフリーター。
  • 50歳以上で未経験の職種希望。・・・など

まずは地元の企業で絶対に働きたいと考えている人。「はたらいく」などに掲載されている求人が限られていて、なかなか仕事が見つからない人なんかはハローワークはオススメです。

隠れた地元の優良企業が混ざってることもありますから。

あとは、言葉を選ばずにいうと、就活で内定を決める難易度が少し高い層です。

この層は、通常の就職エージェントでは相手にされないケースがあります。「お金になりにくい」と判断されてしまうわけです。

こればかりは仕方ありませんね。彼らもビジネスでやってますから。

そういう時は公共の「ハローワーク」が大活躍してくれます。ビジネスじゃないことが生きてくるのです。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人材業界に長年勤めて、人事の裏側に精通している僕が、ハローワークを転職で使わない方がいい理由をお伝えしてきました。

もう一度、その理由をまとめると以下の通り。

  1. 給与交渉などにコミットしてくれない。
  2. 無料なので、ブラック企業も入り混じっている。
  3. 企業の人も期待していない。

やはりビジネスとしてやっていないことが結構ネックになる場合が多いですね。

ですから、オススメは就職エージェントを利用することです。

特にリクナビNEXTは転職サイトと就職エージェントが連動していて便利な上に、企業掲載数や実績なども日本トップクラスの有名優良サービスなので安心です。

▼以下のリンクからリクナビNEXTの公式ページへ飛ぶことが可能です。

リクナビNEXT

もしハローワークを利用すべき人は、地元で働きたい方か、就活で企業を選べる状況ではない方です。

ぜひ参考にしてくださいませ!今回は以上です!