ビジネス

長所がない人は自分でハードル上げすぎです【5分で見つかります】

自分にはこれといった長所がない!

面接で話せるネタがない・・・

こんちゃん!ジッキー(@jikky_bongjing)です。当記事では、上記のような疑問に答えます。

就職活動や転職活動での面接で、必ず聞かれるのが自分の長所に関する質問です。

あなたの長所は何ですか?
あなたの強みは何ですか?
あなたは何が得意ですか?

いろんな形で長所に関する質問が飛んできます。

さらに応用系として、「自己PRしてください。」という質問も多いですね。

もちろん、馬鹿正直に「僕には長所がありません」なんていうと、非常に面接官も困るでしょうし、ほとんどの確率で不合格になるでしょう。

断言しますが、長所を作るのは至極簡単です。

僕は、人材業界で働き続け、就活生のカウンセリング経験もあり、人事の裏側まで精通していますから、上手な長所の作り方をお伝えすることができます。

この記事を読み終わった頃には、必ず長所が見えているはずです。(そういう仕掛けになっています。)

ではご覧ください!

長所がない人がすぐに長所を見つけるための方法【5分で見つかります】

長所を見つけるための方法

長所がない人がすぐに長所を見つけるための方法を記しました。上から読んでいってください。

人と比べて勝っている必要はない。

長所がないといっている人は、ハードルを自分で上げすぎているパターンが多いです。

長所を考える際、人と比べて絶対的に優れている必要はありません。

確かにそんな長所が見つかればぜひ面接で話したいところですが、上には上がいますから、他人に絶対勝ってるものなんてなかなか見つかりませんよ。

仮に、どや顔でサッカーの主将をしていた経験をアピールしている人も、プロサッカー選手と比べたら実績は大したことありませんよね?

極端な例ですが、そういうこと。

能力じゃないなら、長所って何なのか。

それは、あなたが会社にGIVEするために役立つとあなたが思う要素のことを指します。

別に人に勝っている必要はないのです。

まず、長所を考える際のハードルはその程度で考えるようにしましょう。

長所は能力ではなくてもいい。

で強みとはリーダーシップとかコミュニケーション能力とか、「その人にそなわった能力」のことを指すと思っているかもしれませんが、そんなことありません。

気持ちの面や性格などでもオッケーです。

「社会貢献したいという気持ちの強さ」が長所です。
「人の相談を親身にきけること」が長所です。
「何かにハマるとのめりこむ性格」が長所です。

全て何の問題もなく、全然成り立ちます。

性格、気持ちも能力と同じく会社に役立ちますからね。

あとは捉え方次第。

それでも見つからないという人。逆に短所は見つかったりしますか?

捉え方次第で、短所ですら長所になります。

例えば、

全く個性がない→ニュートラル
やる気が出ない→感情の安定感がある
考えることが苦手→まずやってみる初動が早め
話すのが苦手→思慮深い
自己主張が苦手→協調性が高い

など。

基本的に短所と長所は表裏一体ですから、プラスにとらえようとすれば、それは長所に生まれ変わります。

長所がないなら、まず短所から考えてみましょう。

きっとそれはあなたの長所を見つけるヒントになるはずです。

それでも長所が見つからない人は「コンプレックス」が長所です。

ハードルを下げても、能力以外で探しても、捉え方をポジティブにしても、なかなか自分の長所が見つからないという人もいますよね。

そんな時は、そのコンプレックスを長所にしましょう。

コンプレックスは、競争や、成長への強いエネルギーになります。

コンプレックスがあるからこそ、負けたくないという気持ちが芽生え、努力しようという気持ちにつながるのです。

コンプレックスは一見負の気持ちのようにも思えますが、会社にとっては成果を高めてくれる原動力になり得るのです。

もちろん「コンプレックス」という表現ではなく、「成長したいという気持ち」という表現にしても構いませんよ。

というわけで、長所がないことすらも、考え方次第では長所になるのです。

こうすれば、実質長所が完全にない人はいなくなったはずです。

5分で長所を見つける方法のまとめと面接への応用

長所をどう面接で活かすか

長所がない人がすぐに長所を見つけるための考え方は以下の通り。

1:ハードルを下げる
2:能力以外から探す
3:短所もポジティブにとらえてみる
4:それでも見つからなければ長所がないというコンプレックスを長所に

基本的には、この流れでオッケーです。

どんな人でも長所が見つかったはずです。

ただし、大事なことを言いますが、このままでは面接で通用しません。

会社に対して、ただあなたの強みや長所を話すことに意味はないからです。

面接で会社があなたに求めるものは、「あなたが会社に役立つかどうか。」

ですから、この記事を読んで、あなたの長所が作れたら、今度は会社でどう役立つのかをイメージしてみましょう。

その時もハードルは高くなくて大丈夫!面接官だって最初からめちゃくちゃやってくれるなんて思ってませんから。

細かい作業が得意です→事務作業を丁寧にできます。
人見知りしません→営業相手とすぐに仲良くなります。
コンプレックスの強さが長所です→一生懸命競争に勝つための努力をします。

など、この程度のレベルで結構ですから、

会社にとってあなたの長所がどう役に立つか。

をしっかりイメージを持っておきましょう。

ここまでイメージできていれば、十分面接で通用する長所になりますよ。

是非ご参考くださいませ。

【お知らせ】副業ブログ歴4年間の失敗を詰め込んだnoteを作りました。

ブログを始めて4年。センスなしで凡人な僕でも、2020年3月にアフィリエイト収益で月30万円以上の収益を達成しました。

ここに来るまで、たくさんの失敗をやらかしましたが、今の僕があるのは、それらの失敗から学んだ教訓があるおかげです。

そして、今確信していることがあります。

「僕の4年間の失敗を避ければ、みんな僕よりうんと早く6桁に到達できる」

というわけで、4年間で積み上げた失敗を詰め込んだnoteを作りました。

  • 初心者が絶対にマネしてはならない失敗
  • マヌケな失敗
  • 本当は晒したくない黒歴史
  • 今でも後悔するような失敗
  • 稼げなかった時と稼げるようになった時の考え方の差 など

約3万文字程度に詰め込みました。このnoteを読めば、初心者ブロガーにありがちな失敗を避けて時短することが可能です。

失敗40個中10個まで無料で公開中です。

>>ブログ副業歴4年で30万円稼げるようになった僕が後悔している「40の失敗」と学んだ教訓を公開