アフィリエイト

ブログの内容が絶対的真実である必要はない【価値は読者が決めます】

ブログをどんどん書いていきたいけど、自分が発信する内容に自信がない。

自分の意見はあるものの、それが絶対的に真実かどうかわからないので、発信するのが怖い。

どうすればいいんだろう・・・。

当記事では上記の悩みに答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!プロWEBマーケターのジッキー(@jikky_bongjing)です!

ブログ初心者のうちは、以下のように、いろんなこと考えて発信をためらうことってありませんか?

  • ブログでこんなこと言い切っちゃっていいのかなぁ・・・
  • これ言い過ぎかなぁ・・・
  • サンプルは自分の経験だけだしなぁ・・・
  • 他にも答えがあるかもしれないしなぁ・・・

真面目な方ほどこう言うことを考える傾向にありますが、これに関しては正直言います。

考えるだけ時間の無駄ですね。

ジッキー
ジッキー
かく言う僕も最初の方これで悩みすぎてなかなか記事が書けなかったんですけどね@@;

と言うわけで今回の趣旨は、「ブログの内容は絶対的真実である必要はない!」と言うテーマでお話ししていきます。

ブログの内容が絶対的真実である必要はない【価値は読者が決めます】

ブログの内容が絶対的真実である必要はない【価値は読者が決めます】

まずこう断言する理由をお伝えします。以下の通りです。

  • 絶対的真実なんてないことがほとんど
  • 結局読者によって価値が決まる←あなたが決めることではない
  • 多様性にも価値がある

一つずつ解説しますね。

絶対的真実なんてないことがほとんど

まずそもそもですが、絶対的真実なんてないことの方が多いわけですよ。

1+1=2

こんな議論であればブログの記事は世の中に1記事あれば十分です。

ジッキー
ジッキー
誰が見たって同じ答えの記事なんてたくさん必要ないですよね。

でも例えば「就活を成功させる方法」「アフィリエイトで稼ぐ方法」みたいな記事なんて無限にあるわけで。

むしろ、こんな答えがないことだからこそ、記事を読む読者がいるのです。

絶対的真実なんてそもそもないものですから、そんな幻想に囚われて発信をためらうのは、なかなか馬鹿馬鹿しいですよね。

結局読者によって価値が決まる←あなたが決めることではない

「あなたの書いた記事が価値あるものかどうか・・・」と言うことに関してはあなたが決めることではなく、読者が決めます。

グーグルは読者の行動をSEO上非常に重視します。最近強いと言われているのは、主に以下の3つですね。

  1. 読者が記事を読む時、満足した行動をしていた?
  2. 読者が参考ページとしてあなたのサイトにリンクを貼った?
  3. 読者が参考ページとしてあなたのサイトをSNS上でシェアした?
ジッキー
ジッキー
ぶっちゃけ、3のSNSシェアの話だけまだ若干都市伝説感もあるのですが、1と2は周知の事実。

つまり、あなたの記事が、読んだ人の悩みに答え、満足度を高め、共感を得れていれば、自ずと検索順位も上がってくるし、アクセスも増えてくるってことですよ。

これに「真実かどうか」なんてことは直接的には関係ないです。

あなたの記事にたどり着いた読者を満足させることができたか。

この一点につきます。あなたの記事の価値はそれで決まるのです。

だから、あーだこーだ考えず、まずあなたの頭の中にある意見や提案を記事に落として、アウトプットしてみましょう。

できることがあるとすれば、その読者の満足度を分析してからの話ですね。

多様性にも価値がある

グーグルは検索結果を多様にしようとしています。

WEB上にはいろんな価値観を持った人が、いろんな意図でいろんなワードで検索をしていますからね。

それに、検索結果として同じような内容の記事がずらっと並ぶのはあまりに面白くないし、不便です。

例えば、「就活の方法」と調べて、検索結果上位層が全て「自己PRを極めることが全てだ」なんてことばかり書かれてあったらどうでしょうか。

ジッキー
ジッキー
情報収集に偏りが生まれるし、就活の方法と調べた人の全ての意図に答えられるわけもありませんよね。

就活したことなくて困っている人が調べているかもしれないし、就活に失敗して、成功したい人が検索しているのかもしれません。

グーグルはいろんな人に満足してもらえる検索結果を用意しようとする結果、いろんな意図に答える記事を検索上位に並べます。

もちろんや数の人が良しとするコンテンツが検索上位に上がってはくるのですが、2番目にくる検索結果はまた別物の記事だったりしますよね。

てな訳で、「違い」にこそ価値があるんだから、「絶対的真実かどうか」なんて気にせず「あなたがどう思うか」を書くことに価値があるってことなんです。

ためらわず発信しよう【ブログを続けていれば慣れます】

ためらわず発信しよう【ブログを続けていれば慣れます】

おそらく「絶対的真実かどうか」を気にしているブロガーさんはきっと真面目なんだと思います。

それにきっと「もし自分がたくさんのアクセスを集めるようになったら・・・」と未来を描いている証拠だと思います。

もちろん、成功する未来を描くことはとても大事ですし、記事の内容をできるだけ充実させて、真実に近づけようとする努力は絶対に怠ってはなりません。

だけど、絶対的真実にたどり着けないからといって、発信をためらうのはあまりに勿体無いです。

共感してくれる人に向けて発信すればOKです

記事が世の中の人全員に好かれる必要はないし、全員を納得させる必要もありません。

自分に共感してくれる人が、検索ワードに引っかかり、がっつりと記事を読んでくれて、がっつりと提案に乗ってくれればそれでいいんですよ。

だから僕は「真実はどうか知らんけども、僕の周りにはこう言うことが起きていて、いろんな根拠から推察するに、僕はこう思う!」という話を平気でするようにしています。

それに「僕がこう思う」ということを発信すること自体に、価値があると信じています。

だって、日本だけでも1億人人がいるんですから、確率的にも絶対に共感してくれる人はいるはずですからね。

過去の自分に発信すると割とうまくいきます

自分に絶対に共感してくれる人は誰か・・・と考えると、それは「過去の自分」ですよね。

ですから、読者は過去の自分を想定して、過去の自分が「今の自分になるため」あるいは「今までの失敗を避けるため」のアドバイスを行うイメージです。

ターゲットとしてはニッチかもしれませんが、あなたと似た境遇にいる人にとっては非常に身近で価値のある情報になりますよ。

世の中的には絶対的真実でなかったとしても、「過去のあなた」や「似た境遇にいる人」にとっては圧倒的に真実であれば何の問題もありません。

ジッキー
ジッキー
むしろグーグルもそういう記事を欲しています。

【暴露】この記事も過去の自分に向けた記事です

実は、このニッチなテーマの記事も過去の自分に発信しています。

高学歴で勉強ばかりしてきた僕にとって、「正解かどうかわからないこと」を発信するのは非常にハードルがありました。

でも、今回書いたような考えで乗り切り、発信慣れしたからこそ今があります。

ジッキー
ジッキー
そして、今ではプロのマーケターとして働きながら、副業でも月6桁ブログだけで稼いでいます。

是非僕と同じように発信に悩まれていた方は参考にしてみてください。