アフィリエイト

ブログを書くとき「口調」はどうすべき?【4タイプの口調を解説】

ブログを書くときの「口調」はどうすればいいかなぁ?

当記事では上記の疑問に答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!アフィリだけで月6桁不労収入を稼ぐサラリーマンのジッキー(@jikky_bongjing)です!

ブログを書き始めたときって、本当にいろいろ悩みますよね。「ブログの口調」もそのうちの一つだと思います。

「ですます」がいいのか、「~だ」みたいなのがいいのか。

丁寧語がいいのか、ため口がいいのか、2ちゃんねら~っぽいのがいいのか。

主語は「俺」がいいのか、「僕」がいいのか、「私」がいいのか。

ジッキー
ジッキー
考え出すと本当にキリがありませんね。

さて、僕はこれまで、10以上のサイトを作っては潰してを繰り返してきました。その中で、いろんなキャラクターでいろんな口調に挑戦しました。

そんな僕から言わせると、以下が答え。

ブログの口調はなんでもいい!

です。

すみません。これだとあまりに乱暴すぎますよね。以下、詳しく解説していきます。

ブログの口調はなんでもいい!の理由

ブログの口調はなんでもいい!の理由

早速その理由を語ると、『ブログの口調は、相手に与えたい印象をコントロールするための手段でしかないから』です。

目的によって口調は変わります。

ブログの口調を考える際、「そもそもブログで何したいのか」「どういう印象を相手に与えたいのか」という目的から逆算するといいです。

例えば、以下のようなイメージ。

  • 読者の印象に残したい→関西弁のタメ口
  • 読者に楽しんでもらいたい→タメ口でエモーショナルな口調
  • 謙虚にわかりやすい印象を与えたい→丁寧語で箇条書き多め

あとは、面倒くささとのバランスです。

無理な口調は面倒くさい

正直、自分が普段話さないような「無理ある言葉遣い」は面倒くさいですよ。

記事を書くときって、頭の中で話しながら書くようなイメージですから、普段使いの言葉遣いとあまりにかけ離れていると、消耗します。

ジッキー
ジッキー
もしキャラ違いの言葉遣いを採用するなら、相当強い目的意識がなければ途中で心折れる可能性も高まります。

4タイプのブログ口調それぞれのメリット・デメリットをまとめた

4タイプのブログ口調のメリット・デメリットをまとめ

ブログ口調によって異なるメリット・デメリットを整理してみました。

以下4つを比べてみます。

  • です・ます調
  • だ・である調
  • タメ口会話調
  • エモーショナル調

です・ます調

一般的で、最も多くの人が使っている口調です。

僕も普段はです・ます調。時々タメ口って感じです。

ノウハウ記事との相性がよさげですね。

割とどんな役割でもこなせるオールマイティーな口調で、読者も読みなれているというメリットがあるかなとは思いますが、デメリットはインパクトが弱く、読者の印象に残りづらいかなという感じ。

だ・である調

だ・である調は、当然「です・ます調」よりは強い口調になります。

文章力が増せば非常に強い説得力を持って相手を突き動かす力が強くなりますが、逆に相手を文章に引き込めないと若干独りよがりな印象になりがちです。

啓蒙とか説得を目的とした記事と相性がよさげ。

タメ口会話調

タメ口会話調のブログは、あまり多くないので印象には残りやすいです。

キャラクターを維持できればいいブランディングになりますが、無理して作っている場合キャラクター維持に結構労力を持っていかれます。

フランクで好感を持たれやすい反面、文章力次第では読者から生理的に嫌われてしまいかねませんので、十分に相手に与える印象は注意した方がよいです。

エモーショナル調

「うぇぇぇぇぇぇい!!!!やったるでぇぇぇぇ!!!!!」みたいな感じの感情丸出しのエモーショナル調な記事ってありますよね。

使いこなせる人は非常に少ない分、非常に印象に残りやすく、文章がうまければどんどん引き込まれます。

ただ、うまくできないと、伝えたいことが伝わらず散らかってしまうだけになるので、必要以上に推敲などに時間が持っていかれます。

大事なのは「正解を探すこと」より「目的意識を持つこと」

大事なのは「正解を探すこと」より「目的意識を持つこと」

ここまでの解説をご覧になってお判りいただいた思いますが、ブログの口調に関して、別に「こうするとSEO対策ができる」みたいな正解なんてありません。

大事なのは正解を探すことではなく、目的達成のための作戦を立てる事。その作戦遂行の手段としてブログの口調を考えることです。

まず「ブログで稼ぎたい」という気持ちがあったとして、「誰よりも目立つ、キャラの濃いブログを作ってブランディングしよう」という目的があるのであれば、それに見合った口調を考えればいいだけの話。

それで、仮に濃いキャラ口調がめんどくなってブログ継続に支障が出そうなら、自分が話しやすい口調とのバランスを考えればいいのです。

ジッキー
ジッキー
なんにせよ、自分がどうしたいのか、どんなブログにしたいのかを描くことです。あとはそこからの逆算をするだけですよ。

それでも迷うなら師匠を設定して「真似」しましょう

それでも口調に迷ったりするならば、あなたが作ろうとしているブログと近しいタイプの成功しているブログを研究して、真似をしましょう。

その人がこれまで試行錯誤した結果を一瞬で手に入れる方法ですから、非常に効率的です。

それでもそれでも迷うならオールマイティーの「です・ます調」で一旦オッケーですよ。

ジッキー
ジッキー
「口調」一つで大きくSEOに変動はありませんから、あなたの目的を果たすために試行錯誤されることをおすすめしますよ!

今回は以上です。

【お知らせ】就活アフィリエイトで月10万以上稼ぐノウハウを有料noteに詰め込みました

2019年9月に1つのアフィリエイトサイトで月10万円以上の収益を達成しました。


僕の就活ブログのスペックは以下の通り。

  • 160記事
  • 20,000pv/月
  • メイン案件のクリック数 160回/月
  • サイト全体のアクセスをならすとクリック率 0.8%
  • コンバージョン数 22回/月
  • コンバージョン率 13.75%
  • 承認率 約6割
  • 収益 約15万円/月

僕が就活アフィリエイトを運営する上で、ツイッターなどでもつぶやかない実践的なノウハウを詰め込んだつもりです。

僕のサイトのスペックを超えている方には無縁ですが、これから稼ぎたい方には真似していただける要素も結構多いはず。

以下のようなことは理解いただけるかと思います。

  • 企業メディアが多い就活ジャンルでいかに個人メディアで戦ったのか。
  • たった2万pvでどうやって収益10万円を超えたのか。
  • 就活アフィリエイト独特のコツ

興味ある方は以下のリンクからどうぞ!

>就活アフィリエイトで月10万稼げるようになった僕の戦略を公開【企業メディアと戦わずして稼ぐ方法】