仮想通貨

【リスクあり】Binanceってぶっちゃけどうなの?【評判や口コミ】

Binanceで口座を開設しようと思うけど、海外の仮想通貨取引所でちょっと不安。
リスクとか危険性は知っておきたいし、実際に使っている人の評判とか口コミがあれば知っておきたい。

本記事では上記の疑問に答えます。

ジキ

どうも、Binanceユーザーのジキ(@jikky_bongjing)です!

Binanceは世界で最も有名で、取引量の多い仮想通貨取引所です。

でも、いくら世界一の取引所といっても海外の仮想通貨取引所での口座開設っていうだけでちょっと怖くないですか?

僕も最初は非常に慎重派でした。

でも、日本の仮想通貨取引所は取扱銘柄が少なく、草コインを仕込んだり、海外で話題のコインに投資したりするチャンスがないのが現実。

そんな中で海外の取引所を使いこなすと、仮想通貨投資の幅が非常に広がります。

しっかりと情報収集して、「何がリスクなのか」「対策はどうするべきか」「海外取引所のメリットやデメリットは何か」などを知れば、怖さが払拭され、海外の仮想通貨取引所との上手な付き合いができるようになります。

世界一の仮想通貨取引所であるBinanceは海外取引所を開設するなら、必須の取引所となるでしょう。

ジキ

あのミームコインで有名な柴犬コインやDOGEコインなども扱っています。

というわけで、本記事の内容は以下の通りです。

  1. Binance(バイナンス)の概要・特徴
  2. Binance(バイナンス)の口コミ・評判
  3. Binance(バイナンス)のメリット・デメリットをレビュー
  4. Binance(バイナンス)の安全性やリスクに関するよくある質問
  5. Binance(バイナンス)での口座開設までの流れ

では以下ご覧ください。

Binanceの口座開設はこちら(1分)

Binance(バイナンス)の概要・特徴

Binanceは2017年に開設された仮想通貨取引所です。

世界一の取引量を誇り、その影響力は非常に大きく、「Binanceに上場する」という噂だけで仮想通貨の値段が急騰することもしばしばあります。

質の高いアルトコインの取り扱いが多く、350種類以上の仮想通貨銘柄を取扱っており世界最多のユーザー数を誇る世界最大の仮想通貨取引所です。

ジキ

2021年12月現在、Coinmarketcapのランキングでは世界1位です。

わりと非公開の情報が多いですが、場所を特定されないようにしているのだと思います。以下に基本情報をまとめました。

取引所名Binance
所在地非公開
設立2017年
取扱通貨数350種類以上(2021年12月現在)
公式サイト公式HP
Twitter
CEOTwitter
日本語対応
(日本人も使いやすい)
利用者非公開(1000万人以上)
Binanceの概要

Binanceの特徴は以下の通りです。

Binanceの特徴

  • 日本語に対応している
  • 資産運用の機能が充実
  • IEO(上場前銘柄の先行販売)に参加できる
  • 流動性が高い
  • 世界的な注目度が高い

では上記を一つずつ解説しますね。

特徴1:日本語にも対応している

Binanceはほとんど利用に差し支えがないレベルで日本語対応が進んでいるため、日本人も使いやすい仮想通貨取引所です。

Binanceの日本語・日本円対応

また2021年現在、日本円を直接入金することはできませんが、仮想通貨を日本円に換算する機能もあるので、含み益などの計算も非常にしやすいです。

特徴2:資産運用の機能が充実

Binanceは資産運用の機能がとても充実しています。

  • 預けているだけで仮想通貨が増えるステーキング・セービング・流動性ファーミング
  • 上場前の有望銘柄を有利な条件で交換できるローンチパッド
  • 自動で仮想通貨を蓄積していく自動投資

など、資産運用をしたり、価格上昇前の新しいトークンを手に入れたりする資産運用の機能が充実しています。

ジキ

ただ取引所に持っているだけでなく、預けて増やせる金融機能までワンストップで備わっているのはとてもありがたいですね。

特徴3:IEO(上場前銘柄の先行販売)に参加できる

Binanceに上場する前の銘柄の先行販売セールに参加できるのも嬉しい特徴です。

これからBinanceで取引をされて価格が爆上げするかもしれないトークンを安く仕入れるチャンスです。

2種類のタイプがあります。

まずはBinanceが指定するトークン(BUSD・BNB)をステーキングすることで、新しいトークンを得ることができるローンチプール。

ローンチプール

そして、BNBをホールドしておくだけで、新しいトークンとの交換権が与えられるローンチパッド。

ローンチパッド

ローンチプールもローンチパッドも誰でも参加できるようになっています。

特に上場直後は価格が上がりますので、上場後に即売するのもよし。しばらくホールドしておくのもよしです。

特徴4:流動性が高い

Binanceは世界一の仮想通貨取引所なので、当然ユーザーも世界一ですから、流動性が非常に高いです。

流動性が高いことで、相場価格で出した仮想通貨が早く売れたり、欲しい仮想通貨がたくさん買えたりするメリットがあります。

ちなみにBinanceは、2位以降を大きく離してぶっちぎりの地位を築いています。実際に世界上位の取引所であるBybitの担当者も以下の動画で「Binanceは強いから2位を狙う」といっています。(17:30くらいのところです)

ジキ

世界中で、とんでもない量の取引が毎日行われている取引所です。

特徴5:世界的な注目度が高い

Binanceは世界的な注目度が高く、仮想通貨の開発者なら必ずといっていいほど上場を目指す憧れの取引所のようなものです。

実際Binanceに上場するという噂を聞いただけで価格が急騰するケースも多く、世界的に非常に強い影響力を持っています。

Binance(バイナンス)の口コミ・評判【悪評あり】

Binance(バイナンス)の口コミ・評判【悪評あり】

ではBinanceに関する口コミを見ていきましょう。

良い口コミ1:アプリが使いやすい

ジキ

言われてみれば、Binanceのアプリの使い方で迷ったことが一度もありません。

良い口コミ2:手数料が安い

海外・国内の取引所と比較してみると以下のような感じです。

仮想通貨取引所Maker手数料Taker手数料
Binance0.075%
※BNB保有条件あり
〜0.075%
※BNB保有条件あり
Bybit0.1%0.1%
FTX〜0.02%〜0.07%
gate.io〜0.2%〜0.2%
ビットバンク-0.02%0.12%
Coincheck無料無料
現物取引手数料

Makerとは、板取引で価格指定をして約定を待つ取引のこと。Takerとは、板に指定されている取引をその場で実行する取引のこと。

世の中には手数料が無料だったり、Maker取引で手数料がかかるどころか報酬がもらえる取引所もあるので、一概に安いと言い切れませんが、比較的安く設定されているようです。

良い口コミ3:様々な金融サービスがあって便利

ジキ

Binanceはたくさんのアルトコインを現物トレードできるだけでなく、信用取引もできたり、クレジットカード入金に対応していたり、決済サービスがあったり、ステーキング機能があったり、いろんな金融サービスがあるので、便利だという声が至る所で上がっていました。

ただ一方で、便利すぎて使いこなせないという声も・・・。

というわけで、続いて悪評を見てみましょう。

悪い口コミ1:便利すぎて使いこなせない

悪評なので、個人特定できないように匿名にします。

口コミ

機能的になんでもあるが、逆に使いこなせずわかりづらい印象がある。

口コミ

Binanceってウォレットの種類が多すぎて正直使いにくい。

こんな感じで、アプリの使いにくさについて悪い評判がありました。

アプリの使い勝手は人によるってことですよね。

僕は使いにくいとは思いませんが、個人的にはBybitという仮想通貨取引所の方がアプリは使いやすい印象ですね。

悪い口コミ2:日本語対応の完成度が低い

口コミ

日本語対応が少し違和感ある表現が多い。

口コミ

Bybitに比べて、日本語対応が未完成な印象。

ジキ

僕もこれには同意です。便利な取引所ですが、日本人にとっては慣れないと不安がある取引所でもあります。

Binanceの評判まとめ

Binanceに対する評判をまとめます。

まず良い評判は以下の通り。

良い評判

  • アプリが使いやすい
  • 手数料が安い
  • 様々な金融サービスがあって便利

一方悪かった口コミは以下の通りです。

悪い評判

  • 便利すぎて使いこなせない
  • 日本語対応の完成度が低い

悪評もありますが、圧倒的に良い評判の方が多く、世界一の人気を誇るのも納得です。

Binanceの口座開設はこちら(1分)

Binance(バイナンス)のメリット・デメリットやリスクをレビュー

Binance(バイナンス)のメリット・デメリットやリスクをレビュー

では次にユーザー視点で、僕がBinanceを使って感じたメリットやデメリットをお伝えしますね。

Binanceのメリット

Binanceで僕が個人的に感じたメリットは以下の通り。

メリット

  • 質が高めのアルトコインの数が多い
  • 取引手数料が比較的安い
  • ステーキングの選択肢が多い
  • 上場前の有望銘柄を手に入れられる

メリット1:質が高めのアルトコインの数が多い

Binanceは上場させた仮想通貨銘柄が、常に高い基準を満たしているかどうかをパトロールしているため、基準にそぐわない場合は上場廃止になったりすることもあります。

そのおかげで我々ユーザーにとっては、高品質のコインを取引できると言うことになります。

それだけ厳選した上で、350以上のアルトコインを扱っているので、投資の選択肢がとても多いというのが一つ大きなポイントです。

メリット2:取引手数料が比較的安い

先ほども出した取引手数料の比較表ですが、海外の取引所も含めて比べると手数料は比較的安い傾向にあります。

仮想通貨取引所Maker手数料Taker手数料
Binance0.075%
※BNB保有条件あり
〜0.075%
※BNB保有条件あり
Bybit0.1%0.1%
FTX〜0.02%〜0.07%
gate.io〜0.2%〜0.2%
ビットバンク-0.02%0.12%
Coincheck無料無料
現物取引手数料

Maker取引で報酬をもらえる取引所も存在するので、Binanceの取引手数料についてはネットの口コミを見ても賛否両論ですが、海外取引所を複数利用する僕個人的には、0.075%の手数料は安いと認識しています。

取引手数料の安く世界的にも有名なFTXは日本人の登録が規制されています。

メリット3:ステーキングの選択肢が多い

Binanceはステーキングできるコインの種類が多いです。

ステーキングとはざっくりいうと仮想通貨を預けて増やすことです。

ステーキング
Binanceのステーキング

2021年12月21日現在では、80種類もステーキングできるとのこと。

ジキ

僕は柴犬コイン(SHIB)をBinanceでステーキングしています。

以下はBybitのステーキングメニューですが、メジャーコインどころで6種類くらいしかないのに比べるとすごい量のメニューだと思います。

ステーキングは預けておくだけで、仮想通貨の総量が増えていくので、その選択肢を取れる通貨が多いのは本当に魅力的です。

メリット4:上場前の有望銘柄を無料で手に入れることができる

上の方でも紹介しましたが、ローンチプール・ローンチパッドという機能を使うと、Binance上場前の仮想通貨を安く仕入れることができます。

Binanceが指定するトークン(BUSD・BNB)をステーキングすることで、新しいトークンを得ることができるのがローンチプール。

ローンチプール

そして、BNBをホールドしておくだけで、新しいトークンとの交換権が与えられるのがローンチパッド。

指定される最低限のBNBを持っている必要がありますが、BNB自体も価値があるし、それらを持っているだけでこれから爆上げする可能性のあるコインを有利な条件でゲットできるので、めっちゃお得です。

これは仕組みを知っているかどうかで、将来の資産に差がつきますね。

Binanceのデメリット・リスク

Binanceで僕が個人的に感じたデメリットやリスクは以下の通り。

デメリット・リスク

  • 上場後、価格が急騰して暴落するケースが多い
  • 日本語に対応しきれていない
  • 海外の取引所特有のリスクがある

デメリット1:上場後、価格が急騰して暴落するケースが多い

投資の世界では、「Buy the rumor sell the fact」という言葉があります。

つまり、噂で買って、事実で売るという格言です。

Binanceは世界中が注目している取引所ですから、「●●がBinanceに上場するらしいぞ・・・」という噂が立つだけで、当然コインの価格は一気に上がったりもします。

ただい、上場したという事実の後に、一気に売られる流れになるケースも非常に多いです。

ジキ

もちろん一概には言えませんが、結構なパターンで↑こうなります。

急騰や急落をどう捉えるかは人次第ですが、僕は過去、何度もこれでがっかりした経験があります。

上場直後は狙い目とも言えるし、危険とも言えるのです。

デメリット2:日本語に対応しきれていない

Binanceは他の仮想通貨取引所と比べると、比較的日本語対応は進んでいる方だと思います。

しかし、ちょっと翻訳に違和感があったり、細かいところが英語だったりするケースもあって、たまに不安にさせられます。

日本語への対応は、Bybitという世界上位ランクの取引所の方が進んでいる印象です。カスタマーサポートも充実しているので。

ジキ

僕はメインBybitで取引しています。

Bybitが気になる方はこちらをご覧ください。

おすすめ記事
【悪評あり】Bybitの口コミ・評判は?【安全性・リスクもレビュー】

本記事では上記の疑問に答えます。 Bybitは世界的にも有名な仮想通貨取引所です。 最近では与沢翼さんを含めて、Bybitを紹介するインフルエンサーが増えており、日本での知名度も高まってきました。 で ...

デメリット3:海外の取引所特有のリスクがある

Binanceは世界ナンバーワンの仮想通貨取引所であり、世界中から人気があり、使いやすい便利なサービスであることに間違いありません。

でも、2021年12月現在金融庁が許可を出していない海外取引所でもあります。

今後、日本側で規制がかかったり、Binance側で規制がかかったりする可能性は否めませんので、その辺りのリスクは十分に加味した上で利用する必要があります。

Binance(バイナンス)の安全性やリスクに関してよくある質問

Binance(バイナンス)の安全性やリスクに関してよくある質問

では以下でBinanceの安全性に関するよくある質問に対して回答します。

質問は以下の通り。

  • Binanceを使うことは法律に違反しないの?
  • Binanceが違法取引所なの?
  • Binanceは安全なの?
  • Binanceのリスクへの対策は?

よくある質問1:Binanceを使うことは法律に違反しないの?

2021年12月現在の今のところ、Binanceを利用すること自体、法律には違反しません。

金融庁は「Binance」が日本に住んでいる日本人に対して営業することを許可していないだけなのです。

よくある質問2:Binanceが違法取引所なの?

結論から言うと、ややグレーですが、Binanceが日本人向けに日本語対応していることも違法ではありません。

Binanceとしては海外に住んでいる日本人向けにサービス展開しているというスタンスを取ることができるためです。

よくある質問3:Binanceは安全なの?

これに関しては「わかりません」としか答えようがないのです。

他の海外取引所と比較すると、比較的日本人にとっては安全な取引所だと思いますが、それでもやはりいろんなリスクがあるのです。

例えば「ハッキングされるリスク」があります。

実際にBinance(バイナンス)は、2019年にハッキングの被害に遭い、45億円相当のビットコインが引き出された事件がありました。(日本のコインチェックもありましたね。)

もちろんBinanceはセキュリティに、非常に力を入れていますが、だからと言って今後ハッキングが一切起こらないとは誰も言えません。

また、Binance側が日本人の利用を規制する可能性もありますし、逆に日本の金融庁が海外取引所への送金を制限する可能性もあります。

ジキ

FTXでは日本人の利用を規制されましたし、実際に金融庁でも海外取引所への送金などについての規制については検討されてます。

まぁこんな感じで、使うからにはリスクがあるので、安全ですとは言い切れないのです。

特に規制が怖いですよね。

とはいえ、いくらなんでも急に「明日から禁止です!」なんてことはないだろうなと思ってます。もし規制がかかるにしてもある程度準備期間が設けられたり、段階的に規制をかけていくのではないかと。(あくまでも個人の見解ですが)

よくある質問4:Binanceのリスクへの対策は?

Binanceのリスクへの対策としてできることは少ないですが、何かあってもダメージが受けるほどのたくさんのお金を投資しないことだったり、購入した仮想通貨をメタマスクなどの個人ウォレットに移行しておくなどが考えられます。

Binance(バイナンス)での口座開設の流れ【1分で完了】

Binance(バイナンス)での口座開設の流れ【1分で完了】

さて、では下記で開設の準備をしていきましょう。

BINANCE(バイナンス)の登録フォームへ

まず、以下のリンクからBINANCE(バイナンス)の登録フォームへ飛んでください。

PCでもスマホでもどちらでも大丈夫ですが、PCの場合はカメラ付きだと認証の際にスムーズです。

>BINANCE(バイナンス)の申し込みフォーム

ジキ

↑こちらのフォームから申し込むと、取引手数料の10%のキャッシュバックを受けられるようになるので、シンプルにメリットしかありません。

居住国を選択

居住国を選択

日本を選択して承認を押しましょう。

アカウント情報の入力

次にアカウント情報を入力していきます。メールアドレスでも携帯電話番号でもどちらでも登録可能です。

今後BINANCE(バイナンス)と紐付けていくメールアドレスとパスワードを入力し、規約を読んでアカウント作成ボタンを押しましょう。

アカウント情報の入力
ジキ

招待IDが入っていると、取引手数料10%のキャッシュバックが受けられるアカウントで開設できます。

セキュリティ認証

次にセキュリティ認証のパズルを完成させましょう。クリックやタップで掴んで、スライドするだけです。※別の認証になる可能性はあります。

セキュリティ認証

認証

登録したメールアドレスや電話番号のSMSに認証コードが届くので、こちらにコードを入力してください。※メールが届かない時は、アドレスを変えてみたり、モバイルでの認証に切り替えてみると良いですよ。

メール認証

認証ボタンをクリック

アカウントが立ち上がり、ウェルカムページが出てくるので、「認証」をクリックしてください。

ウェルカム画面

個人認証の画面へ

居住地の確認が再度されるので、「OK」をクリックします。

OKをクリック

認証をはじめる

これから認証(=本人確認)を始めます。「今すぐにはじめる」をクリックします。

認証をはじめる

個人情報を入力と認証

まず国籍を選択し、お名前や誕生日を入力して、「はい」をクリック。

個人情報入力1

住所は日本語で入力していきます。

住所入力

本人確認の書類を選択して、

認証書類選択

次に運転免許書の写真を撮影します。PCでもデバイスについたカメラで写真を撮ればOKです。

証明書撮影

最後に本人の撮影です。デバイスのカメラで指定の通りに撮影してください。

撮影

審査待ち

この後、審査待ちに入りますが、提出したデータに不備がなく、順調にいけば3分ほどで審査に通った連絡がきます。

審査完了メール

ここまでくれば、口座開設は完了です。

ジキ

非常に簡単ですよね!

二段階認証など、セキュリティの対策も設定できるので、メニューのセキュリティのところから進めてみてください。

世界最大の仮想通貨取引所Binanceを使って、資産増やしていきましょう!

今回はいじょーです。

ではよき仮想通貨ライフを〜^_^

Binanceの口座開設はこちら(1分)

  • この記事を書いた人

複業家 ジキ

へそくり1億を目指して活動している元フリーターです。フリーターからでも、会社員でも、二児のパパでも、夢を追いかけられるし、人生成り上がれることを証明したい。会社員で生活を安定させ→朝活で副収入を稼ぎ→仮想通貨にフル投資する。このスキームで資産1億を突破してみせます。#西野亮廣エンタメ研究所/#二児のパパ/#会社員/#人材業界12年目/#ブロガー6年目/#仮想通貨投資家

-仮想通貨