アフィリエイト

アフィリエイト初心者がサイトを複数作って損した話【リアル失敗談】

アフィリエイト初心者だけど、やってるうちにたくさんアイデアが湧いて来て、いろんなサイト複数作りたくなってくる。

一つのサイトに集中した方がいい気もするけど、今のアイデアを形にしたいという気持ちも強い。

ブログを書く時間は限られているし・・・どうしたものか・・・・。

当記事では上記のような疑問に答えます。

ジッキー
ジッキー
どうもーー!アフィリだけで月6桁不労収入を稼ぐサラリーマンのジッキー(@jikky_bongjing)です!

アイデアを形にしてサイトをたくさん作るのがいいか、絞った方がいいか。

結論から言うと、僕の経験上「アフィリエイト初心者場合は特に、サイトは絞った方がいい」です。

僕は、アフィリエイト歴3年で失敗を繰り返しようやく月6桁収入を突破しましたが、これまでで一番大きな過ちこそが「サイト乱立」なのです。

正直それがなければもっと早く6桁突破できていました・・・。

今回は、そんな僕の失敗談込みで、アフィリエイト初心者はサイトを絞るべきだと言う話をします。

ジッキー
ジッキー
もちろん正解はないので、ご自身の判断材料にしていただければと思います。

ではいきましょう!

サイトを複数作って失敗した話【デメリット大きい】

サイトを複数作って失敗した話【デメリット大きい】

まず最初に僕は、自分自身が人材系の企業にて、就職支援事業に携わっていたこともあって、「就活情報サイト」を作りました。

ただ、30記事くらいを書いた時点でだんだんしんどくなってきて、それでもアクセスはほぼゼロ。だんだん不安になってきました。

その後は以下の感じです。

ジッキー
ジッキー
サービス名 口コミ・評判」の検索ボリューム大きいから、それに特化したサイト作ったらいいんじゃね?

就活サービス口コミサイト作りました。←口コミが集まらず、クソペラサイトへ。

ジッキー
ジッキー
「就活情報サイト」の競合が強すぎるんじゃないか・・・企業ばっかりだぞ・・・2サイトとも全然アクセスないのって、もしかしてレッドオーシャンすぎるんじゃないか?

男性の悩みサイト作りました。←総合サイトなんて一人で運営できるわけなく、途中で止まる。

ジッキー
ジッキー
欲がもっと強い悩みに答えた方がアクセス集まるんじゃないかな・・・・。だったら、お金だ・・・今稼げていないことに悩んでいるんだから。お金を稼ぐノウハウを届けよう

お金稼ぎのノウハウサイト作りました。←そもそも稼いでいないので、ネタがなく即死。

ジッキー
ジッキー
もしかして、就活も男の悩みもお金稼ぎもテーマが広すぎたことに問題があるのかも。もっと特化したら、濃いアクセスが逆に集まるんじゃ・・・?

あと、なんか日本語ドメインがSEOに良さそうな気がする。

楽天ポイント貯めるための情報サイト、ワキガ悩みサイト、汗ジミ悩みサイト、妊活悩みサイトを立ち上げました。←楽天ポイントは未だに残っています。それ以外は10記事くらいしかかけず、それ以降放置。

ジッキー
ジッキー
もうまともなネタで勝負するのは無理だ・・・。アダ●ト系が稼げるらしい。もうプライドとかいらないわ。アダ●トサイト作ったろう。

アダルトVR紹介サイト立ち上げて、200記事くらいペラペラ内容で書きました。←瞬間的に月3万くらい稼げるようになりましたが、グーグルのアプデで圏外に吹っ飛びました。

ここまでの詳細は下記の記事まとまっていますので興味ある方はどうぞ。

アフィリエイト収入10万を突破するまでの3年間の軌跡【ほぼ失敗談】 これからアフィリエイト収入10万円を目指す方向け どうも!アフィリエイト脱サラ実践中のジッキー(@jikky_bong...

全部で500記事書いてほぼ稼ぎゼロという真実

どうでしょうか。これが僕がやってきたことです。

ジッキー
ジッキー
サイトを思いつきで作りすぎてしまったって感じ。唯一褒めてやりたいのは、行動に遅くスピードですが・・・マジで意味なかった・・・

一番辛いのは、この時点で全て合わせて500記事も書いているのに、中途半端なサイトばかりなので、結果として稼ぎはほぼゼロ、ということ。

500記事を一つのサイトで書いてたら、下手したら月7桁いってる人もいます。

明らかに分散させたことによる失敗だったと思います。

何がダメだったのか

サイトを分散させてダメだったことをまとめると以下の通りです。

  • そのジャンルの知識が深まらなかった
  • 収益アップのための試行錯誤ができなかった
  • 記事が分散してドメインパワーが上がらなかった
  • 稼ぐための戦略を考える思考も分散させてしまった

結果稼げませんでした。

そもそもの原因は我慢できなかったことです。

そもそもの原因は全て、「早く稼ぎたい」という気持ちが強すぎて、半年間アクセス伸びるのを待つとか、100記事200記事書くとか、そういう我慢ができなかったことにあります。

ジッキー
ジッキー
自分の行動が必ず身を結ぶと信じることができなかったんです・・。

サイトを絞ったら稼げるようになった話

サイトを絞ったら稼げるようになった話

僕の場合、記事を更新するサイトをある程度絞ったら稼げるようになりました。

今メインで更新しているのは2つ。「凡人からの脱出(このサイト)」と「就活情報サイト」です。

メインで収益を上げているのは、就活情報サイトですが、今は150記事以上のサイトに成長し、アクセスも毎日500以上ある感じ。

試行錯誤を重ねたアフィリエイト収益の狙い記事からはだいたい月に10万円分コンバージョンするようになりました。

稼げるようになったポイント

稼げるようになったポイントは以下の通り。

  • サイトを絞ったことで試行錯誤が何度もできている
  • 記事数が増えたことでドメインの力が高まっている(ように感じる)
  • 知識が深まってきたことで、企業にも負けない記事が書けている

結果として、絞ったことで良いサイクルが生まれているのです。10万円の副業収入は割と嬉しいですよ。

ジッキー
ジッキー
ここまできたら、他ジャンルに成功体験の横展開も可能です。なぜなら、どうして自分が稼げているか理解できているからです。

一度決めたサイトを信じて全力で200記事くらい書こう

一度決めたサイトを信じて全力で200記事くらい書こう

僕がブログをいくつも運営して失敗してきた3年間でわかったことは以下。

  • 駄記事を200記事書いてもアクセスは集まらない
  • 駄記事覚悟で「量」を書かないと良記事は書けるようにならない
  • 良記事を書いてもアクセスが集まるまで3〜6ヶ月のタイムラグがある
  • 良記事を書くのは簡単ではない【何度もブラッシュアップ必要】
  • 良記事を更新し続け、ドメインが古くなれば、ドメインパワーが上がる
  • あんまりジャンルの良し悪しはないかも

というわけなので、一つのサイトに集中して、マンパワーを投下して、記事数を増やす&試行錯誤の数を増やすことをオススメします。

もちろんやりながら他の稼ぎのアイデアも出てくると思うので、忘れないようにどこかにメモだけしておくといいですよ。まずは我慢したほうがいいです。

さて、今お伝えした3年間で僕がわかったことの中で最後の「あんまりジャンルの良し悪しはないかも」だけ補足が必要だと思うので、追記します。

ジャンルの良し悪しは存在しない説

僕が最初に「就活情報サイト」を作って、すぐに不安になって、他のサイトを作ろうとし始めたのには理由があります。

それは、圧倒的にレッドオーシャン。つまり、競合が多くて強いジャンルであることはわかっていたからです。

だから「個人でやっても勝てっこないのかも・・・」という不安が消えなかった。ブログを継続的に書くにあたって、この不安って邪魔なんです。

でも、今から考えたらなんの問題もなかったなって。

マクロに考えると、以下です。

  • レッドオーシャン→競合多いけど、アクセス多いし、案件も多い
  • ブルーオーシャン→競合少ないけど、アクセス少ないし、案件も少ない

結局そんなに美味しい市場ってないってことなんですよね。これだけでもジャンルの良し悪しがないってことがわかります。

企業のメディアにも勝てますよ

例えば人材系のジャンルなど、多くの企業がメディア展開をしていますが、「個人対企業だと絶対勝てない・・・・」なんて思う必要はありません。

企業メディアには弱点もあります

なぜかというと、以下のような弱点がありますから。

  • 企業はそこまで記事を精査してこないことが多い。
  • 企業は他サービスの悪評を書けない。
  • コンプラ違反っぽいキーワードは書けない。

企業の記事、よく読んでみてください。

企業の記事って、当たり障りないことばかり書いて、面白くない上に、読みやすくする工夫もあまりされていないことが多いですから。

ジッキー
ジッキー
ドメインパワーは強いけど、読者から支持されにくい記事になってるケースが多いですね。

個人が記事のコンテンツとして勝つことは可能なんです。ましてや今はコンテンツ重視の時代。

キーワードも案件もどんどん新しいのが出てきます。

メインとなるキーワードを全部企業に抑えられていたとしても大丈夫。

例えば、就活でいうとNNT(無い内定)なんて10年前はなかったワードです。時代が変わればキーワードも出てくるので、新しく出たキーワードで勝負すれば問題なしです。

それに、アフィリエイト案件もどんどん増えていきます。

ジッキー
ジッキー
ずっとASPを見張っておいて、新しいサービスが出たらすぐにサービスレビューを書く。すると、サービス紹介記事一番乗りを目指すことだって難しくありませんね。

企業が多いレッドオーシャンでも、個人が戦える領域はいくらでも広がっているんです。

というわけで、改めてお伝えします。

自分の信じたサイトに絞って、まずは200記事くらい書くことをオススメします。一度稼げたら、その成功体験を横展開できますから、稼ぎの幅を広げることができますからね。

【お知らせ】就活アフィリエイトで月10万以上稼ぐノウハウを有料noteに詰め込みました

2019年9月に1つのアフィリエイトサイトで月10万円以上の収益を達成しました。


僕の就活ブログのスペックは以下の通り。

  • 160記事
  • 20,000pv/月
  • メイン案件のクリック数 160回/月
  • サイト全体のアクセスをならすとクリック率 0.8%
  • コンバージョン数 22回/月
  • コンバージョン率 13.75%
  • 承認率 約6割
  • 収益 約15万円/月

僕が就活アフィリエイトを運営する上で、ツイッターなどでもつぶやかない実践的なノウハウを詰め込んだつもりです。

僕のサイトのスペックを超えている方には無縁ですが、これから稼ぎたい方には真似していただける要素も結構多いはず。

以下のようなことは理解いただけるかと思います。

  • 企業メディアが多い就活ジャンルでいかに個人メディアで戦ったのか。
  • たった2万pvでどうやって収益10万円を超えたのか。
  • 就活アフィリエイト独特のコツ

興味ある方は以下のリンクからどうぞ!

>就活アフィリエイトで月10万稼げるようになった僕の戦略を公開【企業メディアと戦わずして稼ぐ方法】